Lightroom Classic の 2020 年 2 月(バージョン 9.2)リリースの主な新機能および機能強化について説明します。
Raw 初期設定

Raw 初期設定の機能向上

Raw ファイル画像用のカスタム初期設定の読み込み設定を使用して、編集ワークフローを効率化します。

PSB ファイルのサポート

PSB ファイルのサポート

Lightroom Classic 内で PSB ファイルの読み込み、カタログ化、編集をおこなえます。

新しいカメラとレンズのサポート

新しいカメラとレンズのサポート

サポートされているカメラとレンズプロファイルの詳細な一覧を参照できます。

https://chl-author-preview.corp.adobe.com/content/help/en/lightroom-classic/help/whats-new.html#flatfieldcorrection

その他の拡張機能

このリリースでのその他の新しい拡張機能に関する情報を提供します。

Raw 初期設定の機能向上

このリリースでは、Lightroom Classic で Raw 画像の初期設定を簡単に設定できる機能が追加されました。初期設定は、読み込み時の画像の処理方法に適用され、現像モジュールの「リセット」ボタンをクリックすると確認できます。初期設定は次の項目に設定できます。

Adobe デフォルト - アドビの初期設定を使用します

カメラ設定 - カメラ内設定または撮影時のプロファイルを使用します

プリセット - アドビのプリセットまたは選択したカスタムプリセットを使用します

設定は次を使用して適用できます。

マスター - すべての Raw 画像に対して選択したデフォルトを適用します

カメラ - 特定のカメラモデルに基づいて初期設定を適用します

シリアル番号を表示」を選択すると、同じカメラモデルの複数のカメラに、シリアル番号に基づいて異なる設定を指定できます。

Raw 初期設定
Raw 初期設定の設定と管理

注意:

Lightroom Classic 9.2 にアップデートした場合、バージョン 9.2 より前に作成された Raw 初期設定は移行されません。読み込み済みの画像の以前の設定はすべて保持されますが、初期設定はすべて Adobe Color にリセットされます。以前の初期設定が必要な場合は、Lightroom Classic 9.2 にアップデートした後に、新しい初期設定を構成することをお勧めします。

詳細については、Raw 初期設定を設定を参照してください。

PSB ファイルのサポート

Lightroom Classic でビックドキュメント形式(PSB)ファイルの読み込み、カタログ化、編集をおこなえるようになりました。 Lightroom ClassicのPSBファイルは、最大65,000ピクセルの長辺と最大512メガピクセルの寸法のドキュメントをサポートします。 PSB 画像で Lightroom Classic の Photoshop で編集機能を使用するには、Camera Raw 12.2 が必要です。

新しいカメラとレンズのサポート

サポートされているカメラとレンズプロファイルの詳細な一覧については、次のリソースを参照してください。

その他の拡張機能

セカンダリウィンドウのモニターを選択

このリリースでは、複数のモニターが使用可能な場合にセカンドディスプレイのモニターを選択できるオプションが用意されています。セカンドウィンドウのモニターを選択するには、次の手順を実行します。

  1. Lightroom Classic で、Lightroom Classic環境設定(macOS)または編集環境設定(Windows)を選択します。
  2. ディスプレイタブを選択し、セカンドウィンドウのモニターを選択します。
セカンドモニター
セカンダリウィンドウのモニターを選択

自動同期の機能向上

自動同期をオンにして現像設定を変更すると、「自動同期」ボタンが目立つように表示されるようになりました。これは、自動同期が有効になっているかどうかをすばやく簡単に確認し、選択したすべての画像で現像設定が誤って同期されるのを防ぐためです。また、「自動同期」ボタンの上にポインターを合わせると、現像設定が適用される画像の数がツールチップに表示されます。

自動同期

また、設定が画像に適用されていることを示す通知も表示されます。

自動同期通知

これらの通知を無効にするには、Lightroom Classic環境設定インターフェイス(macOS)または編集環境設定インターフェイス(Windows)に移動し、自動同期通知を表示をオフにします。

自動同期の環境設定

Photoshop Elements 2020 のサポート

このリリースでは、Photoshop Elements 2020 のカタログを Lightroom Classic に読み込めるようになりました。

詳細については、Photoshop Elements からの写真の読み込みを参照してください。

レンズ補正および変形のための GPU 高速処理編集

GPU のサポートを拡張して、レンズ補正および変形の調整のために完全な GPU アクセラレーションを追加しました。

macOS 10.15 での eGPU の強化によるディテールの強化

ディテールの強化により macOS 10.15(Catalina)の外部 GPU を活用して処理を高速化できるようになりました。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー