マニュアル キャンセル

レイヤーマーカーとコンポジションマーカー

  1. After Effects ユーザガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. After Effects ベータ版ホーム
    3. ベータ版の機能
      1. プロパティパネル(ベータ版)
      2. 選択可能なトラックマットレイヤー(ベータ版)
      3. ネイティブの H.264 エンコード(ベータ版)
  3. はじめに
    1. After Effects の概要
    2. After Effects の新機能
    3. リリースノート | After Effects
    4. After Effects の必要システム構成
    5. After Effects のキーボードショートカット
    6. サポートされているファイル形式 | After Effects
    7. ハードウェアに関する推奨事項
    8. Apple シリコン対応の After Effects
    9. 計画と設定
    10. セットアップとインストール
  4. Workspaces
    1. 一般ユーザーインターフェイスアイテム
    2. After Effects インターフェイスについて
    3. ワークフロー
    4. Workspaces、パネルおよびビューア
  5. プロジェクトとコンポジション
    1. プロジェクト
    2. コンポジションの基本
    3. プリコンポーズ、ネスト化およびプリレンダリング
    4. コンポジションプロファイラーを使用した詳細なパフォーマンス情報の表示
    5. CINEMA 4D コンポジションレンダラー
  6. フッテージの読み込み
    1. 静止画の準備と読み込み
    2. After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込み
    3. ビデオとオーディオの読み込みと変換
    4. 3D イメージファイルの準備と読み込み
    5. フッテージアイテムの読み込みと変換
    6. フッテージアイテムでの作業
    7. シーン編集の検出を使用した編集ポイントの削除
    8. XMP メタデータ
  7. テキストとグラフィック
    1. テキスト
      1. 文字の書式設定と文字パネル
      2. テキストエフェクト
      3. テキストレイヤーの作成と編集
      4. 段落の書式設定と段落パネル
      5. テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
      6. テキストのアニメーション化
      7. テキストアニメーションのサンプルとリソース
      8. Live Text テンプレート
    2. モーショングラフィック
      1. After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの操作
      2. エクスプレッションを使用した、モーショングラフィックステンプレートのドロップダウンリストの作成
      3. エッセンシャルプロパティを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成
      4. モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでの画像とビデオの置き換え
  8. 描画、ペイント、パス
    1. シェイプレイヤー、パス、ベクトルグラフィックの概要
    2. ペイントツール:ブラシ、コピースタンプおよび消しゴム
    3. テーパシェイプストローク
    4. シェイプレイヤーのシェイプ属性、ペイント操作およびパス操作
    5. 「パスのオフセット」シェイプエフェクトを使用したシェイプの変更
    6. シェイプの作成
    7. マスクを作成
    8. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除
    9. ロトブラシとマットを調整
  9. レイヤー、マーカー、カメラ
    1. レイヤーの選択と配置
    2. 描画モードとレイヤースタイル
    3. 3D レイヤー
    4. レイヤープロパティ
    5. レイヤーの作成
    6. レイヤーの管理
    7. レイヤーマーカーとコンポジションマーカー
    8. カメラ、ライト、目標点
  10. アニメーション、キーフレーム、モーショントラッキング、キーイング
    1. アニメーション
      1. アニメーションの基本
      2. パペットツールを使用したアニメーション化
      3. シェイプパスとマスクの管理とアニメーション化
      4. After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメーション化
      5. 多彩なアニメーションツール
      6. データ駆動型アニメーションの操作
    2. キーフレーム
      1. キーフレーム補間法
      2. キーフレームの設定、選択および削除
      3. キーフレームの編集、移動、コピー
    3. モーショントラッキング
      1. モーションのトラッキングとスタビライズ
      2. 顔のトラッキング
      3. マスクのトラッキング
      4. マスク参照
      5. 速度
      6. 時間伸縮とタイムリマップ
      7. タイムコードと時間の表示単位
    4. キーイング
      1. キーイング
      2. キーイングエフェクト
  11. 透明度と合成
    1. 合成と透明化の概要とリソース
    2. アルファチャンネルおよびマット
  12. カラーの調整
    1. カラーの基本
    2. カラーマネジメント
    3. 色調補正エフェクト
  13. エフェクトおよびアニメーションプリセット
    1. エフェクトおよびアニメーションプリセットの概要
    2. エフェクトリスト
    3. シミュレーションエフェクト
    4. スタイライズエフェクト
    5. オーディオエフェクト
    6. ディストーションエフェクト
    7. 遠近エフェクト
    8. チャンネルエフェクト
    9. エフェクトの生成
    10. トランジションエフェクト
    11. ローリングシャッターの修復エフェクト
    12. ブラー&シャープエフェクト
    13. 3D チャンネルエフェクト
    14. ユーティリティエフェクト
    15. マットエフェクト
    16. ノイズ&グレインエフェクト
    17. 「詳細を維持しながらアップスケール」エフェクト
    18. 旧バージョンエフェクト
  14. エクスプレッションと自動化
    1. エクスプレッション
      1. エクスプレッションの基本
      2. エクスプレッション言語について
      3. エクスプレッション制御の使用
      4. JavaScript と以前の ExtendScript のエクスプレッションエンジンの構文の違い
      5. エクスプレッションの編集
      6. エクスプレッションエラー
      7. エクスプレッションエディターの使用
      8. エクスプレッションを使用したテキストプロパティの編集とアクセス
      9. エクスプレッション言語リファレンス
      10. エクスプレッションの例
    2. 自動化
      1. 自動化
      2. スクリプト
  15. イマーシブビデオ、VR、3D
    1. After Effects での VR 環境の作成
    2. イマーシブビデオエフェクトの適用
    3. VR/360 度ビデオの合成ツール
    4. 3D カメラの移動のトラッキング
    5. 3D デザインスペースでの作業
    6. 3D 変形ギズモ
    7. 3D アニメーションによるその他の操作
    8. リアルタイムエンジンを使用した、3D デザインの変更のリアルタイムプレビュー
    9. グラフィックへのレスポンシブデザインの追加
  16. ビューとプレビュー
    1. プレビュー
    2. Mercury Transmit を使用したビデオプレビュー
    3. ビューの変更と使用
  17. レンダリングと書き出し
    1. レンダリングと書き出しの基本
    2. After Effects プロジェクトを Adobe Premiere Pro プロジェクトとして書き出し
    3. ムービーの変換
    4. マルチフレームレンダリング
    5. 自動レンダリングとネットワークレンダリング
    6. 静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し
    7. After Effects での GoPro CineForm コーデックの使用
  18. その他のアプリケーションの使用
    1. Dynamic Link と After Effects
    2. After Effects およびその他のアプリケーションの使用
    3. After Effects の設定の同期
    4. After Effects の Creative Cloud ライブラリ
    5. プラグイン
    6. CINEMA 4D と Cineware
  19. 共同作業:Frame.io と Team Projects
    1. Premiere Pro と After Effects での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとライセンス認証
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. チームプロジェクトの作成
      3. Team Projects を使用した共同作業
  20. メモリ、ストレージおよびパフォーマンス
    1. メモリとストレージ
    2. プレビュー時のメモリ不足の問題に対する After Effects の処理    
    3. 処理速度の向上
    4. 環境設定
    5. After Effects の GPU および GPU ドライバーの要件

コンポジションマーカーとレイヤーマーカーを使用して、コメントやその他のメタデータを保存し、重要な時間をコンポジションまたはレイヤーにマークします。コンポジションマーカーはコンポジションの時間スケールに表示されるのに対し、レイヤーマーカーはそれぞれ特定レイヤーのデュレーションバーに表示されます。この 2 つのマーカーには同じ情報が保持されます。

マーカーは、時間上の 1 つのポイントまたはデュレーションを参照できます。

After Effects のコンポジションマーカーは、Adobe Premiere Pro のシーケンスマーカーに対応しています。After Effects のレイヤーマーカーは、Adobe Premiere Pro のクリップマーカーに対応しています。

マーカーを含むコンポジションをレンダリングすると、マーカーは、マーカーダイアログボックスで設定した出力形式と値に基づいて、Web リンク、チャプターリンク(チャプターポイント)またはキューポイントに変換されます。マーカーは XMP メタデータとして書き出すこともできます(XMP メタデータを参照)。

コンポジションマーカーの初期設定のコメントは番号ですが、レイヤーマーカーには初期設定のコメントはありません。

リンクまたはキューポイントデータが含まれたマーカーは、アイコンに小さい点が付いています。

マーカー

A. デュレーションが 1 秒のコンポジションマーカー B. キューポイントデータを含むコンポジションマーカー C. デュレーションが 2 秒のレイヤーマーカー D. キューポイントデータを含むレイヤーマーカー 

注意:

マーカーを使用すると、レイヤーや現在の時間インジケーターを特定の時間ポイントに簡単に配置できます。タイムラインパネル内で、Shift キーを押しながらキーフレーム、現在の時間インジケーターまたはレイヤーデュレーションバーをドラッグすると、これらのアイテムがマーカーにスナップされます。

プレビュー中またはオーディオのみのプレビュー中にマーカーを追加できます。これにより、レイヤーのオーディオトラックの特定のポイントに簡単にマーカーを付けることができます。

マーカーの時間を変更するにはマーカーのインポイントをドラッグし、マーカーのデュレーションを変更するにはマーカーのアウトポイントをドラッグします。マーカーの時間とデュレーションを同時に変更することはできません。 

  • マーカーのデータを表示または編集するには、マーカーをダブルクリックするか、マーカーを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、「設定」を選択します。
  • マーカーを別の時間に移動するには、マーカーをドラッグまたはダブルクリックしてダイアログボックスに時間を入力します。
  • コンポジションまたはレイヤーマーカーのデュレーションを設定するには、タイムラインパネルでマーカーのアウトポイントをドラッグします。マーカーアイコンが 2 つに分かれ、マーカーのインポイントとアウトポイントが表示されます。 
  • ドラッグしてマーカーのデュレーションを設定するには、Option キー(Mac OS)または Alt キー(Windows)を押しながら、マーカーアイコンをクリックして右側にドラッグします。
  • マーカーのデュレーションを変更するには、マーカーのアウトポイントのアイコンをクリックしてドラッグします。Option キーまたは Alt キーを押す必要はありません。
  • レイヤーのソースファイル内で、時間メタデータに基づいたレイヤーマーカーを自動的にレイヤーに作成するには、メディア&ディスクキャッシュ環境設定で「フッテージの XMP メタデータからレイヤーマーカーを作成」設定を選択します。この設定は、初期設定で有効になっています。
  • プリコンポジションレイヤーのレイヤーマーカーと、ソースコンポジションの対応するコンポジションマーカーを同期するには、レイヤーマーカーを右クリック(Windows)または Command キーを押しながらレイヤーマーカーをクリック(Mac OS)し、「ソースからマーカーを更新」を選択します。このコマンドを実行すると、レイヤーに追加されていたすべてのマーカーが削除されてしまいます。
注意:

レイヤーでソースとして(コンポジションではなく)ファイルが使用されている場合、このコマンドを使用すると、ソースファイルの XMP 時間メタデータが表示されているレイヤーに、レイヤーマーカーが復元されます。

あるコンポジションを別のコンポジションに追加すると、元のコンポジションはそのコンポジションを含むレイヤーとしてネスト化されます。ネスト化されたコンポジションのコンポジションマーカーは、包含コンポジションのタイムラインパネルではすべてレイヤーマーカーになります。これらのマーカーは元のコンポジションマーカーにはリンクされていないので、元のコンポジションのコンポジションマーカーに変更を加えても、ネスト化されたコンポジションのレイヤーマーカーは影響を受けません。例えば、元のコンポジションマーカーの 1 つを削除しても、ネスト化されたコンポジションの対応するレイヤーマーカーはそのまま残ります。

スクリプトとエクスプレッションは、マーカー内に格納されているデータを読み取ったり使用することができます。ソースフッテージアイテムの XMP メタデータはレイヤーマーカーに変換できるため、エクスプレッションとスクリプトは XMP メタデータで使用できます。

コンポジションマーカーを作成する

コンポジションマーカーは、タイムラインパネルの時間スケールに小さい三角で表示されます。コンポジションマーカーは 1 つのコンポジションにいくつでも設定できます。

番号の付いた 1 つのコンポジションマーカーを削除しても、他のマーカーの番号は変更されません。コメントを初期設定の番号から変更すると、次にコンポジションマーカーを作成したときに、元の番号が再利用されます。

毎回開始できるマーカーは、1 つのコンポジションマーカーだけです。コンポジションマーカーを追加または削除して、時間上の同じポイントで別のコンポジションマーカーとして開始すると、追加または削除されたマーカーは別のマーカーを置き換えます。

注意:

対応するキーボードショートカットについては、マーカーのキーボードショートカットを参照してください。

  • 空白のコンポジションマーカーを現在の時間に追加するには、レイヤーが選択されていないことを確認して、レイヤー/マーカーを追加を選択するか、テンキーパッドの *(アスタリスク)キーを押します。
注意:

プレビュー中またはオーディオのみのプレビュー中に * キーを押すと、プレビューが中断されることなく現在の時間にマーカーが追加されます。

  • 現在の時間にコンポジションマーカーを追加してマーカーダイアログボックスを開くには、レイヤーが選択されていないことを確認して、Alt + テンキーパッドの * キー(Windows)または Option + テンキーパッドの * キー(Mac OS)を押します。
  • コンポジションマーカーをビンから追加するには、コンポジションタイムマーカーボタンからマーカーをドラッグします。
コンポジションマーカーをビンからドラッグする
コンポジションマーカーをビンからドラッグする

  • 現在の時間に番号の付いたコンポジションマーカーを追加するには、Shift キーを押しながら数字キー(0 ~ 9)を押します。
注意:

押した数字と同じ番号のコンポジションマーカーが既に存在する場合、新しいマーカーは作成されません。代わりに、その番号の既存のマーカーが新しい位置に移動します。

  • コンポジションマーカーを削除するには、コンポジションタイムマーカーボタンまでマーカーをドラッグして戻すか、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらマーカーをクリックします。
  • コンポジション上のすべてのコンポジションマーカーをロックするには、コンポジション上のマーカーを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「マーカーをロック」を選択します。

レイヤーマーカーを適用する

レイヤーマーカーは、レイヤーのデュレーションバー上に小さな三角形として表示されます。レイヤーマーカーは 1 つのレイヤーにいくつでも設定できます。

ムービーを QuickTime コンテナにレンダリングおよび読み込んだ場合、レイヤーマーカーは保持されます。

注意:

対応するキーボードショートカットについては、マーカーのキーボードショートカットを参照してください。

  • 選択したレイヤーの現在の時間にレイヤーマーカーを追加するには、レイヤー/マーカーを追加を選択するか、テンキーパッドの *(アスタリスクキー)を押します。
注意:

プレビュー中またはオーディオのみのプレビュー中に * キーを押すと、プレビューが中断されることなく現在の時間にマーカーが追加されます。

  • 現在の時間にレイヤーマーカーを追加してマーカーダイアログボックスを開くには、Alt + テンキーパッドの * キー(Windows)または Option + テンキーパッドの * キー(Mac OS)を押します。
  • レイヤーマーカーを削除するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらマーカーをクリックします。
  • 選択したレイヤーのレイヤーマーカーをすべて削除するには、いずれかのマーカーを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、「すべてのマーカーを削除」を選択します。
  • レイヤー上のすべてのレイヤーマーカーをロックするには、レイヤー上のマーカーを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「マーカーをロック」を選択します。
  • すべてのレイヤーマーカーを、レイヤーのソースファイルからの時間メタデータを含むマーカーに置き換えるには、レイヤーマーカーを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「ソースからマーカーを更新」を選択します。
注意:

After Effects CS6 以降では、レイヤーマーカーを追加しても、その他のオブジェクト(例えばマスクやエフェクト)の選択は解除されません。

マーカーにカラーラベルを割り当てる

コンポジションおよびレイヤーマーカーにカラーラベルを割り当てることができます。初期設定では、マーカーにカラーは設定されていません。マーカーのカラーラベルを変更するには、次の手順に従います。

  1. マーカーをクリックしてマーカー設定ダイアログを開きます。

  2. 新しいラベルプロパティを変更します。カラーラベルを定義するには、環境設定/ラベルを選択します。

マーカーの使用についてのスクリプトとユーティリティ

Paul Tuersley が、AE Enhancers フォーラムで、レイヤーをレイヤーマーカー位置で分割するスクリプトを公開しています。

Lloyd Alvarez が、After Effects Scripts の Web サイトで、次のスクリプトを公開しています。

  • Magnum, the Edit Detector:フッテージレイヤー内の編集を自動的に検出し、各編集箇所にレイヤーマーカーを配置します(または、編集ごとに別個のレイヤーに分割します)。

  • Zorro, the Layer Tagger:レイヤーにタグを付け、そのタグに応じてレイヤーを選択する、隠す(シャイ)またはソロレイヤーに設定することができます。タグはタイムラインパネルのコメント列のコメントに追加されます。レイヤーマーカーとして追加することもできます。

  • Layer Marker Batch Editor:では、Flash キューポイント属性を含め、選択したすべてのレイヤー上のマーカー属性を編集できます。

Jeff Almasol が、redefinery の Web サイトで次のスクリプトを公開しています。

  • rd_CopyMarkers:あるレイヤーのレイヤーマーカーを、任意の数のレイヤーにコピーします。

  • rd_KeyMarkers:新しいレイヤーマーカーを、同じ時間のキーフレームに関する情報を示すコメント付きで、選択したレイヤーまたは新しいヌルレイヤーに作成します。

  • rd_MapTextFileToMarkers:テキストレイヤーの「ソーステキスト」プロパティにキーフレームを設定し、テキストファイルからのテキストに値を設定することで、キーフレームをテキストレイヤー上のレイヤーマーカーで指定された時間に配置します。

  • rd_MarkerNavigator:マーカーへのナビゲートとそれらのコメントやその他の値の確認が簡単に行えるようになるパネルを作成します。

  • rd_RemoveMarkers:指定した条件(ワークエリア内のすべてのマーカーなど)に基づいて選択したレイヤーからマーカーを自動的に削除します。

  • rd_Scooter:レイヤーのインポイント、レイヤーのアウトポイント、レイヤーのソースフレーム、キーフレーム、マーカーなど、各アイテムの様々な組み合わせを時間単位で移動するコントロールがあるパネルを作成します。

  • rd_CountMarkers:選択したレイヤー上のマーカーの数を表示します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン