ラインツールの使用

Photoshop のラインツールを使用して、線と矢印を作成します。

線の描画

ラインツールを使用すると、カンバス上に 2 点間の線を描画できます。線は、ベクトルシェイプ、パス、ピクセルとして描画できます。後で編集可能な、非破壊的でサイズを自由に変更できる線を作成する場合は、シェイプモードを選択します。ピクセルアートなどのラスタライズされたコンテンツで作業する場合は、ピクセルモードを選択します。

次の簡単な手順に従って、線を描画します。

  1. ラインツールを選択します

    ツールバーで、シェイプツール()グループアイコンをクリックしたままにすると、様々なシェイプツールの選択肢が表示されます。ラインツールを選択します。

    ラインツールの使用

  2. 線の幅を設定します

    シェイプモード:

    シェイプの線の太さは、オプションバーの「線」および「線の太さ」の両方の設定で調整できます。

    オプションバーで、「線の太さ」を 0 に設定し、必要な線のサイズを設定することで線の幅を選択します。最良の結果を得るには、線オプションの「整列」の設定を中央または外側に設定します。内側の整列が選択されている場合は、の太さは表示されません。線の幅は、オプションバーで「線」を設定して、または設定しないで、「線の太さ」を使用して設定することもできます。

    線幅
    線幅を設定する 2 つの異なる方法

    A. 「線」を使用した線幅の設定 B. 「線の太さ」を使用した線幅の設定 

    線の整列オプション
    線の整列オプションから中央または外側を選択します。

    パスモードまたはピクセルモード:

    オプションバーで「線の太さ」を設定して、ピクセル線の幅を設定します。

    注意:

    ピクセルモードと「線の太さ」は、Photoshop バージョン 22.0 ~ 22.2 のライン ツールでは利用できません。

  3. クリック&ドラッグします

    カンバスをクリックし、ドラッグして放して線を作成します。線の角度を 45 度の倍数に制限するには、Shift キーを押しながらドラッグして線を描画します。

シェイプモードのオプション

ラインツールオプション

A. ラインツールのさまざまな属性とプロパティを設定するには、「線オプション」をクリックします。 B. 「詳細オプション」 

線のモード

  • ベクトル線を作成するには、「シェイプ」を選択します。

塗りのカラー         

  • リストからカラーを選択するか、カラーピッカーをクリックしてカラーを選択します。または、属性パネルの「外観」セクションでカラースウォッチをクリックして、カラーを選択することもできます。これは矢印の中心を塗りつぶすのに使用します。

線のカラー         

  • リストからカラーを選択するか、カラーピッカーをクリックしてカラーを選択します。または、属性パネルの「外観」セクションでカラースウォッチをクリックして、カラーを選択することもできます。これにより、線と矢印の外側に色が付きます。

線幅        

  • 線幅をピクセル単位で入力します。

線の太さ        

  • 線の太さをピクセル単位で入力します。

詳細オプション

  • プリセット「実線」、「破線」、「点線」から選択するか、「詳細オプション」をクリックして、カスタムの線プリセットを作成します。
  • 整列:「中心」または「外側」を選択します。 「内側」の整列が選択されている場合は、線の太さは表示されません。
  • 線端:線端の形状は、「線端なし」、「丸」、「正方形」の 3 つの線端から選択できます。線端の形状により、線の始点と終点の形状が決まります。  
  • 破線:繰り返しパターンに破線の数と間隔の数を挿入して、破線の外観をカスタマイズします。

ピクセルモードのオプション

線のモード

  • ピクセルベースの線を作成するには、「ピクセル」を選択します。

モード

  • 目的の描画モードを選択します。デフォルトオプションは「通常」です。

不透明度  

  • 不透明度」の値を 1 ~ 100% の範囲で設定します。

線の太さ        

  • 必要な線の幅をピクセル単位で設定します。

その他のオプション

ラインツールのオプションバーで歯車アイコン()をクリックし、「ライブシェイプコントロール」を選択すると、カンバス上の変形コントロールが有効になります。これにより、カンバス上の操作で線の回転やサイズの変更が可能になります。矢印のサイズも変更できます。

変形と外観の設定は、プロパティパネルからも設定できます。このパネルは、メインメニューのウィンドウ/プロパティから有効にできます。

プロパティパネル
プロパティパネル

矢印の作成

矢印を作成するには、線に矢印を追加します。線を作成して線のカラーと幅を設定した後、ラインツールオプションバーで歯車アイコン()をクリックします。線の先頭に矢印を追加するには、「開始」をオンにします。線の末尾に矢印を追加するには、「終了」をオンにします。両端に矢印を追加するには、「開始」と「終了」の両方をオンにします。

  • 矢印の長さをピクセル数で設定します。バージョン 22.0 以降では、矢印は太さのパーセントではなく、絶対ピクセル数で定義されます。
  • 矢印の最も広い部分(矢印が線と交わる部分)のへこみ具合(曲率)を設定します。へこみ具合の値は、–50~50%の範囲で入力します。
矢印
その他のオプションを表示するには、オプションバーの歯車アイコンをクリックします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン