ビデオの要件

Adobe Stock のコレクションに送信できるビデオとはどのようなものでしょうか?アドビの品質基準、技術要件および法的要件を満たす方法をご確認ください。

Adobe Stock では、アドビの技術的要件と法的要件および品質基準を満たしている限り、モバイルデバイスを含めてあらゆるカメラで記録されたコンテンツが承認されます。

最高品質水準の追求

見栄えの良い個性的なストックビデオは、購入を検討する企業、広告代理店、デザインスタジオおよびマーケターにとって魅力的なものです。商業的価値のあるビデオは、輝度と露光量が適切に設定され、視覚的および音質的なノイズがなく、視覚的に安定し(コンテンツに関連する振動を除く)、目立った振動(「ゼリー」が揺れるような現象)やフラッシュバンディングがないものである必要があります。  

動画の品質を高める際の注意点をいくつかご紹介します。

 

カッティング  

推奨:ビデオが別のクリップで始まらないように、きれいなカットにします。

推奨:各テイクを分離する短いクリップを作成します。長さ 5~60 秒のフッテージを使用できます。クリップの長さを 15 秒以上にすることをお勧めします。  

推奨:ビデオクリップの最初と最後に編集ハンドルを残しておきます。1~5 秒をお勧めします。

推奨:フォーカスやズームなどのカメラの調整を取り除きます。

 

編集と後工程 

推奨:少しだけビデオを処理します。ピントがあったきれいなカラーフッテージはよく売れます。

推奨:レベル、カーブや明るさ / コントラストを調整して、階調の範囲を最適にします。

非推奨:過剰にシャープ化しないでください。シャープ化しすぎると、ノイズや好ましくないテクスチャが発生する可能性があります。

非推奨:極端にコントラストを上げないでください。ノイズが発生し、ディテールが失われる可能性があります。

非推奨:彩度を過剰にしないでください。特定の美的目的のためにカラーをハードにしたい場合は、セカンダリカラーコレクターを使用するか、Premiere Pro の Lumetri カラーグレーディングパネルの「自然な彩度」コントロールを使用します。

非推奨:RAW 形式のビデオファイルまたは補正されていない対数ガンマ(LOG)フッテージを提出しないでください。 LOG 形式で撮影したフッテージショットには、単純なカラーグレーディングが適用されている必要があります。ベーシックの Rec 709 LUT をお勧めします。 

非推奨:実際にショットに追加するのでない限り、ビネットや他の効果を追加しないでください。

非推奨:静止画像からビデオを作成しないでください。タイムラプスやストップモーションのビデオには当てはまりません。

 

プレビュー画像  

推奨:ビデオのプレビュー画像は、ビデオの最初の 5 秒のフレームから自動的に生成されます。

 

オーディオ  

推奨:品質が許容される場合は、周囲の音を残しておきます。

推奨:特定可能なすべてのナレーターからモデルリリースを取得します。できない場合はオーディオを削除します。

推奨:過変調なオーディオや商標登録されている可能性のある音など、使用できないオーディオは削除します。クリップをオーディオなしで提出することはまったく問題ありません。

非推奨:音楽やサウンド効果を追加しないでください。

 

バリエーション  

推奨:複数のカメラアングル、カメラの動き、および広角、タイトショットなどの構図オプションによるバリエーションを提出してください。 

非推奨:わずかしか違わないショットまたは編集段階での効果による違いだけのショットは提出しないでください。提出するビデオそれぞれに、特徴があるようにしてください。

 

提出  

非推奨:フッテージの解像度を上げないでください(例えば、HD から 4K に)。解像度をそのまま提出するか、必要に応じて解像度を下げて提出してください。

 

詳しくは、Adobe Stock のレビュープロセスを参照してください。 

 

次の技術仕様とガイドラインに従います。

 

長さとファイルサイズ 

最大長:60 秒

最大ファイルサイズ:3900 MB(3.9 GB)

 

横長の解像度 

  • 次のいずれかの解像度でソースコンテンツをアップロードします。
  1. 1920 x 1080 ピクセル
  2. 2048 x 1080 ピクセル
  3. 3840 x 2160 ピクセル
  4. 4096 x 2160 ピクセル
  5. 4096 x 2304 ピクセル 
  • ネイティブフレームサイズでコンテンツをアップロードします。ソースの解像度が 4K を超えていない場合は、元のカメラの解像度からダウンコンバートまたはアップコンバートしないでください。 
  • ビデオクリップは幅 1920 ピクセルから、フル DCI 4K の幅 4096 ピクセルまで対応します。
  • 標準サイズは 1920x1080(HD)、2048x1080(2K)、3840x2160(UHD)、4096x2160(4K)、および 4096x2304(4K-16x9)です。ただ、高さのピクセル数が低くなる 2.39:1 といったほとんどのワイドスクリーンのアスペクト比にも対応します。 

縦長の解像度

  • 次のいずれかの解像度でソースコンテンツをアップロードします。

   1. 2304 x 4096

   2. 2160 x 4096

   3. 2160 x 3840

   4. 1080 x 1920

  • 縦長のビデオをネイティブに撮影し、クリップの縦横比 9:16 でアップロードします。  ビデオの縦横比を 16:9 に変換したり、横長でアップロードしたりしないでください。
  • 縦長のビデオの場合は、各クリップの長さを 10~30 秒に設定することをお勧めします。ただし、最短で 5 秒、最長で 60 秒です。
  • タイトルとキーワードに、「縦長」と「ビデオ」というキーワードを含めてください。 

正方形の解像度

  • 次のいずれかの解像度でソースコンテンツをアップロードします。

      1. 1080x1080

      2. 2160x2160

  • 1:1 の縦横比でビデオをアップロードします。

フレームレート 

  • スローや早回しのビデオを提出しない場合は、クリップのネイティブフレームレートを変換しないでください。
  • 次の標準的なフレームレートで撮影してください:23.98、24、25、29.97、30、50、59.94、60
  •  

ビデオのコンテナフォーマット 

  • MOV、MPG および MP4 の形式を提出できます。
  • 可能な限り、Adobe Media Encoder などのプロフェッショナルレベルのトランスコードツールを使用して、元のビデオの品質を維持してください。ビデオを再圧縮しないでください。
  •  

ビデオ圧縮(コーデック) 

推奨:

  • ProRes 
  • H.264 

利用可能: 

  • MPEG 2 
  • MPEG 4 
  • Motion JPEG (MJPEG) 
  • PNG 

 

オーディオ 

  • 音は 48 kHz、16 ビットの非圧縮に設定する必要があります。
  •  

効果的なタイトルとキーワードの使用

コントリビューターポータルで、ファイルにタイトルとキーワードを追加できます。 また、タイトルとキーワードを Premiere Pro または Adobe Bridge に追加した場合は、追加した内容が Adobe Stock に保存されます。コンテンツを送信する前であれば、いつでもそのメタデータを編集できます。関連するメタデータが含まれる CSV ファイルを提出することもできます。 さらに詳しく

商標登録された名称(ポルシェ、iPad、フェラーリなど)、カメラの仕様(Nikon や 4K など)またはコンテンツの種類(ビデオなど)をキーワードとして使用したり、タイトルに含めたりしないでください。  

クリップでショットに特別なテクニックまたはカメラアングル(ズーム、タイムラプス、空撮など)を使用している場合は、その要素を必ずタイトルとキーワードに含めてください。 ビデオテクニックとカメラアングルのキーワードについて詳しくは、メタデータガイドを参照してください。 

タイトルとキーワードについて詳しくはこちらを参照してください。

 

法律上の要件の遵守 

Adobe Stock コンテンツは、著作権、商標、プライバシー権、財産権などに関するすべての法律に準拠している必要があります。 このユーザーガイドの法律上のガイドラインセクションを参照して、主要な法的条件に関する理解や、モデルリリースまたはプロパティリリース(あるいはその両方)を提出する必要がある場合について確認します。

重要な点の 1 つは、ロゴ、商標、会社名やブランド名が含まれるビデオは使用できないということです。 ただし、そのような要素がデジタル処理により削除された作品は、使用できる可能性があります。  

 

スパムにならないように注意する  

最高のフッテージのみを選択し、提出するたびに異なる要素が含まれるビデオを提供するようにします。角度や深度をわずかに変えただけのクリップや、後工程で異なる効果が適用された同じ映像のコピーは提出しないでください。類似または同一のコンテンツを複数提出すると、レビューチームによってスパムと見なされることがあります。 長い、内容を明示しない、繰り返しのまたは無関係なタイトルやキーワードを使用すると、同様にスパムと見なされることがあります。スパムは固く禁止されており、アカウントのブロックまたは永続的な閉鎖につながることがあります。 さらに詳しく

アドビのロゴ

アカウントにログイン