問題点

Adobe Encore または Adobe Premiere Elements を使用して DVD または Blu-ray ディスクの焼き込みを行いました。アプリケーションはエラーを返すことなく、焼き込みプロセスを完了しました。しかし、このディスクを DVD プレーヤーまたは Blu-ray ディスクプレーヤーに入れると、ディスクには以下のような問題が発生します。

  • 再生が開始されない。
  • 再生が停止したり、正しく再生されなかったり、その他の問題が発生したりする。

解決策

以下の手順を順番に実行します。

1. ご使用のプレーヤーで他のDVDやBlu-rayディスクが問題なく再生できることを確認します。

DVDプレーヤーやBlu-rayディスクプレーヤーが動作しており、テレビに正しく接続されていることを確認するには、(コンピューターで焼き込んだものではなく)商品として製造されたDVDやBlu-rayディスクを1つ以上再生します。

焼き込んだディスクと商品ディスクで同じ再生の問題が発生する場合は、プレーヤーのユーザーマニュアルのトラブルシューティングに関する説明を参照してください。 これ以外の場合は、次の手順に進みます。

2. 焼き込んだDVDやBlu-rayディスクをクリーニングします。

DVDやBlu-rayディスクに汚れ、塵、指紋などがないかどうか確認します。 ディスククリーニングキットでクリーニングするか、ディスクの真ん中から外側にかけて柔らかいきれいな布で優しく拭きます。

3. 焼き込んだDVDやBlu-rayディスクが、テレビの標準規格に適合していることを確認します。

EncoreとPremiere Elementsでは、NTSCまたはPALのテレビ標準規格を使用してDVDとBlu-rayディスクを作成できます。 (北米、日本、韓国、フィリピンおよび南米の一部ではNTSCを使用し、 その他のほとんどの地域ではPALを使用しています) DVDプレーヤーとBlu-rayディスクプレーヤーの一部はNTSCとPALの両方に対応していますが、ほとんどのプレーヤーは一方の標準規格にしか対応していません。

ディスクの焼き込み時に誤った規格を選択した可能性がある場合は、新しいディスクを正しい規格で作成し直してください。

テレビの標準規格を選択するには:

  • Encore: プロジェクトの作成時に、新規プロジェクトウィンドウの「通常」タブで、テレビ規格ポップアップメニューからNTSCまたはPALを選択します。
  • Premiere Elements: 共有/ディスク/DVDまたは共有/ディスク/Blu-rayを選択した後、プリセットポップアップメニューからNTSCまたはPALのプリセットを選択します。

4. 追加のトラブルシューティングを実行します。

以上の手順で問題が解決されない場合は、この技術文書のうち、焼き込みを行ったディスクの種類に関する節を参照してトラブルシューティングを続行します。

DVDに関する追加のトラブルシューティング

以下の解決策を1つ以上実行します。

解決策1:別のDVDプレーヤーを使用

DVDプレーヤーの中には(特に古いモデルの場合)コンピューターで焼き込んだDVDを再生できないものがあります。 DVDを別のモデルのDVDプレーヤーで再生してみてください。

解決策2:別の空のメディアを使用

DVDプレーヤーの中にはコンピューターで焼き込んだDVDを再生できるが、空のDVDメディアの特定の形式としか互換性がないものがあります。 DVDプレーヤーのユーザーマニュアルで、コンピューターで焼き込んだDVDメディアに関するサポート情報を参照してください。

以下のいずれかの方法で問題のあるDVDメディアとは別の空メディアに新しいDVDを焼き込みます。

  • ブランド名
  • 形式(DVD+R、DVD-R、DVD-RWその他のシングルレイヤーまたはデュアルレイヤー)
  • 書き込み速度(2倍、4倍、その他)

この処理には、トライアンドエラーが必要です。 数種類の空メディアを試してみて、最適なメディアを見つけることが必要な場合があります。

空のDVDメディアに関して、弊社からの推奨事項は特にありません。 推奨事項が必要な場合は、www.adobeforums.comにある弊社のユーザーフォーラムを使用してください。

VideoHelp.com(www.videohelp.com/dvdmedia)には、数種類の空のDVDメディアの互換性に関するユーザーレポートが掲載されています。 免責事項: このリンクはサードパーティのWebサイトです。 ここに掲載された情報は、弊社によってレビューおよび検証されたものではありません。 このリンクは参考情報としてのみ使用してください。

解決策3:自動再生DVDに焼き込みを行った場合、メインメニューを使用してDVDを焼き込む

ビューアーにメニューが表示されないDVDは、自動再生DVDと呼ばれます。 DVDプレーヤーの中には(特に古いモデルの場合)自動再生DVDを読み取れないものがあります。 自動再生DVDに焼き込みを行った場合は、メインメニューを使用して新しいDVDを焼き込みます。

メインメニューの追加に関する手順については、「Encore」または「Premiere Elements ヘルプ」の「メニューの作成」セクションを参照してください。

解決策4:(Encoreのみ):高ビットレートのMPEG-2に変換

プロジェクトにデジタルビデオ編集アプリケーションから書き出されたMPEG-2ファイルが含まれる場合、その中に8メガビット秒(Mbps)を超えるビットレートを持つMPEG-2ファイルがある可能性があります。 DVDの仕様では9 Mbpsまでのビットレートをサポートしていますが、DVDプレーヤーの中にはビットレートが8 Mbpsを超えるDVDの再生ができないものがあります。

プロジェクトで8 Mbpsを超えるビットレートでMPEG-2ファイルを作成した場合は、ファイルを作成したビデオ編集アプリケーションで、8 Mbp以下のビットレートで再度ファイル書き出しを行います。 続いて、より低いビットレートのファイルを使用して新しいDVDを焼き込みます。

解決策5:(Encoreのみ)遅い書き込み速度でDVDを焼き込む

DVDバーナーの中には、最高速度で焼き込みを行うと、破損データを書き込んでしまうものがあります。 より遅い書き込み速度で新しいDVDを焼き込んでください。

書き込み速度を遅くするには、ビルドパネルの保存先セクションのポップアップで速度を選択してください。

Blu-rayディスクに関する追加のトラブルシューティング

以下の解決策を1つ以上実行します。

解決策1:Blu-rayディスクプレーヤーのファームウェアを更新

ファームウェアの更新によって、Blu-rayディスクプレーヤーと、コンピューターで焼き込んだBlu-rayとの互換性が向上する場合があります。 ファームウェア更新の可否については、プレーヤーの製造元にお問い合わせください。

www.blu-ray.com/firmwareにあるBlu-ray.comには、多くのBlu-rayディスクプレーヤーのファームウェア更新の可否に関する情報が掲載されています。 免責事項: このリンクはサードパーティのWebサイトです。 ここに掲載された情報は、弊社によってレビューおよび検証されたものではありません。 このリンクは参考情報としてのみ使用してください。

解決策2:別の空のメディアを使用

以下のいずれかの方法で問題のあるBlu-rayディスクメディアとは別の空メディアを使用して、もう1枚Blu-rayディスクを焼き込みます。

  • ブランド名
  • 形式(BD-RまたはBD-RE、25 GBのシングルレイヤーまたは50 GBのデュアルレイヤー)
  • 書き込み速度(2倍、4倍、その他)

この処理には、トライアンドエラーが必要です。 数種類の空メディアを試してみて、最適なメディアを見つけることが必要な場合があります。

空のメディアに関して、弊社からの推奨事項は特にありません。 推奨事項が必要な場合は、www.adobeforums.comにある弊社のユーザーフォーラムを使用してください。

VideoHelp.com(www.videohelp.com/dvdmedia)には、数種類の空のBlu-rayディスクメディアの互換性に関するユーザーレポートが掲載されています。 免責事項: このリンクはサードパーティのWebサイトです。 ここに掲載された情報は、弊社によってレビューおよび検証されたものではありません。 このリンクは参考情報としてのみ使用してください。

解決策3:H.264 Blu-rayディスクを焼き込んだ場合は、MPEG-2 Blu-rayディスクを焼き込む

Blu-rayディスクの仕様ではMPEG-2コーデックでのエンコーディングがサポートされており、これはDVDとH.264のコーデックでも使用されます。 H.264では品質を低下させずに高い圧縮率を実現できますが、プレーヤーの中には、コンピューターで焼き込んだディスク上の、H.264でエンコードされたデータを正しく読み取れないものがあります。 H.264 Blu-rayディスクを焼き込んだ場合は、MPEG-2 Blu-rayディスクを焼き込んでください。

Blu-rayディスク用にMPEG-2形式を選択するには:

  • Encore: ファイル/プロジェクト設定を選択し、次に「通常」タブのコーデックポップアップメニューから「MPEG-2」を選択します。 または、プロジェクト作成時の「新規プロジェクト」ウィンドウの「通常」タブのコーデックポップアップメニューから「MPEG-2」を選択します。

  • Premiere Elements: 共有/ディスク/Blu-rayを選択した後、プリセットポップアップメニューからMPEG-2プリセットの1つを選択します。

解決策4:別のBlu-rayディスクプレーヤーを使用

Blu-rayディスクプレーヤーの中には、コンピューターで焼き込んだディスクとの互換性がないものがあります。 Blu-rayディスクを別のモデルのBlu-rayディスクプレーヤーで再生してみてください。

追加情報

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー