ビデオとオーディオのプレビュー

一般的には最終出力の生成をレンダリングと呼びますが、フッテージパネル、レイヤーパネルおよびコンポジションパネルに表示されるプレビューの作成処理もレンダリングの一種です。

作業の途中で最終出力をレンダリングせずに、コンポジションのすべてまたは一部をプレビューできます。プレビュー用コントロールの多くは、プレビューパネルにあります。

プレビューを使用してビデオとオーディオを再生する

After Effects では、タイムラインパネル、レイヤーパネル、またはフッテージパネルのビデオやオーディオを実際の速度で再生できるように RAM が割り当てられます。リアルタイムでの再生用に保存できるフレームの数は、割り当てられる RAM の容量とプレビューパネルの設定によって決まります。

デフォルトのプレビューの動作は、リアルタイムの再生を表すプレビューを生成するように構成されます。スペースバー(デフォルトのキーボードショートカット)を押すと、After Effects でオーディオ付きのプレビューが開始され、使用可能な RAM の空き容量がなくなるまで、フレームがキャッシュされます。

  1. ビデオおよびオーディオのプレビューを開始するには、次のいずれかの操作を行います。

    • プレビューのキーボードショートカット(スペースバーShift + スペースバーテンキーの 0Shift + テンキーの 0、または Option/Alt + テンキーの 0)を押します。各キーボードショートカットキーに割り当てられたプレビューの設定に基づいて、ショートカットキーごとにプレビューの動作が異なります。プレビューパネルで設定を変更すると、各キーボードショートカットキーのプレビューの動作を設定できます。詳しくは、「プレビューの動作を設定する」を参照してください。
    • プレビューパネルで (再生)ボタンをクリックします。再生ボタンをクリックすると、プレビューパネルに現在表示されているショートカットに割り当てられた設定が使用されます。
    • コンポジションプレビュー再生を選択します。再生オプションを選択すると、プレビューパネルに現在表示されているショートカットに割り当てられた設定が使用されます。

プレビューの動作を設定する

作業スタイルに適したプレビューオプションを設定できます。プレビューパネルのコントロールでは、オーディオ、ループ、キャッシュ、範囲、レイヤーコントロールの各キーボードショートカット(スペースバー、Shift + スペースバー、テンキーの 0、Shift + テンキーの 0、テンキーの , または Option/Alt + テンキー)のプレビュー動作を設定できます。

プレビューの設定を構成するには、次のいずれかの操作を行います。

  1. デフォルトでは、After Effects のほとんどのワークスペースでプレビューパネルが開かれています。ただし、プレビューパネルが閉じられている場合に開くには、ウィンドウプレビューを選択します。

    After Effects プレビューパネル
    プレビューパネル

  2. プレビューパネルで、次の設定を変更すると、プレビューの動作を設定できます:

    ショートカット

    プレビューを再生/停止するキーボードショートカットを選択します:スペースバーShift + スペースバーテンキーの 0Shift + テンキーの 0、またはオプション/Alt + テンキーの 0。プレビューの動作は、現在選択されているキーボードショートカットに指定されている設定に応じて異なります

    リセット

    すべてのショートカットキーのデフォルトのプレビュー設定をリストアします。

    注意:

    以前のバージョン(After Effects CC 2014 およびそれ以前)での動作に近づけるためにすべてのキーボードショートカットキーのプレビュー設定をリストアするには、Option キー(Mac OS)または Alt キー(Windows)を押しながら、リセットボタンをクリックします。

    ビデオを含める:有効にすると、プレビューでビデオが再生されます。

    オーディオを含める:有効にすると、プレビューでオーディオが再生されます。

    オーバーレイおよびレイヤーコントロールを含む:有効にすると、プレビューで、選択されたレイヤーに対して、表示/表示オプションダイアログボックスで定義されたオーバーレイ(グリッドやガイドなど)、およびレイヤーコントロールが表示されます。このオプションは、「ビデオを含める」が有効であるかどうかにかかわらず有効にできます。

    ビューアパネルのオーバーレイにはガイドライン、セーフマージン、グリッド、3D 参照軸が含まれます。現在のビューアに表示するオーバーレイを選択するには、ビューアパネルの下部にあるグリッドとガイドのオプションを選択メニューを開きます。

    プレビューの再生中に、Cmd + Shift +H(Mac OS)または Ctrl + Shift + H(Windows)を使用してレイヤーコントロールの表示と非表示を動的に切り替えることができます。

    ループ:プレビューをループ再生するかどうかを指定します。

    注意:プレビュー中のレイヤーコントロールの表示と非表示の切り替えは、プレビューパネルの「レイヤーコントロール」オプションの状態には影響しません。

    注意:3 つすべての「含める」ボタンを同時に無効にすることはできません。1 つ以上のボタンを有効にする必要があります。3 つ目のボタンを無効にした場合は、他のボタンのいずれかが有効になります。

    再生前にキャッシュ:このオプションを有効にすると、After Effects によって再生開始前にフレームがキャッシュされます。このオプションは、すべてのプレビューショートカットで、デフォルトで無効になっています。プレビューパネルで Option(Mac OS)または Alt(Windows)キーを押しながら「リセット」ボタンをクリックすると、テンキーの 0 に対して「再生前にキャッシュ」が有効になります。

    範囲

    プレビューされるフレームの範囲を定義します:

    • ワークエリア:ワークエリア内のフレームのみ。
    • ワークエリア - 現在の時刻によって拡張:ワークエリアは時間インジケーター(CTI)の位置への参照によって動的に拡張されます。
      • CTI がワークエリアの前に配置される場合、範囲の長さが現在の時間からワークエリアのエンドポイントになります。
      • CTI がワークエリアの後に配置される場合、範囲の長さが開始点から現在の時間になります。「現在の時間から」が有効な場合、範囲の長さが開始点からコンポジション、レイヤー、またはフッテージの最後のフレームになります。
      • CTI がワークエリア内に配置される場合、範囲は拡張なしのワークエリアになります。
    • デュレーション全体:コンポジション、レイヤーまたはフッテージのすべてのフレーム。
    • 現在時間の前後を再生:「現在時間の前後を再生」を有効にしてプレビューを開始すると、プリロールの値が現在時間から減算され、ポストロールの値が現在時間に加算されて、その間のフレームがプレビューされます。

      プリロールとポストロールの値を設定するには:

      1. 範囲/現在時間の前後を再生を選択します。
      2. 現在時間の前後を再生設定ダイアログボックスで、プリロールとポストロールの値を秒単位で設定します。
      3. 「OK」をクリックします。

    フレームレート

    プレビューのフレームレートを指定します。プレビューとコンポジションのフレームレートを同じにする場合は、「自動」を選択します。

    スキップ

    再生パフォーマンスを向上させるためにプレビュー中にスキップするフレーム数を選択します。

    解像度

    プレビューの解像度を指定します。「解像度」ドロップダウンリストで指定した値によって、コンポジションの解像度の設定が上書きされます。

    次の動作から、現在のショートカットまたは「再生」ボタンでプレビューを停止した際に起こる 1 つ以上の動作を選択します:
    • キャッシュする場合、キャッシュされたフレームを再生:このオプションを有効にし、このショートカットを使用してキャッシュが完了する前にプレビューを停止すると、キャッシュのみが停止します。キャッシュされているフレームの再生が範囲の最初から再開されます。このオプションを無効にした場合、このショートカットを使用してプレビューを停止すると、キャッシュと再生の両方が停止します。
    • 時間をプレビュー時間に移動:このオプションを有効にし、このショートカットを使用してプレビューを停止すると、現在の時間がプレビュー時間の位置に移動します。

プレビューを停止する

次のいずれかを使用して、プレビューを停止できます。

  • プレビューのキーボードショートカット(スペースバーShift + スペースバーテンキーの 0Shift + テンキーの 0、または Option/Alt + テンキーの 0)を押します。
  • プレビューパネルの再生/停止ボタンをクリックします。
  • コンポジションプレビュー現在のプレビューを再生を選択します。
  • Esc キーを押します。

また、次の操作も After Effects のプレビューを停止します。

  • プレビュー中のビューアパネルをクリックします。ビューアパネルのタブをクリックしても、プレビューは停止しません。
  • ワークエリアバーまたはタイムナビゲーターバーなどの時間のプロパティを調整します。
  • Option(Mac OS)キーまたは Alt(Windows)キーを押さずに、現在の時間インジケーター(CTI)をドラッグするか、時間スケールをクリックします。また、この操作は現在の時間を変更します。
  • プレビュー中のコンポジションのコンポジション設定を変更します。
  • プレビュー中のビューアパネルをワークスペースの別のパネルの背後に隠します。例えば、同じグループの別のパネルをクリックしたり、同じグループで新しいビューアパネルを開いたりします。
  • レンダーキューを開始します。

プレビューパネルとコンポジションプレビュー現在のプレビューを再生の再生/停止ボタンは、プレビューパネルに現在表示されているショートカットにリンクされます。これらのアクションを使用してプレビューを停止すると、現在表示されているキーボードショートカットを押した場合と同じ結果になります。

デフォルトのプレビュー設定

各プレビューのキーボードショートカットのデフォルトのプレビュー設定は次のとおりです:

スペースバー Shift + スペースバー テンキーの 0
  • プレビューでビデオを再生:オン
  • プレビューでオーディオを再生:オン
  • オーバーレイおよびレイヤーコントロールを表示:オフ
  • 再生前にキャッシュ:オフ
  • 範囲:ワークエリアを現在の時刻によって拡張
  • 途中から再生:現在の時間
  • フレームレート:自動.
  • スキップ:0
  • 解像度:自動
  • フルスクリーン:無効

プレビューを停止するためにスペースバーが使用される場合:

  • キャッシュする場合、キャッシュされたフレームを再生:有効
  • 時間をプレビュー時間に移動:有効
  • プレビューでビデオを再生:オン
  • プレビューでオーディオを再生:オン
  • オーバーレイおよびレイヤーコントロールを表示:オフ
  • 再生前にキャッシュ:オフ
  • 範囲:ワークエリアを現在の時刻によって拡張
  • 途中から再生:現在の時間
  • フレームレート:自動
  • スキップ:0
  • 解像度:自動
  • フルスクリーン:無効

プレビューを停止するために Shift + スペースバーが使用される場合:

  • キャッシュする場合、キャッシュされたフレームを再生:有効
  • 時間をプレビュー時間に移動:無効
  • プレビューでビデオを再生:オン
  • プレビューでオーディオを再生:オン
  • オーバーレイおよびレイヤーコントロールを表示:オフ
  • 再生前にキャッシュ:オフ
  • 範囲:ワークエリア
  • 途中から再生:範囲の先頭
  • フレームレート:自動
  • スキップ:0
  • 解像度:自動
  • フルスクリーン:無効

プレビューを停止するためにテンキーの 0 が使用される場合:

  • キャッシュする場合、キャッシュされたフレームを再生:有効
  • 時間をプレビュー時間に移動:無効
Shift + テンキーの 0 テンキーの 0 Alt + テンキーの 0
  • プレビューでビデオを再生:オン
  • プレビューでオーディオを再生:オン
  • オーバーレイおよびレイヤーコントロールを表示:オフ
  • 再生前にキャッシュ:オフ
  • 範囲:ワークエリアを現在の時刻によって拡張
  • 途中から再生:範囲の先頭
  • フレームレート:自動
  • 解像度:自動
  • フルスクリーン:無効

プレビューを停止するために Shift + テンキーの 0 が使用される場合:

  • キャッシュする場合、キャッシュされたフレームを再生:有効
  • 時間をプレビュー時間に移動:無効
  • プレビューでビデオを再生:オフ
  • プレビューでオーディオを再生:オン
  • オーバーレイおよびレイヤーコントロールを表示:オフ
  • 再生前にキャッシュ:オフ
  • 範囲:ワークエリアと現在の時間
  • 途中から再生:現在の時間
  • フレームレート:自動
  • スキップ:0
  • 解像度:自動
  • フルスクリーン:無効

プレビューを停止するためにテンキーの + 0 が使用される場合:

  • キャッシュする場合、キャッシュされたフレームを再生:有効
  • 時間をプレビュー時間に移動:無効
  • プレビューでビデオを再生:オフ
  • プレビューでオーディオを再生:オン
  • オーバーレイおよびレイヤーコントロールを表示:オン
  • 再生前にキャッシュ:オフ
  • 範囲:ワークエリア
  • 途中から再生:範囲の先頭
  • フレームレート:自動
  • スキップ:0
  • 解像度:自動
  • フルスクリーン:無効

プレビューを停止するために Alt + テンキーの 0 が使用される場合:

  • キャッシュする場合、キャッシュされたフレームを再生:有効
  • 時間をプレビュー時間に移動:無効

オーディオのみをプレビューする

オーディオのみをプレビューすると実際の速度で直ちに再生されます。ただし、「ステレオミキサー」以外のオーディオエフェクトが適用されていると、オーディオがレンダリングされるまで再生が遅れることがあります。

プロジェクト全体のオーディオのサンプルレートは、プロジェクト設定ダイアログボックス(ファイル/プロジェクト設定)で設定します。

「オーディオハードウェア」と「オーディオ出力マッピング」の環境設定によって、オーディオプレビューの動作が決まります。最終出力の音質は、出力モジュール設定によって決まります。環境設定ダイアログボックスの「オーディオハードウェア」ペイン(編集/県境設定/オーディオハードウェア)で、デバイスクラスの選択、デフォルトのアウトプットのマッピング、設定の変更および待ち時間の設定をすることができます。

ビデオおよびオーディオを手動でプレビュー(スクラブ)

  • タイムラインパネルでビデオを手動でプレビュー(スクラブ)したり、特定のフレームに移動したりするには、現在の時間インジケーターをドラッグします。
  • タイムラインパネルでオーディオをスクラブするには、Ctrl + Alt キー(Windows)または Command + Option キー(Mac OS)を押しながら、現在の時間インジケーター(CTI)をドラッグします。
  • タイムラインパネルでオーディオとビデオをスクラブするには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、現在の時間インジケーター(CTI)をドラッグします。

オーディオのスクラブ中に、マウスボタンを押した状態で現在の時間インジケーター(CTI)の移動を停止すると、短いオーディオセクションがループします。

注意:

レンダリング済みで RAM キャッシュにキャッシュされているフレームのみを手動でプレビュー(スクラブ)するには、現在の時間インジケーター(CTI)をドラッグする前に Caps Lock キーを押します。これにより、他のフレームの上に、または他のフレームを越えてドラッグした場合に、After Effects が他のフレームをレンダリングするのを防止できます。このテクニックは、他のすべてのフレームをスキップするオプションをオンにした プレビュー設定を使用してレンダリングしたいくつかのフレームを手動でプレビューする場合に便利です。

オーディオパネルのオプション

プレビュー中に、オーディオパネルのボリュームユニット(VU)メーターにオーディオのボリュームレベルが表示されます。VUメーターの上端に、オーディオがクリッピングしたことを示すシグナルがあります。クリッピングとは、オーディオの信号がオーディオ機器で処理できる最大レベルを超えたときに発生するディストーションです。

VU メーターとレベルコントロールの詳細を表示するには、オーディオパネルを上下に伸ばします。

オーディオパネル
オーディオパネルでのオプションの選択

オーディオパネルメニューで「オプション」を選択し、次のオプションを指定します。

単位

オーディオレベルを、デシベルとパーセントのどちらで表示するかを指定します。100% が 0 デシベル(0 dB)に相当します。

スライダー最小値

オーディオパネルに表示する最小のオーディオレベル。

プレビューに関するその他のヒントとオプション

  • どの方法でプレビューする場合も、最終出力へのレンダリング時と同様、ビデオレイヤースイッチ が選択されていないとレイヤーがプレビューに表示されません。
  • プレビューがレンダリングされる速度に影響する要因を次に示します。
    • レイヤースイッチ
    • 高速プレビュー設定
    • 環境設定
    • コンポジション設定

解像度設定メニューを使用します。これは、最も簡単で最も効果的なプレビュー設定コントロールの 1 つです。このメニューで「フル画質」以外を選択すると、低解像度でプレビューできます。

 

解像度設定
プレビューの解像度の設定

注意:

プレビューのピクセルの縦横比の補正のオンとオフを切り替えるには、パネルの下端にあるピクセル縦横比補正ボタン をクリックします。ピクセル縦横比補正の品質は、「ズームの画質」環境設定で決まります(ビューアの画質の環境設定を参照)。

  • 可能な場合は、最終出力を再生するのと同種の装置でプレビューします。例えば、外付けのビデオモニターを使ってみます。
  • カラーマネジメントを有効にすると、出力先のカラースペースに表示されるのと全く同じ色合いで、コンポジションやレイヤー、フッテージアイテムをプレビューできます(出力デバイスでのカラーの表示のシミュレートを参照)。

注意:

プレビューや最終出力のレンダリング中に、情報パネルやプロジェクトのフローチャートパネルに詳細情報を表示するには、編集/環境設定/ディスプレイ設定(Windows)または After Effects/環境設定/ディスプレイ設定(Mac OS)を選択し、「情報パネルとフローチャートにレンダリングの進行状況を表示」を選択します。

現在の時間インジケーター(CTI)を移動する

レイヤーウィンドウ内の CTI
レイヤーウィンドウ内の CTI

フレームのプレビューは、現在の時間インジケーターを動かしたりドラッグしたりして手動で行うのが最も基本的です。

時間スケールでは、コンポジション、レイヤーまたはフッテージアイテムのデュレーションが視覚的に示されます。時間スケールは、レイヤーパネルとフッテージパネルでは、パネルの下部に表示されます。コンポジションパネルでは、対応するタイムラインパネル内に表示されます。時間スケールに表示されるデュレーションは、パネルによって異なります。レイヤーパネルとフッテージパネルでは、パネルのアイテムのデュレーションを表すのに対して、タイムラインパネルでは、コンポジション全体のデュレーションを表します。

時間スケールにある現在の時間インジケーターは、現在表示または変更しているフレームの位置を示します。

タイムラインパネル内の CTI
タイムラインパネル内の CTI

  • 1 つ後ろか前のフレームに移動するには、プレビューパネルで次のフレームボタン または前のフレームボタン をクリックするか、Page Down キーまたは Page Up キーを押します。

  • 10 個後ろまたは前のフレームに移動するには、Shift キーを押しながら「次のフレーム」ボタンまたは「前のフレーム」ボタンをクリックするか、Shift + Page Down キーまたは Shift + Page Up キーを押します。

  • 特定の時間またはフレーム数だけ進むには、現在の時間表示をクリックして、プラス記号( + )と進める分のタイムコードまたはフレーム数を入力します。例えば、フレームを 20 個進めるには + 20、1 秒後に進むには + 1:00 と入力します。前に戻す場合は、プラス記号( + )の後にマイナス記号(-)を付けます。例えば、フレームを 20 個戻すには + -20、1 秒前に戻るには + -1:00 と入力します。

  • 最初または最後のフレームに移動するには、プレビューパネルで最初のフレームボタン または最後のフレームボタン をクリックするか、Home キーまたは End キーをクリックします。

  • ワークエリアの最初または最後のフレームに移動するには、Shift + Home キーまたは Shift + End キーを押します。

  • 特定のフレームに移動するには、時間スケールをクリックするか、フッテージ、レイヤー、コンポジション、タイムラインパネルで現在の時間表示をクリックするか、Alt + Shift キー(Windows)または Option + Shift キー(Mac OS)を押しながら J キーを押します。タイムラインパネルの現在の時間表示をドラッグして値を変更することもできます。

  • キーフレーム、マーカー、インポイントとアウトポイント、コンポジションまたはワークエリアの開始点または終了点にスナップするには、Shift キーを押しながら、現在の時間インジケーターをドラッグします。

注意:

プレビューの再生中に CTI をスクラブした場合、プレビューが停止されます。プレビューを停止せずに CTI をスクラブするには、Option/Altキーを押しながらスクラブします。

コンポジションの時間スケールのズームインおよびズームアウト

  • タイムラインパネルで、ズームインボタン  またはズームアウトボタン  をクリックするか、両ボタン間にあるズームスライダーをドラッグします。
  • キーボードの ^ (ハット)キーを押すと時間スケールがズームインし、- (ハイフン)キーを押すとズームアウトします。
  • タイムナビゲーター開始ブラケットまたはタイムナビゲーター終了ブラケットをドラッグして、コンポジションの時間スケールの一部をズームインまたはズームアウトします。

注意:

タイムラインパネルのタイムナビゲーターをクリックすると、情報パネルにタイムナビゲーターのデュレーションの開始時間と終了時間が表示されます。

  • ズームアウトしてコンポジションデュレーション全体を表示するには、コンポジションパネルまたはタイムラインパネルがアクティブな状態で Shift + ;(セミコロン)キーを押します。タイムナビゲーターで指定されているデュレーションにズームインするには、再度 Shift + ; キーを押します。
  • ズームアウトしてコンポジションデュレーション全体を表示するには、Shift キーを押しながらタイムナビゲーターをダブルクリックします。タイムナビゲーターで指定されているデュレーションにズームインするには、再度 Shift キーを押しながらダブルクリックします。
  • ズームインして時間スケールで個別のフレームを表示するには、タイムナビゲーターをダブルクリックします。ズームアウトしてコンポジションデュレーションを表示するには、再度タイムナビゲーターをダブルクリックします。
  • コンポジション、レイヤー、フッテージおよびタイムラインパネルで2 本の指を使用したマルチタッチジェスチャでズームするには、指を近付ける方向にピンチしてズームアウトし、指を離す方向に移動してズームインします。

マウスのスクロールホイールを使用して時間スケールをズームしたりスクロールしたりする方法については、マウスホイールを使用したスクロールとズームを参照してください。

注意:

時間スケールをズームインした状態で D キーを押すと、タイムグラフの中心が現在の時間に設定されます。

初期設定のプレビューするビューアを選択する

ビューアをプレビュー用の初期設定パネルとして指定しておくと、他のパネルで設定を変更しながらも、最終的な出力内容を示すコンポジションビューアを常にプレビューしたい場合に特に便利です。

プレビューするときに、この初期設定パネルは常に最前面に表示されます。

  • パネルの左下隅にある、常にこのビューをプレビュー ボタンをクリックします。

    または

  • パネルの左下にあるプライマリビューア ボタンをクリックします。

プライマリビューアボタン

プライマリビューアボタンは、コンポジションパネル、レイヤーパネルおよびフッテージビューアパネルの左下にある常にこのビューをプレビュー ボタンの横に表示されます。

プライマリビューアは常にこのビューをプレビューと同様に機能しますが、プライマリビューアはオーディオおよび外部ビデオのプレビューに使用されるビューアまたはビューのみを定義します。

  • プライマリビューアとして設定できるビューは 1 つだけで、ビューアまたはビューに対して有効にすると、それまでに有効になっていた他のビューアまたはビューが無効になります。
  • プライマリビューアが無効になっている場合、最後にアクティブになっていたビューアまたはビューがオーディオおよび外部ビデオのプレビューに使用されます。
  • 別のビューアまたはビューに切り替えると、そのビューアまたはビューがオーディオおよび外部ビデオのプレビューを制御します。

注意:

複数のビューを開いている場合は、2D のコンポジションでは最前面のコンポジションビューが、3D のコンポジションではアクティブカメラビューがプレビューに使用されます。アクティブカメラのプレビューをオフにするには、プレビューパネルのメニューで「アクティブカメラを優先してプレビュー」の選択を解除します。

プレビューモードとビューアの画質の環境設定

After Effects にはプレビューのオプションが何種類かあり、速度と精度のバランスの取り方が様々です。

プレビューモードと高速プレビューの環境設定

プレビューモードごとに、再生したり作業中(コンポジションパネルでレイヤーをドラッグしたり、タイムラインパネルでプロパティの値を変更するなど)にイメージを更新したりするときの画質と速度のバランスが異なります。

ドラフト 3D モードとライブ更新モードは、コンポジションのすべてのビューで使用できます。

ドラフト 3D

ライト、シャドウ、およびカメラの被写界深度ブラーを無効にします。このモードのオンとオフを切り替えるには、タイムラインパネルの上端にあるドラフト 3D ボタン をクリックします。

ライブ更新

作業中に、コンポジションパネルまたはレイヤーパネルのイメージを更新します。このモードの選択を解除すると、作業中にワイヤーフレームが表示されます。

 

注意:

レイヤーを移動、プロパティ値を変更、現在の時間インジケーター(CTI)を移動するときに、ライブ更新モードのオンとオフを一時的に切り替えるには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押します。

注意:

フッテージ、レイヤーおよびコンポジションパネルでイメージを更新しないようにするには、Caps Lock キーを押します。パネルに表示される内容を変更すると、パネルの一番下にイメージ更新が無効になっていることを示すテキストが赤いバーとともに表示されます。モーションパス、アンカーポイント、マスクアウトラインなどのパネルコントロールは、動かすたびに更新されます。パネルの更新を再開してすべての変更を表示するには、Caps Lock キーをもう一度押します。最終出力のレンダリング中に各フレームでイメージが更新されないようにするには、Caps Lock キーを押します。

注意:

OpenGL を使用してプレビューをレンダリングし、ビデオモニターでプレビューする場合、コンポジションの要素を使用して作業した内容は、作業の最後にマウスを放すまでビデオモニターに表示されるプレビューには更新されません(外部ビデオモニターでプレビューするを参照)。

高速プレビュー

「高速プレビュー」オプションの範囲は、高画質で低処理速度(「オフ」)から、低画質で高処理速度(「ワイヤーフレーム」)までます。

オフ(最終画質)

高速プレビューはオフです。コンポジションの最終画質をプレビューする場合にこのモードを使用します。

適応解像度

レイヤーのドラッグやプロパティ値のスクラブ中に、フッテージのダウンサンプルを試みます。レイトレース 3D コンポジションの場合は、「適応解像度」の設定によって、現在の適応解像度に基づいてレイトレースの画質が削減されます。

  • 1/2 では、レイトレースの画質値は半分に削減されます。
  • 1/4 では、レイトレースの画質値は最大 4 に削減されます。
  • 1/8 または 1/16 では、レイトレースの画質値は最大 2 に削減されます。

適応解像度の制限は、編集/環境設定/プレビュー(Windows)または Premiere Pro/環境設定/プレビュー(Mac OS)で変更できます。

ドラフト

レイトレース 3D コンポジションでのみ使用できます。このオプションを指定すると、レイトレース画質(レイトレーサーによるレイ数)が 1 に削減されます。

高速ドラフト

複雑なシーンのレイアウト時や、レイトレース 3D コンポジションで作業している場合に、高速ドラフトモードを使用してプレビューすることができます。レイトレース 3D コンポジションでは、高速ドラフトモードでベベル、押し出しおよび曲線が適用された 3D レイヤーをレンダリングします。プレビューの際に、GPU へのテクスチャのロードを高速化するためにシーンがダウンサンプルされます。高ドラフトモードでは、ビデオの各フレームが必要に応じてレンダラーに読み取られます。ダウンサンプル係数は 1/4 解像度に設定され、エフェクトとトラックマットはオンになります。

ワイヤーフレーム

複雑なコンポジションの設定とプレビューに便利です。

  • ドラフトモード、高速ドラフトモードおよびワイヤーフレームモードでは、現在のレンダラーメニューボタンの稲妻アイコンがオレンジで表示されます。適応解像度では、コンポジションがダウンサンプルされているときに、このアイコンがオレンジで表示されます。これらのモードでは、モード名がコンポジションビューの右上隅に表示されます。
  • 「最終画質」、「適応解像度」または「ドラフト」モードで、タイムラインでのプロパティの調整やスクラブに時間がかかる場合、シーンは一時的にワイヤーフレームの表示に切り替わります。マウスの移動を停止すると、フレームのレンダリングが終了します。
  • レイトレース 3D コンポジションのドラフトモードで作業している場合に、クラシック 3D コンポジションに切り替えると、高速プレビューモードが自動的に適応解像度に切り替わります。
  • Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらスクラブしている際に、複数のアクティブなビューを更新する場合は、ビューのレイアウトを選択ポップアップメニューで「同じ表示オプションを使用」オプションをオンにします。
  • コンポジションパネルの右上隅にある現在のレンダラーメニューボタンをクリックすると、コンポジション設定ダイアログボックスで現在のレンダラー設定をすぐに開くことができます。この方法は、3D レイヤー、カメラまたはコンポジションのライトに適用されます。

注意:

ワークフローに合うように高速プレビューモードを変更することは、特にレイトレース 3D コンポジションを操作する場合に重要です。

高速プレビューのショートカットキー

画質名

ショートカット
オフ(最終画質) Ctrl + Alt + 1(Windows)/Command + Option + 1(Mac OS)
適応解像度 Ctrl + Alt + 2(Windows)/Command + Option + 2(Mac OS)
ドラフト Ctrl + Alt + 3(Windows)/Command + Option + 3(Mac OS)
高速ドラフト Ctrl + Alt + 4(Windows)/Command + Option + 4(Mac OS)
ワイヤーフレーム Ctrl + Alt + 5(Windows)/Command + Option + 5(Mac OS)

ビューアの画質の環境設定

プレビュー環境設定カテゴリーで、プレビューで使用するカラーマネジメントとズーム処理の品質と速度を選択できます。

ズームの画質メニューまたはカラーマネジメントの画質メニューから、次のいずれかを選択します。

  • 速度を優先
  • キャッシュされたプレビュー時以外、精度を優先
  • 精度を優先

ズームの画質」環境設定の設定内容は、コンポジションパネルとレイヤーパネルのピクセル縦横比補正に対して実行されるスケールの品質に影響を与えます。

注意:

チャンネルを表示メニューを、ストレートカラー(RGB ストレート、アルファオーバーレイ、アルファ境界線)を表示するオプションに設定している場合、「ビューアの画質」環境設定は無視されます。プレビューの作成のされ方が、ビューアの画質設定を「速度を優先」に設定したときと同じになります。

目標範囲(ROI)

目標範囲は、プレビュー用にレンダリングされたコンポジション、レイヤー、またはフッテージアイテムの領域です。目標範囲を狭めると、少ない電力とメモリ容量でプレビューできるので、処理が向上し、プレビューのデュレーションが増えます。

初期設定では、目標範囲を変更してもファイルの出力には影響しません。コンポジションを目標範囲にクロップしてサイズを変更し、レンダリングする部分を指定することもできます。

 

注意:

目標範囲を選択すると、目標範囲の上(T)、左(L)、下(B)、右(R)のエッジに対して、コンポジションの左上隅からの水平および垂直距離が情報パネルに表示されます。

  • 目標範囲を指定するには、コンポジション、レイヤーまたはフッテージパネルの下端にある目標範囲ボタン  をクリックしてから、ドラッグしてパネルの表示可能領域を選択します。

注意:

目標範囲を最初から指定し直すには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、「目標範囲」ボタンをクリックします。

  • 目標範囲とコンポジション、レイヤー、またはフッテージフレーム全体の表示を切り替えるには、「目標範囲」ボタンをクリックします。
  • 目標範囲の移動やサイズ変更を行う場合は、エッジまたはハンドルをドラッグします。Shift キーを押しながらコーナーハンドルをドラッグすると、サイズを変更しても縦横比が維持されます。
  • コンポジションを目標範囲にクロップするには、コンポジション/コンポジションを目標範囲にクロップを選択します。
  • 出力を目標範囲にクロップするには、出力モジュール設定ダイアログボックスの「クロップ」セクションで「目標範囲を使用」を選択します(出力モジュールと出力モジュールの設定を参照)。

注意:

1 つのレイヤーの目標範囲の等価範囲を作成するには、作業を行っているレイヤー部分の周囲に一時的なマスクを描画します。マスクの外側の領域はレンダリングされません。これにより、サイズの大きいレイヤーの小さい部分で作業を行う場合に、作業時間を大幅に短縮できます。ただし、マスクの外側のピクセルがレンダリングされないため、コンポジションの表示方法が大幅に変わる可能性があることに注意してください(マスクの作成を参照してください)。

ワークエリア

ワークエリアは、プレビューまたは最終出力用にレンダリングするコンポジションのデュレーションの一部です。タイムラインパネルで、ワークエリアは明るいグレー階調で表示されます。

  • ワークエリアの始点または終点を現在の時間に設定できます。始点を設定するには B キー、終点を設定するには N キーを押します。
  • ワークエリアを設定するには、時間スケールでワークエリアの始点および終点のマーカーを移動します。
ワークエリアマーカー
ワークエリアマーカーは、プレビューまたは最終出力用にレンダリングされるコンポジションのデュレーションを示します。

  • ワークエリアを移動するには、ワークエリアバーの中央部分を左または右にドラッグします。
  • ワークエリアをコンポジションと同じサイズに拡張するには、ワークエリアバーの中央をダブルクリックします。

  • ワークエリアのデュレーションと、開始時間と終了時間を情報パネルに表示するには、ワークエリアバーをクリックします。

スナップショット

コンポジションパネル、レイヤーパネルまたはフッテージパネルで、あるビューを別のビューと比較するには、スナップショットを撮影します。例えば、ムービーの異なる時間のフレームを 2 つ比較できます。

あるパネルで撮影したスナップショットを、別の種類のパネルで表示することができます。例えば、レイヤーパネルで撮影したスナップショットを、コンポジションパネルやフッテージパネルで表示できます。スナップショットを表示しても、パネルの内容が置き換わるわけではありません。スナップショットと、それを表示するパネルのサイズまたは縦横比が異なる場合は、スナップショットのサイズが現在のビューに合わせて変更されます。

スナップショットは参照用で、レイヤー、コンポジションまたはレンダリングされたムービーの一部にはなりません。

スナップショットを撮影するときに、音が聞こえます。

  • スナップショットを撮影するには、パネルの下端にあるスナップショットボタン をクリックするか、Shift + F5、Shift + F6、Shift + F7 または Shi t + F8 キーを押します。
  • スナップショットボタンまたは Shift + F5 キーを押して撮った最後のスナップショットを表示するには、スナップショットを表示ボタン をクリックして押したままにします。
  • 特定のスナップショットを表示するには、F5、F6、F7 または F8 キーを押したままにします。
  • スナップショットを削除するには、Ctrl + Shift キー(Windows)または Command + Shift キー(Mac OS)を押しながら、F5、F6、F7 または F8 キーを押します。
  • スナップショットを保存するのに使用したすべてのメモリを解放するには、編集/キャッシュの消去/スナップショットを選択します。

外部ビデオモニターでプレビューする

レイヤーパネル、フッテージパネルまたはコンポジションパネルの内容を外部ビデオモニターでプレビューできます。ビデオモニターでプレビューするには、ビデオキャプチャカードや FireWire ポートなどのハードウェアが必要です。

DVI、DisplayPort、HDMI などを介してビデオディスプレイカードに接続された 2 台目のモニターにプレビューを表示できます。ビデオキャプチャカードを使用して外部ビデオモニターに接続する場合は、適切なドライバーをインストールしてモニターに接続し、プレビューを表示します。FireWire ポートを使用する場合は、まずデジタルカムコーダ、または同じようなデバイスをポートに接続してから、ビデオモニターをデバイスに接続します。FireWire プレビューの設定についての詳細は、デジタルカムコーダ、VCR またはその他のデバイスのマニュアルを参照してください。

  1. 編集/環境設定/ビデオプレビュー(Windows)を選択するか、After Effects/環境設定/ビデオプレビュー(Mac OS)を選択します。

  2. 外部デバイスへのビデオ出力を有効にするには、次のオプションから選択します:

    • Adobe DV:これは FireWire オプションです。
    • Adobe Monitor x:これらは、グラフィックカードを介してビデオプレビューデータを受信できる、接続されたコンピューターモニターです。
    • サードパーティ製ビデオハードウェア:これらのエントリは、接続されているサードパーティ製ハードウェアに応じて異なります。AJA Kona 3GBlackmagic Playback および Matrox Player がその例です。
  3. After Effects がフォアグラウンドアプリケーションである場合にビデオフレームが外部モニターに送信されるのを防ぐには、「バックグラウンド動作時のビデオ出力を無効」オプションをオンにします。

  4. After Effects がレンダーキューでフレームをレンダリング中に、ビデオフレームが外部モニターに送信されるのを防ぐには、「レンダーキューでレンダリング中にビデオプレビュー」オプションをオンにします。

Mercury Transmit を使用して外部モニターに送信されたビデオプレビューはカラーマネジメントされます(外部ビデオプレビューモニターを HDTV Rec.709 デバイスとして扱う)。詳しくは、Mercury Transmit を使用したビデオプレビューの記事を参照してください。

注意:

ワイヤフレームプレビューモードでは、すべてのビデオプレビューモニターでプレビューするわけではありません(詳しくは、プレビューモードおよび作業用カラースペースを選択し、カラーマネジメントを有効にするを参照してください)。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー