このセクションでは、最初の Adobe Captivate プロジェクトの作成を開始します。 プロジェクトにテーマを適用したり、プロジェクトで使用できるアセットをダウンロードするなど、導入の概念についても説明します。 このセクションを終える前に、私たちが行った進捗状況をプレビューし、プロジェクトをパブリッシュします。

アセットとサンプル

この文書の手順では、画像や Adobe Captivate プロジェクトファイルのサンプルなどのアセットを使用する必要があります。 独自のアセットとサンプルを使用することもできます。 ただし、次の zip ファイルをコンピューターにダウンロードして展開することをお勧めします。

空白のプロジェクトを作成する

まず、Adobe Captivate で空白のプロジェクトを作成しましょう。

  1. ファイルメニューで、「新規プロジェクト空白のプロジェクト」を選択します。

  2. 新しい空白のプロジェクトダイアログで、「プロジェクトの寸法」を選択することができます。デフォルトの寸法を使用しましょう。

    OK」をクリックします。

1 つの空白のスライドが入った新しい空白のプロジェクトが作成されます。

 

Adobe Captivate プロジェクト作成について詳しくは、Adobe Captivate での各種プロジェクトの作成を参照してください。

テーマの適用

テーマを使用することにより、統一のとれたカラー、よくプランニングされたスライドのレイアウト、フォント、エフェクトが使用され、プロジェクトの外観が向上します。Adobe Captivate のすべてのプロジェクトにデフォルトのテーマが適用されます。

私たちのプロジェクトに新しいテーマを適用しましょう。

  1. ツールバーで「テーマ」をクリックします。

  2. ドロップダウンリストで、各テーマの上にポインターを合わせると、テーマの名前が表示されます。

  3. 空白」テーマを選択します。

  4. OK」をクリックして、プロジェクトに含まれるすべてのオブジェクトにテーマを適用します。

空白テーマがプロジェクトに適用されます。

注意:

プロジェクトで作業しているときに、いつでも新しいテーマを適用することができます。 Adobe Captivate は、現在プロジェクト内にあるすべてのオブジェクトにテーマのエフェクトを適用します。

選択したテーマでプロジェクトが設定されたので、プロジェクトの導入スライドにオブジェクトを追加しましょう。

 

このトピックについて詳しくは、Adobe Captivate を使った作業を参照してください。

スライドへのテキストキャプションの追加

プロジェクトにはタイトルをつけるべきですが、それに最適な場所は導入スライドです。

最初のスライドにテキストキャプションを追加しましょう。

  1. ツールバーの「テキスト」をクリックし、「テキストキャプション」を選択します。

    新しいテキストキャプションがスライドに配置されます。 デフォルトでプレースホルダテキストが選択されているので、必要なテキストを入力することができます。

  2. テキストキャプションで、次のテキストを入力します。

    LUNARSHPERE STUDIOS

  3. テキストボックスの編集モードを終了するには、スライドの任意の空白部分をクリックします。

    テキストボックスの上にポインターを合わせると、カーソルが手になります。

  4. テキストキャプションを選択し、スライドの左上隅にドラッグします。

 

これについて詳しくは、Captivate でのテキストキャプションの編集と作成を参照してください。

スライドのオブジェクトにインタラクティビティを追加する

導入スライドで、プレゼンテーションを開始するオプションをユーザーに明示的に選択させたいとします。

そのために、プロジェクトの導入スライドにインタラクティブなボタンを追加します。 ユーザーがボタンをクリックすると、プレゼンテーションは次のスライドに進みます。

  1. ツールバーの「インタラクション」をクリックし、「ボタン」を選択します。

    新しいボタンがスライドに配置されます。

    また、プロパティインスペクターでテキストやインタラクティブな機能など、ボタンのプロパティを変更することもできます。

  2. ツールバーの右端の「プロパティ」をクリックします。

  3. プロパティインスペクターで、「スタイル」タブを開きます。

  4. キャプションフィールドで、ボタンのキャプションを「スタート」に変更します。

  5. このボタンのデフォルトの成功時アクションは、「次のスライドに移動」です。

    デフォルトのアクションをそのまま残しましょう。

  6. ボタンを選択し、スライドの左下隅にドラッグ&ドロップします。

 

これについて詳しくは、Adobe Captivate プロジェクトへのインタラクティブボタンの追加を参照してください。

スライドに画像を追加する

プロジェクトの導入スライドには現在、テキストキャプションとボタンがあります。 けれども、空白部分が少し多いように見えます。 画像を追加して外観を改善しましょう。

  1. ツールバーの「メディア」をクリックして、「画像」を選択します。

    コンピュータから画像ファイルを選択するためのダイアログボックスが表示されます。

  2. このコースに付属している zip ファイルをダウンロードして解凍したことを確認してください。

    解凍したフォルダーでアセットサブフォルダーに移動します。

  3. ファイル intro_image_right を選択して「開く」をクリックします。

    注意:

    画像のアスペクト比を維持するには、Shift キーを押したままで、コーナーで画像のサイズを変更します。

  4. 画像オブジェクトのハンドルを使用して、スライド内に収まるように画像のサイズを変更します。

  5. 画像を選択し、スライドの右側にドラッグ&ドロップします。

これで導入スライドは完成しました。

ただし、テキストとボタンの外観が魅力的ではありません。 このチュートリアルの後半のセクションでは、テキストとボタンについて詳しく説明します。

 

画像の使用について詳しくは、Captivate での画像およびロールオーバー画像の使用方法を参照してください。

スライドに無料の eラーニングアセットを追加する

Adobe Captivate のライセンスで、自由にプロジェクトに追加できる 75,000 以上の eラーニングアセットにアクセスできます。 このセクションでは、eラーニングアセットインタフェースを移動して閲覧し、プロジェクトに追加するアセットを見つける方法を学びます。

新しいプロジェクトを開始すると、プロジェクトは 1 つのスライドで作成されます。 私たちのプロジェクトでは、これを導入スライドとして使用しました。 プロジェクトに新しいスライドを追加しましょう。 この後で、新しいスライドに無料の eラーニングアセットを追加します。

  1. ツールバーの「スライド」をクリックし、「コンテンツスライド」を選択します。

  2. 新しいスライドにオブジェクトを追加するには、左側のフィルムストリップでスライドが選択されていることを確認してください。

  3. ツールバーで「アセット」をクリックし、マイアセットダイアログボックスで、「無料 eラーニングアセットを取得」に移動します。

  4. Adobe Captivate アセットライブラリには、プロジェクトに追加できる多数の無料アセットが用意されています。

    これらは以下の 2 つのカテゴリに分類されます。

    • テンプレート:ボタン、インタラクション、レイアウト、テーマ
    • キャラクター:写真とイラストのキャラクターです。

     

  5. ポインターをキャラクターカテゴリに合わせ、写真に合わせて、「ビジネス」をクリックします。

    私たちのプロジェクトでは、エブリン 5 というキャラクターを使用してみましょう。

  6. キャラクターリストの左上隅で「エブリン 5」をクリックします。

    注意:

    これらのキャラクターの位置は、ライブラリにキャラクター追加されると変更される可能性があります。 このチュートリアルでは、ビジネスサブカテゴリのどの写真を選んでもかまいません。

    エブリン 5 キャラクターの各種アセットのリストをダウンロードできます。

  7. エブリン 5 キャラクターの最初のアセットをクリックします。

  8. ダウンロード」をクリックします。

    ダウンロードが完了したら、ダウンロードステータスダイアログで、新しくダウンロードしたアセットの Captivate 内の場所を確認できます。

    download-status
  9. マイアセットダイアログボックスで、「マイアセット」をクリックします。

  10. カテゴリードロップダウンリストで「ビジネス」を選択します。

    エブリン 5 キャラクターがビジネスカテゴリーにあることを覚えておきます。

  11. 最初のキャラクターのポーズをクリックして、「フル」サイズが選択されていることを確認します。

  12. OK」をクリックして、スライドにキャラクターを追加します。

  13. キャラクターをスライドの左下隅に移動します。

プロジェクトに簡単なクイズを追加する

Adobe Captivate には、プロジェクトに簡単にクイズを追加できる機能があります。 クイズの質問を作成すると、Captivate が採点を処理します。

最初のプロジェクトを作成したので、簡単な〇X形式クイズを追加してみましょう。

  1. ツールバーの「スライド」をクリックし、「質問スライド」を選択します。

  2. 質問を挿入ダイアログボックスで、「〇X形式」チェックボックスを選択し、「OK」をクリックします。

    Captivate は 2 つのスライドをプロジェクトに追加します。 質問のための 1 つのスライドと、クイズ結果のための 2 つ目のスライドです。

  3. 質問を入力するには、次のプレースホルダーのテキストが表示されている領域の内側をダブルクリックします。

    ここに質問を入力してください

  4. 以下の質問を入力します。

    Captivate では、スライドに 1 つの画像を追加することができます。

  5. Captivate に正しい答えを教えるために、×の横のラジオボタンをダブルクリックします。

クイズがプロジェクトに追加されました。

 

クイズについて詳しくは、Adobe Captivate を使った質問スライドの設定方法を参照してください。

進行状況をプレビューする

プロジェクトを構築するときに、進捗状況をプレビューできます。

ツールバーの「プレビュー」をクリックしてプロジェクトを選択し、プロジェクト全体をプレビューします。

プレビューウィンドウには、プロジェクトがプレビューモードで表示されます。

プロジェクトをパブリッシュする

プロジェクトの作成が終了したら、ユーザーが利用できるようにする必要があります。 そのためには、プロジェクトをパブリッシュする必要があります。 Adobe Captivate では、複数の出力場所にプロジェクトをパブリッシュできます。

  • コンピューター
  • iOS または Android
  • Adobe Connect
  • Adobe Captivate Prime

プロジェクトをテストするために、「コンピューター」オプションを使ってみましょう。

  1. ツールバーで「パブリッシュ」をクリックし、「コンピューターにパブリッシュ」を選択します。

  2. マイコンピューターに公開ダイアログボックスで、「プロジェクトのタイトル」を以下に変更します。

    Adobe Captivate:ステップバイステップガイド

  3. 出力フォーマットHTML5 になっていることを確認し、「パブリッシュ」をクリックします。

  4. OK」をクリックして出力を表示します。

プロジェクトの出力がデフォルトのブラウザに表示されます。

先に進むには、最初のスライドで「スタート」ボタンをクリックする必要があります。また、最後のスライドにクイズの結果が表示されていることも確認してください。

最初のプロジェクトを作成し、Adobe Captivate を使用して eラーニングソリューションを構築しています。

このチュートリアルの残りのセクションでは、ここで取り上げた概念の詳細を説明します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー