Adobe Acrobat Classic 2015 と Acrobat Reader Classic 2015 のサポートの終了

Adobe サポートライフサイクルポリシーで述べているように、アドビは、Adobe Reader と Adobe Acrobat の一般使用可能日から 5 年間、製品サポートを提供します。このポリシーに従い、Adobe Acrobat Classic 2015 と Adobe Acrobat Reader Classic 2015 のサポートを 2020 年 4 月 7 日に終了する予定でしたが、

注意:

お客様を最大限サポートするため、Acrobat Classic 2015 の製品サポートを 2020 年 7 月 7 日まで延長しました。

サポートの終了

サポート終了に伴い、アドビでは、製品や製品バージョンのすべての派生物(ローカライズバージョン、マイナーアップデート、オペレーティングシステム、ドットおよびダブルドットリリース、コネクター製品)の製品およびセキュリティのアップデートなどの技術サポートを今後行わないことになります。

推奨事項

アドビでは、Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat DC を最新バージョンにアップデートすることをお客様に強く推奨します。 インストール製品を最新バージョンにアップデートすることで、お客様は最新の機能拡張と改善されたセキュリティ対策のメリットを享受できます。

Acrobat DC の最適な購入オプションを教えてください。

Acrobat DC のすべての機能を活用するには、サブスクリプションプランが最適です。新規の年間サブスクリプションプランおよび月々サブスクリプションプランにより、Acrobat DC は従来よりもお手頃にご利用いただけるとともに、Adobe Document Cloud プレミアムサービスもご利用いただけます。

サブスクリプション版および都度購入のオプションのレビューについては、Acrobat DC 製品比較を参照してください。また、Acrobat DC と以前のバージョンの違いについて詳しくは、Acrobat DC バージョン比較をご覧ください。

 

Acrobat 2015 サポート終了のリマインダー

その他の参考資料

アドビのロゴ

アカウントにログイン