マニュアル キャンセル

Photoshop Elements からの写真の読み込み

  1. Lightroom Classic ユーザーガイド
  2. Lightroom Classic の概要
    1. Lightroom Classic の新機能
    2. Lightroom Classic の必要システム構成
    3. Lightroom Classic | よくある質問
    4. Lightroom Classic のキーコンセプト
    5. Lightroom Classic チュートリアル
    6. 機能の概要 | Lightroom CC 2015.x/Lightroom 6.x リリース
  3. Lightroom と アドビのサービス
    1. Creative Cloud ライブラリ
    2. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Stock の使用
  4. Lightroom for mobile、Lightroom TV、および Lightroom Web ギャラリー
    1. Adobe Photoshop Lightroom for mobile と Apple TV | FAQ
    2. Lightroom Classic を Lightroom エコシステムと同期する
    3. モバイルアプリの Photoshop ファミリー
  5. 写真の読み込み
    1. カメラやカードリーダーから写真を読み込む
    2. ハードドライブ上のフォルダーから写真を読み込む
    3. 写真の自動読み込み
    4. Photoshop Elements からの写真の読み込み
    5. テザーカメラからの写真の読み込み
    6. 読み込みオプションの指定
    7. 読み込みの環境設定
    8. ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディター
  6. ワークフロー
    1. 写真でマスクを適用
    2. 写真を JPEG 形式で書き出して保存する
    3. 写真を書き出して透かしを追加する
    4. 写真を読み込む
    5. 補正ブラシ:基礎編
    6. トーンカーブによる調整
    7. ビデオ入りの高度なスライドショー
    8. ホワイトバランスのコントロール
    9. コンタクトシートの作成
    10. Lightroom Classic によるワークフローの強化
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. Lightroom Classic を使用するための環境設定
    3. セカンドモニターでのライブラリの表示
    4. ID プレートとモジュールのボタンを好みに合わせて変更する
    5. Lightroom Classic で写真に透かしを適用
    6. カラーマネジメント
  8. 写真の表示
    1. 写真の表示
    2. 写真の参照と比較
    3. ライブラリ表示オプションの設定
    4. 写真の共有によるコメントやフィードバックの収集
    5. スマートプレビュー
  9. カタログとファイルの管理
    1. Lightroom Classic カタログの FAQ
    2. Lightroom Classic カタログの作業方法
    3. カタログの作成と管理
    4. カタログのバックアップ
    5. 見つからない写真の検索
    6. フォルダーの作成と管理
    7. フォルダー内の写真の管理
  10. マップ
    1. マップモジュールの使用
  11. Lightroom Classic での写真の整理
    1. 顔認識
    2. 写真コレクションの使用
    3. 写真のスタックへのグループ化
    4. 写真のフラグ、ラベルおよび評価の設定
    5. キーワードの使用
    6. メタデータの基本とアクション
    7. カタログ内での写真の検索
    8. Lightroom Classic でのビデオの使用
    9. 詳細メタデータのアクション
    10. クイック現像パネルの使用
  12. 写真の処理および現像
    1. 現像モジュールの基本
    2. パノラマおよび HDR パノラマの作成
    3. フラットフィールド補正
    4. Upright を使用した写真の遠近法のゆがみ補正
    5. 強化を使用した画質の改善
    6. 画像の階調とカラーの処理
    7. マスク
    8. 部分補正の適用
    9. HDR 写真の結合
    10. 現像モジュールのオプション
    11. 写真のレタッチ
    12. 赤目およびペットアイの修正効果
    13. 円形フィルターツールの使用
    14. 強化されたスポット除去ツールの使用
  13. 写真を書き出し
    1. ファイルのディスクまたは CD への書き出し
    2. Lightroom Classic から写真の書き出し
    3. 写真をオンラインで公開
    4. 公開サービスを使用したハードディスクへの書き出し
    5. 書き出し用のプリセット、およびその他の設定
  14. 外部エディターの使用方法
    1. 外部編集の環境設定
    2. Photoshop や Photoshop Elements で Lightroom Classic 写真を開いて編集する
  15. スライドショー
    1. スライドショーの作成
    2. スライドショーモジュールのパネルとツール
    3. スライドのレイアウトの指定
    4. スライドへのオーバーレイの追加
    5. スライドショーの再生と書き出し
  16. 写真のプリント
    1. プリントモジュールの基本
    2. プリントモジュールのレイアウトとテンプレート
    3. プリントジョブのオプションと設定
  17. フォトブック
    1. フォトブックの作成
  18. Web ギャラリー
    1. Web ギャラリーの作成
    2. Web モジュールパネルとツールの使用
    3. Web ギャラリーのレイアウト
    4. Web ギャラリーのテンプレートと設定
    5. Web フォトギャラリーのプレビュー、書き出し、アップロード
  19. ショートカットキー
    1. ショートカットキー

Photoshop Elements から Lightroom Classic への写真の自動読み込み

Photoshop Elements から Lightroom Classic CC への写真の読み込み

Lightroom Classic をお持ちの場合には(多くの場合 Creative Cloud フォトグラフィプランの一部として)、1 回のクリックですべての写真を Elements から Lightroom Classic に迅速に転送することができます。Lightroom Classic で、ファイル/Photoshop Elements カタログを読み込みを選択します。写真の評価、人物タグ、およびその他のデータを含む、Elements カタログからの情報は、Lightroom Classic でも保持されます。

注意:

Creative Cloud フォトグラフィプランなら、デジタル写真を次のレベルに引き上げることができます。Creative Cloud フォトグラフィプランでは、プロ並みの品質のデジタル画像を迅速に作成できる Lightroom Classic や Photoshop をはじめとする不可欠な写真ツールを利用できます。 Creative Cloud フォトグラフィプランの詳細をご覧ください。

Photoshop Elements カタログの読み込み

  1. Lightroom Classic をまだインストールしていない場合は、コンピューターにダウンロードしてインストールしてください。
  2. ライブラリモジュールで、ファイル/Photoshop Elements カタログを読み込みを選択します。
Lightroom Classic での Photoshop Elements カタログの読み込み
Elements から Lightroom Classic への写真の転送

  1. 表示される Photoshop Elements カタログを読み込みダイアログボックスで「参照」をクリックして、読み込むカタログを選択します。「読み込み」をクリックして、選択した Photoshop Elements カタログを読み込みます。
Lightroom Classic CC の Photoshop Elements カタログを読み込みダイアログ
Photoshop Elements カタログを読み込みダイアログ

  1. 読み込み」をクリックして、Elements カタログを新しい Lightroom Classic カタログに読み込みます。処理状況を示すプログレスバーが表示されます。
Lightroom Classic カタログの作成
プログレスバー:Lightroom Classic カタログの作成

読み込みで考慮すべき事項

  • Elements で作成したアルバムは、Lightroom Classic のコレクションとして表示されます。
  • Elements Organizer のイベント機能を使用して追加した情報は、Lightroom Classic には表示されません。
    Elements Organizer で識別したイベントに対してタグを作成することができ、このタグの情報が Lightroom Classic に読み込まれます。
  • Windows では Photoshop Elements 6~13、Mac OS では Photoshop Elements 9~13 の写真とデータが Lightroom Classic により読み込まれます。

他の Lightroom Classic カタログからの写真の読み込み

別の Lightroom Classic カタログから現在のカタログに写真を読み込む際には、新しい写真と現在のカタログに既に存在する写真を管理するオプションを指定できます。

注意:

パブリックベータリリースを含む Lightroom Classic の以前のバージョンで作成したカタログを使用する場合は、別のカタログに読み込む前に、いたん開いて更新する必要があります。カタログを Lightroom Classic の以前のバージョンからアップグレードを参照してください。

  1. ファイル/別のカタログから読み込みを選択します。
  2. 読み込むカタログに移動し、「開く」(Windows)または「選択」(Mac OS)をクリックします。
  3. 読み込む写真を指定します。
    • 「カタログの内容」で、読み込み対象の写真を含むフォルダーが選択されていることを確認します。

    • 写真を個別に選択または選択解除するには、「プレビューを表示」をクリックし、プレビュー画像の左上隅にあるチェックボックスをオンまたはオフにします。「全てをチェック」または「全てを解除」を選択することもできます。

  4. 新規写真領域のファイル管理メニューからオプションを選択します。

    新しい写真を移動せずにカタログに追加

    写真を現在の場所に読み込みます。

    新しい写真を新しい場所にコピーして読み込み

    写真を新しい場所に読み込みます。「選択」をクリックし、フォルダーを指定します。

    新しい写真を読み込まない

    現在のカタログに存在する写真のみが読み込まれます。Lightroom Classic では、同じ元のファイル名、Exif 撮影日時およびファイルサイズを持つ写真を重複(既にカタログに存在する)と判断します。

  5. 「変更された既存の写真」領域で、次のいずれかの操作をおこないます。

    • メタデータ、現像設定、元画像を置き換えて、現在のカタログのすべての設定を無視します。このオプションを選択した場合は、「前の設定を仮想コピーとして保持」オプションを選択してバックアップを取ることができます。「RAW ファイル以外のみを置き換え」オプションを選択して、RAW 元画像以外を置き換えることもできます。RAW 元画像に対する変更内容をメタデータにのみ反映させる場合は、このオプションを選択すると時間を節約できます。

    • メタデータと現像の設定のみを置き換えて、元画像(元の写真)を変更しません。このオプションを選択した場合は、「前の設定を仮想コピーとして保持」オプションを選択してバックアップを取ることができます。

    • 何も置き換えずに、新しい写真のみを読み込みます。

    • 読み込んだカタログで現在のカタログにはない写真が見つかった場合は、これらファイルのメタデータと現像設定を更新するかどうかを確認するメッセージが表示されます。「前の設定を仮想コピーとして保持」オプションを選択し、バックアップを保存します。現在のカタログにない写真が読み込んだカタログに存在する場合は、その写真をコピーするかどうかと写真のコピー先を指定します。

  6. 「読み込み」をクリックします。
アドビのロゴ

アカウントにログイン