ロゴ、起動画面、ポインター、背景、ボタンなどの画像をプロジェクトに組み入れることができます。JPG、JPEG、GIF、PNG、BMP、ICO、EMF、POT または WMF の各形式の画像を追加できます。

ロールオーバー画像は、画像とロールオーバー領域(「ホット」領域)から構成されています。ロールオーバー画像は、実行時にロールオーバー領域の上にポインターを動かすと表示されます。ロールオーバー画像は、複雑なスライドや、説明が必要なボタンやツールバーが含まれているスライドに適しています。

従来の画像に使用するものと同じタイプのグラフィックをロールオーバー画像に使用できます。また、ロールオーバー画像のロールオーバー領域の位置、アウトラインおよびサイズもカスタマイズできます。

注意:

Adobe Captivate にはボタン、音声およびアニメーション(SWF 形式)のギャラリーがあり、プロジェクトに使用することができます。ギャラリーは、Adobe Captivate インストール時にデフォルトで C:¥Program Files¥Adobe¥Adobe Captivate<バージョン番号>¥Gallery(Windows)または /Applications/Adobe Captivate<バージョン番号>/Gallery(Mac OS)に保存されます。

画像およびロールオーバー画像のプロパティ

スライドで画像を選択した後で、プロパティインスペクターの「画像編集」領域を使用して画像のプロパティを変更できます。

画像

名前

オブジェクトの固有の名前を入力します。オブジェクトを表示するかどうかの条件を定義するときに、この名前を使用できます。

表示

スライド上にオブジェクトを表示しない場合は、このオプションの選択を解除します。オブジェクトを表示する場合は、「表示」オプションを使用します。詳しくは、オブジェクトの表示の制御を参照してください。

アクセシビリティ

オブジェクトにアクセシブルテキストを追加するには、このオプションをクリックします。詳しくは、オブジェクトのアクセシビリティテキストのカスタマイズを参照してください。

透明な背景

塗りつぶしアイコンを選択します。画像内で特定の色のすべてのインスタンスを透明にすることができます。例えば、赤(#FF0000)のすべてのインスタンスを透明にすることができます。

元のサイズにリセット

画像を元のサイズに戻します。

ライブラリから画像を選択

フォルダーアイコンをクリックします。プロジェクトファイルの画像を再利用する場合は、このオプションを選択します。画像を選択して、「OK」をクリックします。

ライブラリから画像を選択ダイアログボックスに次のオプションが表示されます。

読み込み

コンピューターまたはネットワーク上の場所に保存されている画像を読み込みます。

画像編集

明るさ

画像の明るさです。明るさの値を大きくすると、選択した画像が、より明るく表示されます。

シャープネス

シャープ処理により、画像の端がより鮮明になります。デジタルカメラの画像の場合も、スキャナーで取り込んだ画像の場合も、多くの画像はシャープ処理を行うことによって効果が得られます。必要なシャープ処理の度合いは、デジタルカメラまたはスキャナーの画質によって異なります。ひどくぼやけた画像の場合は、シャープ処理を行っても修正できません。

コントラスト

画像の明るい領域と暗い領域のコントラストです。画像のコントラストを高めると、明るい領域はより明るく、暗い領域はより暗くなります。

アルファ

画像の透明度です。100 %のアルファでは、画像が不透明になります。0%の場合は画像が透明になり、見えなくなります。

色相

色相の値を変更することにより、画像の色を変更できます。

彩度

画像の色の濃さです。彩度の値を上げると、色が濃くなります。

グレースケール

基本的に、このエフェクトを使用してカラーの画像をモノクロに変換できます。グレースケールモードでは、様々な階調のグレーを画像で使用します。8 ビットの画像では、最大 256 階調を使用できます。グレースケール画像の各ピクセルの輝度値は、0(黒)~ 255(白)です。16 ビットおよび 32 ビットの画像では、8 ビットの画像よりも階調が細かくなります。

色を反転

画像の色を反転します。画像の色を反転すると、チャネルの各ピクセルの輝度値は、256 段階のカラー値のスケール上で反対の値に変換されます。例えば、ポジ画像内の 255 の値を持つピクセルは 0 に変更されます。同様に、5 の値を持つピクセルは 250 に変換されます。

反転

画像を反転すると、鏡像が生成されます。画像は縦または横に反転できます。

回転

画像を時計回りまたは反時計回りに 90 度ずつ回転します。

トリミング

トリミングアイコンをクリックします。四角形のボックスの画像のトリミングハンドルを動かして、表示する画像の領域を選択します。

ステージに合わせる

スライドの寸法に合わせて画像のサイズを変更します。

シャドウとリフレクション

シャドウ

チェックボックスを選択すると、画像にシャドウが適用されます。プリセットを 1 つ選択します。「カスタム」をクリックして、プリセットをカスタマイズできます。

方向

方向(内側または外側)を選択します。選択した方向のプレビューがステージ上に表示されます。

シャドウの色をクリックして選択します。横のフィールドでは、その色のアルファ値(パーセント)を指定します。

ぼかし

シャドウのぼかし値(ピクセル数)を指定します。

角度

シャドウの角度を指定します。

距離

シャドウを表示する距離(ピクセル数)を指定します。

リフレクション

チェックボックスを選択すると、画像にリフレクションが追加されます。プリセットを 1 つ選択します。

タイミング

表示(秒)

スライドに画像を表示する時間を指定します。

表示開始までの時間(秒)

スライドが最初に表示されてから画像が最初に表示されるまでの時間です。

トランジション

エフェクト

画像のトランジションエフェクトです。画像の表示開始時および表示終了時に、スライド上で画像をフェードインおよびフェードアウトさせることができます。

イン(秒)

画像が完全にフェードインするまでの時間を秒数で指定します。

アウト(秒)

画像が完全にフェードアウトするまでの時間を秒数で指定します。

画像またはロールオーバー画像の追加

  1. 画像を追加するスライドを選択します。

  2. オブジェクト/ロールオーバー画像を選択します。

  3. 一覧から画像を選択するか、または新しい場所を参照して別の画像を選択し、「開く」をクリックします。

  4. (必要に応じて)ステージで、またはトリミングダイアログボックスを使用して、画像をサイズ変更します。

    (プロパティインスペクターの「画像編集」領域の「画像をトリミング」オプション)

    画像をサイズ変更 / トリミングダイアログボックスで、次のオプションを設定します。

    ステージに合わせる

    スライドの寸法に合わせて画像のサイズを変更します。

    トリミング

    プロジェクトの寸法に対応する枠線ボックスを表示します。ボックスのハンドルのサイズを変更して、スライドで表示する領域を選択します。「縦横比の維持」を選択している場合は、枠線ボックスの縦横比が維持されます。

    ズーム

    スライダーを動かすことにより、画像をズームインおよびズームアウトできます。または、メニューの標準ズームサイズの一覧から選択することもできます。

    縦横比を固定

    画像のトリミングに使用する枠線ボックスの縦横比を維持します。このオプションは、画像のトリミングを選択した場合にのみ有効になります。このオプションを無効にして枠線ボックスのサイズを変更した後で再びオプションを有効にすると、以降は変更後の寸法に基づいて縦横比が計算されます。

  5. 必要に応じて、プロパティとオプションを設定します。

  6. ロールオーバー領域をオブジェクトの端に合わせるには、Alt キーを押しながら、ロールオーバー領域をそのオブジェクトの上に移動します。

  7. アイコンが付いているプロパティについては、以下のいずれかを選択します。

    • すべての項目に適用 オブジェクトタイプに属するすべてのオブジェクトにエフェクトを適用します。

    • 同じスタイルのすべての項目に適用 同じオブジェクトスタイルを使用するすべてのオブジェクトに適用します。

  8. 「OK」をクリックします。

画像がスライドに追加されます。ロールオーバー画像を追加した場合は、ロールオーバー領域も追加されます。画像を目的の場所までドラッグし、必要に応じてロールオーバー領域を調整します。

ロールオーバーキャプション、画像、スライドレット

ロールオーバーキャプション、画像、スライドレット
Paul Wilson

注意:

透明化手法で透かし画像を作成できます。透かし画像を作成するには、画像を挿入し、透明度を 50 %に設定します。この設定は、会社ロゴを使用する場合に便利です。

Adobe Photoshop ファイルの使用

このリリースには、Adobe Photoshop と Adobe Captivate 間のラウンドトリップ機能があります。Adobe Captivate に読み込んだ Photoshop(PSD)ファイルは、ソースにリンクされます。Adobe Captivate 内部から Adobe Photoshop を起動し、ファイルを編集できます。

また、ソースファイルを更新した場合は、Adobe Captivate でライブラリのファイルを更新し、変更をスライドに反映させることができます。

注意:

この機能は、Adobe Captivate が Adobe eLearning Suite の一部としてインストールされているときにのみ有効です。

Photoshop ファイルの読み込み

PSD ファイルを、Photoshop の機能を維持したまま Adobe Captivate プロジェクトに読み込むことができます。PSD ファイルの複数のレイヤーを個別に選択して読み込むことも、選択した複数のレイヤーを統合し、1 つの画像として読み込むこともできます。

読み込んだ各レイヤーは、Adobe Captivate プロジェクト内で個別の画像として扱われます。ライブラリには、PSD 名のフォルダーが作成され、読み込んだ各レイヤーが PNG 形式で保存されます。

読み込んだ画像のサイズは、Adobe Captivate プロジェクトのサイズに合わせて変更できます。Adobe Captivate のほかのすべての使用可能な画像編集プロパティを適用することもできます。

PSD ファイルを読み込む際に、レイヤーカンプを選択して読み込むことができます。レイヤーカンプは、1 つの Photoshop ファイルで複数のバージョンのレイアウトを作成、管理および表示できる Photoshop の機能です。この機能について詳しくは、Photoshop ヘルプを参照してください。

  1. 開いているプロジェクトで、ファイル/読み込み/Photoshop ファイルを選択します。

  2. 読み込みダイアログボックスで、次のいずれかの操作を実行します。

    • PSD ファイルのレイヤーを個別に選択するには、「レイヤー」オプションを選択し、読み込むレイヤーをそれぞれ選択します。選択した複数のレイヤーを結合してから読み込むには、「レイヤーを結合」を選択します。

    注意:

    複数のレイヤーを個別に読み込むと、画像ファイルのサイズが大きくなります。画像のサイズを小さくするには、レイヤー同士を結合します。  

    以前読み込んだことがないレイヤーを読み込むには、上記の手順を繰り返して必要なレイヤーを選択します。レイヤーは、ライブラリ内の対応する PSD フォルダーに追加されます。

    • レイヤーを統合して 1 枚の画像として読み込むには、「統合された画像」を選択します。

    注意:

    レイヤーを統合した後では、Adobe Captivate 内でレイヤーを個別に編集できません。レイヤーを編集する必要がなく、画像が使用可能な状態であることを確認した後、このオプションを使用してください。

    • レイヤーカンプを読み込むには、「複数」をクリックして、ドロップダウンリストからレイヤーカンプを選択します。選択されたレイヤーカンプのレイヤーが表示されます。読み込むレイヤーカンプに対応するチェックボックスを選択します。

  3. Adobe Captivate プロジェクトのサイズに合わせて画像のサイズを自動的に変更する場合は、「ステージサイズに合わせて拡大縮小」を選択します。

ライブラリ内の PSD アイテムの再利用

レイヤー、レイヤーカンプなどの PSD アイテムは、以下の 1 つまたはすべての方法により、再利用できます。

  • スライドで PSD アイテムを再利用するには、ライブラリからスライドにアイテムをドラッグ&ドロップします。

  • 別のプロジェクトの PSD アイテムを再利用するには、ターゲットプロジェクトを開きます。そして、現在のプロジェクトのライブラリからターゲットプロジェクトにアイテムをドラッグ&ドロップします。アイテムをターゲットプロジェクトにコピー&ペーストすることもできます。

    または、ターゲットプロジェクトでファイル/読み込み/外部ライブラリを選択し、PSD アイテムを読み込むプロジェクトを開きます。選択されたプロジェクトのライブラリパネルが表示されたら、アイテムを選択して現在のプロジェクトにドラッグ&ドロップします。

    同じ名前の PSD ファイルがターゲットプロジェクトに存在する場合、Adobe Captivate によって 2 つのファイルの更新日が比較されます。日付が同じである場合は、レイヤーはライブラリ内の対応する PSD フォルダーにコピーされます。日付が異なる場合は、レイヤーは通常の画像としてコピーされます。

PSD ファイルの編集

  1. スライドまたはライブラリ内の PSD フォルダーで、読み込んだ PSD ファイルを選択して右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「PSD ソースファイルを編集」を選択します。

画像のプロパティ(ウィンドウ/プロパティ)からファイルを編集することもできます。

PSD ファイルの更新

Adobe Captivate ライブラリ内のファイルとオリジナルファイルが同期していない場合は、ライブラリのステータス列が から に変わります。

スライド上のリソースを更新してソースと同期させるには、次の操作を行います。

  • ステージ上の PSD を選択して右クリック(Windows)または Ctrl キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「ソースから更新」を選択します。

  • プロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)で、「更新」をクリックします。

  • ライブラリのステータスアイコン をクリックします。

  • ライブラリ内の PSD フォルダーを選択して右クリック(Windows)または Ctrl キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「ソースから更新」を選択します。

注意:

最初の 2 つのオプションでは、ステージ上とライブラリ内の両方の PSD が更新されます。最後の 2 つのオプションでは、ライブラリ内のリソースのみが更新され、更新されたリソースはステージ上では有効になりません。  

PSD を削除または再配置した場合、ステータス列に疑問符アイコン が表示されます。クリックしてリンクを再設定します。画像のプロパティダイアログボックスからもこのアクションを行うことができます。

新規 PSD ファイルへのリンクを設定することは、新規 PSD ファイルを読み込むことと同じです。

SVG 画像の操作

Captivate は SVG グラフィックをサポートしているため、拡張可能なグラフィックコンテンツを開発できます。

Captivate に Scalable Vector Graphics を読み込み、Illustrator またはその他のベクター編集アプリケーションを使用してラウンドトリップします。

SVG 画像の挿入

メディアSVGをクリックして、空白のプロジェクトまたはレスポンシブプロジェクトに SVG を挿入します。

svg ファイルの挿入
svg ファイルの挿入

SVG 画像を保存したフォルダーに移動して、「開く」をクリックしてプロジェクトに画像を挿入します。

SVG 画像の編集

Adobe Illustrator またはその他のベクター編集アプリケーションを使用し、プロパティインスペクターで「SVG を編集」をクリックして SVG を編集します。

イメージ編集アプリケーションを Captivate から直接開く
イメージ編集アプリケーションを Captivate から直接開く

注意:

使用しているコンピューターに Illustrator がない場合、「Adobe Illustrator で編集」オプションは無効になります(表示される方法は以下のとおり)。この場合、「SVG を編集」をクリックすると、ユーザーは他の svg 画像編集アプリケーションでファイルを開くように求められます

svg_image_no_illustrator

プロパティインスペクターから以下のオプションを使用して画像のサイズを変更できます。

  • 元画像:画像を元のサイズに戻します – SVG を読み込むときに、デフォルトではこのボタンが選択されています。また画像サイズを変更しない限り、選択は維持されます。       
  • カスタム:SVG 画像のサイズを変更する場合、このボタンを選択します。
  • ステージに合わせる:ステージに合わせて画像のサイズを変更します。
  • 境界ボックスに合わせる:SVG が境界ボックスに収まるサイズになります。さらに変更を加えた場合、SVG の縦横比は維持されません。このオプションを使用することで、SVG 画像が途中で途切れることを防ぐことができます。

SVG 画像の置換

既存の SVG グラフィックを別のグラフィックに置き換えることができます。

  1. SVG 画像をクリックして、その画像のプロパティインスペクターを開きます。

  2. プロパティインスペクターで画像名をクリックします。

    既存の SVG を新しい画像に置換
    既存の SVG を新しい画像に置換
  3. 表示されたライブラリから画像を選択ダイアログで「読み込み」をクリックします。フォルダーに移動し、使用する画像を選択します。

    SVG を読み込む
    SVG を読み込む

エキスパートから:Adobe Captivate と SVG サポート

エキスパートから:Adobe Captivate と SVG サポート
Adobe Captivate 9 の SVG の操作についての学習
Dr. Pooja Jaisingh

ウォーターマーク画像の作成

画像の透明度を設定して、透かし画像を作成できます。

  1. 開いているプロジェクトで、挿入/画像を選択します。

  2. 画像を選択するか、または新しい場所を参照して別の画像を選択し、「開く」をクリックします。画像が挿入されます。

  3. プロパティインスペクターの「画像編集」領域で、画像のアルファを 50 %以下に設定します。低い数字は淡い画像になり、高い数字はより鮮やかな画像になります。

  4. 必要に応じて、画像を配置します。

JPEG 画質の変更

プロジェクト内の JPEG 画質は、Adobe Captivate が自動的に設定します。ただし、プロジェクトで使用する画像によっては、この設定を調整できます。パーセント値を大きくすると、高画質になりますが、ファイルサイズも大きくなります。

  1. 開いているプロジェクトで、編集/環境設定(Windows)または Adobe Captivate/環境設定(Mac OS)を選択します。

  2. カテゴリパネルで、プロジェクトメニューの「SWF サイズと品質」を選択します。

  3. 「JPEG 画質」テキストボックスに、使用する値を入力します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー