利用条件および消費者への情報開示の要素の設定

「明示的な同意」機能は、個人、チーム、ビジネスおよびエンタープライズレベルのサービスで利用できます。


概要

利用条件(ToU)および消費者への情報開示(CD)の文書は、一般に Adobe Sign などのサービスの使用の一環として提示され、制限、責任、期待および電子署名の文脈で電子的に商取引をおこなうための契約書に関して、ベンダー/ユーザーの関係を定義するのに役立ちます。

ほとんどの事例では、これらの文書に対する暗黙的な同意で十分です。そのため、Adobe Sign では、署名サイクルで受信者が契約書にアクセスできる場合、これらの文書への明確なリンクを設定します。

ただし、一部のコンプライアンス要件では、これらの文書へのより断定的な同意が求められます。こうしたニーズを満たすために、利用条件と消費者への情報開示の設定により、Account レベルの管理者は、各文書のタイプに対する明示的な同意を要求できます。


使用方法

多くの場合、受信者が契約書の操作をする前に、Adobe Sign の利用条件およびプライバシーポリシーが表示されます。これには 2 つの重要な例外があります。

  • 送信者と同じアカウントにアクティブなユーザーがいる受信者。
  • Adobe Sign へのログイン中に契約書にアクセスする受信者。 

アカウント設定に基づいて、消費者への情報開示が受信者に表示されます。カスタム利用条件も設定されている場合は、CD と共に表示されます。

デフォルト設定(暗黙の同意)は、受信者が署名を確定する際に、消費者への情報開示のリンクを公開します。(以下の例を参照)

利用条件および CD の同意ページ

明示的な同意を有効にすると、受信者が利用条件および CD に同意することを確認するチェックボックスを実際にオンにすることが求められます。

強制的な確認を有効にすると、受信者が各文書を個別に開き、条件に同意するチェックボックスを実際にオンにすることが求められます。

注意:

2 番目の要素の検証が実行されると、受信者は、最初に ID を検証してから、利用条件/CD に同意できるようになります。


監査レポートへのログ記録

明示的な同意が有効な場合、監査レポートに利用条件および消費者への情報開示に同意したことが反映されます。


カスタム利用条件/消費者への情報開示の追加(エンタープライズサービスプランのみ)

エンタープライズサービスプランのお客様には、独自(追加)の利用条件および消費者への情報開示を提供するオプションがあります。現在、このオプションは顧客のインターフェイスに公開されていません。この機能を利用するには以下のようにしてください。

  • 公開 URL で利用条件/CD を表示できるようにします。
  • サポートチームに連絡して、URL を提供してください。
    • アドビは、文書の内容を確認および承認する必要があります。
  • コンテンツが承認されると、提供された URL がアカウントに設定され、リンクがそのページにリダイレクトされるようになります。


設定可能なオプション

アカウント設定とは異なるグループを設定する必要がある場合、サポートチームに問い合わせて、Group レベルで異なる設定の適用を依頼できます。グループレベルの設定は、アカウントレベルの設定を上書きします。

次に、この機能のオプションを示します。

  • アカウントレベルまたはグループレベルの受信者役割別に、CD およびカスタム利用条件が表示されるタイミングを定義します。
  • それぞれの受信者の役割は、個別に設定できる.

各設定の例

設定:

暗黙の同意の設定

同意プロセス:

  1. 続行」ボタンを選択して、Adobe Sign 利用条件プライバシーポリシーに同意します(契約書を開いた後)。
  2. 必要に応じて、契約書のフィールドに入力します。
  3. クリックして署名」ボタンを選択して、消費者への情報開示およびカスタム利用条件に同意します。
アプリ内の暗黙の同意の結果

設定:

明示的な同意の設定

同意プロセス:

  1. 続行」ボタンを選択して、Adobe Sign 利用条件プライバシーポリシーに同意します(契約書を開いた後)。
  2. 必要に応じて、契約書のフィールドに入力します。
  3. チェックボックスをオンにして、消費者への情報開示カスタム利用条件に同意します。
  4. 完了したら、クリックして署名します。
明示的な同意の結果

設定:

契約書設定を表示する前に明示的な同意が必要

同意プロセス:

  1. チェックボックスをオンにして、Adobe Sign 利用条件プライバシーポリシーに同意します。
  2. チェックボックスをオンにして、カスタム利用条件CD に同意します。
  3. 同意」ボタンを選択して、契約書に進みます。
  4. 必要に応じて、契約書のフィールドに入力します。
  5. 完了したら、クリックして署名します。
契約書を表示する前に明示的な同意が必要

設定:

強制的な確認設定による明示的な同意

同意プロセス:

  1. チェックボックスをオンにして、Adobe Sign 利用条件プライバシーポリシーに同意します。
  2. 利用条件」リンクをクリックして、カスタム利用条件を確認します。
  3. 消費者への情報開示」リンクをクリックして、CD を確認します。
  4. チェックボックスをオンにして、カスタム利用条件CD に同意します。
  5. 同意」ボタンを選択して、契約書に進みます。
  6. 必要に応じて、契約書のフィールドに入力します。
  7. 完了したら、クリックして署名します。
強制的な確認


有効化/無効化の方法

アカウント/アカウント設定/署名の環境設定/追加設定に移動します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン