Creative Cloud エコシステムを使用して Adobe XD を操作する方法を説明します。

XD は Creative Cloud とシームレスに連携し、時間を節約して作業を迅速化するのに役立ちます。 

Photoshop、Illustrator、InDesign から作品を読み込んだり、Creative Cloud ライブラリからアセットを再利用したりできます。

XD から Creative Cloud ライブラリに追加されたアセットは、他の Creative Cloud アプリケーションでも使用できます。同様に、他の Creative Cloud アプリケーションからのアセットを XDで使うこともできます。アセットには、ラスターまたはベクターグラフィック、カラー、コンポーネント、文字スタイルなどが含まれます。

Creative Cloud ライブラリで、プロジェクトファイル全体のリンクしたアセットの変更を更新することで、プロジェクト全体の一貫性を保ちます。

他のコンピューターやモバイルデバイスからアクセスするために、XD ドキュメントを Creative Cloud ファイルに入れることができます。また、XD ドキュメントから作成したすべての共有プロトタイプを管理することもできます。

XD でのクリエイティブアセットの再利用

Creative Cloud ライブラリでは、Photoshop や Illustratorなど、様々なアプリケーション間でデザインのアセットを共有する仕組みを提供しています。

Photoshop や Illustrator で作成したデザインアセットをライブラリに保存することで、XD でアセットにアクセスしてアートボードに追加することができます。

XD で Creative Cloud ライブラリウィンドウを開き、文字スタイルまたはカラーを 1 クリックで選択したオブジェクトに適用します。ラスタライズグラフィックをリンクされたグラフィックとしてアートボードに追加するには、ライブラリウィンドウからドラッグします。

Creative Cloud ライブラリを使用したアセットの読み込みについて詳しくは、Adobe XD での Creative Cloud ライブラリを参照してください。

注意:

現在、XD でサポートされているのは、Creative Cloud ライブラリからの画像(ラスタライズ画像およびベクター画像)、カラー、文字スタイルの読み込みです。

XD での Creative Cloud Files の使用

Creative Cloud エコシステムを使用して、プロトタイプを格納したり管理したりすることもできます。例えば、デスクトップの Creative Cloud Files フォルダーにプロトタイプを保存すると、自動的にクラウドで利用できるようになります。プロトタイプにモバイルデバイスからアクセスできるようになります(Adobe XD モバイル版アプリを使用)。

共有と共同作業

レビュー用に共有するプロトタイプはクラウドにも格納されます。レビューのため、プロトタイプを他のユーザーと共有すると、XD によりプロトタイプはクラウドに格納され、関係者と共有するためのリンクが送信されます。 

関係者はプロジェクトをレビューし、注釈を入れます。これにより、デザインのフィードバックをすばやく受けて、デザイナーと関係者間の風通しを良くすることができます。

ワークフローの共有について詳しくは、デザインおよびプロトタイプの共有を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー