マニュアル キャンセル

スクリプト

  1. After Effects ユーザガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. After Effects ベータ版ホーム
    3. ベータ版の機能
      1. プロパティパネル(ベータ版)
      2. 選択可能なトラックマットレイヤー(ベータ版)
      3. ネイティブの H.264 エンコード(ベータ版)
  3. はじめに
    1. After Effects の概要
    2. After Effects の新機能
    3. リリースノート | After Effects
    4. After Effects の必要システム構成
    5. After Effects のキーボードショートカット
    6. サポートされているファイル形式 | After Effects
    7. ハードウェアに関する推奨事項
    8. Apple シリコン対応の After Effects
    9. 計画と設定
    10. セットアップとインストール
  4. Workspaces
    1. 一般ユーザーインターフェイスアイテム
    2. After Effects インターフェイスについて
    3. ワークフロー
    4. Workspaces、パネルおよびビューア
  5. プロジェクトとコンポジション
    1. プロジェクト
    2. コンポジションの基本
    3. プリコンポーズ、ネスト化およびプリレンダリング
    4. コンポジションプロファイラーを使用した詳細なパフォーマンス情報の表示
    5. CINEMA 4D コンポジションレンダラー
  6. フッテージの読み込み
    1. 静止画の準備と読み込み
    2. After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込み
    3. ビデオとオーディオの読み込みと変換
    4. 3D イメージファイルの準備と読み込み
    5. フッテージアイテムの読み込みと変換
    6. フッテージアイテムでの作業
    7. シーン編集の検出を使用した編集ポイントの削除
    8. XMP メタデータ
  7. テキストとグラフィック
    1. テキスト
      1. 文字の書式設定と文字パネル
      2. テキストエフェクト
      3. テキストレイヤーの作成と編集
      4. 段落の書式設定と段落パネル
      5. テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
      6. テキストのアニメーション化
      7. テキストアニメーションのサンプルとリソース
      8. Live Text テンプレート
    2. モーショングラフィック
      1. After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの操作
      2. エクスプレッションを使用した、モーショングラフィックステンプレートのドロップダウンリストの作成
      3. エッセンシャルプロパティを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成
      4. モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでの画像とビデオの置き換え
  8. 描画、ペイント、パス
    1. シェイプレイヤー、パス、ベクトルグラフィックの概要
    2. ペイントツール:ブラシ、コピースタンプおよび消しゴム
    3. テーパシェイプストローク
    4. シェイプレイヤーのシェイプ属性、ペイント操作およびパス操作
    5. 「パスのオフセット」シェイプエフェクトを使用したシェイプの変更
    6. シェイプの作成
    7. マスクを作成
    8. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除
    9. ロトブラシとマットを調整
  9. レイヤー、マーカー、カメラ
    1. レイヤーの選択と配置
    2. 描画モードとレイヤースタイル
    3. 3D レイヤー
    4. レイヤープロパティ
    5. レイヤーの作成
    6. レイヤーの管理
    7. レイヤーマーカーとコンポジションマーカー
    8. カメラ、ライト、目標点
  10. アニメーション、キーフレーム、モーショントラッキング、キーイング
    1. アニメーション
      1. アニメーションの基本
      2. パペットツールを使用したアニメーション化
      3. シェイプパスとマスクの管理とアニメーション化
      4. After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメーション化
      5. 多彩なアニメーションツール
      6. データ駆動型アニメーションの操作
    2. キーフレーム
      1. キーフレーム補間法
      2. キーフレームの設定、選択および削除
      3. キーフレームの編集、移動、コピー
    3. モーショントラッキング
      1. モーションのトラッキングとスタビライズ
      2. 顔のトラッキング
      3. マスクのトラッキング
      4. マスク参照
      5. 速度
      6. 時間伸縮とタイムリマップ
      7. タイムコードと時間の表示単位
    4. キーイング
      1. キーイング
      2. キーイングエフェクト
  11. 透明度と合成
    1. 合成と透明化の概要とリソース
    2. アルファチャンネルおよびマット
  12. カラーの調整
    1. カラーの基本
    2. カラーマネジメント
    3. 色調補正エフェクト
  13. エフェクトおよびアニメーションプリセット
    1. エフェクトおよびアニメーションプリセットの概要
    2. エフェクトリスト
    3. シミュレーションエフェクト
    4. スタイライズエフェクト
    5. オーディオエフェクト
    6. ディストーションエフェクト
    7. 遠近エフェクト
    8. チャンネルエフェクト
    9. エフェクトの生成
    10. トランジションエフェクト
    11. ローリングシャッターの修復エフェクト
    12. ブラー&シャープエフェクト
    13. 3D チャンネルエフェクト
    14. ユーティリティエフェクト
    15. マットエフェクト
    16. ノイズ&グレインエフェクト
    17. 「詳細を維持しながらアップスケール」エフェクト
    18. 旧バージョンエフェクト
  14. エクスプレッションと自動化
    1. エクスプレッション
      1. エクスプレッションの基本
      2. エクスプレッション言語について
      3. エクスプレッション制御の使用
      4. JavaScript と以前の ExtendScript のエクスプレッションエンジンの構文の違い
      5. エクスプレッションの編集
      6. エクスプレッションエラー
      7. エクスプレッションエディターの使用
      8. エクスプレッションを使用したテキストプロパティの編集とアクセス
      9. エクスプレッション言語リファレンス
      10. エクスプレッションの例
    2. 自動化
      1. 自動化
      2. スクリプト
  15. イマーシブビデオ、VR、3D
    1. After Effects での VR 環境の作成
    2. イマーシブビデオエフェクトの適用
    3. VR/360 度ビデオの合成ツール
    4. 3D カメラの移動のトラッキング
    5. 3D デザインスペースでの作業
    6. 3D 変形ギズモ
    7. 3D アニメーションによるその他の操作
    8. リアルタイムエンジンを使用した、3D デザインの変更のリアルタイムプレビュー
    9. グラフィックへのレスポンシブデザインの追加
  16. ビューとプレビュー
    1. プレビュー
    2. Mercury Transmit を使用したビデオプレビュー
    3. ビューの変更と使用
  17. レンダリングと書き出し
    1. レンダリングと書き出しの基本
    2. After Effects プロジェクトを Adobe Premiere Pro プロジェクトとして書き出し
    3. ムービーの変換
    4. マルチフレームレンダリング
    5. 自動レンダリングとネットワークレンダリング
    6. 静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し
    7. After Effects での GoPro CineForm コーデックの使用
  18. その他のアプリケーションの使用
    1. Dynamic Link と After Effects
    2. After Effects およびその他のアプリケーションの使用
    3. After Effects の設定の同期
    4. After Effects の Creative Cloud ライブラリ
    5. プラグイン
    6. CINEMA 4D と Cineware
  19. 共同作業:Frame.io と Team Projects
    1. Premiere Pro と After Effects での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとライセンス認証
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. チームプロジェクトの作成
      3. Team Projects を使用した共同作業
  20. メモリ、ストレージおよびパフォーマンス
    1. メモリとストレージ
    2. プレビュー時のメモリ不足の問題に対する After Effects の処理    
    3. 処理速度の向上
    4. 環境設定
    5. After Effects の GPU および GPU ドライバーの要件

スクリプトは、一連の操作を実行するようアプリケーションに命令する一連のコマンドです。ほとんどのアドビ製アプリケーションでは、繰り返し作業の自動化や複雑な計算を行ったり、グラフィカルユーザーインターフェイスからは利用できない機能を利用するのにスクリプトを使用できます。例えば、コンポジション内のレイヤーの並べ替え、テキストレイヤー内のソーステキストの検索と置換、レンダリングが完了したことを通知するメールの送信などを行うことができます。

After Effects スクリプトでは、JavaScript の拡張形式である Adobe ExtendScript 言語を使用します。ExtendScript ファイルのファイル拡張子は .jsx または .jsxbin です。

After Effects で使用可能なスクリプト機能について詳しくは、After Effects Developer Center にある「After Effects Scripting Guide」を参照してください。

スクリプトの読み込みと実行

After Effects を起動すると、Scripts フォルダーからスクリプトが読み込まれます。デフォルトでは、After Effects の Scripts フォルダーは、 次の場所にあります。

  • (Windows)Program Files¥Adobe¥Adobe After Effects <version>¥Support Files

  • (Mac OS)Applications/Adobe After Effects <version>

After Effects CC 12.1 移行は、スクリプトをユーザーの場所にインストールすることもできます。

After Effects にはいくつかのスクリプトが付属しており、Scripts フォルダー内に 自動的にインストールされています。

読み込まれたスクリプトを使用するには、ファイル/スクリプトのメニューを選択します。 After Effects を実行中にスクリプトを編集した場合は、 変更内容を保存して変更を適用する必要があります。After Effects を実行中にスクリプトを Scripts フォルダーに入れた場合、 そのスクリプトをスクリプトメニューに表示するには After Effects を再起動する必要があります。ただし、 「スクリプトファイルを実行」コマンドを使用して 新しいスクリプトをすぐに実行することは可能です。

ウィンドウメニューの一番下に、ScriptUI Panels フォルダーにある スクリプトが表示されます。ドッキング可能なパネル内のユーザーインターフェイス用に スクリプトを記述した場合は、ScriptUI フォルダーに 入れる必要があります。ScriptUI パネルは、After Effects ユーザーインターフェイスの デフォルトのパネルと同じように機能します。

注意:

デフォルトでは、スクリプトによるファイルの書き込みや、ネットワークを介した通信の送受信は行えません。スクリプトによるファイルへの書き込みやネットワーク上での通信を許可するには、編集/環境設定/スクリプトとエクスプレッション(Windows)または After Effects/環境設定/スクリプトとエクスプレッション(Mac OS)を選択し、「スクリプトによるファイルへの書き込みとネットワークへのアクセスを許可」オプションを選択します。

  • 読み込まれたスクリプトを実行するには、ファイル/スクリプト/[スクリプト名]を選択します

  • 読み込まれていないスクリプトを実行するには、ファイル/スクリプト/スクリプトファイルを実行を選択し、スクリプトを選択して「開く」をクリックします。

  • 実行されているスクリプトを停止するには、Esc キーを押します。

  • コマンドラインからスクリプトを実行するには、コマンドラインで afterfx.exe を呼び出します。-r スイッチとスクリプトのフルパスを使用して、スクリプトを引数として実行します。このコマンドを実行しても After Effects アプリケーションの新しいインスタンスは開かないため、スクリプトは既存のインスタンスで実行します。

    例(Windows):

    afterfx -r c:\script_path\example_script.jsx
注意:

このコマンドライン手法とカスタマイズ可能なキーボードに付属のソフトウェアを組み合わせて使用することで、スクリプトの呼び出しをキーボードのショートカットに割り当てられます。

After Effects で最近実行した 10 個のスクリプトのリストを表示できます。このリストを表示するには、ファイル/スクリプト/最近使用したスクリプトファイルを選択します。

最近実行した 10 個のスクリプトのいずれかを再実行するには、Command+Option+Shift+D(macOS)または Ctrl+Alt+Shift+D(Win)を押します。

Jeff Almasol が、簡単なコンソールパネルを作成するスクリプトを公開しています。このコンソールパネルには、評価する ExtendScript コマンドを入力できるテキスト領域があります。エラーやメッセージは取得されません。このコンソールは、先にスクリプトを作成しないでコマンドを入力する簡単な方法を提供します。 

注意:

Lloyd Alvarez が、AE スクリプトの web ページで、Scripts フォルダーまたは ScriptUI Panels フォルダーにアクセスできない場合に .jsxbin スクリプトを実行する方法に関するヒントを紹介しています。

After Effects に含まれているスクリプト

After Effects には、一般的な作業の実行を支援し、 独自のスクリプトのテンプレートとして使用できる、あらかじめ記述されたスクリプトが いくつか用意されています。

注意:

スクリプトを使用することによりどのような作業を実行できるかを確認するには、サンプルのスクリプトである Demo Palette.jsx を実行してください。

スクリプトの記述と変更

ExtendScript Toolkit に含まれているスクリプトエディターを使用して、After Effects で使用するための独自のスクリプトを記述できます。ExtendScript Toolkit は、独自のスクリプトを作成、デバッグおよびテストするためのインターフェイスを備えています。場合によっては、既存のスクリプトを若干変更するだけで、必要なスクリプトを完成できます。また、コンピューターのプログラミングやスクリプト言語に関する知識があまりなくても、スクリプトを若干変更することが可能です。

詳しくは、After Effects スクリプティングガイドを参照してください。

スクリプトエディターを起動するには、ファイル/スクリプト/スクリプトエディターを開くを選択します。

AE Enhancers フォーラムにあるチュートリアルでは、スクリプトの具体的な作成手順を示しています。

David Torno は、After Effects スクリプトの matchname のリストを公開しています。

スクリプトによるアクセス

スクリプトによるモーショングラフィックステンプレートへのアクセス

次のスクリプトメソッドを使用すると、スクリプトを通じてエッセンシャルグラフィックスパネルにプロパティを追加したり、モーショングラフィックステンプレートを書き出したりすることができます。

  • Property の canAddToMotionGraphicsTemplate() メソッド app.project.item(index).layer(index).propertySpec.canAddToMotionGraphicsTemplate(comp):指定したコンポジションのエッセンシャルグラフィックスパネルにプロパティを追加できるかどうかをテストします。プロパティを追加できる場合は true を返し、追加できない場合は false を返します。プロパティを追加できない理由としては、そのタイプのプロパティがサポートされていないか、そのプロパティが既にコンポジションに追加されていることが考えられます。その場合は、After Effects に警告ダイアログが表示されます。

サポートされているプロパティタイプ:

  • チェックボックス
  • カラー
  • 数値のスライダー(変形/不透明度のような値を 1 つだけ取る数値プロパティ、またはスライダーコントロールのエクスプレッションコントロールエフェクト)
  • ソーステキスト

パラメーター

comp

compItem にプロパティを追加できるかどうかをテストするコンポジション。

戻り値

Boolean。

  • Property の addToMotionGraphicsTemplate() メソッド app.project.item(index).layer(index).propertySpec.addToMotionGraphicsTemplate(comp):指定したコンポジションのエッセンシャルグラフィックスパネルにプロパティを追加します。プロパティが正常に追加された場合は true を返し、それ以外の場合は false を返します。プロパティが追加されない理由としては、そのタイプのプロパティがサポートされていないか、そのプロパティが既にコンポジションに追加されていることが考えられます。その場合は、After Effects に警告ダイアログが表示されます。モーショングラフィックステンプレートにプロパティを追加できるかどうかをテストするには、canAddToMotionGraphicsTemplate() メソッドを使用します。

パラメーター

comp

compItem にプロパティを追加できるかどうかをテストするコンポジション。

戻り値

Boolean.

  • CompItem の motionGraphicsTemplateName 属性 app.project.item(index).motionGraphicsTemplateName:コンポジションのエッセンシャルグラフィックスパネルの名前プロパティを読み取んだり書き込んだりするときに使用します。エッセンシャルグラフィックスパネル内の名前は、(My Template.mogrt のように)書き出されるモーショングラフィックステンプレートのファイル名として使用されます。次の例は、アクティブなコンポジションの名前を設定した後、その名前を警告として返します。

app.project.activeItem.motionGraphicsTemplateName = "My Template";
alert(app.project.activeItem.motionGraphicsTemplateName);

タイプ

文字列:読み取り/書き込み。

  • CompItem の exportAsMotionGraphicsTemplate() メソッド app.project.item(index).exportAsMotionGraphicsTemplate(doOverWriteFileIfExisting, file_path):コンポジションをモーショングラフィックステンプレートとして書き出します。モーショングラフィックステンプレートが正常に書き出された場合は true を返し、それ以外の場合は false を返します。エッセンシャルグラフィックスパネル内の名前は、(My Template.mogrt のように)モーショングラフィックステンプレートのファイル名として使用されます。この名前を設定するには motionGraphicsTemplateName 属性を使用します。必要に応じて、モーショングラフィックステンプレートファイルの保存先フォルダーのパスも指定できます。指定しない場合、以下に示すように、ファイルは現在のユーザーのエッセンシャルグラフィックスフォルダーに保存されます。

macOS

/Users//Library/Application Support/Adobe/Common/Essential Graphics/

Windows

C:\Users\\AppData\Roaming\Adobe\Common\Essential Graphics\

前回の保存時以降にプロジェクトが変更されている場合は、プロジェクトを保存するかどうかを尋ねるプロンプトが表示されます。これを避けるには、モーショングラフィックステンプレートを書き出す前にプロジェクトの save() メソッドを使用します。

パラメーター

doOverWriteFileIfExisting

同じ名前の既存のファイルを上書きするかどうか。ブール値。必須。

file_path

ファイルの保存先フォルダーのパス。オプション。

戻り値

Boolean.

  • CompItem openInEssentialGraphics() method app.project.item(index).openInEssentialGraphics() エッセンシャルグラフィックスパネルでコンポジションを開きます。

パラメーター

なし

戻り値

なし

他の役立つスクリプトの 参照場所

スクリプト、プロジェクト、その他の役立つアイテムについては、Adobe Add-ons web サイトを参照してください。

Dan Ebberts は、MotionScript の web サイトのスクリプトのセクションで、スクリプトに関するチュートリアルと便利なスクリプト集を公開しています。

Lloyd Alvarez は、After Effects スクリプトの web サイトで、便利なスクリプト集を公開しています。

AE Enhancers フォーラムには、サンプルスクリプトと、After Effects でのスクリプト(エクスプレッションとアニメーションプリセットを含む)の使用に関する役立つ情報があります。

Dale Bradshaw は、Creative Workflow Hacks の web サイトで、スクリプトとヒントを公開しています。

Christopher Green は、自身の web サイトで、多数の便利なスクリプトを公開しています

アドビのロゴ

アカウントにログイン