XMP メタデータについて

メタデータとは、データに関するデータのことで、作成者名や解像度、カラースペース、著作権、適用されたキーワードなど、ファイルに関する標準的な情報のセットです。例えば、ほとんどのカメラでは、日付、デュレーションおよびファイルの種類などのいくつかの基本情報がビデオファイルに格納されます。他のメタデータは、OnLocation でショットリスト情報として入力するか、Adobe Premiere Pro のキャプチャ時に入力することができます。場所、作成者、著作権などのプロパティが含まれたメタデータを追加することもできます。このメタデータは、Adobe Creative Suite アプリケーション間で共有、閲覧および使用できるため、この情報を使用してワークフローを簡略化したりファイルを整理することができます。

Extensible Metadata PlatformXMP)は、Adobe アプリケーションで使用されているメタデータ仕様です。Exif、IPTC(IIM)、GPS、TIFF などの形式で保存されているメタデータは、より簡単に表示および管理できるように XMP と同期され、XMP で記述されます。例えば、Adobe Camera Raw を使用した画像の調整は、XMP メタデータとして保存されます。XMP 仕様は、XML をベースにしています。

メタデータスキーマは、あるワークフローに固有のプロパティのコレクションです。例えば、動的メディアスキーマには、デジタルビデオプロジェクト用にカスタマイズされたシーンや Shot Location などのプロパティがあります。それに対して Exif スキーマには、Exposure Time や Aperture Value など、デジタル形式の写真用にカスタマイズされたプロパティがあります。日付やタイトルなどのより一般的はプロパティは、ダブリンコアスキーマに含まれます。特定のスキーマまたはプロパティに関するツールヒントを表示するには、メタデータパネルでスキーマまたはプロパティにポインターを合わせます。メタデータパネルでコマンドを使用して、自分自身のスキーマを作成して読み込み、XML ファイルとして他の人とそのスキーマを共有することができます。

メタデータは、静的メタデータ時間メタデータの 2 つの主なカテゴリに分類されます。静的メタデータは、アセット全体に適用されるメタデータです。例えば、ビデオクリップの著作権および作成者情報は、クリップ全体に適用されます。時間メタデータは、動的メディアアセット内の特定の時間に関連付けられたメタデータです。Soundbooth のビートマーカーと、Soundbooth と Premiere Pro 内のスピーチ検索によって生成されるメタデータは、時間メタデータの例です。

Adobe Story を使用すれば、情報をシナリオ(台本)から XMP メタデータに変換して、撮影の台本や日程表などの作成を自動化することもできます。

注意:

After Effects から Adobe Story サービスを開始するには、ファイル/Adobe Story を開くを選択します(なお、Adobe Story では日本語はサポートされていません)。

Adobe Bridge でファイルの静的 XMP メタデータを表示することができます。

After Effects のスクリプトとエクスプレッションは、マーカー内に格納されているデータを読み取ったり使用することができます。ソースフッテージアイテムの XMP メタデータはレイヤーマーカーに変換できるため、エクスプレッションとスクリプトは XMP メタデータで使用できます。スクリプトで、After Effects コンテキスト外のファイルの XMP メタデータを操作し、一般的なタスクの自動化と創作目的のどちらの目的にも使用することできます。

F4V ファイルまたは FLV ファイルに含まれる XMP メタデータは、ActionScript で読み取ったり使用することができます。したがって、XMP メタデータを使用すると、Flash Player で再生中のビデオに双方向性を追加することができます。例えば、この機能を使用して、FLV ファイルで時間メタデータを検索し、ナレーションの特定の語句の位置から、または特定の時間メタデータ要素に関連付けられている他の位置から、再生を開始することができます。

注意:

ファイルの XMP メタデータを選択して追加したり削除したりするには、Adobe Media Encoder の書き出しテンプレートとメタデータ書き出しダイアログボックスを使用します。

XMP メタデータの埋め込みとサイドカーファイルへの保存

ほとんどの場合、ファイルの XMP メタデータはファイル自体に保存されます。情報をファイルに直接書き込めない場合、XMP メタデータは、サイドカーファイルと呼ばれる別のファイルに保存されます。ファイル拡張子は .xmp です。After Effects が XMP メタデータを直接書き込むことができるファイル形式については、After Effects の XMP メタデータを参照してください。

ほとんどの場合、例えば PSD から JPG へファイル形式を変換した場合でも、XMP メタデータはファイルに残っています。また、Adobe Creative Suite アプリケーションのドキュメントまたはプロジェクトにファイルを配置した場合も XMP メタデータは保持されます。

XMP メタデータに関するオンラインリソース

XMP の仕様、ソフトウェアおよびワークフローへの XMP メタデータの統合に関する情報、XMP SDK(software development kit)、および XMP メタデータに関するフォーラムについては、アドビ システムズ社の Web サイトの XMP Developer Center セクションを参照してください。

After Effects の XMP メタデータ

XMP メタデータの概要については、XMP メタデータについてを参照してください。

関連する XMP メタデータが含まれているファイルを After Effects で読み込んだ場合、メタデータパネルで静的メタデータを表示したり、時間メタデータをレイヤーマーカーに変換したり、メタデータを使用して After Effects 内の作業を容易にしたり、メタデータを出力ファイルに含めたりすることができます。

After Effects スクリプトインターフェイスには、XMP メタデータを使用して対話するためのツールが付属しています。

XMP メタデータを含むファイルの After Effects への読み込み

After Effects では、次のような様々な形式から XMP メタデータを読み込むことができます。

  • カメラ形式:AVCHD、HDV、P2、XDCAM、XDCAM EX

  • 画像形式:GIF、JPEG、PNG、PostScript、TIFF

  • 一般的なマルチメディアコンテナ形式:FLV、F4V、QuickTime(MOV)、Video for Windows(AVI)、Windows Media(ASF、WAV)

  • オーサリング形式:InDesign ドキュメント、Photoshop ドキュメント(PSD)、Adobe アプリケーションのその他のネイティブドキュメント形式

  • MPEG 形式(MP3、MPEG-2、MPEG-4)

  • SWF

XMP メタデータが含まれているファイルを読み込むと、ソースファイルからメタデータを読み込んでいるときに、「フッテージから XMP メタデータを読み込み中」というステータスメッセージが表示されます。

各アセットに関してメタデータで特に便利な点は、固有の ID 番号を持っていることです。ID 番号によってワークフローのどの段階でもすべてのアセットの中からそのアセットを区別することができます。固有 ID 値によって、ファイル名が変更されても、以前に作業したファイルであれば、同じファイルであると認識されます。これらの固有 ID 値の利点の 1 つは、各アプリケーションがこの情報を使用して、キャッシュされたプレビューと最適化されたオーディオファイルを管理して、その後のレンダリングおよび最適化を防止できることです。

XMP で使用される ID 値は、Globally Unique IdentifiersGUID)という 16 バイトのランダムな数値で、値の固有性を確実にするために使用されます。

メディア&ディスクキャッシュ環境設定で「読み込み時に XMP ID をファイルに書き込む」環境設定を選択した場合、After Effects にソースファイルを読み込んだときに XMP ID 値はソースファイルに書き込まれます。この環境設定は、その他の Adobe アプリケーションにも影響を与えます。詳しくは、環境設定ダイアログボックスに表示されるヒントをお読みください。ファイルに既に XMP ID がある場合、新しい XMP ID は書き込まれず、何も変更されません。一般に、Adobe アプリケーションの最近のバージョンで作成されたファイルには、既に XMP ID が含まれています。

初期設定では、「読み込み時に XMP ID をファイルに書き込む」環境設定がオンに設定されています。

注意:

XMP ID の読み込み時に固有 ID 値が自動的にファイルに書き込まれるかどうかは、「読み込み時に XMP ID をファイルに書き込む」環境設定によってのみ制御されます。この環境設定では、メタデータパネルでのメタデータの編集時など、その他の状況で XMP メタデータがファイルに書き込まれるかどうかは制御されません。

注意:

ファイルに ID を書き込むことは修正とみなされるため、ソースファイルの修正日は、ファイルを初めて読み込んだときに更新されます。

After Effects での XMP メタデータの作業

メタデータパネル

After Effects では、メタデータパネル(ウィンドウ/メタデータ)には静的メタデータのみが表示されます。プロジェクトメタデータはパネルの上部に表示され、ファイルメタデータは下部に表示されます。時間メタデータは、After Effects ではレイヤーマーカーとしてのみ表示されます。

プロジェクトメタデータは、メタデータパネルを開いたときに直ちに表示されます。任意のメタデータカタゴリに情報を追加したり変更することができます。この情報は、プロジェクトファイルを選択したときに Bridge に表示されます。また、「ソースの XMP メタデータを含める」出力モジュールオプションが選択されている場合に、レンダーキューでレンダリングして書き出したファイルにも埋め込まれます。

ファイルメタデータをメタデータパネルに表示するには、まずプロジェクトパネルでファイルを選択する必要があります。任意のメタデータカタゴリに情報を追加したり変更することができます。複数のファイルを選択した場合、変更内容は選択したすべてのファイルに反映されます。ソースファイルメタデータへの変更は、直ちにソースファイルに書き込まれます。

メタデータパネルに表示するメタデータのカテゴリとフィールドを変更するには、メタデータパネルメニューから「プロジェクトメタデータの表示設定」または「ファイルメタデータの表示設定」を選択します。

XMP メタデータのレイヤーマーカーへの変換

XMP メタデータが含まれているフッテージアイテムに基づいてレイヤーを作成すると、時間メタデータがレイヤーマーカーに変換されます。

  1. XMP メタデータのレイヤーマーカーへの自動変換を有効にするには、メディア&ディスクキャッシュ環境設定で「フッテージの XMP メタデータからレイヤーマーカーを作成」環境設定を選択します。

この変換中、「フッテージから XMP メタデータを読み込み中」というステータスメッセージが表示されます。

これらのレイヤーマーカーは、他のレイヤーマーカーと同様に、自由に編集できます(レイヤーマーカーとコンポジションマーカーを参照)。

ソースファイルの XMP メタデータに基づくレイヤーマーカーに対する変更内容は、ソースファイル内の XMP メタデータには影響しません。

注意:

レイヤーのレイヤーマーカーを、レイヤーのソースの XMP メタデータから読み込まれたレイヤーマーカーに復元するには、レイヤー上の任意のマーカーを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックし(Mac OS)、「ソースからマーカーを更新」を選択します。このコマンドを実行すると、レイヤーに追加されていたすべてのマーカーが削除されてしまいます。レイヤー作成時に「フッテージの XMP メタデータからレイヤーマーカーを作成」環境設定を選択していなかった場合は、このコマンドを使用して、XMP メタデータから手作業でレイヤーマーカーを作成することができます。

レイヤーマーカーの内容といっしょにエクスプレッションを使用する方法については、MarkerKey の属性(エクスプレッションのリファレンス)を参照してください。

After Effects からの XMP メタデータの書き出し

コンポジションをレンダリングして書き出すときに、XMP メタデータを出力ファイルに書き出すことができます。出力ファイルにはそのコンポジションのソースのすべての XMP メタデータが含まれます。この出力ファイルには、コンポジション内のすべてのコンポジションマーカーとレイヤーマーカー、コンポジション内のレイヤーのベースであるソースファイルのすべての XMP メタデータ、タイムラインパネルおよびプロジェクトパネルのコメント列のコメント、そのコンポジションが含まれているプロジェクトのプロジェクトレベルの XMP メタデータが含まれています。ネスト化されたコンポジションからの XMP メタデータは繰り返し処理され、出力ファイルに含められます。

すべての XMP メタデータを出力ファイルに書き込むには、出力ファイルの出力モジュール設定で「ソースの XMP メタデータを含める」を選択します。「ソースの XMP メタデータを含める」を選択解除すると、出力ファイルに書き込まれる XMP メタデータは固有 ID のみになります(出力モジュールと出力モジュールの設定を参照)。

注意:

「ソースの XMP メタデータを含める」がオンになっていると、ソースファイルの XMP メタデータを読み取ったり構築したりするための時間により、レンダリングと書き出しに時間がかかることがあります。したがって、このオプションは初期設定ではオフになっています。

After Effects では、After Effects プロジェクトファイル(.aep、.aepx など)と Adobe アプリケーションで使用したソースドキュメント(.psd など)に XMP メタデータを格納することに加えて、XMP メタデータを多くのコンテナ用の形式のファイルに直接書き込むことができます。以下のファイル形式が使用できます。

  • QuickTime(.mov)

  • Video for Windows(.avi)

  • Windows Media(.wmv)

注意:

一部の MPEG ファイル形式では、XMP メタデータはサイドカーファイル(.xmp)に書き込まれます。

その他のファイル形式では、「ソースの XMP メタデータを含める」オプションは使用できません。

ファイルをレンダリングして書き出し、ソースの XMP メタデータを出力ファイルに含めるときに、XMP メタデータが出力ファイルに書き込まれてから、コンポジションの最初のフレームがレンダリングされます。レンダーキューパネルの「現在のレンダリング情報」セクションが開いていると、レンダリング中のコンポジションで使用されているソースからのメタデータをコンパイルしているときに、「ソースから XMP メタデータを収集中」というというステータスメッセージが表示されます。

ファイルに書き込まれる XMP メタデータは、オーディオデータやビデオデータとは別に、XML データ構造で挿入されます。このプレーンテキストの XML データは、通常のプレーンテキストデータと同様に表示し、様々なスクリプトで使用したり操作することができます。

注意:

After Effects は、startTimecode 値と altTimecode 値を XMP メタデータに書き込みます。メタデータパネルの動的メディアスキーマの「開始タイムコード」フィールドと「代替タイムコード」でこれらの値を参照できます。

XMP メタデータの After Effects への再読み込み

レンダリングして「ソースの XMP メタデータを含める」オプションを使用して After Effects から書き出されたファイルを After Effects に読み込むときに、ファイルがコンポジション内でレイヤーのソースとして使用されていれば、出力ファイルに書き込まれていたすべての XMP メタデータを、レイヤーマーカーとして使用することができます。この XMP メタデータはメタデータパネルには表示されません。

注意:

XMP メタデータを含み、レイヤーのソースとしてそのファイルを使用しているファイルを読み込むときに、After Effects では余分な XMP メタデータはフィルター処理されます。それによって、同一のプロジェクトの外でレンダリンクされ書き出されたファイルを After Effects で使用するとき、例えば、プロジェクトの一部を再レンダリングする場合などに、重複するマーカーが増加することを避けることができます。

ファイル、クリップおよびプロジェクトの XMP メタデータについて

アドビの各種ビデオおよびオーディオアプリケーションでは、XMP メタデータを多くの面でほとんど同様に扱います。ただし、各アプリケーションに固有のワークフローのステージを反映して、若干の相違点があります。 複数のアプリケーションを連携して使用する場合、そうした若干のアプローチの違いを理解しておくと、メタデータを最大限に活用できます。

Adobe OnLocation および Encore では、すべてのアセットが同じメタデータプロパティのセットを持ちます。一方、Adobe Premiere ProAfter Effects および Soundbooth では、メタデータパネルはアセットの種類ごとに個別のセクションに分かれています。

Adobe Premiere Pro

メタデータは以下のセクションに分かれています。

クリップ

プロジェクトパネルまたはタイムラインパネルで選択したクリップインスタンスのプロパティを表示します。このメタデータはプロジェクトファイルに保存されるので、Adobe Premiere Pro でのみ表示されます。

ファイル

プロジェクトパネルで選択したソースファイルのプロパティを表示します。このメタデータはソースファイルに直接保存されるので、Adobe Bridge などの他のアプリケーションでも表示されます。

After Effects

メタデータは以下のセクションに分かれています。

プロジェクト

プロジェクト全体のプロパティを表示します。出力モジュール設定ダイアログボックスで「ソースの XMP メタデータを含める」を選択している場合、この情報はレンダーキューから出力するファイルに埋め込まれます。

ファイル

プロジェクトパネルで選択したソースファイルのプロパティを表示します。(プロキシを選択した場合は、実際のファイルのプロパティが表示されます)。

After Effects の場合、プロジェクトプロパティとファイルプロパティはいずれもファイルに直接保存されるので、Adobe Bridge でこのメタデータにアクセスできます。

ファイル

現在表示しているオーディオまたは ASND ファイルのプロパティが表示されます。このメタデータはソースファイルに直接保存されるので、他のアプリケーションでも表示されます(ただし、ASND ファイルのメタデータは Adobe Bridge では表示されません)。

クリップ

エディターパネルで選択したマルチトラッククリップのプロパティを表示します。このメタデータは、クリップを含む ASND ファイルに保存されるので、Soundbooth でのみ表示されます。

XMP メタデータの表示と非表示

メタデータパネルをワークフローに合わせて最適化するには、スキーマ全体または個々のプロパティの表示と非表示を切り替えて、必要なものだけを表示します。

  1. メタデータパネルメニュー から、メタデータの表示のオプションを選択します。

  2. スキーマまたはプロパティの表示と非表示を切り替えるには、リストからスキーマまたはプロパティを選択または選択解除します。

メタデータセットの保存、切り替えまたは削除

複数のワークフローを使用するときに、それぞれで表示する必要があるメタデータが異なる場合は、メタデータのセットを保存し、切り替えることができます。

  1. メタデータパネルメニュー から、メタデータの表示のオプションを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • カスタマイズした表示するメタデータのセットを保存するには、「設定を保存」をクリックします。名前を入力して「OK」をクリックします。

    • 以前に保存したメタデータのセットを表示するには、メニューからメタデータを選択します。

    • 以前に保存したメタデータのセットを削除するには、メニューからメタデータを選択し、「設定を削除」をクリックします。

スキーマとプロパティの作成

初期設定のメタデータオプションでは対応できない固有のカスタマイズしたワークフローがある場合は、独自のスキーマおよびプロパティを作成します。

  1. メタデータパネルメニュー から、メタデータの表示のオプションを選択します。

  2. 「新規スキーマ」をクリックし、名前を入力します。

  3. リストで、スキーマ名の右にある「プロパティを追加」をクリックします。

  4. プロパティ名を入力し、型として次のいずれかを選択します。

    整数値

    ドラッグまたはクリックして変更する整数を表示します。

    実数値

    ドラッグまたはクリックして変更する小数を表示します。

    テキスト

    テキストボックスを表示します(場所などのプロパティの場合)。

    ブール関数

    チェックボックスを表示します(オンまたはオフのプロパティの場合)。

XMP メタデータの編集

Adobe のビデオアプリケーションでは、同様の名前が付けられたプロパティがメタデータパネルおよびプロジェクトパネルでリンクされます。ただし、メタデータパネルではより広範なプロパティが表示され、複数のファイルのメタデータを同時に編集できます。

注意:

Soundbooth では、プロジェクトパネルではなく、ファイルパネルが使用されます。

  1. 目的のファイルまたはクリップを選択します。

  2. メタデータパネルで、必要に応じて、テキストを編集したり、値を調整したりします。

    複数の項目を選択している場合、パネルにはプロパティが次のように表示されます。

    • 値がすべての項目で同じであるプロパティについては、その一致したエントリが表示されます。

    • 値が異なるプロパティについては、「<複数の値>」と表示されます。共通の値を適用するには、テキストボックスをクリックして値を入力します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー