Workday 体験版のインストール

Adobe Sign 体験版アカウントの Workday インストールガイド

概要

このドキュメントでは、Workday のユーザーが Adobe Sign で体験版アカウントを有効化し、Workday テナントに統合するための手順を説明します。このドキュメントはインストールガイドであり、Workday の包括的なトレーニングマニュアルではありません。

既存の Adobe Sign アカウントがある場合は、体験版を開始する必要はありません。Workday との統合をご希望の場合は、クライアントサクセスマネージャーまでご連絡ください。

Workday 内で Adobe Sign を使用するには、ビジネスプロセスフレームワーク、テナントのセットアップと設定、レポートと Workday Studio の統合などの Workday アイテムの作成および変更方法について理解しておく必要があります。

次に、統合手順の概要を示します。

  • Adobe Sign で体験版アカウントを有効にします。
  • Adobe Sign で統合キーを生成します。
  • Workday テナントに統合キーをインストールします。

Adobe Sign 体験版アカウントの有効化

Adobe Sign の 30 日間の無料体験版を要求するには、以下のフォームに入力します。

https://land.echosign.com/esign-trial-workday-registration.html

 

注意:

注意:体験版を登録するときに使用する電子メールアドレスは、個人のアドレスではなく、職務用のアドレス(HRAdmin@MyDomain.dom など)にすることを強くお勧めします。アカウントを確認するためにこの電子メールの受信ボックスにアクセスする必要があるので、アドレスは有効なものであることが必要です。

体験版リクエストフォーム

1 営業日以内に、Adobe Sign のオンボーディングスペシャリストが Workday 用の Adobe Sign アカウントをプロビジョニングします。完了すると、確認のメールが送信されます。

Adobe Sign からのようこそメール

電子メールに記載されている指示に従うことで、アカウントを初期化し、Adobe Sign ホームページを表示できます。

Adobe Sign ダッシュボード

統合キーの生成

新たにインストールするには、Adobe Sign で統合キーを生成し、Workday に入力する必要があります。このキーによって、Adobe Sign 環境と Workday 環境が相互に認証され、お互いの環境を信頼してコンテンツを共有することができます。

Adobe Sign で統合キーを生成するには:

  • Adobe Sign で管理者アカウントにログインします。
  • アカウント/個人環境設定/アクセストークンに移動します。
  • ウィンドウの右側にある丸で囲まれたプラスのアイコンをクリックします。
「アクセストークン」ページへの移動のイメージ

統合キーを作成」インターフェイスが読み込まれます。

  • キーに対してわかりやすい名前を指定します(Workday など)。

統合キーでは、以下の要素を有効にする必要があります。

  • agreement_read
  • agreement_write
  • agreement_send
  • widget_read
  • library_read
統合キーを作成パネル

  • 保存」をクリックします。

 

 

アカウントに指定されているキーを示す「アクセストークン」ページが表示されます。

  • Workday 用に作成されたキーの定義をクリックします。
    • 定義の上に、「統合キー」リンクが表示されます。
  • 統合キー」リンクをクリックします。
「統合キー」リンク

統合キーが表示されます。

  • このキーは、次の手順で使用するので、コピーして安全な場所に保存します。
  • OK」をクリックします。
統合キーパネル

Workday テナントの設定

統合キーのインストール

統合キーを Workday テナントにインストールすると、Adobe Sign との信頼関係が確立されます。関係が確立されると、任意のビジネスプロセスに、署名プロセスを可能にする「Review Document」ステップを設定できます。

 

注意:Adobe Sign は、Workday 環境では「Adobe Document Cloud」というブランド名で呼ばれます。

 

統合キーをインストールするには:

  • アカウント管理者として Workday にログインします。
  • テナントのセットアップを編集 - ビジネスプロセス」を検索します。

 

テナントのセットアップを編集 - ビジネスプロセス」ページが読み込まれます。

Adobe Sign 統合に関連するフィールドが 4 つあります。

Adobe Document Cloud Acknowledgment - 統合について確認する固定のテキストです。

Adobe Document Cloud API Key – ここに統合キーをインストールします。

Adobe Document Cloud Sender Email Address – Adobe Sign のグループレベルの管理者の電子メールアドレスです。

Remove documents awaiting eSignature when Document is Canceled – 文書が Workday でキャンセルされた場合に、文書を署名サイクルから削除するオプションの設定です。

Adobe Sign 統合キーのフィールド

インストールを完了します。

  • Adobe Sign API Key」フィールドに統合キーを貼り付けます。
  • Adobe Document Cloud Sender Email Address」フィールドに、Adobe Sign 管理者の電子メールアドレスを入力します。
  • OK」をクリックします。
統合キーのフィールドと、キー保有者の電子メールのフィールド

これで、任意のビジネスプロセスに「Review Document」ステップを追加し、電子サインのタイプとして「eSign by Adobe」を選択することで、Adobe Sign の機能を追加できるようになります。

「Review Document」ステップの設定

「Review Document」ステップの文書には、静的な文書、同じビジネスプロセス内の「Generate Document」ステップで生成された文書、または Workday Report Designer で作成された書式設定済みレポートを使用できます。これらいずれの場合でも、アドビのテキストタグを使用して、Adobe Sign 固有のコンポーネントの外観や位置を制御できます。文書ソースは、ビジネスプロセス定義内に指定する必要があります。ビジネスプロセスの実行中にその場で文書をアップロードすることはできません。

「Review Document」ステップで Adobe Sign を使用すると、順次署名者グループを設定できます。これにより、署名の順番が決められている、役割に基づくグループを指定できます。並行署名グループはサポートされていません。

「Review Document」ステップの設定については、クイックスタートガイドを参照してください。

サポート

Workday のサポート

この統合の所有者は Workday です。したがって、統合の範囲、機能の要求、日常的処理の問題に関して疑問点が出てきた場合は、まず Workday に問い合わせることになります。

Workday コミュニティでは、統合のトラブルシューティングや文書の生成方法に関する有益な記事がいくつか公開されています。

 

Adobe Sign サポート

Adobe Sign は統合パートナーです。この統合で署名を取得できない場合や、保留中の署名の通知が適切に実行されない場合は、Adobe Sign に問い合わせてください。

Adobe Sign のユーザーは、カスタマーサクセスマネージャー(CSM)に連絡してサポートを受ける必要があります。または、アドビテクニカルサポートに連絡していただくこともできます。その場合は、1-866-318-4100 に電話し、製品リストが読み上げられるのを待って、指示に従って 4、2 の順番に番号を入力します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン