Adobe LiveCycle のコアサポート終了のお知らせ

アドビでは、既に 4 年以上にわたって Adobe Experience Manager Forms(AEM Forms)を提供していたこと、およびアドビ発表の製品とテクニカルサポート期間を経過したことから、2018 年 3 月をもって、Adobe LiveCycle に対するコアテクニカルサポートを終了いたしました。アドビの最新テクノロジーへの移行を計画するために延長時間を必要とするお客様には、コアサポート期間の終了後に 2 年間延長可能な、延長メンテナンスおよびサポートを用意しています。Adobe LiveCycle の延長テクニカルサポートは、2020 年 3 月まで利用可能です。お客様が延長サポートの購入をご希望の場合、初年度および更新年度(次年度)の年間サポート料金は、現在の更新期間の年間サポート料金の 25%増しとなります。詳しくは、アドビのサポートライフサイクルポリシーを参照してください。

アドビでは、お客様がすべての新しいイノベーションを活用し、ビジネスニーズを解決できるよう、AEM Forms へのスムーズな移行を支援しています。

Adobe LiveCycle のお客様は、LiveCycle ES4 から AEM Forms の最新バージョンに直接アップグレード可能です。アップグレードコンサルティングサービスは、アドビプロフェッショナルサービスおよびアドビのソリューションパートナーネットワークから利用できます。お客様がご自身でアップグレードを完了したい場合は、公開ドキュメントを参照してください。

AEM Forms へのアップグレードに関するサポートや販売について詳しくは、こちらからお問い合わせください。

よくある質問

製品とテクニカルサポート期間で、製品名とバージョンを使用して検索できます。

いいえ、AEM Forms は、Adobe LiveCycle と同じ Java Enterprise Edition(JEE)テクノロジースタック上に構築されており、JEE と OSGi の 2 つのモードで実行できます。AEM Forms には、LiveCycle で利用可能なほとんどのモジュールへのアクセスに加え、数年間分の機能拡張が含まれており、デジタル登録、オンボーディングおよびコミュニケーションもサポートされています。

米国の窓口 (+1) 800-685-3644 に電話して、2 を押し、次に 1 を押してから、AEM Forms Designer スタンドアロンの購入についてお問い合わせください。AEM Forms Designer と AEM Forms それぞれに含まれる内容については、以下を参照してください。

  • AEM Forms Designer は、フォームの作成を簡単にするグラフィカルフォームデザインツールです。フォーム設計者は、ダイナミック PDF フォームや XML テンプレートを作成できます。ダイナミック PDF フォームは、Adobe Acrobat や Adobe Reader でデータをキャプチャしてローカルに保存したり、バックエンドシステムに送信したりするのに使用できます。AEM Forms サーバーコンポーネント(AEM Forms Designer には含まれません)を活用すると、Designer で作成した XML テンプレートにより、印刷、Web、アーカイブ用の動的なデータドリブン型ドキュメントや、データキャプチャ用の HTML5 フォームを生成できます。フォーム設計者は、フォームを XML スキーマ、XML サンプルファイル、データベースおよび Web サービスにバインドすることによって、これらを既存のワークフローに統合できます。Designer で作成したフォームおよびドキュメントは、ビジネスデータとマージして、PDF や HTML5 などの様々なファイルタイプでレンダリングしたり、PCL、Adobe PostScript および Zebra(ZPL)プリンターで印刷したりできます。
  • AEM Forms Designer は、AEM Forms の部品表に含まれています。既存の Adobe LiveCycle Designer のお客様も、AEM Forms Designer スタンドアロンを購入できます。
  • AEM Forms は、エンタープライズ登録、オンボーディング、カスタマーコミュニケーションをサポートします。一元化されたオーサリングインターフェイスから、再利用可能なコンポーネント、テンプレートおよびテーマを使用して、フォームやドキュメントを作成および管理し、任意のデバイスや画面サイズに配信できます。フォームやドキュメントをワークフローやバックエンドシステムに関連付けて、データの処理や情報のルーティングをシームレスにおこないます。
  • AEM Forms は、Adobe Experience Manager(AEM)の機能の 1 つです。
  • AEM は、Java Runtime 上に構築され、OSGi や Apache Sling などのフレームワークを使用して開発されています。
  • OSGi モジュラーおよびダイナミックモデルを使用すると、運用コストを削減し、複数のデバイスをネットワーク化された環境に統合することができます。
  • また、AEM Forms は、AEM Forms JEE としてインストール可能です。AEM Forms JEE は、Adobe LiveCycle と同じテクノロジースタック上に構築されており、従来の LiveCycle の全サービスに加え、新しい AEM Forms の全機能も含まれています(AEM Forms JEE は、通常、LiveCycle からアップグレードするお客様に対して推奨されるパスです)。
アドビのロゴ

アカウントにログイン