印刷ボタンが表示されない

「印刷」ボタンや「キャンセル」ボタンが表示されない場合は、モニターの解像度が低く設定されています。低解像度ディスプレイは Reader の使用に適していません(1024 x 768 以上で使用することをお勧めします)。ただし、この制限を回避する方法はあります。文書を印刷するには、次のいずれかの操作を行います。

  • Enter キーまたは Return キーを押します。
  • ダイアログボックスの右側にスクロールバーが表示されている場合は、スライダーを下に動かしてボタンが見えるようにします。

注意:

(Windows)モニターの設定によっては、「印刷」ボタンが Windows タスクバーに隠れて見えないことがあります。この問題は、マウスポインターが画面の下部にあるとき以外はタスクバーを表示しないようにすると解決できます。そのように設定するには、タスクバーを右クリックし、「プロパティ」を選択します。プロパティダイアログボックスで、「タスクバーを自動的に隠す」をオンにし、「OK」をクリックします。

タスクバーのプロパティで、タスクバーを非表示にする設定に切り替え、「印刷」ボタンが見えるようにします。
タスクバーのプロパティで、タスクバーを非表示にする設定に切り替え、「印刷」ボタンが見えるようにします。

関連するレジストリの修正に関する記事「HiDPI、Retina のディスプレイサポート」も参照してください。

PDF の印刷

  1. ファイル印刷を選択するか、ツールバーの アイコンをクリックします。

  2. プリンターと印刷する部数を選択します。

  3. (オプション)「プロパティ」をクリックして、プリンターのプロパティを開きます。詳しくは、プリンターのマニュアルを参照してください。

  4. 印刷するページ」で、オプションを選択します。

    • すべて - PDF 内のすべてのページを印刷します。
    • 現在のページ - PDF 内の現在のページを印刷します。
    • ページ指定 - ページのサブセットを指定して印刷します。個々のページ番号、範囲、またはページ番号と範囲の組み合わせを入力できます。例えば、「1, 6-18, 33, 98」のように指定します。
    • 詳細オプション - 偶数または奇数ページ、逆順に印刷など、その他のオプションを指定します。
    印刷するページ
  5. 必要に応じて、他のオプションを指定します。

    • ページサイズ処理
    • 向き
    • 注釈とフォーム

    注意:

    設定を変更すると、印刷プレビューが表示されます。下部にある矢印ボタンをクリックすると、他のページをプレビューできます。

  6. 必要な場合は、ページ設定をクリックして、用紙サイズ、給紙方法または印刷の向きを変更します。

  7. 印刷」をクリックします。

一般的な印刷タスク

両面印刷

Print_double-sided

プリンターが両面印刷機能をサポートしている場合は、両面に印刷できます。 

注意:両面印刷は、二重、裏面対裏面、表面対裏面、または両側印刷とも呼ばれます。

このオプションは、Adobe Acrobat DC または Adobe Reader DC ではなく、プリンタードライバーによって制御されます。プリンターがどの機能をサポートしているかを確認するには、プリンターのマニュアルを参照してください。


  • 印刷ダイアログボックスで、「用紙の両面に印刷」を有効にして、綴じ方向を選択します。

注意:

プリンターが実際に両面印刷をサポートしているのに、このオプションが印刷ダイアログボックスに表示されない場合があります。そのような場合は、プリンターのプロパティを開き、プリンターの環境設定からこのオプションを直接指定します。

一般的な印刷タスク

詳しくは、両面印刷の記事を参照してください。

白黒で印刷

Print_color-in-shades-of-grey

カラー PDF をモノクロ階調(グレースケールまたはコンポジットグレーとも呼ばれる)で印刷できます。


  • 印刷ダイアログボックスで、グレースケール印刷を有効にします。
白黒で印刷

異なるサイズで印刷

Resize_pages

印刷時にページを拡大したり、縮小したりできます。自動的に用紙の幅に合わせることも、パーセンテージを指定して手動で拡大・縮小することもできます。


  • 印刷ダイアログボックスで、「サイズ」をクリックし、拡大・縮小オプションを指定します。
print_resize

サイズの大きな文書の印刷

Print_posters-as-banners

ポスターやバナーなど大きいフォーマットの文書は、ページを複数の用紙に分けて印刷できます(「タイル」と呼ばれます)。「ポスター」オプションによって、必要な用紙の枚数が計算されます。元の文書のサイズを用紙に最適なサイズに調整して、各「タイル」の重なりを指定します。その後、タイルを組み合わせます。


  • 印刷ダイアログボックスで、「ポスター」をクリックし、タイルオプションを指定します。
サイズの大きな文書の印刷

複数のページを 1 枚の用紙に印刷

Print_multiple-pages-per-sheet

PDF の複数のページを 1 枚の用紙に印刷できます。1 枚の用紙に複数のページを印刷することは、N-up 印刷(2-up や 6-up)と呼ばれます。ページの順序を、縦または横で指定できます。


  • 印刷ダイアログボックスで、「複数」をクリックし、1 枚の用紙に印刷するページ数とその他の関連オプションを指定します。
複数のページを 1 枚の用紙に印刷

小冊子の印刷

Print_a-booklet

複数ページの文書を小冊子として印刷できます。1 枚の用紙に 2 ページずつ配置されます。両面印刷された用紙をページ順に重ね、2 つ折りにして綴じれば、ページが正しく配列された 1 つの冊子ができあがります。


  • 印刷ダイアログボックスで、「小冊子」をクリックし、小冊子オプションを指定します。
小冊子の印刷

注釈の印刷

Print_comments

注釈をページ内に(ページ上のノート注釈のような形で)印刷することも、一覧または概要の形式で印刷することもできます。

注釈とフォーム」セクションで、次のいずれかの操作を行います。


  • ドロップダウンリストからオプションを選択します。
  • 注釈の一覧」をクリックします。
注釈の印刷

ページの一部の印刷

Print_a-portion-of-a-page

PDF 内のページの一部を印刷できます。スナップショットツールを使用して、印刷する領域を選択します。テキストかグラフィック、またはその両方を選択できます。選択した領域をフルサイズで印刷したり、用紙に合わせてサイズ変更したりできます。


  1. 編集スナップショットを選択します
  2. 長方形を描画し、ページの一部を選択します。
  3. ファイル印刷を選択します。
  4. 印刷ダイアログボックスで、「選択したグラフィック」をクリックします。
ページの一部の印刷

文書を印刷できない

トラブルシューティングのヒントから開始

印刷の問題の原因は様々です。問題を特定するには、まずテクニカルノート「Acrobat や Reader での PDF 印刷のトラブルシューティング」を参照してください。

PDF がパスワードで保護されており、印刷できない場合

パスワードで保護された PDF を受け取った場合は、指定されたパスワードを入力して文書を印刷します。保護された文書によっては、文書のコンテンツの印刷、編集、コピーができないように制限されている場合があります。文書の印刷が制限されている場合は、PDF の作成者にお問い合わせください。

(Windows のみ)保護モードが干渉している

デフォルトの保護モードでは、Acrobat Reader DC のセキュリティが大幅に向上します。保護モードが印刷に干渉しているかどうかを判断するには、一時的に保護モードを無効にします。文書を右クリックし、「文書のプロパティ」を選択します。「詳細設定」をクリックし、保護モードが有効になっているか確認します。

保護モードを無効にするには、編集環境設定を選択し、左側の「セキュリティ(拡張)」を選択します。「起動時に保護モードを有効にする」の選択を解除します。Reader を閉じて再起動した後、文書をもう一度印刷してみてください。

注意:

セキュリティを維持するために、印刷が終了したら、「起動時に保護モードを有効にする」を再選択してください。

インクのオーバープリントのシミュレート

オーバープリントシミュレーションでは、オフセット印刷機で印刷する際に、カラーアートワークのブレンドとオーバープリントがどのように印刷されるかをシミュレートします。印刷の詳細設定ダイアログボックスの「オーバープリントをシミュレート」を選択して、カラーデスクトッププリンターのオーバープリントの効果をシミュレートできます。オーバープリントシミュレーションでは、特色が印刷用のプロセスカラーに変換されます。最終出力用のファイルを使用する場合は、「オーバープリントをシミュレート」を選択しないでください。

注意:

カラーの再現品質はカラープリンターによって大きく異なります。そのため、印刷・出力会社による校正刷りが、最終出力を確認する最も確実な方法となります。

オーバープリントを使用していない 3 つの重なり合った円(左)とオーバープリントを使用した 3 つの重なり合った円(右)の比較。
オーバープリントを使用していない 3 つの重なり合った円(左)とオーバープリントを使用した 3 つの重なり合った円(右)の比較。

文書の印刷時にファイルの保存を求めるメッセージが表示された場合

印刷」をクリックしたときにファイルの保存を求めるメッセージが表示される場合は、印刷の詳細ダイアログをクリックし、「ファイルに出力」オプションをオフにします。

注意:

  • Adobe PDF/XPS/Send note またはその他の仮想プリンターではなく、実際のプリンター機器を選択するようにしてください。
  • Acrobat 10.X バージョンまでは印刷ダイアログ自体に「ファイルに出力」オプションがありました。

PDF 文書上の注釈を印刷するには

一部の注釈(ポップアップノートなど)は、PDF 文書には表示されますが、印刷するように指定しない限り、デフォルトでは印刷されません。

これは、注釈が PDF の内容を隠してしまわないようにするための配慮です。

しかし、注釈を印刷したい場合もあります。ポップアップノートなどの注釈を印刷するには、次の操作を行います。

  1. 編集環境設定を選択します。
  2. 分類リストから「注釈」を選択します。
  3. ノートとポップアップを印刷」オプションを有効にします。

印刷時に Acrobat Reader DC がクラッシュする、または「印刷」ボタンをクリックしても印刷されない

Adobe Acrobat DC のインストールファイルが破損している可能性があります。この問題を解決するには、最新バージョンの Adobe Reader DC または Acrobat DC アプリケーションを使用しているか確認してください。

最新バージョンでこの問題が発生する場合は、次の操作を行います。

  1. Acrobat Cleaner ユーティリティを使用して Acrobat Reader DC をアンインストールします。
  2. Acrobat Reader DC を再インストールします。