Windows で実行しているアドビ製品の問題を解決するには、隠しファイルおよび隠しフォルダーを表示しなければならないこともあります。以下の手順に従って、Windows のバージョンに合わせて隠しファイル、隠しフォルダー、ファイル名拡張子を表示します。

Windows 8.x および 10

  1. Windows 8.x で、「デスクトップ」を選択します。Windows 10 で「スタート」ボタンをクリックします。

  2. 「コントロール パネル」を開きます。

  3. デスクトップのカスタマイズで、「フォルダーオプション」を選択します。

  4. リボンの右側にある「オプション」アイコンをクリックします。

  5. フォルダーオプションダイアログボックスで、「表示」タブを選択します。

  6. 隠しファイル、隠しフォルダ―、および隠しドライブを表示する」を選択します。

  7. 既知のファイルタイプの拡張子を非表示」を選択解除し、「OK」をクリックします。

Windows 7

  1. スタート/コントロールパネル」を選択します。

  2. コントロールパネルダイアログで、「デスクトップのカスタマイズ」をダブルクリックします。

  3. デスクトップのカスタマイズダイアログボックスで、フォルダーオプションをダブルクリックするか、フォルダーオプションで「隠しファイルと隠しフォルダーを表示する」をクリックします。

  4. フォルダーオプションダイアログボックスで、「隠しファイルと隠しフォルダーを表示する」が選択されていることを確認します。

  5. OK」をクリックします。

Windows Vista

  1. Windows Explorer で、「整理/フォルダと検索のオプション」を選択します。

  2. フォルダ オプションダイアログボックスの「表示」タブをクリックします。
  3. 「詳細設定」で、「隠しファイルと隠しフォルダーを表示する」を選択します。

  4. 既知のファイルタイプの拡張子を隠す」を選択解除します。

  5. OK」をクリックします。

以下の Adobe Captivate デモに、Windows Vista で隠しファイル、隠しフォルダ、およびすべてのファイル名拡張子を表示する方法を示します。このデモの表示方法について詳しくは、ナレッジベースドキュメントの Adobe Captivate デモの表示を参照してください。

 

Windows XP

  1. Windows Explorer で、「ツール/フォルダーオプション」を選択します。

  2. フォルダオプションダイアログボックスの「表示」タブをクリックします。
  3. 「詳細設定」で、「隠しファイルと隠しフォルダーを表示する」を選択します。

  4. 既知のファイルタイプの拡張子を隠す」を選択解除します。

  5. OK」をクリックします。

以下の Adobe Captivate デモに、Windows XP で隠しファイル、隠しフォルダ、およびすべてのファイル名拡張子を表示する方法を示します。このデモの表示方法について詳しくは、ナレッジベースドキュメントの Adobe Captivate デモの表示を参照してください。

 

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー