カンバス上でシェイプを作成し、ライブシェイプの属性を使用してシェイプを操作する方法を学びます。

Photoshop には、ベクトルシェイプの描画と編集を簡単におこなうための機能が付属しています。ベクトルシェイプをラスタライズシェイプまたはピクセルベースのシェイプに変換することもできます。

次の簡単な手順に従って、Photoshop でシェイプを作成します。

  1. シェイプツールを選択

    ツールバーで、シェイプツール()グループアイコンをクリックしたままにすると、様々なシェイプツールの選択肢(長方形、角丸長方形、楕円形、三角形、多角形、線、およびカスタムシェイプ)が表示されます。描画するシェイプのツールを選択します。

    Photoshop のシェイプツール
  2. シェイプツールオプションを設定

    シェイプツールのオプションバーで、次の項目を設定できます。

    • モード:シェイプツールのモード(シェイプ、パスおよびピクセル)を設定します。
    • 塗りつぶし:シェイプを塗りつぶすカラーを選択します。
    • :シェイプの線のカラー、幅およびタイプを選択します。
    • 幅と高さ:シェイプの幅と高さを手動で設定します。
    • パスの操作:パスの操作を使用して、シェイプが相互作用する方法を設定します。
    • パスの整列:パスの整列を使用して、シェイプコンポーネントを整列および分布させます。
    • パスの配置:パスの配置を使用して、作成するシェイプの重なり順を設定します。
    • その他のシェイプとパスオプション:歯車()アイコンをクリックして、その他のシェイプやパスオプションにアクセスし、パスのオンスクリーン表示の幅やカラーなどの属性を設定して、シェイプの描画中のオプションを制限します。
    シェイプツールのオプションバー
  3. シェイプを描画

    選択したシェイプツールでカンバスをクリック&ドラッグし、シェイプを描画します。これにより、レイヤーパネルに新規シェイプレイヤーが自動的に作成されます。

    • Shift キーを押しながら描画すると、シェイプの縦横比が維持されます。
    • シェイプレイヤーを選択した状態で、移動ツールを使用してカンバス上でシェイプを移動し、再配置します。
    • シェイプを簡単に拡大・縮小、変形または回転するには、編集/自由変形を選択するか、Ctrl キーを押しながら T キー(Win)/Command キーを押しながら T キー(Mac)を押します。
  4. シェイプの属性を編集

    直接カンバス上のコントロールを使用するか、属性パネルの下の「ライブシェイプの属性」を選択します。カンバス上のコントロールを使用すると、シェイプの操作がより直感的になります。

    カンバス上の変形コントロールおよび丸めコントロールを使用して、シェイプの外観を調整できます。カンバス上の変形コントロールのキーボード修飾キーは、Photoshop の変形ツールと同じように機能します。シェイプのすべての角丸の半径を一度に変更するか、Alt キー(Win)または Option キー(Mac)を押しながらドラッグして単一の角丸の半径を変更できます。三角形の場合は、いずれか 1 つの角をドラッグしても、すべての角が変更されます。カンバス上のシェイプにカーソルを合わせると表示されるカンバス上の回転ハンドルを使用して、シェイプを簡単に回転できます。

    属性パネルのリセット()アイコンをクリックすると、いつでもすべての変更をリセットできます。

    ライブシェイプ
    シェイプを描画し、カンバス上のコントロールを使用してシェイプの属性を簡単に編集します。

    シェイプを描画したら、カンバスの任意の場所をクリックして、シェイプを作成ポップアップダイアログを表示し、シェイプパラメーターを変更します。

    長方形を作成ダイアログ
    シェイプを作成(上の例では長方形を作成)ダイアログを使用して、パラメーターを変更します。

シェイプの塗りつぶしと境界線の描画

次の簡単な手順に従って、シェイプの塗りつぶしと境界線の描画を行います。

  1. レイヤーパネルで、塗りつぶすか境界線を描くシェイプレイヤーを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行って、シェイプの塗り、または境界線のタイプを設定します。

    • ツールバーから、シェイプツールを選択します(U キーを押します)。ツールオプションバーで、「塗り」または「境界線」を選択します。
    • 属性パネルで、塗りまたは境界線のタイプのオプションをクリックします。
  3. ポップアップメニューで、塗り、または境界線のオプション(「べた塗り」、「グラデーション」または「パターン」)を選択します。

    べた塗り:シェイプレイヤーを現在の描画色で塗りつぶすか、その色の境界線を描きます。別のカラーを選択するには、カラーピッカーまたはカラープリセットを使用します。

    グラデーション:グラデーションプリセットを選択するか、グラデーションをクリックしてグラデーションエディターダイアログを表示します。その他のグラデーションオプションを設定します。

    • 「角度」ではグラデーションを適用する角度を指定します。
    • 「逆方向」ではグラデーションカラーの方向を反転します。
    • 「スタイル」はグラデーションの形状を指定します。
    • 「比率」ではグラデーションのサイズを変更します。
    • 「選択範囲内で作成」ではレイヤーの塗りつぶす適用範囲を計算して、グラデーションを作成します。画像ウィンドウ内をドラッグして、グラデーションの中心を移動することもできます。

    パターン:ポップアップメニューからパターンを選択し、その他のパターンオプションを設定します。

    • 「角度」ではパターンを適用する角度を指定します。角度セレクターを特定の角度に設定するか、角度値を手動で入力して、パターンを目的の角度で回転させます。
    • 「比率」ではパターンのサイズを変更します。値を入力するか、スライダーをドラッグします。

カスタムシェイプの描画

シェイプポップアップパネルのシェイプを使用してカスタムシェイプを描画したり、シェイプやパスを保存してカスタムシェイプとして使用したりすることができます。

  1. ツールバーのシェイプツールから、カスタムシェイプツール を選択します。

  2. Photoshop 付属のすべてのカスタムシェイプを表示するには、シェイプツールオプションバーのカスタムシェイプピッカーの右にある歯車アイコンをクリックします。使用可能なシェイプのリストが表示されます。必要に応じて、任意のカスタムシェイプを選択します。

  3. 目的のシェイプが見つからない場合は、カスタムシェイプピッカーパネルで歯車アイコンをクリックし、「シェイプを読み込み」オプションを選択して、保存したファイルから目的のシェイプを読み込みます。カスタムシェイプを作成してライブラリに保存することもできます。

    カスタムシェイプピッカー
  4. カンバスの任意の場所をクリック&ドラッグして、カスタムシェイプを描画します。

カスタムシェイプとしてのシェイプまたはパスの保存

  1. パスパネルで、パス(シェイプレイヤーのベクトルマスク、作業用パスまたは保存したパス)を選択します。

  2. 編集/カスタムシェイプを定義を選択し、シェイプの名前ダイアログボックスに新しいカスタムシェイプの名前を入力します。新しいシェイプが、オプションバーのシェイプポップアップパネルに表示されます。

  3. 新しいカスタムシェイプを新規ライブラリに保存するには、ポップアップパネルメニューから「シェイプを保存」を選択します。

    詳しくは、プリセットマネージャーの使用を参照してください。

多角形ツールを使用した星形の描画

子供の頃に描き方を学ぶ基本的な形の 1 つが星形です。

次の 3 つの簡単な手順に従って、多角形シェイプツールを使用して星形を描画します。

  1. ツールバーで、シェイプツールグループアイコンをクリックしたままにすると、非表示になっているシェイプツールのオプションが表示されます。多角形ツールを選択します。

  2. カンバス上でドラッグして多角形を描画します。

  3. カンバス上の任意の場所をクリックして、多角形を作成ダイアログを表示し、次の属性を設定します。

    幅と高さ:多角形の幅と高さを手動で設定します。

    対称:このチェックボックスをオンにすると、多角形の対称性が維持されます。

    角数:多角形に含める角の数を手動で入力します。例えば、5 つの角がある星形を描画する場合は、角の数を 5 に設定します。

    角丸の半径:多角形の丸みのある角を作成するには、半径を手動で設定します。

    星の比率:星の比率のパーセントを調整して、完璧な星の形にします。

    星のくぼみを滑らかにする:星のくぼみを丸くするには、このチェックボックスをオンにします。

    中心から整列:星形を中心から整列するには、このチェックボックスをオンにします。

    多角形ツールを使用した星形の作成
    多角形ツールを使用した星形の作成