Adobe Premiere Pro CCから直接Adobe Stockにビデオを投稿でき、何百万人ものユーザーに作品を販売できます。コントリビュータープログラムにシーケンスを書き出し、エンコードするための手順と仕様を説明します。
young videographer

シーケンスを書き出す

書き出すシーケンスをプロジェクトパネルで選択、またはそのタイムラインパネルをクリックして、ファイル/書き出し/メディアをクリックします。また、Ctrl + Mキー(Windows)またはCommand + Mキー(macOS)を押して書き出し設定ダイアログボックスを開くこともできます。

注意:

システムにAdobe Media Encoderがインストールされていることを確認してください。

Step1

エンコードの設定を決める

書き出し設定ダイアログボックスで、書き出し設定の形式として「H.264」、「HEVC(H.265)」、「QuickTime」、「AVI」のいずれかの形式を選択します。エンコードプリセット(素材に応じて、「Vimeo 1080p HD」、「YouTube 1080p HD」、「YouTube 2160p 4K」などを推奨)を選択するか、手動で設定します。

Step2

パブリッシュオプションを選択する

「パブリッシュ」タブをクリックします。直接ビデオをパブリッシュできるサービス一覧が表示されます。「Adobe Stock」を選択して、個人アカウントのAdobe IDでAdobe Stockにログインします。Adobe Stockのコントリビューターに登録していない場合は、contributor.stock.adobe.comへのサインアップ画面が表示されます(サインアップ後、再度、個人アカウントのAdobe IDでログインしてください)。

注意:Adobe Stockでは、Adobe Creative Cloudエンタープライズ版アカウントからの投稿は受け付けていません。 個人アカウントをお持ちでない場合は、ログイン画面の「Adobe ID をお持ちでない場合」のリンクをクリックして、個人アカウントを作成してください。

Step3

書き出してアップロードする

書き出し設定ダイアログボックスの下部にある書き出しボタンをクリックしてPremiere Proから直接書き出します。またはキューボタンをクリックしてAdobe Media Encoderを起動し、書き出すシーケンスをキューに追加します。キューに追加可能なシーケンス数に制限はありません。キューパネルの緑の矢印(キューを開始)ボタンをクリックすると、シーケンスのエンコードとAdobe Stockへのアップロードがおこなわれます。

注意:Adobe Stock webサイトにビデオを投稿するには、以下の要件があります。

  • 最小解像度:1,280×720p
  • 形式:MOV、MP4、MPG、またはAVI
  • 最大ファイルサイズ:3,900MB(3.9GB)
  • デュレーション:5~60秒
Step4

送信プロセスを完了する

ビデオをアップロードした後、Media Encoderの出力ファイルのリンクをクリック(またはcontributor.stock.adobe.com/jp/uploadsにアクセス)して、ビデオを投稿する前に、Adobe Stock webサイト用メタデータを準備しましょう。webサイトの「アップロードされたファイル」タブをクリックして、アップロード済みのビデオを確認します。わかりやすいタイトルを付け、ビデオのコンテンツに合う関連キーワードを入力します。ビデオに適したカテゴリーを選択します。Adobe Stockで自動生成されたキーワード候補をそのまま使用することも、独自に入力することも可能です。

注意:

著作権保護された素材またはロゴを含むビデオは承認されません。特定可能な人物が含まれる場合は、出演者のモデルリリース(肖像権利用承諾書)フォームがアップロードされない限り承認されません。

Step5

Adobe Stockへの投稿要件について詳しくは、Stockコントリビューターユーザーガイドを参照してください。

09/10/2018
このページは役に立ちましたか。