マニュアル キャンセル

マーカーの操作

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. リリースノート | Premiere Pro
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. 長編とエピソードのワークフローガイド
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. よくある質問 | Premiere Pro での読み込みと書き出し
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. キャプチャと読み込み
    1. キャプチャ
      1. フッテージのキャプチャとデジタル化
      2. HD、DV または HDV ビデオのキャプチャ
      3. バッチキャプチャと再キャプチャ
      4. HD、DV または HDV のキャプチャ用にシステムをセットアップ
    2. 読み込み中
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    3. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    4. サポートされているファイル形式
    5. アナログビデオのデジタル化
    6. タイムコードの操作
  8. 編集
    1. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. クリップをシーケンスに追加する
      3. シーケンスでのクリップの並べ替え
      4. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      5. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      6. シーケンスの簡易化
      7. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      8. マーカーの操作
      9. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      10. シーン編集の検出
    2. ビデオ
      1. クリップの作成と再生
      2. クリップのトリミング
      3. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      4. メディアをレンダリングして置き換え
      5. 取り消し、履歴、イベント
      6. フレームの固定と保持
      7. 縦横比の操作
    3. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. オーディオトラックミキサー
      3. ボリュームレベルの調整
      4. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      5. 自動ダッキングオーディオ
      6. リミックスオーディオ
      7. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      8. オーディオバランスとパンについて
      9. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      10. オーディオエフェクトおよびトランジション
      11. オーディオトランジションの操作
      12. オーディオへのエフェクトの適用
      13. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      14. オーディオミックスの録音
      15. タイムラインでのオーディオの編集
      16. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      17. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    4. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイの設定および使用
      3. VR の編集
    5. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  9. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的に再フレーム化します
      5. カラー補正エフェクト
      6. クリップのデュレーションと速度を変更する
      7. 調整レイヤー
      8. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  10. グラフィック、タイトル、アニメーション
    1. グラフィックとタイトル
      1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
      2. タイトルの作成
      3. シェイプの作成
      4. テキストと図形の整列と分布
      5. スペルチェックおよび検索と置換
      6. テキストとシェイプへのグラデーションの適用
      7. レスポンシブデザイン機能のグラフィックへの追加
      8. タイトル用のモーショングラフィックステンプレートの使用
      9. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      10. データ駆動型モーショングラフィックステンプレートの使用
      11. ベストプラクティス:より高速なグラフィックワークフロー
      12. キャプションの操作
      13. 音声テキスト変換
      14. Premiere Pro での音声テキスト変換 | よくある質問
      15. Premiere Pro でのレガシータイトルの廃止 | よくある質問
      16. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
    2. アニメーションとキーフレーム
      1. キーフレームの追加、移動、設定
      2. エフェクトのアニメート
      3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
      4. キーフレームのオートメーションの最適化
      5. キーフレームの移動とコピー
      6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  11. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  12. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. 自動カラー補正
    3. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    4. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    5. ショット間のカラーを修正および一致
    6. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    7. ビネットの作成
    8. Look と LUT
    9. Lumetri スコープ
    10. カラーマネジメントの表示
    11. 放送用 HDR
    12. DirectX HDR サポートを有効にする
  13. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定
      1. 書き出し設定のリファレンス
      2. 基本ビデオ設定
      3. エンコード設定
    11. ベストプラクティス:書き出しを高速化
  14. 共同作業:Frame.io、プロダクションおよび Team Projects
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとアクティベート
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. プロダクション
      1. プロダクションの使用
      2. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
      3. ベストプラクティス:プロダクションの操作
    4. Team Projects
      1. Team Projects の新機能
      2. Team Projects の概要
      3. Team Projects の作成
      4. チームプロジェクトでメディアを追加および管理
      5. チームプロジェクトを使用した共同作業
      6. チームプロジェクト共同作業者との変更点の共有と管理
      7. チームプロジェクトをアーカイブ、復元または削除
  15. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  16. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  17. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定をリセット
    3. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    4. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    5. Apple シリコン用 Premiere Pro
    6. ちらつき削除
    7. インターレースとフィールドオーダー
    8. スマートレンダリング
    9. コントロールサーフェスのサポート
    10. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    11. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro クラッシュの問題の修正
      4. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      5. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      6. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      7. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  18. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. MedInstia オフラインでの再リンク

クリップにマーカーを追加するには、マーカーを使用してクリップを配置し、マーカーをコピー&ペーストして、After Effects でマーカーを共有します。

マーカーは重要な時間軸上の位置を示し、クリップを配置したり整列させる際の目安として役立ちます。マーカーを使用して、シーケンスやクリップ内の重要なアクションやサウンドを識別することができます。マーカーは参照用途でのみ使用され、実際のビデオには影響しません。

Premiere Pro で使用できるマーカーの種類は次のとおりです。

マーカー

説明

コメント

タイムラインの選択した部分についてのコメントまたはノート。

チャプター

プロジェクトのチャプターマーカーを使用すると、完成したビデオでマーカーを使用してビデオ内のそれらのポイントにすばやくジャンプできます。

セグメンテーションマーカー

セグメンテーションマーカーを使用すると、ビデオの範囲を定義して、ワークフローを自動化できます。例えば、特定の領域をリーダーとして指定したり、コマーシャルが表示されるセグメントとして指定したりできます。

Web リンク

ムービークリップの選択した部分についての詳細を示す URL を追加します。

マーカーはシーケンスまたはソースクリップに追加できます。マーカーは識別しやすいように色分けされています。

マーカーパネル

マーカーパネル(ウィンドウ/マーカー)を使用して、開いているクリップまたはシーケンスのすべてのマーカーを確認します。色分けされたタグ、インポイントとアウトポイント、コメントなどのクリップに関連付けられた詳細が表示されます。マーカーパネルのクリップサムネール上をクリックすると、対応するマーカーの場所に再生ヘッドが移動します。

注意:

マーカーパネルでマーカーをクリックすると、再生ヘッドがタイムラインのそのマーカーの位置に移動します。

クリップ上またはシーケンス内のマーカーがマーカーパネルのインポイントとアウトポイントを示します。インポイントまたはアウトポイントをスクラブして、マーカーの範囲をある時点のシングルフレームから、一定時間をカバーする複数フレームに切り替えることができます。

タイムラインでのマーカーの追加

マーカーはソースモニター、プログラムモニターまたはタイムライン上に追加できます。プログラムモニターに追加されたマーカーはタイムラインに反映されます。同様に、タイムラインに追加されたマーカーはプログラムモニターに反映されます。

Premiere Pro では、複数のマーカーを追加して、ユーザーがタイムラインの同じ位置にあるクリップに複数のノートやコメントを追加できるようにすることが可能です。

  1. マーカーを追加したい場所に再生ヘッドを移動します。

  2. マーカー/マーカーを追加を選択するか、または M キーを押します。マーカーのデフォルトのカラーは緑です。

  3. マーカーを編集するには、マーカーアイコンをダブルクリックし、マーカーダイアログボックスを開きます。

    注意:

    マーカーダイアログボックスを開くためのキーボードショートカットを作成できます。

  4. 次のオプションを設定します。

    名前

    マーカーの名前を入力します。

    デュレーション

    デュレーションの値をドラッグするか、既存の値を選択した後、新しい値を入力して Enter キーまたは Return キーを押します。Web リンク用またはチャプタ用にマーカーを使用するときに、1 フレームを超えるデュレーションのシーケンスマーカーを設定することもできます。

    コメント

    マーカーに関連するコメントを入力します。

    チャプターマーカー

    マーカーをチャプターマーカーにする場合はこのチェックボックスをオンにします。

    Web リンク

    マーカーをハイパーリンクに関連付ける場合はこのチェックボックスをオンにします。

    URL

    このフィールドは、「Web リンク」がオンの場合にのみ有効です。表示する Web ページのアドレスを入力します。

    注意:

    この機能を使用すると、Web ページにムービーを組み込んで、マーカー位置まで再生したときに、指定した Web ページを自動的に開かせるといったことができます。この機能は、QuickTime などの Web リンクをサポートしている形式でだけ動作します。

    フレームターゲット

    このフィールドは、「web リンク」がオンの場合にのみ有効です。HTML フレームセットを使用している場合は、Web ページのターゲットフレームを指定することができます。

  5. 他のシーケンスマーカーのコメントを入力したり、オプションを指定したりするには、「前へ」または「次へ」をクリックします。
  6. 「OK」をクリックします。

クリップにマーカーを追加

マーカーをソースモニター内のクリップまたはタイムラインで選択したクリップに追加できます。

ソースモニターでクリップにマーカーを追加するには、次のいずれかの操作をおこないます。

  1. タイムラインまたはプロジェクトパネルのクリップをソースモニターで開きます。

  2. 再生ヘッドをマーカーを追加する位置に合わせます。

  3. マーカー」/「マーカーの追加」を選択するか、M キーを押します。マーカーがクリップに追加されます。

タイムラインでクリップにマーカーを追加するには、次のいずれかの操作をおこないます。

  1. 編集/キーボードショートカット(Windows)、または Premiere Pro/キーボードショートカット(macOS)で「クリップマーカーを追加」のキーボードショートカットを設定します。

  2. クリップを選択します。再生ヘッドをマーカーを追加する位置に合わせます。

  3. 先ほど設定した「クリップマーカーを追加」のキーボードショートカットを押します。マーカーがクリップに追加されます。

ソースモニターのマーカーをダブルクリックすることで、マーカーダイアログボックスを表示できます。

エフェクトコントロールパネルでのマーカーの作成

エフェクトコントロールパネルには、シーケンスに作成したすべてのマーカーが表示されます。また、エフェクトコントロールパネルでは、シーケンスにマーカーを設定してエフェクトを適用する位置を確認できます。さらに、エフェクトコントロールパネルでは、マーカーを直接作成したり操作したりすることができます。

  1. マーカーを作成する場所に再生ヘッドをドラッグします。

  2. タイムラインルーラー内で右クリック(Windows)、または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)します。マーカーを追加を選択するか、または M キーを押します。

デフォルトのマーカーの色を変更する

マーカーのデフォルトのカラーは緑です。この設定を変更するには、各マーカーの色にキーボードショートカットを設定します。

  1. キーボードショートカットダイアログボックスを開きます。 

    • Windows では、編集キーボードショートカットを選択します。
    • macOS では、Premiere Proキーボードショートカットを選択します。
  2. 「コマンド」セクションで、マーカーの色ごとにキーボードショートカットを追加します。

    マーカーの色ごとにキーボードショートカットを追加する
    マーカーの色ごとにキーボードショートカットを追加する

詳しくは、キーボードショートカットをカスタマイズするを参照してください。

マーカーの検索、移動および削除

マーカー移動ツールを使用して、マーカーを検索できます。マーカーをドラッグして元の場所から移動したり、完全に削除したりすることができます。

マーカー間の移動

  1. マーカーアイコンをクリックします。

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • マーカー/次のマーカーへ移動を選択します。
    • マーカー/前のマーカーへ移動を選択します。

マーカーの移動

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • シーケンス内のクリップマーカーを移動するには、ソースモニターでクリップを開き、ソースモニターのタイムラインルーラー上でマーカーアイコン をドラッグします(タイムラインパネルでクリップマーカーを操作することはできません)。
    • シーケンスマーカーを移動するには、タイムラインパネルまたはプログラムモニターのタイムルーラー上でマーカーをドラッグします。
    • ソースモニターまたはプログラムモニターのタイムラインルーラー上でマーカーをドラッグすると、タイムラインパネル上でも対応するマーカーアイコンが移動します。
    注意:

    ネストされているシーケンス内のシーケンスマーカーは、通常とは少し色が異なるクリップマーカーとして親シーケンスとソースモニターに表示されます。ネストされているシーケンスマーカーを調整するには、タイムラインパネルでネストされているシーケンスを開いてからドラッグする必要があります。

マーカーの削除

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • クリップマーカーを削除するには、再生ヘッドをそのクリップマーカーの位置に移動してから、クリップをソースモニターで開きます。
    • シーケンスマーカーを削除するには、再生ヘッドをそのクリップマーカーの位置に移動します。
  2. マーカーを消去するには、マーカー/選択したマーカーを消去を選択します。すべてのマーカーを消去するには、マーカー/すべてのマーカーを消去を選択します。

    「すべてのマーカーを消去」オプションを使用すると、選択したクリップ上のすべてのシーケンスマーカーとクリップマーカーが削除されます。

    注意:

    シーケンスマーカーをタイムルーラーの外側にドラッグして削除することはできません。

    注意:

    マーカーを右クリック(Windows)または Ctrl キーを押しながらクリック(Mac OS)してマーカーをクリアし、コンテキストメニューで「現在のマーカーをクリア」を選択します。

カラーに応じてマーカーを表示および非表示

マーカーはカラーによってフィルタリングできます。マーカーパネルでマーカーカラーを選択して、タイムライン、 マーカー パネル、プログラムソースリファレンスモニター、エフェクトコントロールパネルに表示します。チェックボックスをオフにすると、すべてのマーカーが表示されます。

色に応じたマーカーのフィルタリングと表示
色に応じたマーカーのフィルタリングと表示

Premiere Pro では、マーカーが削除されることはありません。 チェックボックスがオフになっているマーカーは非表示になるだけです。非表示のマーカーカラーを表示するには、目的のカラーを選択して追加するか、すべてのボックスをオフにします。

留意点

  • 非表示になっているカラーのマーカーを追加すると、そのマーカーのカラーが表示されます。
  • この機能は、クリップマーカーとシーケンスマーカーの両方で同時に機能します。 
  • マーカーすべてのマーカーの表示を使用すると、すべてのマーカーをすばやく表示できます。
  • 一部のマーカーコマンドは、表示されているマーカーに対してのみ動作します。例えば、特定のカラーのマーカーをすべて消去するには、それらのマーカーのみを表示し、マーカーマーカーの消去を選択します。表示されているマーカーのみが消去されます。マーカーの書き出しも、表示されているマーカーに対してのみ動作します。

マーカーコメントの表示

マーカーを設定して、タイムルーラーでマーカーにポインターを合わせると、マーカーの情報を示すツールヒントが表示されます。マーカーダイアログボックスを開かなくても、マーカーの内容をすばやく調べることができます。

シーケンスマーカーのツールヒントには、次の情報が最大 4 項目で表示されます。

  • 名前(オプション、入力した場合のみ表示)

  • 時間理由(常に表示)

  • デュレーション(オプション、マーカーにデュレーションが設定されている場合のみ表示)

  • コメントテキスト(オプション、入力した場合のみ表示)

注意:

「オーディオユニット時間で表示」を選択すると、ツールヒントにマーカーの場所とデュレーションがタイムコードユニットではなくオーディオユニット時間で表示されます。

シーケンスマーカーのコピーとペースト

タイムラインから項目をコピー&ペーストする際に、シーケンスマーカーを含めることができるようになり、すべてのマーカーとその情報を 1 回のコピー&ペースト操作で引き渡すことができるようになりました。カラー、メモ、持続時間、マーカーの種類などのマーカーの情報はすべて、コピー&ペースト操作時に維持されます。

コピー/ペースト時にシーケンスマーカーを含めるには、マーカー/コピー&ペーストにシーケンスマーカーを含めるをオンにします。

コピー&ペースト時にシーケンスマーカーを含めるオプション
コピー&ペースト時にシーケンスマーカーを含めるオプション

マーカーがコピー&ペースト操作に含められるかどうかは、マーカーの開始時間や、インポイントとアウトポイントまたは 1 つ以上の選択項目で定義された範囲内に開始時間があるかどうかによって決まります。

マーカー(赤)が含まれている場合を示す例を次に示します。

コピー&ペースト操作で赤のマーカーが含まれていた場合の例
コピー&ペースト操作で赤のマーカーが含まれていた場合の例

次の例では、feet_fountain.MOV クリップをコピー&ペーストした場合、コピー&ペースト操作で赤のマーカーのみが含められます。

コピー&ペースト操作で紫のマーカーが除外された場合の例
コピー&ペースト操作で紫のマーカーが除外された場合の例

マーカーパネルのシーケンスタイムコードの表示

マーカーパネルでクリップマーカーのシーケンスタイムコードを表示して、タイムライン内のマーカーの位置を正確に特定できます。タイムラインのクリップマーカーは、クリップがハイライトされている場合にのみマーカーパネルに表示されます。

シーケンスタイムコードを表示するには:

  • マーカーパネルのメニューで、「シーケンスタイムコード」オプションを選択します。マーカーパネルのタイムコード表示が、クリップからシーケンスタイムコードに変更されます。

シーケンスタイムコードモードでは、現在のシーケンスのクリップマーカーのみがマーカーパネルに表示されます。クリップのイン/アウトの範囲外のクリップマーカーは表示されません。シーケンスタイムベースが変更されると、シーケンスタイムコードが自動的に更新されます。

After Effects とのマーカーの共有

以下に示す方法を使用すると、Premiere Pro と After Effects でマーカーを共有することができます。

  • Premiere Pro プロジェクトを After Effects に読み込むと、After Effects ではシーケンスマーカーをコンポジションマーカーに変換します。

  • Premiere Pro のプロジェクトパネルからシーケンスをコピーして After Effects にペーストすると、作成したコンポジションはシーケンスマーカーをコンポジションマーカーとして、クリップマーカーをレイヤーマーカーとして保持します。つまり、コピー&ペースト操作をおこなってもマーカーを保持できます。

  • Adobe Media Encoder を介して Premiere Pro から AVI などのコンテナ形式にシーケンスを書き出すと、シーケンスマーカーは XMP の一時的なメタデータとして保存されます。ビデオファイルをレイヤーのソースとして使用すると、After Effects はこれらのシーケンスマーカーをレイヤーマーカーに変換します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン