PDF を開いたり編集したりできない

Adobe Acrobat DC で高度な編集を行う

無料の Adobe Acrobat Reader DC では PDF を表示できますが、高度な編集には Adobe Acrobat DC が必要です。以下のようなことができます。

  • テキストの編集

  • PDF の結合

  • PDF への変換

  • 新規フォームの作成(Reader DC では既存のフォームへの入力が可能)

詳細については、製品の比較を参照してください。

PDF がパスワードで保護されており、編集が制限されている

パスワードで保護された PDF を受け取った場合は、指定されたパスワードを使用して文書を開きます。保護された文書によっては、コンテンツの印刷、編集またはコピーができないように制限されている場合があります。Reader DC では、文書の機能が制限されている場合、その機能に関連するツールやメニュー項目はグレーで表示されます。

PDF を開くことができない場合、または制限により特定の機能を使用できない場合は、PDF の作成者に問い合わせてください。

「無効になっている Adobe PDF 拡張機能があります。」というエラーが表示される

問題を解決するには、次の手順を行います。

  1. コントロールパネルの「インターネットオプション」を開き、「詳細設定」タブをクリックします。

  2. サードパーティ製のブラウザー拡張を有効にする」オプションを選択します。

  3. OK」をクリックし、コンピューターを再起動します。

その他のトラブルシューティングのヒント

その他のトラブルシューティングのヒントについては、これらのテクニカルノートを参照してください。

 

PDF の結合

無料の Adobe Reader DC では複数の PDF ファイルを結合できませんが、Adobe Acrobat DC では結合できます。詳しくは、Acrobat ヘルプの単一 PDF へのファイルの結合を参照してください。

PDF の削除

PDF ファイルはその受信方法(電子メール、Web、またはその他のソース)に応じて、コンピューター上の様々なフォルダーに保存されます。

PDF をすばやく検索するには、Windows または Mac OS でファイル名を検索します。検出されたフォルダーに移動し、PDF ファイルを右クリックし、「削除」(Windows)または「ゴミ箱に入れる」(Mac OS)を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー