ColdFusion Administrator API リファレンス

Administrator API について

ColdFusion Administrator ポータルから Administrator の設定を変更する以外に、Admin API を使用して設定を変更することもできます。

ColdFusion には、所定の場所(<CF Directory>\cfusion\wwwroot\CFIDE\adminapi)に API が用意されています。

以下の CFC を使用して、Administrator の設定やプロパティを変更することができます。

CFC の一覧
CFC の一覧

アクセスマネージャー CFC

関数の呼び出しに必要なアクセス権が現在のユーザーにあるかどうかを確認する関数を提供します。

階層: WEB-INF.cftags.component
      CFIDE.adminapi.accessmanager
パス: C:\ColdFusion2016\cfusion\wwwroot\CFIDE\adminapi\accessmanager.cfc
シリアル化可能: はい
プロパティ:  
メソッド: canAccessPagecheckAdminRolescheckRootAdminUser

canAccessPage

public boolean canAccessPage ( required string page )

指定されたページに現在のユーザーがアクセスできるかどうかを示します。

出力:非表示

パラメーター:
page:文字列、必須、ユーザーがアクセスするページ

checkAdminRoles

public checkAdminRoles ( requiredRoles="", boolean checkAllRoles="true" )

現在のユーザーが必須の管理ロールのリストに含まれているかどうかを確認し、そうでない場合は、エラーが発生します。

出力:非表示

パラメーター:
requiredRoles:任意、オプション、必須ロールのリスト
checkAllRoles:ブール値、オプション、すべてのロールを確認するかどうか

checkRootAdminUser

public checkRootAdminUser ( )

現在のユーザーがルート管理者ユーザーかどうかを確認し、そうでない場合は、エラーが発生します。

出力:非表示

Administrator CFC は、ログイン、ログアウト、移行ウィザード、セットアップウィザードなどの Administrator の基本的な機能を果たすメソッドを提供します。

階層: WEB-INF.cftags.component
      CFIDE.adminapi.base
            CFIDE.adminapi.administrator
パス: C:\ColdFusion2016\cfusion\wwwroot\CFIDE\adminapi\administrator.cfc
シリアル化可能: はい
プロパティ:  
メソッド:

checkValidUpdate*、createStruct*、getAdminPropertygetBuildNumbergetMigrateCFPrev2Flag*、

getMigrateCFPrev3Flag*、getMigrateCFPrevFlag*、getMigrationFlag*、getMXMigrationFlag*、getSalt

getSecureProfileFlag*、getSetupEnableRDS*、getSetupOdbc*、getSetupSampleApps*、getSetupWizardFlag*、

getUpdateCountgetUpdatesloginlogoutsetAdminPropertysetMigrateCFPrev2Flag*、setMigrateCFPrev3Flag*、

setMigrateCFPrevFlag*、setMigrationFlag*、setMXMigrationFlag*、setSecureProfileFlag*、setSetupEnableRDS*、

setSetupOdbc*、setSetupSampleApps*、setSetupWizardFlag*

継承されたメソッド: dumpgetEditiongetInstallTypeisAdminUserlogaudit

* - プライベートメソッド

checkValidUpdate

private Struct checkValidUpdate ( required struct item, required string version, required any updates ) 

パラメーター:

  • item:構造体、必須、項目
  • version:文字列、必須、バージョン
  • updates:任意、必須、更新内容

createStruct

private createStruct ( any item ) 

パラメーター:

item:任意、オプション、項目

getAdminProperty

public boolean getAdminProperty ( required propertyName )

移行ウィザードまたはセットアップウィザードのステータスを返します。

出力:非表示

パラメーター:
propertyName:任意、必須、返される移行フラグまたはセットアップフラグ。有効なプロパティは次のとおり

  • migrationFlag
  • MXMigrationFlag
  • SetupWizardFlag
  • SecureProfileFlag
  • migrateCF10
  • migrateCF9
  • setupSampleApps
  • setupOdbc
  • setupEnableRds

getBuildNumber

remote string getBuildNumber ( )

ビルド番号を返します。

getMigrateCFPrev2Flag

private getMigrateCFPrev2Flag ( ) 

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときにセットアップウィザードを実行するかどうかを示します。

出力:非表示

getMigrateCFPrev3Flag

private getMigrateCFPrev3Flag ( ) 

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときにセットアップウィザードを実行するかどうかを示します。

出力:非表示

getMigrateCFPrevFlag

private getMigrateCFPrevFlag ( )

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときにセットアップウィザードを実行するかどうかを示します。

出力:非表示

getMigrationFlag

private getMigrationFlag ( )

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときに ColdFusion 移行ウィザードを実行するかどうかを示します。

出力:非表示

getMXMigrationFlag

private getMXMigrationFlag ( )

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときに ColdFusion MX から ColdFusion 8 への移行ウィザードを実行するかどうかを示します。

出力:非表示

getSalt

remote any getSalt ( )

Administrator へのログイン用のソルトをサーバーから取得します。

getSecureProfileFlag

private getSecureProfileFlag ( )

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときにセキュアプロファイルを有効にするかどうかを示します。

出力:非表示

getSetupEnableRDS

private boolean getSetupEnableRDS ( )

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときにセットアップウィザードを実行するかどうかを示します。

出力:非表示

getSetupOdbc

private boolean getSetupOdbc ( )

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときにセットアップウィザードを実行するかどうかを示します。

出力:非表示

getSetupSampleApps

private boolean getSetupSampleApps ( )

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときにセットアップウィザードを実行するかどうかを示します。

出力:非表示

getSetupWizardFlag

private getSetupWizardFlag ( )

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときにセットアップウィザードを実行するかどうかを示します。

出力:非表示

getUpdateCount

remote Struct getUpdateCount ( )

サーバーに適用可能なアップデートの数を返します。

getUpdates

public Array getUpdates ( boolean filter, boolean throwOnError )

ColdFusion サーバーに適用可能なアップデートのリストを返します。

出力:非表示

パラメーター:
   filter:ブール値、オプション、現在のサーバーに関係のないアップデートを除外するかどうかを指定するフラグ 
   throwOnError:ブール値、オプション、エラー発生時に例外をスローするかどうかを指定するフラグ

login

remote boolean login ( required adminPassword, adminUserId="[runtime expression]", rdsPasswordAllowed="false", isHashed="false" )

リクエストを発行するためにユーザー認証をおこないます。Administrator API の他のメソッドにアクセスする前に必要です。ログインに成功した場合は true を返します。

出力:非表示

パラメーター:
   adminPassword:任意、必須、ColdFusion Administrator パスワード
   adminUserId:任意、オプション、ColdFusion Administrator ユーザー ID 
   rdsPasswordAllowed:任意、オプション、ユーザーが RDS パスワードでログインしてadminapiにアクセスできるようにする 
   isHashed:任意、オプション、送信されたパスワードが既に 1 回ハッシュされている場合は true に設定

logout

remote void logout ( )

Administrator API からログアウトします。

setAdminProperty

public void setAdminProperty ( required propertyName, required propertyValue )

移行ウィザードまたはセットアップウィザードのステータスを設定します。

出力:非表示
パラメーター:
   propertyName:任意、必須、設定する移行フラグまたはセットアップフラグ。有効なプロパティは次のとおり

  • migrationFlag
  • MXMigrationFlag
  • SetupWizardFlag
  • SecureProfileFlag
  • migrateCF10
  • migrateCF9
  • setupSampleApps
  • setupOdbc
  • setupEnableRds

    propertyValue:任意、必須、移行フラグまたはセットアップフラグの値。yes または no を指定

setMigrateCFPrev2Flag

private void setMigrateCFPrev2Flag ( required boolean flag )

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときにセットアップウィザードを実行するかどうかを指定します。

出力:非表示
パラメーター:
   flag:ブール値、必須、yes または no 

setMigrateCFPrev3Flag

private void setMigrateCFPrev3Flag ( required boolean flag )

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときにセットアップウィザードを実行するかどうかを指定します。

出力:非表示
パラメーター:
   flag:ブール値、必須、yes または no

setMigrateCFPrevFlag

private void setMigrateCFPrevFlag ( required boolean flag )

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときにセットアップウィザードを実行するかどうかを指定します。

出力:非表示
パラメーター:
   flag:ブール値、必須、yes または no

setMigrationFlag

private void setMigrationFlag ( required boolean flag )

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときに ColdFusion 5 から ColdFusion への移行ウィザードを実行するかどうかを指定します。

出力:非表示
パラメーター:
   flag:ブール値、必須、yes または no 

setMXMigrationFlag

private void setMXMigrationFlag ( required boolean flag )

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときに ColdFusion MX から ColdFusion 8 への移行ウィザードを実行するかどうかを指定します。

出力:非表示
パラメーター:
   flag:ブール値、必須、yes または no

setSecureProfileFlag

private void setSecureProfileFlag ( required boolean flag )

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときにセキュアプロファイルを有効にするかどうかを指定します。

出力:非表示
パラメーター:
   flag:ブール値、必須、yes または no

setSetupEnableRDS

private void setSetupEnableRDS ( required boolean flag )

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときにセットアップウィザードを実行するかどうかを指定します。

出力:非表示
パラメーター:
   flag:ブール値、必須、yes または no

setSetupOdbc

private void setSetupOdbc ( required boolean flag ) 

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときにセットアップウィザードを実行するかどうかを指定します。

出力:非表示
パラメーター:
   flag:ブール値、必須、yes または no

setSetupSampleApps

private void setSetupSampleApps ( required boolean flag )

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときにセットアップウィザードを実行するかどうかを指定します。

出力:非表示
パラメーター:
   flag:ブール値、必須、yes または no 

setSetupWizardFlag

private void setSetupWizardFlag ( required boolean flag )

ColdFusion Administrator を初めてまたは次回起動するときにセットアップウィザードを実行するかどうかを指定します。

出力:非表示
パラメーター:
   flag:ブール値、必須、yes または no

他の Admin API CFC の基本オブジェクトです。

階層: WEB-INF.cftags.component
      CFIDE.adminapi.base
パス: C:\ColdFusion2016\cfusion\wwwroot\CFIDE\adminapi\base.cfc
シリアル化可能: はい
プロパティ:  
メソッド: dumpgetEditiongetInstallTypeisAdminUserlogaudittfformat*、throw*

dump

public dump ( required value, expand="true" )

cfscript の内部で変数のデバッグに使用されます。

出力:有効
パラメーター:
   value:任意、必須、表示する ColdFusion 変数または ColdFusion スコープ
   expand:任意、オプション、表示の拡大が可能かどうか(yes または no)(Internet Explorer と Mozilla の場合のみ)

getEdition

package string getEdition ( )

次のいずれかのエディションを返します。

  • Developer
  • Evaluation
  • Enterprise
  • Professional

出力:非表示

getInstallType

package string getInstallType ( )

インストールタイプを返します。

出力:非表示

isAdminUser

public isAdminUser ( requiredRoles="" )

認証済みのユーザーかどうかを確認します。

出力:非表示
パラメーター:
   requiredRoles:任意、オプション、必須ロールのリスト

logaudit

public logaudit ( required msg, isapplication="no" )

Admin API の監査情報のロギングに使用されます。

出力:非表示
パラメーター:
   msg:任意、必須、ロギングの対象となるメッセージ
   isapplication:任意、オプション、メッセージがアプリケーションレベルかどうか

tfformat

private tfformat ( required val )

渡された値のデータ型がブール値かどうかを示します。

出力:非表示
パラメーター:
   val任意、必須、確認対象となる

throw

private throw ( message="", type="Exception" )

エラーをcfscriptブロックでスローするのに使用します。

出力:非表示
パラメーター:
   message:任意、オプション、エラーを説明するメッセージ
   type:任意、オプション、タイプ

Verity から Solr へのコレクションの移行を管理します。

階層: WEB-INF.cftags.component
      CFIDE.adminapi.base
            CFIDE.adminapi.collections
パス: C:\ColdFusion2016\cfusion\wwwroot\CFIDE\adminapi\collections.cfc
シリアル化可能: はい
プロパティ:  
メソッド: disableTermHighlightingenableTermHighlightinggetSolrserverisTermHighlightingEnabledreloadCollection
継承されたメソッド: dumpgetEditiongetInstallTypeisAdminUserlogaudit

disableTermHighlighting

public disableTermHighlighting ( required solrCollectionName )

出力:非表示

パラメーター:
   solrCollectionName:任意、必須、ドキュメント全体の用語強調表示を無効にする Solr コレクションの名前

enableTermHighlighting

public enableTermHighlighting ( required solrCollectionName )

Solr コレクションのドキュメント全体の用語強調表示を有効にします。

出力:非表示
パラメーター:
   solrCollectionName:任意、必須、ドキュメント全体の用語強調表示を有効にする Solr コレクションの名前

getSolrserver

public any getSolrserver ( )

渡された Arguments スコープのSolr サーバーのSolrクライアントを取得します。

出力:非表示

isTermHighlightingEnabled

public boolean isTermHighlightingEnabled ( required solrCollectionName )

ドキュメント全体の用語強調表示Solr コレクションに対して有効な場合、true を返します。

出力:非表示
パラメーター:
   solrCollectionName:任意、必須、Solr コレクションの名前

reloadCollection

public reloadCollection ( required solrCollectionName )

Solr コレクションをリロードします。

出力:非表示
パラメーター:
   solrCollectionName:任意、必須、リロードする Solr コレクションの名前

ColdFusion データソースを追加、変更および削除します。

階層: WEB-INF.cftags.component
      CFIDE.adminapi.base
            cfide.adminapi.datasource
パス: C:\ColdFusion2016\cfusion\wwwroot\CFIDE\adminapi\datasource.cfc
シリアル化可能: はい
プロパティ:  
メソッド:

checkAllowedFileExtensionsdeleteDatasourceformatJdbcURL*、getAccessDefaultsFromRegistry*、getCFSettingDefaults*、

getDatasourceDefaults*、getDatasourcesgetDriverDefaults*、getDriverDetailsgetNewDSNDefaults*、getODBCDatasources

getSlsAgentServiceName*、getSlsServerPath*、getSlsServerServiceName*、getURLDefaults*、installOdbcService

removeOdbcServicesetDB2setDerbyClientsetDerbyEmbeddedsetInformixsetJNDIsetMSAccess

setMSAccessUnicodesetMSSQLsetMySQL5setMySQL_DDsetODBCSocketsetOraclesetOthersetPostGreSQL

setSlsServerServiceName*、setSybasesl54Add*、sl54Del*、sl54displ*、sl54mlog*、sl54mod*、ODBC ServicesverifyDsn

継承されたメソッド: dumpgetEditiongetInstallTypeisAdminUserlogaudit

checkAllowedFileExtensions

public any checkAllowedFileExtensions ( required string ext )

拡張子が使用可能かどうかを確認します。

出力:非表示
パラメーター:
   ext文字列、必須、拡張子

deleteDatasource

public void deleteDatasource ( required dsnname )

指定されたデータソースを削除します。

出力:非表示
パラメーター:
   dsnname:任意、必須、削除するデータソースの名前

formatJdbcURL

private formatJdbcURL ( required driver, host, port, dsn, database, datasource, args, informixServer, selectMethod, SID, MaxPooledStatements, isnewdb, qTimeout, applicationintent )

JDBC URL を書式設定します。

出力:非表示
パラメーター:
   driver:任意、必須、JDBC ドライバー
   host:任意、オプション、接続先のマシン
   port:任意、オプション、サーバーがリスンしているポート番号
   dsn:任意、オプション、ColdFusion でデータソースへの接続に使用する名前
   database:任意、オプション、アクセスするデータベースの名前
   datasource:任意、オプション、データソースの実際の名前
   args:任意、オプション、引数のセミコロン区切りリスト
   informixServer:任意、オプション、Informix サーバー名
   selectMethod:任意、オプション、SELECT 文に対応するメソッドの名前
   SID:任意、オプション、データベースのシステム ID 名
   MaxPooledStatements:任意、オプション、プールするデータベースステートメントの最大数
   isnewdb:任意、オプション、新しいデータベースかどうか 
   qTimeout:任意、オプション、接続で作成されるすべてのステートメントのクエリタイムアウト値
   applicationintent:任意、オプション、接続で作成されるすべてのステートメントのクエリタイムアウト値 

getAccessDefaultsFromRegistry

private getAccessDefaultsFromRegistry ( required scope, required dsn )

Windows レジストリから Microsoft Access のデフォルト値を取得します。

出力:非表示
パラメーター:
   scope:任意、必須、デフォルト値を受け取る Arguments スコープ
   dsn:任意、必須、ColdFusionでデータソースへの接続に使用する名前

getCFSettingDefaults

private getCFSettingDefaults ( required scope )

渡された Arguments スコープのcfsettingのデフォルト値を取得します。

出力:非表示
パラメーター:
   scope:任意、必須、任意の構造体(ユーザー定義、フォーム、URL など)

getDatasourceDefaults

private getDatasourceDefaults ( required scope, required dsn )

渡された Arguments スコープの DSN のデフォルト値を取得します。

出力:非表示
パラメーター:
   scope:任意、必須、任意の構造体(ユーザー定義、フォーム、URL など)
   dsn:任意、必須、データソース名

getDatasources

public any getDatasources ( dsnname )

すべてのデータソースまたは指定されたデータソースを格納した構造体を返します。

出力:非表示
パラメーター:
   dsnname:任意、オプション、返される構造体のデータソースの名前

getDriverDefaults

private getDriverDefaults ( required scope )

渡された Arguments スコープのドライバーのデフォルト値を取得します。

出力:非表示
パラメーター:
   scope:任意、必須、任意の構造体(ユーザー定義、フォーム、URL など)

getDriverDetails

public struct getDriverDetails ( String driverName="" )

すべてのドライバーを格納した構造体を返します。

出力:非表示
パラメーター:
   driverName:文字列、オプション、ドライバーの名前(これを渡すと、そのドライバーの詳細だけが返される)

getNewDSNDefaults

private getNewDSNDefaults ( required scope )

渡された Arguments スコープのデータソースのデフォルト値を取得します。

出力:非表示
パラメーター:
   scope:任意、必須、任意の構造体(ユーザー定義、フォーム、URL など)

getSlsAgentServiceName

private String getSlsAgentServiceName ( )

ODBC サーバーエージェントの名前を返します。

出力:非表示

getSlsServerPath

private String getSlsServerPath ( )

ODBC Sequelink INI ファイルのパス/ファイル名を返します。

出力:非表示

getSlsServerServiceName

private String getSlsServerServiceName ( )

ODBC Server のサービス名を返します。

出力:非表示

getURLDefaults

private getURLDefaults ( required scope, driver="", required delims )

URL のデフォルト値を返します。

出力:非表示
パラメーター:
   scope:任意、必須、URL のデフォルト値を受け取る Arguments スコープ
   driver:任意、オプション、ドライバー名
   delims任意、必須、区切り文字

installOdbcService

public void installOdbcService ( )

ODBC サービスをインストールします。

出力:非表示

removeOdbcService

public void removeOdbcService ( ) 

ODBC サービスを削除します。

出力:非表示

setDB2

public void setDB2 ( required string name, required string host, required string database, string originaldsn="", string port="50000", string driver="DB2", string class="macromedia.jdbc.MacromediaDriver", string username="", string password="", boolean encryptpassword="true", string description="", string initargs="", string args="", numeric MaxPooledStatements, numeric timeout, numeric interval, numeric login_timeout, numeric buffer, numeric blob_buffer, boolean enablemaxconnections, numeric maxconnections, boolean pooling, boolean disable, boolean disable_clob, boolean disable_blob, boolean disable_autogenkeys, boolean select, boolean create, boolean grant, boolean insert, boolean drop, boolean revoke, boolean update, boolean alter, boolean storedproc, string vendor="db2", string type="ddtek", string validationQuery="", numeric qTimeout, boolean delete, boolean useSpyLog, string spyLogFile, boolean validateConnection, boolean clientHostName, boolean clientuser, boolean applicationName, string applicationNamePrefix ) 

DB2 データソースを作成または変更します。サポート対象の DB2 バージョンのリストについては、ColdFusion のドキュメントまたは ColdFusion Administrator オンラインヘルプを参照してください。

出力:非表示
パラメーター:
   name:文字列、必須、ColdFusion データソース名
   host:文字列、必須、データベースサーバーのホスト名または IP アドレス
   database:文字列、必須、サーバー上のデータベースの名前
   originaldsn:文字列、オプション、originaldsn元の ColdFusion データソース名(このデータソースを名称変更する場合に使用)
   port:文字列、オプション、データベースサーバーにアクセスするために使用するポート。デフォルト値は 50000
   driver:文字列、オプション、JDBC ドライバー
   class:文字列、オプション、完全修飾 JDBC ドライバークラス名
   username:文字列、オプション、データベースユーザー名
   password:文字列、オプション、データベースパスワード
   encryptpasswordブール型、オプション、パスワードをneo-query.xml ファイルに保存するときに、暗号化するかどうかを示す

  • True - パスワードを保存する前に暗号化
  • False - パスワードをクリアテキストで保存

   description:文字列、オプション、データソースの説明
   initargs:文字列、オプション、初期化接続文字列の引数、フォーマット済み(arg1=arg1value;arg2=arg2value)
   args:文字列、オプション、接続文字列引数、フォーマット済み(arg1=arg1value;arg2=arg2value)
   MaxPooledStatements:数値、オプション、プールされるステートメントの最大数
   timeout:数値、オプション、ColdFusion が未使用の接続を破壊する前に維持する秒数
   interval:数値、オプション、閉じるべき使用期限切れのデータソース接続を点検するサイクルの間でサーバーが待機する時間(秒単位)
   login_timeout:数値、オプション、データソース接続ログイン試行を ColdFusion がタイムアウトするまでの秒数 
   buffer:数値、オプション、disable_clob が True に指定されていない場合に使用されるデフォルトのバッファー。デフォルトは64000 バイト
   blob_buffer:数値、オプション、disable_blob が指定されていなかったり True であったりする場合に使用されるデフォルトのバッファーサイズ。デフォルトは64000 バイト
   enablemaxconnectionsブール型、オプション、データソース接続の数をmaxconnections 引数で指定される値に制限
   maxconnections数値、オプション、enablemaxconnections引数が True に指定されている場合に使用される、データソース接続の最大数 
   pooling:ブール型、オプション、データソースのためにサーバー接続プールを有効にする
   disable:ブール型、オプション、データソースへの接続を無効にする
   disable_clob:ブール型、オプション、False を指定すると、データベースの中の CLOB/Text 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で buffer 引数で指定された量を取得する
   disable_blob:ブール型、オプション、False を指定する場合は、データベース内の BLOB/Image 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で blob_buffer 設定で指定された量を取得する
   disable_autogenkeys:ブール型、オプション、true を指定すると、自動生成キーの取得が無効になる
   select:ブール型、オプション、SQL SELECT ステートメントを許可 
   create:ブール型、オプション、SQL CREATE ステートメントを許可 
   grant:ブール型、オプション、SQL GRANT ステートメントを許可 
   insert:ブール型、オプション、SQL INSERT ステートメントを許可 
   drop:ブール型、オプション、SQL DROP ステートメントを許可 
   revoke:ブール型、オプション、SQL REVOKE ステートメントを許可 
   update:ブール型、オプション、SQL UPDATE ステートメントを許可
   alterブール型、オプション、SQL ALTER ステートメントを許可
   storedproc:ブール型、オプション、SQLストアドプロシージャ呼び出しを許可 
   vendor:文字列、オプション、常に DB2  
   type:文字列、オプション、常にddtek 
   validationQuery:文字列、オプション、接続を接続プールから削除するときに、接続状態を検証するために ColdFusion が使用する検証クエリー 
   qTimeout:数値、オプション、接続が作成したステートメント用のデフォルトのクエリータイムアウトを設定。デフォルトは0 であり、これはクエリーがタイムアウトしないことを意味する 
   delete:ブール型、オプション、SQL DELETE ステートメントを許可 
   useSpyLog:ブール型、オプション、true を指定するとこのデータソースとの活動をログに記録 
   spyLogFile:文字列、オプション、このデータソース用のログファイルを設定 
   validateConnection:ブール型、オプション、接続をプールから使用する前に検証必要がある。JDBC 4.0 を使用する場合は、isValid()APIが呼び出される。そうでない場合は、検証クエリーが指定されている場合、それが呼び出される 
   clientHostName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントホスト名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   clientuserブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントユーザー名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、アプリケーション名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationNamePrefix:文字列、オプション、アプリケーション名を点検する場合に、アプリケーション名のために使用するプレフィックス

setDerbyClient

public void setDerbyClient ( required string name, required string host, required string database, string originaldsn="", string driver="Apache Derby Client", string class="org.apache.derby.jdbc.ClientDriver", string username="", string password="", boolean encryptpassword="true", string description="", string args, numeric timeout, numeric interval, numeric login_timeout, numeric buffer, numeric blob_buffer, boolean enablemaxconnections, numeric maxconnections, boolean pooling, boolean disable, boolean disable_clob, boolean disable_blob, boolean disable_autogenkeys, boolean select, boolean create, boolean grant, boolean insert, boolean drop, boolean revoke, boolean update, boolean alter, boolean storedproc, boolean delete, string validationQuery="", string port="1527", boolean validateConnection, boolean clientHostName, boolean clientuser, boolean applicationName, string applicationNamePrefix )

Apache Derby Client データソースを作成または変更します。

出力:非表示
パラメーター:
   name:文字列、必須、ColdFusionデータソース
   host:文字列、必須、データベースサーバーのホスト名または IP アドレス
   database:文字列、必須、データソースに対応するデータベース名
   originaldsn:文字列、オプション、データソース名を変更する場合の、元の ColdFusionデータソース
   driver:文字列、オプション、JDBC ドライバー 
   class:文字列、オプション、JDBC クラスファイル
   username:文字列、オプション、データベースユーザー名
   password:文字列、オプション、データベースパスワード
   encryptpasswordブール型、オプション、パスワードをneo-query.xml ファイルに保存するときに、暗号化するかどうかを示す

  • True - パスワードを保存する前に暗号化
  • False - パスワードをクリアテキストで保存

   description:文字列、オプション、このデータソース接続の説明 
   args:文字列、オプション、接続文字列引数、フォーマット済み(arg1=argvalue;arg2=argvalue)
   timeout:数値、オプション、ColdFusion が未使用の接続を破壊する前に維持する秒数
   interval:数値、オプション、閉じるべき使用期限切れのデータソース接続を点検するサイクルの間でサーバーが待機する時間(秒単位)
   login_timeout:数値、オプション、データソース接続ログイン試行を ColdFusion がタイムアウトするまでの秒数 
   buffer:数値、オプション、disable_clob が True に指定されていない場合に使用されるデフォルトのバッファー。デフォルトは 64000 バイト
   blob_buffer:数値、オプション、disable_blob が指定されていなかったり True であったりする場合に使用されるデフォルトのバッファーサイズ。デフォルトは 64000 バイト 
   enablemaxconnections:ブール型、オプション、maxconnections の設定を有効にする 
   maxconnections:数値、オプション、接続をこの最大量に制限 
   pooling:ブール型、オプション、データソースのためにサーバー接続プールを有効にする 
   disable:ブール型、オプション、データソースへの全クライアント接続を一時停止
   disable_clob:ブール型、オプション、False を指定すると、データベースの中の CLOB/Text 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で buffer 引数で指定された量を取得する
   disable_blob:ブール型、オプション、False を指定する場合は、データベース内の BLOB/Image 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で blob_buffer 設定で指定された量を取得する
   disable_autogenkeys:ブール型、オプション、true を指定すると、自動生成キーの取得が無効になる
   select:ブール型、オプション、SQL SELECT ステートメントを許可 
   create:ブール型、オプション、SQL CREATE ステートメントを許可 
   grant:ブール型、オプション、SQL GRANT ステートメントを許可 
   insert:ブール型、オプション、SQL INSERT ステートメントを許可 
   drop:ブール型、オプション、SQL DROP ステートメントを許可 
   revoke:ブール型、オプション、SQL REVOKE ステートメントを許可 
   update:ブール型、オプション、SQL UPDATE ステートメントを許可 
   alter:ブール型、オプション、SQL ALTER ステートメントを許可 
   storedproc:ブール型、オプション、SQL ストアドプロシージャ呼び出しを許可 
   delete:ブール型、オプション、SQL DELETE ステートメントを許可 
   validationQuery:文字列、オプション、接続を接続プールから削除するときに、接続状態を検証するために ColdFusion が使用する検証クエリー 
   port文字列、オプション、
   validateConnection: ブール型、オプション、接続をプールから使用する前に検証する必要がある。JDBC 4.0 を使用する場合は、isValid() API が呼び出される。そうでない場合は、検証クエリーが指定されている場合、それが呼び出される 
   clientHostName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントホスト名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   clientuser:ブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントユーザー名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、アプリケーション名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationNamePrefix:文字列、オプション、アプリケーション名を点検する場合に、アプリケーション名のために使用するプレフィックス

setDerbyEmbedded

public void setDerbyEmbedded ( required string name, required string database, string originaldsn="", string driver="Apache Derby Embedded", string class="org.apache.derby.jdbc.EmbeddedDriver", string username="", string password="", boolean encryptpassword="true", string description="", string args, boolean isnewdb="false", numeric timeout, numeric interval, numeric login_timeout, numeric buffer, numeric blob_buffer, boolean enablemaxconnections, numeric maxconnections, boolean pooling, numeric maxpooledstatements, boolean disable, boolean disable_clob, boolean disable_blob, boolean disable_autogenkeys, boolean select, boolean create, boolean grant, boolean insert, boolean drop, boolean revoke, boolean update, boolean alter, boolean storedproc, boolean delete, string validationQuery="", boolean validateConnection, boolean clientHostName, boolean clientuser, boolean applicationName, string applicationNamePrefix )

Apache Derby Embedded データソースを作成または変更します。

出力:非表示
パラメーター:
   name:文字列、必須、ColdFusionデータソース名 
   database:文字列、必須、Derby データベースが含まれるフォルダーへの完全修飾パス
   originaldsn:文字列、オプション、データソース名を変更する場合の、元の ColdFusionデータソース
   driver:文字列、オプション、JDBC ドライバー 
   class:文字列、オプション、JDBC クラスファイル
   username:文字列、オプション、データベースユーザー名
   password:文字列、オプション、データベースパスワード
   encryptpasswordブール型、オプション、パスワードをneo-query.xml ファイルに保存するときに、暗号化するかどうかを示す

  • True - パスワードを保存する前に暗号化
  • False - パスワードをクリアテキストで保存

   description:文字列、オプション、このデータソース接続の説明 
   args:文字列、オプション、接続文字列引数、フォーマット済み(arg1=argvalue;arg2=argvalue)
   isnewdbブール型、オプション、データベースを作成する必要があるかどうかを示す
   timeout数値、オプション、ColdFusion が未使用の接続を破壊する前に維持する秒数
   interval:数値、オプション、閉じるべき使用期限切れのデータソース接続を点検するサイクルの間でサーバーが待機する時間(秒単位)
   login_timeout:数値、オプション、データソース接続ログイン試行を ColdFusion がタイムアウトするまでの秒数 
   buffer:数値、オプション、disable_clob が True に指定されていない場合に使用されるデフォルトのバッファー。デフォルトは64000 バイト
   blob_buffer:数値、オプション、disable_blob が指定されていなかったり True であったりする場合に使用されるデフォルトのバッファーサイズ。デフォルトは64000 バイト
   enablemaxconnectionsブール型、オプション、maxconnections設定を有効にする 
   maxconnections数値、オプション、接続をこの最大量に制限 
   pooling:ブール型、オプション、データソースのためにサーバー接続プールを有効にする
   maxpooledstatements数値、オプション、プールされるステートメントの最大数 
   disable:ブール型、オプション、データソースへの全クライアント接続を一時停止
   disable_clob:ブール型、オプション、False を指定すると、データベースの中の CLOB/Text 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で buffer 引数で指定された量を取得する
   disable_blob:ブール型、オプション、False を指定する場合は、データベース内の BLOB/Image 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で blob_buffer 設定で指定された量を取得する
   disable_autogenkeys:ブール型、オプション、true を指定すると、自動生成キーの取得が無効になる
   select:ブール型、オプション、SQL SELECT ステートメントを許可 
   create:ブール型、オプション、SQL CREATE ステートメントを許可 
   grant:ブール型、オプション、SQL GRANT ステートメントを許可 
   insert:ブール型、オプション、SQL INSERT ステートメントを許可 
   drop:ブール型、オプション、SQL DROP ステートメントを許可 
   revoke:ブール型、オプション、SQL REVOKE ステートメントを許可 
   update:ブール型、オプション、SQL UPDATE ステートメントを許可 
   alter:ブール型、オプション、SQL ALTER ステートメントを許可
   storedprocブール型、オプション、SQLストアドプロシージャ呼び出しを許可 
   delete:ブール型、オプション、SQL DELETE ステートメントを許可 
   validationQuery:文字列、オプション、接続を接続プールから削除するときに、接続状態を検証するために ColdFusion が使用する検証クエリー 
   validateConnection:ブール型、オプション、接続をプールから使用する前に検証必要がある。JDBC 4.0 を使用する場合は、isValid()APIが呼び出される。そうでない場合は、検証クエリーが指定されている場合、それが呼び出される 
   clientHostName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントホスト名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   clientuserブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントユーザー名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、アプリケーション名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationNamePrefix:文字列、オプション、アプリケーション名を点検する場合に、アプリケーション名のために使用するプレフィックス

setInformix

public void setInformix ( string vendor="informix", string type="ddtek", required string name, required string host, required string database, required string InformixServer, string originaldsn="", string port="1526", string driver="Informix", string class="macromedia.jdbc.MacromediaDriver", string username="", string password="", boolean encryptpassword="true", string description="", string args, numeric MaxPooledStatements, numeric timeout, numeric interval, numeric login_timeout, numeric buffer, numeric blob_buffer, boolean enablemaxconnections, numeric maxconnections, boolean pooling, boolean disable, boolean disable_clob, boolean disable_blob, boolean disable_autogenkeys, boolean select, boolean create, boolean grant, boolean insert, boolean drop, boolean revoke, boolean update, boolean alter, boolean storedproc, boolean delete, string validationQuery="", numeric qTimeout, boolean useSpyLog, string spyLogFile, boolean validateConnection, boolean clientHostName, boolean clientuser, boolean applicationName, string applicationNamePrefix )

Informix データソースを作成または変更します。

出力:非表示
パラメーター:
   vendor:文字列、オプション、常に Informix 
   type:文字列、オプション、常にddtek 
   name:文字列、必須、ColdFusion データソース名
   host:文字列、必須、データベースサーバーのホスト名または IP アドレス
   database:文字列、必須、サーバー上のデータベースの名前 
   InformixServer:文字列、必須、データソースに対応する Informix サーバーの名前
   originaldsn:文字列、オプション、元のColdFusion データソース名(このデータソースを名称変更する場合に使用)
   port:文字列、オプション、データベースサーバーにアクセスするために使用するポート。デフォルト値は 1526
   driver:文字列、オプション、JDBC ドライバー 
   class:文字列、オプション、JDBC ドライバークラスファイル
   username:文字列、オプション、データベースユーザー名
   password:文字列、オプション、データベースパスワード
   encryptpasswordブール型、オプション、パスワードをneo-query.xml ファイルに保存するときに、暗号化するかどうかを示す

  • True - パスワードを保存する前に暗号化
  • False - パスワードをクリアテキストで保存

   description:文字列、オプション、データソースの説明 
   args:文字列、オプション、接続文字列引数、フォーマット済み(arg1=argvalue;arg2=argvalue)
   MaxPooledStatements:数値、オプション、プールされるステートメントの最大数
   timeout:数値、オプション、ColdFusion が未使用の接続を破壊する前に維持する秒数
   interval:数値、オプション、閉じるべき使用期限切れのデータソース接続を点検するサイクルの間でサーバーが待機する時間(秒単位)
   login_timeout:数値、オプション、データソース接続ログイン試行を ColdFusion がタイムアウトするまでの秒数 
   buffer:数値、オプション、disable_clob が True に指定されていない場合に使用されるデフォルトのバッファー。デフォルトは 64000 バイト
   blob_buffer:数値、オプション、disable_blob が指定されていなかったり True であったりする場合に使用されるデフォルトのバッファーサイズ。デフォルトは 64000 バイト 
   enablemaxconnectionsブール型、オプション、データソース接続の数を maxconnections 引数で指定される値に制限
   maxconnections数値、オプション、enablemaxconnections 引数がTrue に指定されている場合に使用される、データソース接続の最大数 
   pooling:ブール型、オプション、データソースのためにサーバー接続プールを有効にする
   disable:ブール型、オプション、データソースへの接続を無効にする
   disable_clob:ブール型、オプション、False を指定すると、データベースの中の CLOB/Text 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で buffer 引数で指定された量を取得する
   disable_blob:ブール型、オプション、False を指定する場合は、データベース内の BLOB/Image 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で blob_buffer 設定で指定された量を取得する
   disable_autogenkeys:ブール型、オプション、true を指定すると、自動生成キーの取得が無効になる
   select:ブール型、オプション、SQL SELECT ステートメントを許可 
   create:ブール型、オプション、SQL CREATE ステートメントを許可 
   grant:ブール型、オプション、SQL GRANT ステートメントを許可 
   insert:ブール型、オプション、SQL INSERT ステートメントを許可 
   drop:ブール型、オプション、SQL DROP ステートメントを許可 
   revoke:ブール型、オプション、SQL REVOKE ステートメントを許可 
   update:ブール型、オプション、SQL UPDATE ステートメントを許可 
   alter:ブール型、オプション、SQL ALTER ステートメントを許可
   storedprocブール型、オプション、SQLストアドプロシージャ呼び出しを許可 
   delete:ブール型、オプション、SQL DELETE ステートメントを許可 
   validationQuery:文字列、オプション、接続を接続プールから削除するときに、接続状態を検証するために ColdFusion が使用する検証クエリー 
   qTimeout:数値、オプション、接続が作成したステートメント用のデフォルトのクエリータイムアウトを設定。デフォルトは 0 であり、これはクエリーがタイムアウトしないことを意味する 
   useSpyLog:ブール型、オプション、true を指定するとこのデータソースとの活動をログに記録 
   spyLogFile:文字列、オプション、このデータソース用のログファイルを設定 
   validateConnection:ブール型、オプション、接続をプールから使用する前に検証必要がある。JDBC 4.0 を使用する場合は、isValid()APIが呼び出される。そうでない場合は、検証クエリーが指定されている場合、それが呼び出される 
   clientHostName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントホスト名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定
   clientuserブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントユーザー名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、アプリケーション名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationNamePrefix:文字列、オプション、アプリケーション名を点検する場合に、アプリケーション名のために使用するプレフィックス

setJNDI

public void setJNDI ( required string name, required string jndiname, string driver="jndi", string type="j2ee", string originaldsn="", string username="", string password="", boolean encryptpassword="true", string description="", string jndienv="", numeric buffer, numeric blob_buffer, boolean disable_clob, boolean disable_blob, boolean disable_autogenkeys, boolean select, boolean create, boolean grant, boolean insert, boolean drop, boolean revoke, boolean update, boolean alter, boolean storedproc, boolean delete )

既存の JNDIデータソースを示すColdFusionデータソースを作成します。

出力:非表示
パラメーター:
   name:文字列、必須、ColdFusionデータソース名 
   jndiname文字列、必須、JDNIデータソースのURL 
   driver文字列、オプション、ドライバ
   type 文字列、オプション、J2EEデータソース 
   originaldsn:文字列、オプション、データソース名を変更する場合の、元の ColdFusionデータソース
   username:文字列、オプション、データベースユーザー名
   password:文字列、オプション、データベースパスワード
   encryptpasswordブール型、オプション、パスワードをneo-query.xml ファイルに保存するときに、暗号化するかどうかを示す

  • True - パスワードを保存する前に暗号化
  • False - パスワードをクリアテキストで保存

   description:文字列、オプション、このデータソース接続の説明 
   jndienv文字列、オプション、JNDI環境設定
   buffer数値、オプション、disable_clob が True に指定されていない場合に使用される、デフォルトのバッファーサイズ。デフォルトは64000 バイト
   blob_buffer:数値、オプション、disable_blob が指定されていなかったり True であったりする場合に使用されるデフォルトのバッファーサイズ。デフォルトは64000 バイト
   disable_clob:ブール型、オプション、False を指定すると、データベースの中の CLOB/Text 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で buffer 引数で指定された量を取得する
   disable_blob:ブール型、オプション、False を指定する場合は、データベース内の BLOB/Image 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で blob_buffer 設定で指定された量を取得する
   disable_autogenkeys:ブール型、オプション、true を指定すると、自動生成キーの取得が無効になる
   select:ブール型、オプション、SQL SELECT ステートメントを許可 
   create:ブール型、オプション、SQL CREATE ステートメントを許可 
   grant:ブール型、オプション、SQL GRANT ステートメントを許可 
   insert:ブール型、オプション、SQL INSERT ステートメントを許可 
   drop:ブール型、オプション、SQL DROP ステートメントを許可 
   revoke:ブール型、オプション、SQL REVOKE ステートメントを許可 
   update:ブール型、オプション、SQL UPDATE ステートメントを許可 
   alter:ブール型、オプション、SQL ALTER ステートメントを許可
   storedprocブール型、オプション、SQLストアドプロシージャ呼び出しを許可 
   delete:ブール型、オプション、SQL DELETE ステートメントを許可

setMSAccess

public void setMSAccess ( required string name, required string databasefile, string originaldsn="", string driver="MSAccess", string class="macromedia.jdbc.MacromediaDriver", string port="20004", string username="System", string password="", boolean encryptpassword="true", string description="", string args, string systemDatabaseFile, boolean UseTrustedConnection="true", string defaultusername="", numeric maxBufferSize, numeric pageTimeout="600", boolean TimeStampAsString="no", numeric timeout, numeric interval, numeric login_timeout, numeric buffer, numeric blob_buffer, boolean enablemaxconnections, numeric maxconnections, boolean pooling, boolean disable, boolean disable_clob, boolean disable_blob, boolean disable_autogenkeys, boolean select, boolean create, boolean grant, boolean insert, boolean drop, boolean revoke, boolean update, boolean alter, boolean storedproc, boolean delete, string validationQuery="", string defaultpassword="", boolean validateConnection, boolean clientHostName, boolean clientuser, boolean applicationName, string applicationNamePrefix ) 

Microsoft Access データソースを作成または変更します。

出力:非表示
パラメーター:
   name:文字列、必須、ColdFusion データソース名 
   databasefile:文字列、必須、Access MDB ファイルを含むファイルへの完全修飾パス 
   originaldsn:文字列、オプション、元の ColdFusion データソース名(このデータソースを名称変更する場合に使用)
   driver:文字列、オプション、JDBC ドライバー
   class:文字列、オプション、完全修飾 JDBC ドライバークラス名 
   port:文字列、オプション、データベースサーバーにアクセスするために使用されるポート。デフォルト値は 20004
   username:文字列、オプション、データベースユーザー名 
   password:文字列、オプション、データベースパスワード 
   encryptpassword:ブール型、オプション、パスワードを neo-query.xml ファイルに保存する際に、暗号化するかどうかを示す。

  • True - パスワードを保存する前に暗号化
  • False - パスワードをクリアテキストで保存

   description:文字列、オプション、データソースの説明
   args:文字列、オプション、接続文字列引数、フォーマット済み(arg1=arg1value;arg2=arg2value) 
   systemDatabaseFile:文字列、オプション、データベースファイルへのセキュアなアクセスのために、データベースセキュリティ情報を含むデータベースの完全修飾パス名を指定。システムデータベースは通常 winnt\system32\system.mdw にある。 
   UseTrustedConnection: ブール型、オプション、選択する場合、ODBC ドライバーは ネットワークログイン ID または ODBC 接続で指定された証明情報を使用 
   defaultusername:文字列、オプション、アプリケーションがユーザー名を指定しない接続を要求する場合に、ドライバーがデータソースに接続するために使用するユーザー名 
   maxBufferSize:数値、オプション、ColdFusion がアプリケーションページをキャッシュするために使用する合計バイト数。ColdFusion のパフォーマンスを最適化するために値を入力 
   pageTimeout:数値、オプション、ColdFusion ページへのリクエストがタイムアウトするまでのミリ秒数。デフォルト値は 600。このドライバーを使用すると過大なネットワーク通信が発生する場合は、ページタイムアウト値を増やす 
   TimeStampAsString:ブール型、オプション、アプリケーションが Date/Time データを取得し、それからそれを、形式設定(DateFormat、TimeFormat、CreateODBCDateTime のような関数を使用する)を適用せずに SQL ステートメント内で再使用する場合は、この設定を有効にする。True または False を指定
   timeout:数値、オプション、ColdFusion が未使用の接続を破壊する前に維持する秒数
   interval:数値、オプション、閉じるべき使用期限切れのデータソース接続を点検するサイクルの間でサーバーが待機する時間(秒単位)
   login_timeout:数値、オプション、データソース接続ログイン試行を ColdFusion がタイムアウトするまでの秒数 
   buffer:数値、オプション、disable_clob が True に指定されていない場合に使用されるデフォルトのバッファー。デフォルトは 64000 バイト
   blob_buffer:数値、オプション、disable_blob が指定されていなかったり True であったりする場合に使用されるデフォルトのバッファーサイズ。デフォルトは 64000 バイト 
   enablemaxconnections:ブール型、オプション、データソース接続の数を maxconnections 引数で指定した値に制限 
   maxconnections:数値、オプション、enablemaxconnections 引数を True に指定する場合の、使用するデータソース接続の最大数 
   pooling:ブール型、オプション、データソースのためにサーバー接続プールを有効にする
   disable:ブール型、オプション、データソースへの接続を無効にする
   disable_clob:ブール型、オプション、False を指定すると、データベースの中の CLOB/Text 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で buffer 引数で指定された量を取得する
   disable_blob:ブール型、オプション、False を指定する場合は、データベース内の BLOB/Image 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で blob_buffer 設定で指定された量を取得する
   disable_autogenkeys:ブール型、オプション、true を指定すると、自動生成キーの取得が無効になる
   select:ブール型、オプション、SQL SELECT ステートメントを許可 
   create:ブール型、オプション、SQL CREATE ステートメントを許可 
   grant:ブール型、オプション、SQL GRANT ステートメントを許可 
   insert:ブール型、オプション、SQL INSERT ステートメントを許可 
   drop:ブール型、オプション、SQL DROP ステートメントを許可 
   revoke:ブール型、オプション、SQL REVOKE ステートメントを許可 
   update:ブール型、オプション、SQL UPDATE ステートメントを許可 
   alter:ブール型、オプション、SQL ALTER ステートメントを許可 
   storedproc:ブール型、オプション、SQL ストアドプロシージャ呼び出しを許可 
   delete:ブール型、オプション、SQL DELETE ステートメントを許可 
   validationQuery:文字列、オプション、接続を接続プールから削除するときに、接続状態を検証するために ColdFusion が使用する検証クエリー 
   defaultpassword:文字列、オプション、アプリケーションがユーザー名を指定しない接続を要求する場合に、ドライバーがデータソースに接続するために使用するパスワード 
   validateConnection:ブール型、オプション、接続をプールから使用する前に検証必要がある。JDBC 4.0 を使用する場合は、isValid() API が呼び出される。そうでない場合は、検証クエリーが指定されている場合、それが呼び出される 
   clientHostName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントホスト名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   clientuser:ブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントユーザー名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、アプリケーション名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationNamePrefix:文字列、オプション、アプリケーション名を点検する場合に、アプリケーション名のために使用するプレフィックス

setMSAccessUnicode

public void setMSAccessUnicode ( required string name, required string databasefile, string originaldsn="", string driver="MSAccessJet", string class="com.inzoom.jdbcado.Driver", string username="", string password="", boolean encryptpassword="true", string description="", string args, numeric pageTimeout="600", numeric maxBufferSize, numeric timeout, numeric interval, numeric login_timeout, numeric buffer, numeric blob_buffer, boolean enablemaxconnections, numeric maxconnections, boolean pooling, boolean disable, boolean disable_clob, boolean disable_blob, boolean disable_autogenkeys, boolean select, boolean create, boolean grant, boolean insert, boolean drop, boolean revoke, boolean update, boolean alter, boolean storedproc, boolean delete, string validationQuery="", boolean validateConnection, boolean clientHostName, boolean clientuser, boolean applicationName, string applicationNamePrefix )

Microsoft Access Unicode データソースを作成または変更します。

出力:非表示
パラメーター:
   name:文字列、必須、ColdFusionデータソース名 
   databasefile文字列、必須、データソースに対応するデータベース名
   originaldsn:文字列、オプション、データソース名を変更する場合の、元の ColdFusionデータソース
   driver:文字列、オプション、JDBC ドライバー 
   class:文字列、オプション、JDBC クラスファイル
   username:文字列、オプション、データベースユーザー名
   password:文字列、オプション、データベースパスワード
   encryptpasswordブール型、オプション、パスワードをneo-query.xml ファイルに保存するときに、暗号化するかどうかを示す

  • True - パスワードを保存する前に暗号化
  • False - パスワードをクリアテキストで保存

   description:文字列、オプション、データソースの説明 
   args:文字列、オプション、接続文字列引数、フォーマット済み(arg1=argvalue;arg2=argvalue) 
   pageTimeout:数値、オプション、ColdFusion ページへのリクエストがタイムアウトするまでのミリ秒数。デフォルト値は 600。このドライバーを使用すると過大なネットワーク通信が発生する場合は、ページタイムアウト値を増やす 
   maxBufferSize:数値、オプション、ColdFusion がアプリケーションページをキャッシュするために使用する合計バイト数。ColdFusion のパフォーマンスを最適化するために値を入力
   timeout:数値、オプション、ColdFusion が未使用の接続を破壊する前に維持する秒数
   interval:数値、オプション、閉じるべき使用期限切れのデータソース接続を点検するサイクルの間でサーバーが待機する時間(秒単位)
   login_timeout:数値、オプション、データソース接続ログイン試行を ColdFusion がタイムアウトするまでの秒数 
   buffer:数値、オプション、disable_clob が True に指定されていない場合に使用されるデフォルトのバッファー。デフォルトは64000 バイト
   blob_buffer:数値、オプション、disable_blob が指定されていなかったり True であったりする場合に使用されるデフォルトのバッファーサイズ。デフォルトは64000 バイト
   enablemaxconnectionsブール型、オプション、maxconnections設定を有効にする 
   maxconnections数値、オプション、接続をこの最大量に制限 
   pooling:ブール型、オプション、データソースのためにサーバー接続プールを有効にする 
   disable:ブール型、オプション、データソースへの全クライアント接続を一時停止
   disable_clob:ブール型、オプション、False を指定すると、データベースの中の CLOB/Text 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で buffer 引数で指定された量を取得する
   disable_blob:ブール型、オプション、False を指定する場合は、データベース内の BLOB/Image 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で blob_buffer 設定で指定された量を取得する
   disable_autogenkeys:ブール型、オプション、true を指定すると、自動生成キーの取得が無効になる
   select:ブール型、オプション、SQL SELECT ステートメントを許可 
   create:ブール型、オプション、SQL CREATE ステートメントを許可 
   grant:ブール型、オプション、SQL GRANT ステートメントを許可 
   insert:ブール型、オプション、SQL INSERT ステートメントを許可 
   drop:ブール型、オプション、SQL DROP ステートメントを許可 
   revoke:ブール型、オプション、SQL REVOKE ステートメントを許可 
   update:ブール型、オプション、SQL UPDATE ステートメントを許可 
   alter:ブール型、オプション、SQL ALTER ステートメントを許可
   storedprocブール型、オプション、SQLストアドプロシージャ呼び出しを許可 
   delete:ブール型、オプション、SQL DELETE ステートメントを許可 
   validationQuery:文字列、オプション、接続を接続プールから削除するときに、接続状態を検証するために ColdFusion が使用する検証クエリー 
   validateConnection:ブール型、オプション、接続をプールから使用する前に検証必要がある。JDBC 4.0 を使用する場合は、isValid()APIが呼び出される。そうでない場合は、検証クエリーが指定されている場合、それが呼び出される 
   clientHostName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントホスト名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   clientuserブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントユーザー名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、アプリケーション名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationNamePrefix:文字列、オプション、アプリケーション名を点検する場合に、アプリケーション名のために使用するプレフィックス

setMSSQL

public void setMSSQL ( string vendor="sqlserver", string type="ddtek", required string name, required string host, required string database, string originaldsn="", string port="1433", string driver="MSSQLServer", string class="macromedia.jdbc.MacromediaDriver", string username="", string password="", boolean encryptpassword="true", string description="", string args, boolean sendStringParametersAsUnicode, required string selectmethod="cursor", numeric MaxPooledStatements, numeric timeout, numeric interval, numeric login_timeout, numeric buffer, numeric blob_buffer, boolean enablemaxconnections, numeric maxconnections, boolean pooling, boolean disable, boolean disable_clob, boolean disable_blob, boolean disable_autogenkeys, boolean select, boolean create, boolean grant, boolean insert, boolean drop, boolean revoke, boolean update, boolean alter, boolean storedproc, boolean delete, string validationQuery="", numeric qTimeout, string applicationintent="readwrite", boolean useSpyLog, string spyLogFile, boolean validateConnection, boolean clientHostName, boolean clientuser, boolean applicationName, string applicationNamePrefix )

Microsoft SQL Server データソースを作成または変更します。

出力:非表示
パラメーター:
   vendor:文字列、オプション、常に Microsoft 
   type:文字列、オプション、常にddtek 
   name:文字列、必須、ColdFusionデータソース
   host:文字列、必須、データベースサーバーのホスト名または IP アドレス
   database:文字列、必須、データソースに対応するデータベース名
   originaldsn:文字列、オプション、データソース名を変更する場合の、元の ColdFusionデータソース名 
   port:文字列、オプション、データベースサーバーにアクセスするために使用されるポート(デフォルトは 1433) 
   driver:文字列、オプション、JDBC ドライバー 
   class:文字列、オプション、JDBC クラスファイル 
   username:文字列、オプション、データベースユーザー名 
   password:文字列、オプション、データベースパスワード
   encryptpasswordブール型、オプション、パスワードをneo-query.xml ファイルに保存するときに、暗号化するかどうかを示す

  • True - パスワードを保存する前に暗号化
  • False - パスワードをクリアテキストで保存

   description:文字列、オプション、このデータソース接続の説明 
   args:文字列、オプション、接続文字列引数、フォーマット済み(arg1=argvalue;arg2=argvalue) 
   sendStringParametersAsUnicode:ブール型、オプション、非ラテン文字用に構成されたデータソースで Unicode を有効にする
   selectmethod:文字列、必須、メソッド(direct または cursor)を選択
   MaxPooledStatements:数値、オプション、プールされるステートメントの最大数
   timeout:数値、オプション、ColdFusion が未使用の接続を破壊する前に維持する秒数
   interval:数値、オプション、閉じるべき使用期限切れのデータソース接続を点検するサイクルの間でサーバーが待機する時間(秒単位)
   login_timeout:数値、オプション、データソース接続ログイン試行を ColdFusion がタイムアウトするまでの秒数 
   buffer:数値、オプション、disable_clob が True に指定されていない場合に使用されるデフォルトのバッファー。デフォルトは 64000 バイト
   blob_buffer:数値、オプション、disable_blob が指定されていなかったり True であったりする場合に使用されるデフォルトのバッファーサイズ。デフォルトは 64000 バイト 
   enablemaxconnections:ブール型、オプション、maxconnections の設定を有効にする 
   maxconnections:数値、オプション、接続をこの最大量に制限 
   pooling:ブール型、オプション、データソースのためにサーバー接続プールを有効にする 
   disable:ブール型、オプション、データソースへの全クライアント接続を一時停止
   disable_clob:ブール型、オプション、False を指定すると、データベースの中の CLOB/Text 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で buffer 引数で指定された量を取得する
   disable_blob:ブール型、オプション、False を指定する場合は、データベース内の BLOB/Image 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で blob_buffer 設定で指定された量を取得する
   disable_autogenkeys:ブール型、オプション、true を指定すると、自動生成キーの取得が無効になる
   select:ブール型、オプション、SQL SELECT ステートメントを許可 
   create:ブール型、オプション、SQL CREATE ステートメントを許可 
   grant:ブール型、オプション、SQL GRANT ステートメントを許可 
   insert:ブール型、オプション、SQL INSERT ステートメントを許可 
   drop:ブール型、オプション、SQL DROP ステートメントを許可 
   revoke:ブール型、オプション、SQL REVOKE ステートメントを許可 
   update:ブール型、オプション、SQL UPDATE ステートメントを許可 
   alter:ブール型、オプション、SQL ALTER ステートメントを許可 
   storedproc:ブール型、オプション、SQL ストアドプロシージャ呼び出しを許可 
   delete:ブール型、オプション、SQL DELETE ステートメントを許可 
   validationQuery:文字列、オプション、接続を接続プールから削除するときに、接続状態を検証するために ColdFusion が使用する検証クエリー 
   qTimeout:数値、オプション、接続が作成したステートメント用のデフォルトのクエリータイムアウトを設定。デフォルトは 0 であり、これはクエリーがタイムアウトしないことを意味する 
   applicationintent:数値、オプション、接続が作成したステートメント用のデフォルトのクエリータイムアウトを設定デフォルトは 0 であり、これはクエリーがタイムアウトしないことを意味する 
   useSpyLog:ブール型、オプション、true を指定すると、このデータソースとの活動をログに記録
   spyLogFile:文字列、オプション、このデータソース用のログファイルを設定
   validateConnection:ブール型、オプション、接続をプールから使用する前に検証する必要があるJDBC 4.0 を使用する場合は、isValid() API が呼び出される。そうでない場合は、検証クエリーが指定されている場合、それが呼び出される 
   clientHostName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントホスト名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   clientuser:ブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントユーザー名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、アプリケーション名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationNamePrefix:文字列、オプション、アプリケーション名を点検する場合に、アプリケーション名のために使用するプレフィックス

setMySQL5

public void setMySQL5 ( required string name, required string host, required string database, string originaldsn="", string port="3306", string driver="MySQL5", string class="com.mysql.jdbc.Driver", string username="", string password="", boolean encryptpassword="true", string description="", string args, numeric timeout, numeric interval, numeric login_timeout, numeric buffer, numeric blob_buffer, boolean enablemaxconnections, numeric maxconnections, boolean pooling, boolean disable, boolean disable_clob, boolean disable_blob, boolean disable_autogenkeys, boolean select, boolean create, boolean grant, boolean insert, boolean drop, boolean revoke, boolean update, boolean alter, boolean storedproc, boolean delete, string validationQuery="", boolean validateConnection, boolean clientHostName, boolean clientuser, boolean applicationName, string applicationNamePrefix ) 

MySQL 4 または MySQL 5 データソースを作成または変更します。

出力:非表示
パラメーター:
   name:文字列、必須、ColdFusionデータソース
   host:文字列、必須、データベースサーバーのホスト名または IP アドレス
   database:文字列、必須、データソースに対応するデータベース名
   originaldsn:文字列、オプション、データソース名を変更する場合の、元の ColdFusionデータソース名 
   port:文字列、オプション、データベースサーバーにアクセスするために使用されるポート(デフォルトは 3306) 
   driver:文字列、オプション、JDBC ドライバー 
   class:文字列、オプション、JDBC クラスファイル
   username:文字列、オプション、データベースユーザー名
   password:文字列、オプション、データベースパスワード
   encryptpasswordブール型、オプション、パスワードをneo-query.xml ファイルに保存するときに、暗号化するかどうかを示す

  • True - パスワードを保存する前に暗号化
  • False - パスワードをクリアテキストで保存

   description:文字列、オプション、このデータソース接続の説明 
   args:文字列、オプション、接続文字列引数、フォーマット済み(arg1=argvalue;arg2=argvalue)
   timeout:数値、オプション、ColdFusion が未使用の接続を破壊する前に維持する秒数
   interval:数値、オプション、閉じるべき使用期限切れのデータソース接続を点検するサイクルの間でサーバーが待機する時間(秒単位)
   login_timeout:数値、オプション、データソース接続ログイン試行を ColdFusion がタイムアウトするまでの秒数 
   buffer:数値、オプション、disable_clob が True に指定されていない場合に使用されるデフォルトのバッファー。デフォルトは64000 バイト
   blob_buffer:数値、オプション、disable_blob が指定されていなかったり True であったりする場合に使用されるデフォルトのバッファーサイズ。デフォルトは 64000 バイト 
   enablemaxconnectionsブール型、オプション、maxconnections設定有効にする 
   maxconnections数値、オプション、接続をこの最大量に制限 
   pooling:ブール型、オプション、データソースのためにサーバー接続プールを有効にする 
   disable:ブール型、オプション、データソースへの全クライアント接続を一時停止
   disable_clob:ブール型、オプション、False を指定すると、データベースの中の CLOB/Text 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で buffer 引数で指定された量を取得する
   disable_blob:ブール型、オプション、False を指定する場合は、データベース内の BLOB/Image 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で blob_buffer 設定で指定された量を取得する
   disable_autogenkeys:ブール型、オプション、true を指定すると、自動生成キーの取得が無効になる
   select:ブール型、オプション、SQL SELECT ステートメントを許可 
   create:ブール型、オプション、SQL CREATE ステートメントを許可 
   grant:ブール型、オプション、SQL GRANT ステートメントを許可 
   insert:ブール型、オプション、SQL INSERT ステートメントを許可 
   drop:ブール型、オプション、SQL DROP ステートメントを許可 
   revoke:ブール型、オプション、SQL REVOKE ステートメントを許可 
   update:ブール型、オプション、SQL UPDATE ステートメントを許可 
   alter:ブール型、オプション、SQL ALTER ステートメントを許可
   storedprocブール型、オプション、SQLストアドプロシージャ呼び出しを許可 
   delete:ブール型、オプション、SQL DELETE ステートメントを許可 
   validationQuery:文字列、オプション、接続を接続プールから削除するときに、接続状態を検証するために ColdFusion が使用する検証クエリー 
   validateConnection:ブール型、オプション、接続をプールから使用する前に検証必要がある。JDBC 4.0 を使用する場合は、isValid()APIが呼び出される。そうでない場合は、検証クエリーが指定されている場合、それが呼び出される 
   clientHostName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントホスト名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定
   clientuserブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントユーザー名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、アプリケーション名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationNamePrefix:文字列、オプション、アプリケーション名を点検する場合に、アプリケーション名のために使用するプレフィックス

setMySQL_DD

public void setMySQL_DD ( required string name, required string host, required string database, string originaldsn="", string port="3306", string driver="MySQL_DD", string class="macromedia.jdbc.MacromediaDriver", string username="", string password="", boolean encryptpassword="true", string description="", string args, numeric timeout, numeric interval, numeric login_timeout, numeric buffer, numeric blob_buffer, boolean enablemaxconnections, numeric maxconnections, boolean pooling, numeric maxpooledstatements, boolean disable, boolean disable_clob, boolean disable_blob, boolean disable_autogenkeys, boolean select, boolean create, boolean grant, boolean insert, boolean drop, boolean revoke, boolean update, boolean alter, boolean storedproc, boolean delete, string validationQuery="", numeric qTimeout, boolean useSpyLog, string spyLogFile, boolean validateConnection, boolean clientHostName, boolean clientuser, boolean applicationName, string applicationNamePrefix )

DataDirect が提供するドライバを使用して MySQL 5データソースを作成または変更します。

出力:非表示
パラメーター:
   name:文字列、必須、ColdFusionデータソース
   host:文字列、必須、データベースサーバーのホスト名または IP アドレス
   database:文字列、必須、データソースに対応するデータベース名
   originaldsn:文字列、オプション、データソース名を変更する場合の、元の ColdFusionデータソース名 
   port:文字列、オプション、データベースサーバーにアクセスするために使用されるポート(デフォルトは 3306) 
   driver:文字列、オプション、JDBC ドライバー 
   class:文字列、オプション、JDBC クラスファイル
   username:文字列、オプション、データベースユーザー名
   password:文字列、オプション、データベースパスワード
   encryptpasswordブール型、オプション、パスワードをneo-query.xml ファイルに保存するときに、暗号化するかどうかを示す

  • True - パスワードを保存する前に暗号化
  • False - パスワードをクリアテキストで保存

   description:文字列、オプション、このデータソース接続の説明 
   args:文字列、オプション、接続文字列引数、フォーマット済み(arg1=argvalue;arg2=argvalue)
   timeout:数値、オプション、ColdFusion が未使用の接続を破壊する前に維持する秒数
   interval:数値、オプション、閉じるべき使用期限切れのデータソース接続を点検するサイクルの間でサーバーが待機する時間(秒単位)
   login_timeout:数値、オプション、データソース接続ログイン試行を ColdFusion がタイムアウトするまでの秒数 
   buffer:数値、オプション、disable_clob が True に指定されていない場合に使用されるデフォルトのバッファー。デフォルトは 64000 バイト
   blob_buffer:数値、オプション、disable_blob が指定されていなかったり True であったりする場合に使用されるデフォルトのバッファーサイズ。デフォルトは 64000 バイト 
   enablemaxconnectionsブール型、オプション、maxconnections設定有効にする 
   maxconnections数値、オプション、接続をこの最大量に制限 
   pooling:ブール型、オプション、データソースのためにサーバー接続プールを有効にする
   maxpooledstatements数値、オプション、プールされるステートメントの最大数 
   disable:ブール型、オプション、データソースへの全クライアント接続を一時停止
   disable_clob:ブール型、オプション、False を指定すると、データベースの中の CLOB/Text 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で buffer 引数で指定された量を取得する
   disable_blob:ブール型、オプション、False を指定する場合は、データベース内の BLOB/Image 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で blob_buffer 設定で指定された量を取得する
   disable_autogenkeys:ブール型、オプション、true を指定すると、自動生成キーの取得が無効になる
   select:ブール型、オプション、SQL SELECT ステートメントを許可 
   create:ブール型、オプション、SQL CREATE ステートメントを許可 
   grant:ブール型、オプション、SQL GRANT ステートメントを許可 
   insert:ブール型、オプション、SQL INSERT ステートメントを許可 
   drop:ブール型、オプション、SQL DROP ステートメントを許可 
   revoke:ブール型、オプション、SQL REVOKE ステートメントを許可 
   update:ブール型、オプション、SQL UPDATE ステートメントを許可 
   alter:ブール型、オプション、SQL ALTER ステートメントを許可
   storedprocブール型、オプション、SQLストアドプロシージャ呼び出しを許可 
   delete:ブール型、オプション、SQL DELETE ステートメントを許可 
   validationQuery:文字列、オプション、接続を接続プールから削除するときに、接続状態を検証するために ColdFusion が使用する検証クエリー 
   qTimeout:数値、オプション、接続が作成したステートメント用のデフォルトのクエリータイムアウトを設定。デフォルトは 0 であり、これはクエリーがタイムアウトしないことを意味する 
   useSpyLog:ブール型、オプション、true を指定するとこのデータソースとの活動をログに記録 
   spyLogFile:文字列、オプション、このデータソース用のログファイルを記録 
   validateConnection:ブール型、オプション、接続をプールから使用する前に検証必要がある。JDBC 4.0 を使用する場合は、isValid()APIが呼び出される。そうでない場合は、検証クエリーが指定されている場合、それが呼び出される 
   clientHostName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントホスト名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定
   clientuserブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントユーザー名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、アプリケーション名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationNamePrefix:文字列、オプション、アプリケーション名を点検する場合に、アプリケーション名のために使用するプレフィックス

setODBCSocket

public void setODBCSocket ( required string name, required string datasource, string useTrustedConnection, string username="", string password="", boolean encryptpassword="true", string host="localhost", string originaldsn="", string port="20004", string driver="ODBCSocket", string class="macromedia.jdbc.MacromediaDriver", string description="", string args, boolean TimeStampAsString="no", numeric timeout, numeric interval, numeric login_timeout, numeric buffer, numeric blob_buffer, boolean enablemaxconnections, numeric maxconnections, boolean pooling, boolean disable, boolean disable_clob, boolean disable_blob, boolean disable_autogenkeys, boolean select, boolean create, boolean grant, boolean insert, boolean drop, boolean revoke, boolean update, boolean alter, boolean storedproc, boolean delete, string validationQuery="", boolean validateConnection, boolean clientHostName, boolean clientuser, boolean applicationName, string applicationNamePrefix )

ODBC ソケットデータソースを作成または変更します。

出力:有効
パラメーター:
   name:文字列、必須、ColdFusionデータソース名 
   datasource文字列、必須、サーバーのコントロールパネルで定義されたODBCデータソースの名前 
   useTrustedConnection: 文字列、オプション、選択する場合、ODBC ドライバーはネットワークログイン ID または ODBC 接続で指定された証明情報を使用
   username:文字列、オプション、データベースユーザー名
   password:文字列、オプション、データベースパスワード
   encryptpasswordブール型、オプション、パスワードをneo-query.xml ファイルに保存するときに、暗号化するかどうかを示す

  • True - パスワードを保存する前に暗号化
  • False - パスワードをクリアテキストで保存

   host:文字列、オプション、データベースサーバーのホスト名または IP アドレス 
   originaldsn:文字列、オプション、このデータソースを名称変更する場合の、元の ColdFusion データソース名 
   port:文字列、オプション、データベースサーバーにアクセスするために使用されるポート(デフォルトは 20004) 
   driver:文字列、オプション、JDBC ドライバー 
   class:文字列、オプション、JDBC クラスファイル 
   description:文字列、オプション、このデータソース接続の説明 
   args:文字列、オプション、接続文字列引数、フォーマット済み(arg1=argvalue;arg2=argvalue) 
   TimeStampAsString:ブール型、オプション、アプリケーションが Date/Time データを取得し、それからそれを、形式設定(DateFormat、TimeFormat、CreateODBCDateTime のような関数を使用する)を適用せずに SQL ステートメント内で再使用する場合は、この設定を有効にする。True または False を指定
   timeout:数値、オプション、ColdFusion が未使用の接続を破壊する前に維持する秒数
   interval:数値、オプション、閉じるべき使用期限切れのデータソース接続を点検するサイクルの間でサーバーが待機する時間(秒単位)
   login_timeout:数値、オプション、データソース接続ログイン試行を ColdFusion がタイムアウトするまでの秒数 
   buffer:数値、オプション、disable_clob が True に指定されていない場合に使用されるデフォルトのバッファー。デフォルトは64000 バイト
   blob_buffer:数値、オプション、disable_blob が指定されていなかったり True であったりする場合に使用されるデフォルトのバッファーサイズ。デフォルトは64000 バイト
   enablemaxconnectionsブール型、オプション、maxconnections設定有効にする 
   maxconnections数値、オプション、接続をこの最大量に制限 
   pooling:ブール型、オプション、データソースのためにサーバー接続プールを有効にする 
   disable:ブール型、オプション、データソースへの全クライアント接続を一時停止
   disable_clob:ブール型、オプション、False を指定すると、データベースの中の CLOB/Text 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で buffer 引数で指定された量を取得する
   disable_blob:ブール型、オプション、False を指定する場合は、データベース内の BLOB/Image 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で blob_buffer 設定で指定された量を取得する
   disable_autogenkeys:ブール型、オプション、true を指定すると、自動生成キーの取得が無効になる
   select:ブール型、オプション、SQL SELECT ステートメントを許可 
   create:ブール型、オプション、SQL CREATE ステートメントを許可 
   grant:ブール型、オプション、SQL GRANT ステートメントを許可 
   insert:ブール型、オプション、SQL INSERT ステートメントを許可 
   drop:ブール型、オプション、SQL DROP ステートメントを許可 
   revoke:ブール型、オプション、SQL REVOKE ステートメントを許可 
   update:ブール型、オプション、SQL UPDATE ステートメントを許可 
   alter:ブール型、オプション、SQL ALTER ステートメントを許可
   storedprocブール型、オプション、SQLストアドプロシージャ呼び出しを許可 
   delete:ブール型、オプション、SQL DELETE ステートメントを許可 
   validationQuery:文字列、オプション、接続を接続プールから削除するときに、接続状態を検証するために ColdFusion が使用する検証クエリー 
   validateConnection:ブール型、オプション、接続をプールから使用する前に検証必要がある。JDBC 4.0 を使用する場合は、isValid()APIが呼び出される。そうでない場合は、検証クエリーが指定されている場合、それが呼び出される 
   clientHostName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントホスト名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   clientuserブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントユーザー名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、アプリケーション名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationNamePrefix:文字列、オプション、アプリケーション名を点検する場合に、アプリケーション名のために使用するプレフィックス

setOracle

public void setOracle ( string vendor="oracle", string type="ddtek", required string name, required string host, required string sid, string originaldsn="", string port="1521", string driver="Oracle", string class="macromedia.jdbc.MacromediaDriver", string username="", string password="", boolean encryptpassword="true", string description="", string args, numeric MaxPooledStatements, numeric timeout, numeric interval, numeric login_timeout, numeric buffer, numeric blob_buffer, boolean enablemaxconnections, numeric maxconnections, boolean pooling, boolean disable, boolean disable_clob, boolean disable_blob, boolean disable_autogenkeys, boolean select, boolean create, boolean grant, boolean insert, boolean drop, boolean revoke, boolean update, boolean alter, boolean storedproc, boolean delete, string validationQuery="", numeric qTimeout, boolean useSpyLog, string spyLogFile, boolean supportLinks, boolean validateConnection, boolean clientHostName, boolean clientuser, boolean applicationName, string applicationNamePrefix )

Oracle データソースを作成または変更します。

出力:非表示
パラメーター:
   vendor:文字列、オプション、常に Oracle 
   type:文字列、オプション、常にddtek 
   name:文字列、必須、ColdFusionデータソース
   host:文字列、必須、データベースサーバーのホスト名または IP アドレス 
   sid:文字列、必須、サーバー上で稼動している Oracle データベースソフトウェアのインスタンスを示す Oracle システムの識別子。ORCL がデフォルト
   originaldsn:文字列、オプション、データソース名を変更する場合の、元の ColdFusionデータソース名 
   port:文字列、オプション、データベースサーバーにアクセスするために使用されるポート(デフォルトは 1521) 
   driver:文字列、オプション、JDBC ドライバー 
   class:文字列、オプション、JDBC クラスファイル
   username:文字列、オプション、データベースユーザー名
   password:文字列、オプション、データベースパスワード
   encryptpasswordブール型、オプション、パスワードをneo-query.xml ファイルに保存するときに、暗号化するかどうかを示す

  • True - パスワードを保存する前に暗号化
  • False - パスワードをクリアテキストで保存

   description:文字列、オプション、このデータソース接続の説明 
   args:文字列、オプション、接続文字列引数、フォーマット済み(arg1=argvalue;arg2=argvalue)
   MaxPooledStatements:数値、オプション、プールされるステートメントの最大数
   timeout:数値、オプション、ColdFusion が未使用の接続を破壊する前に維持する秒数
   interval:数値、オプション、閉じるべき使用期限切れのデータソース接続を点検するサイクルの間でサーバーが待機する時間(秒単位)
   login_timeout:数値、オプション、データソース接続ログイン試行を ColdFusion がタイムアウトするまでの秒数 
   buffer:数値、オプション、disable_clob が True に指定されていない場合に使用されるデフォルトのバッファー。デフォルトは 64000 バイト
   blob_buffer:数値、オプション、disable_blob が指定されていなかったり True であったりする場合に使用されるデフォルトのバッファーサイズ。デフォルトは 64000 バイト 
   enablemaxconnectionsブール型、オプション、maxconnections設定有効にする 
   maxconnections数値、オプション、接続をこの最大量に制限 
   pooling:ブール型、オプション、データソースのためにサーバー接続プールを有効にする 
   disable:ブール型、オプション、データソースへの全クライアント接続を一時停止
   disable_clob:ブール型、オプション、False を指定すると、データベースの中の CLOB/Text 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で buffer 引数で指定された量を取得する
   disable_blob:ブール型、オプション、False を指定する場合は、データベース内の BLOB/Image 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で blob_buffer 設定で指定された量を取得する
   disable_autogenkeys:ブール型、オプション、true を指定すると、自動生成キーの取得が無効になる
   select:ブール型、オプション、SQL SELECT ステートメントを許可 
   create:ブール型、オプション、SQL CREATE ステートメントを許可 
   grant:ブール型、オプション、SQL GRANT ステートメントを許可 
   insert:ブール型、オプション、SQL INSERT ステートメントを許可 
   drop:ブール型、オプション、SQL DROP ステートメントを許可 
   revoke:ブール型、オプション、SQL REVOKE ステートメントを許可 
   update:ブール型、オプション、SQL UPDATE ステートメントを許可 
   alter:ブール型、オプション、SQL ALTER ステートメントを許可
   storedprocブール型、オプション、SQLストアドプロシージャ呼び出しを許可 
   delete:ブール型、オプション、SQL DELETE ステートメントを許可 
   validationQuery:文字列、オプション、接続を接続プールから削除するときに、接続状態を検証するために ColdFusion が使用する検証クエリー 
   qTimeout:数値、オプション、接続が作成したステートメント用のデフォルトのクエリータイムアウトを設定。デフォルトは 0 であり、これはクエリーがタイムアウトしないことを意味する 
   useSpyLog:ブール型、オプション、true を指定するとこのデータソースとの活動をログに記録 
   spyLogFile:文字列、オプション、このデータソース用のログファイルを記録 
   supportLinks:ブール型、オプション、Oracle Linked Servers のサポートを有効にする
   validateConnection:ブール型、オプション、接続をプールから使用する前に検証する必要があるJDBC 4.0 を使用する場合は、isValid()APIが呼び出される。そうでない場合は、検証クエリーが指定されている場合、それが呼び出される 
   clientHostName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントホスト名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定
   clientuserブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントユーザー名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、アプリケーション名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationNamePrefix:文字列、オプション、アプリケーション名を点検する場合に、アプリケーション名のために使用するプレフィックス

setOther

public void setOther ( required string name, required string url, required string class, string driver, string originaldsn="", string port="1433", string username="", string password="", boolean encryptpassword="true", string description="", string args, required string selectmethod="cursor", numeric MaxPooledStatements, numeric timeout, numeric interval, numeric login_timeout, numeric buffer, numeric blob_buffer, boolean enablemaxconnections, numeric maxconnections, boolean pooling="false", boolean disable, boolean disable_clob, boolean disable_blob, boolean disable_autogenkeys, boolean select, boolean create, boolean grant, boolean insert, boolean drop, boolean revoke, boolean update, boolean alter, boolean storedproc, boolean delete, string validationQuery="", boolean validateConnection, boolean clientHostName, boolean clientuser, boolean applicationName, string applicationNamePrefix )

ユーザー定義のデータソースを作成または変更します。

出力:有効
パラメーター:
   name:文字列、必須、ColdFusion データソース名 
   url:文字列、必須、このデータソースの JDBC 接続 URL 
   class:文字列、必須、JDBC クラスファイル
   driver:文字列、オプション、JDBC ドライバー 
   originaldsn:文字列、オプション、このデータソースを名称変更する場合の、元の ColdFusion データソース名 
   port:文字列、オプション、データベースサーバーにアクセスするために使用されるポート(デフォルトは 1433)
   username:文字列、オプション、データベースユーザー名 
   password:文字列、オプション、データベースパスワード 
   encryptpassword:ブール型、オプション、パスワードを neo-query.xml ファイルに保存する際に、暗号化するかどうかを示す。

  • True - パスワードを保存する前に暗号化
  • False - パスワードをクリアテキストで保存

   description:文字列、オプション、このデータソース接続の説明 
   args:文字列、オプション、接続文字列引数、フォーマット済み(arg1=argvalue;arg2=argvalue) 
   selectmethod:文字列、必須、メソッド(direct または cursor)を選択
   MaxPooledStatements:数値、オプション、プールされるステートメントの最大数
   timeout:数値、オプション、ColdFusion が未使用の接続を破壊する前に維持する秒数
   interval:数値、オプション、閉じるべき使用期限切れのデータソース接続を点検するサイクルの間でサーバーが待機する時間(秒単位)
   login_timeout:数値、オプション、データソース接続ログイン試行を ColdFusion がタイムアウトするまでの秒数 
   buffer:数値、オプション、disable_clob が True に指定されていない場合に使用されるデフォルトのバッファー。デフォルトは 64000 バイト
   blob_buffer:数値、オプション、disable_blob が指定されていなかったり True であったりする場合に使用されるデフォルトのバッファーサイズ。デフォルトは 64000 バイト 
   enablemaxconnections:ブール型、オプション、maxconnections の設定を有効にする 
   maxconnections:数値、オプション、接続をこの最大量に制限 
   pooling:ブール型、オプション、データソースのためにサーバー接続プールを有効にする 
   disable:ブール型、オプション、データソースへの全クライアント接続を一時停止
   disable_clob:ブール型、オプション、False を指定すると、データベースの中の CLOB/Text 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で buffer 引数で指定された量を取得する
   disable_blob:ブール型、オプション、False を指定する場合は、データベース内の BLOB/Image 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で blob_buffer 設定で指定された量を取得する
   disable_autogenkeys:ブール型、オプション、true を指定すると、自動生成キーの取得が無効になる
   select:ブール型、オプション、SQL SELECT ステートメントを許可 
   create:ブール型、オプション、SQL CREATE ステートメントを許可 
   grant:ブール型、オプション、SQL GRANT ステートメントを許可 
   insert:ブール型、オプション、SQL INSERT ステートメントを許可 
   drop:ブール型、オプション、SQL DROP ステートメントを許可 
   revoke:ブール型、オプション、SQL REVOKE ステートメントを許可 
   update:ブール型、オプション、SQL UPDATE ステートメントを許可 
   alter:ブール型、オプション、SQL ALTER ステートメントを許可 
   storedproc:ブール型、オプション、SQL ストアドプロシージャ呼び出しを許可 
   delete:ブール型、オプション、SQL DELETE ステートメントを許可 
   validationQuery:文字列、オプション、接続を接続プールから削除するときに、接続状態を検証するために ColdFusion が使用する検証クエリー 
   validateConnection:ブール型、オプション、接続をプールから使用する前に検証必要がある。JDBC 4.0 を使用する場合は、isValid() API が呼び出される。そうでない場合は、検証クエリーが指定されている場合、それが呼び出される 
   clientHostName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントホスト名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   clientuser:ブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントユーザー名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、アプリケーション名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationNamePrefix:文字列、オプション、アプリケーション名を点検する場合に、アプリケーション名のために使用するプレフィックス

setPostGreSQL

public void setPostGreSQL ( required string name, required string host, required string database, string originaldsn="", string port="5432", string driver="PostgreSQL", string class="org.postgresql.Driver", string username="", string password="", boolean encryptpassword="true", string description="", string args, numeric timeout, numeric interval, numeric login_timeout, numeric buffer, numeric blob_buffer, boolean enablemaxconnections, numeric maxconnections, boolean pooling, boolean disable, boolean disable_clob, boolean disable_blob, boolean disable_autogenkeys, boolean select, boolean create, boolean grant, boolean insert, boolean drop, boolean revoke, boolean update, boolean alter, boolean storedproc, boolean delete, string validationQuery="", boolean validateConnection, boolean clientHostName, boolean clientuser, boolean applicationName, string applicationNamePrefix )

PostGreSQLデータソースを作成または変更します。

出力:非表示
パラメーター:
   name:文字列、必須、ColdFusionデータソース
   host:文字列、必須、データベースサーバーのホスト名または IP アドレス
   database:文字列、必須、データソースに対応するデータベース名
   originaldsn:文字列、オプション、データソース名を変更する場合の、元の ColdFusionデータソース名 
   port:文字列、オプション、データベースサーバーにアクセスするために使用されるポート(デフォルトは 5432) 
   driver:文字列、オプション、JDBC ドライバー 
   class:文字列、オプション、JDBC クラスファイル 
   username:文字列、オプション、データベースユーザー名 
   password:文字列、オプション、データベースパスワード
   encryptpasswordブール型、オプション、パスワードneo-datasource.xmlに保存するときに、暗号化するかどうかを示します。

  • True - パスワードを保存する前に暗号化
  • False - パスワードをクリアテキストで保存

   description:文字列、オプション、このデータソース接続の説明 
   args:文字列、オプション、接続文字列引数、フォーマット済み(arg1=argvalue;arg2=argvalue)
   timeout:数値、オプション、ColdFusion が未使用の接続を破壊する前に維持する秒数
   interval:数値、オプション、閉じるべき使用期限切れのデータソース接続を点検するサイクルの間でサーバーが待機する時間(秒単位)
   login_timeout:数値、オプション、データソース接続ログイン試行を ColdFusion がタイムアウトするまでの秒数 
   buffer:数値、オプション、disable_clob が True に指定されていない場合に使用されるデフォルトのバッファー。デフォルトは 64000 バイト
   blob_buffer:数値、オプション、disable_blob が指定されていなかったり True であったりする場合に使用されるデフォルトのバッファーサイズ。デフォルトは 64000 バイト 
   enablemaxconnections:ブール型、オプション、maxconnections の設定を有効にする 
   maxconnections:数値、オプション、接続をこの最大量に制限 
   pooling:ブール型、オプション、データソースのためにサーバー接続プールを有効にする 
   disable:ブール型、オプション、データソースへの全クライアント接続を一時停止
   disable_clob:ブール型、オプション、False を指定すると、データベースの中の CLOB/Text 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で buffer 引数で指定された量を取得する
   disable_blob:ブール型、オプション、False を指定する場合は、データベース内の BLOB/Image 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で blob_buffer 設定で指定された量を取得する
   disable_autogenkeys:ブール型、オプション、true を指定すると、自動生成キーの取得が無効になる
   select:ブール型、オプション、SQL SELECT ステートメントを許可 
   create:ブール型、オプション、SQL CREATE ステートメントを許可 
   grant:ブール型、オプション、SQL GRANT ステートメントを許可 
   insert:ブール型、オプション、SQL INSERT ステートメントを許可 
   drop:ブール型、オプション、SQL DROP ステートメントを許可 
   revoke:ブール型、オプション、SQL REVOKE ステートメントを許可 
   update:ブール型、オプション、SQL UPDATE ステートメントを許可 
   alter:ブール型、オプション、SQL ALTER ステートメントを許可 
   storedproc:ブール型、オプション、SQL ストアドプロシージャ呼び出しを許可 
   delete:ブール型、オプション、SQL DELETE ステートメントを許可 
   validationQuery:文字列、オプション、接続を接続プールから削除するときに、接続状態を検証するために ColdFusion が使用する検証クエリー 
   validateConnection:ブール型、オプション、接続をプールから使用する前に検証必要がある。JDBC 4.0 を使用する場合は、isValid() API が呼び出される。そうでない場合は、検証クエリーが指定されている場合、それが呼び出される 
   clientHostName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントホスト名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   clientuser:ブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントユーザー名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、アプリケーション名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationNamePrefix:文字列、オプション、アプリケーション名を点検する場合に、アプリケーション名のために使用するプレフィックス

setSlsServerServiceName

private String setSlsServerServiceName ( required serviceName )

新しい SequeLink サービス名を追加します。

出力:非表示
パラメーター:
   serviceName:任意、必須、SequeLink サービス名

setSybase

public void setSybase ( string vendor="sybase", string type="ddtek", required string name, required string host, required string database, string originaldsn="", string port="5000", string driver="Sybase", string class="macromedia.jdbc.MacromediaDriver", string username="", string password="", boolean encryptpassword="true", string description="", string args, string selectmethod="direct", numeric MaxPooledStatements, numeric timeout, numeric interval, numeric login_timeout, numeric buffer, numeric blob_buffer, boolean enablemaxconnections, numeric maxconnections, boolean pooling, boolean disable, boolean disable_clob, boolean disable_blob, boolean disable_autogenkeys, boolean select, boolean create, boolean grant, boolean insert, boolean drop, boolean revoke, boolean update, boolean alter, boolean storedproc, boolean delete, string validationQuery="", numeric qTimeout, boolean useSpyLog, string spyLogFile, boolean validateConnection, boolean clientHostName, boolean clientuser, boolean applicationName, string applicationNamePrefix )

Sybase データソースを作成または変更します。

出力:非表示
パラメーター:
   vendor:文字列、オプション、常に Sybase 
   type:文字列、オプション、常にddtek 
   name:文字列、必須、ColdFusionデータソース
   host:文字列、必須、データベースサーバーのホスト名または IP アドレス
   database:文字列、必須、データソースに対応するデータベース名
   originaldsn:文字列、オプション、データソース名を変更する場合の、元の ColdFusionデータソース名 
   port:文字列、オプション、データベースサーバーにアクセスするために使用されるポート(デフォルトは 5000) 
   driver:文字列、オプション、JDBC ドライバー 
   class:文字列、オプション、JDBC クラスファイル
   username:文字列、オプション、データベースユーザー名
   password:文字列、オプション、データベースパスワード
   encryptpasswordブール型、オプション、パスワードをneo-query.xml ファイルに保存するときに、暗号化するかどうかを示す

  • True - パスワードを保存する前に暗号化
  • False - パスワードをクリアテキストで保存

   description:文字列、オプション、このデータソース接続の説明 
   args:文字列、オプション、接続文字列引数、フォーマット済み(arg1=argvalue;arg2=argvalue) 
   selectmethod:文字列、オプション、メソッド(direct または cursor)を選択
   MaxPooledStatements:数値、オプション、プールされるステートメントの最大数
   timeout:数値、オプション、ColdFusion が未使用の接続を破壊する前に維持する秒数
   interval:数値、オプション、閉じるべき使用期限切れのデータソース接続を点検するサイクルの間でサーバーが待機する時間(秒単位)
   login_timeout:数値、オプション、データソース接続ログイン試行を ColdFusion がタイムアウトするまでの秒数 
   buffer:数値、オプション、disable_clob が True に指定されていない場合に使用されるデフォルトのバッファー。デフォルトは 64000 バイト
   blob_buffer:数値、オプション、disable_blob が指定されていなかったり True であったりする場合に使用されるデフォルトのバッファーサイズ。デフォルトは 64000 バイト 
   enablemaxconnectionsブール型、オプション、maxconnections設定有効にする 
   maxconnections数値、オプション、接続をこの最大量に制限 
   pooling:ブール型、オプション、データソースのためにサーバー接続プールを有効にする 
   disable:ブール型、オプション、データソースへの全クライアント接続を一時停止
   disable_clob:ブール型、オプション、False を指定すると、データベースの中の CLOB/Text 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で buffer 引数で指定された量を取得する
   disable_blob:ブール型、オプション、False を指定する場合は、データベース内の BLOB/Image 列の内容全体を返す。False を指定する場合は、ColdFusion は最大で blob_buffer 設定で指定された量を取得する
   disable_autogenkeys:ブール型、オプション、true を指定すると、自動生成キーの取得が無効になる
   select:ブール型、オプション、SQL SELECT ステートメントを許可 
   create:ブール型、オプション、SQL CREATE ステートメントを許可 
   grant:ブール型、オプション、SQL GRANT ステートメントを許可 
   insert:ブール型、オプション、SQL INSERT ステートメントを許可 
   drop:ブール型、オプション、SQL DROP ステートメントを許可 
   revoke:ブール型、オプション、SQL REVOKE ステートメントを許可 
   update:ブール型、オプション、SQL UPDATE ステートメントを許可 
   alter:ブール型、オプション、SQL ALTER ステートメントを許可
   storedprocブール型、オプション、SQLストアドプロシージャ呼び出しを許可 
   delete:ブール型、オプション、SQL DELETE ステートメントを許可 
   validationQuery:文字列、オプション、接続を接続プールから削除するときに、接続状態を検証するために ColdFusion が使用する検証クエリー 
   qTimeout:数値、オプション、接続が作成したステートメント用のデフォルトのクエリータイムアウトを設定。デフォルトは 0 であり、これはクエリーがタイムアウトしないことを意味する 
   useSpyLog:ブール型、オプション、true を指定するとこのデータソースとの活動をログに記録 
   spyLogFile:文字列、オプション、このデータソース用のログファイルを記録 
   validateConnection:ブール型、オプション、接続をプールから使用する前に検証必要がある。JDBC 4.0 を使用する場合は、isValid()APIが呼び出される。そうでない場合は、検証クエリーが指定されている場合、それが呼び出される 
   clientHostName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントホスト名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定
   clientuserブール型、オプション、接続を使用する前に、クライアントユーザー名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationName:ブール型、オプション、接続を使用する前に、アプリケーション名のクライアント情報を設定するべきかどうかを指定 
   applicationNamePrefix:文字列、オプション、アプリケーション名を点検する場合に、アプリケーション名のために使用するプレフィックス

sl54Add

private sl54Add ( required dsn, required odbcdsn, connectString, boolean TimeStampAsString="no" )

SequeLink 設定にデータソースを追加します。

次の役割のいずれかのユーザーのみが使用できます:admin

出力:非表示
パラメーター:
   dsn:任意、必須、ColdFusion でデータソースへの接続に使用する名前 
   odbcdsn:任意、必須、ColdFusionの接続先である ODBC データソースの名前 
   connectString:任意、オプション、ログイン証明情報などデータベース固有のパラメーターをデータベースに渡す 
   TimeStampAsString:ブール型、オプション、アプリケーションが Date/Time データを取得し、それからそれを、形式設定(DateFormat、TimeFormat、CreateODBCDateTime のような関数を使用する)を適用せずに SQL ステートメント内で再使用する場合は、この設定を有効にする。True または False を指定

sl54Del

private sl54Del ( required dsn )

データソースを SequeLink 設定から削除します。

次の役割のいずれかのユーザーのみが使用できます:admin

出力:非表示
パラメーター:
   dsn:任意、必須、ColdFusion でデータソースへの接続に使用する名前

sl54displ

private sl54displ ( required dsn ) 

次の役割のいずれかのユーザーのみが使用できます:admin

出力:非表示
パラメーター:
   dsn:任意、必須、データソース名

sl54mlog

private sl54mlog ( required odbcdsn, logonmethod="OSIntegrated" )

SequeLink 設定へのデータソースのための DBMSログオンを変更します。

次の役割のいずれかのユーザーのみが使用できます:admin
出力:非表示
パラメーター:
   odbcdsn:任意、必須、ColdFusionの接続先である ODBC データソースの名前 
   logonmethod任意、オプション、匿名のときはOSIntegrated であり、匿名でないときはDBMSLOGON(userid, password)

sl54mod

private sl54mod ( required dsn, required odbcdsn, connectString, boolean TimeStampAsString="no" )

SequeLink 設定内の ODBC データソース接続文字列を変更します。

次の役割のいずれかのユーザーのみが使用できます:admin
出力:非表示
パラメーター:
   dsn:任意、必須、ColdFusion でデータソースへの接続に使用する名前 
   odbcdsn:任意、必須、ColdFusion の接続先である ODBC データソースの名前 
   connectString:任意、オプション、ログイン証明情報などデータベース固有のパラメーターをデータソースに渡す 
   TimeStampAsString:ブール型、オプション、アプリケーションが Date/Time データを取得し、それからそれを、形式設定(DateFormat、TimeFormat、CreateODBCDateTime のような関数を使用する)を適用せずに SQL ステートメント内で再使用する場合は、この設定を有効にする。True または False を指定

ODBC サービス

startOdbcService
public startOdbcService ( ) 

ODBC サービスを開始します。

出力:非表示
stopOdbcService
public void stopOdbcService ( ) 

ODBC サービスを停止します。

出力:非表示
updateODBCServerDSN*
private updateODBCServerDSN ( 必須 dsn, 必須 odbcdsn, 必須 connectstring, 必須 TimeStampAsString, 必須 LOGONMETHOD ) 

ODBC サーバーデータソース名を更新します。

出力:非表示
パラメーター:
   dsn: 任意、必須、ColdFusion でデータソースへの接続に使用する名前 
   odbcdsn:任意、必須、ColdFusion の接続先である ODBC データソース名 
   connectstring任意、必須、ログイン証明情報などデータベース固有のパラメーターをデータベースに渡す 
   TimeStampAsString:任意、必須、アプリケーションが Date/Time データを取得し、それからそれを、形式設定(DateFormat、TimeFormat、CreateODBCDateTime のような関数を使用する)を適用せずに SQL ステートメント内で再使用する場合は、この設定を有効にする。True または False を指定 
   LOGONMETHOD:任意、必須、データベースを登録するために呼び出す内部メソッド
upgradeOdbcService*
private upgradeOdbcService ( odbcserver="[runtime expression]", odbcagent="[runtime expression]" ) 

ODBC サービスをアップグレードします。

出力:非表示
パラメーター:
   odbcserver任意、オプション、ODBCサーバーサービスの名前 
   odbcagent任意、オプション、ODBCエージェントサービスの名前 

verifyDsn

public Any verifyDsn ( required dsn, boolean returnMsgOnError="false" )

与えられたデータソース名を検証します。

出力:非表示
パラメーター:
   dsn:任意、必須、ColdFusion でデータソースへの接続に使用する名前 
   returnMsgOnError:ブール型、オプション、この関数は、このパラメーターが true である場合には、何らかのエラーでエラーメッセージを返す

デバッグ設定を管理します。

階層: WEB-INF.cftags.component
      CFIDE.adminapi.base
            CFIDE.adminapi.debugging
パス: C:\ColdFusion2016\cfusion\wwwroot\CFIDE\adminapi\debugging.cfc
シリアル化可能: はい
プロパティ:  
継承されたメソッド: dumpgetEditiongetInstallTypeisAdminUserlogaudit

addDebugEvent

public void addDebugEvent ( required string type, required string message, string priority="information", numeric startTime, numeric endTime, numeric total ) 

デバッグイベントをデバッグ出力に追加します。デバッグイベントの例については、WEB-INF/debug/classic.cfm を参照してください。

出力:非表示
パラメーター:
   type:文字列、必須、追加するデバッグイベント

  • SqlQuery
  • ObjectQuery
  • StoredProcedure
  • Trace
  • CFTimer
  • LockWarning
  • Exception


   message:文字列、必須、デバッグイベントとともに表示するテキスト
   priority:文字列、オプション、Info、Warning、または Error
   startTime:数値、オプション、デバッグイベントのために適切な場合は開始時刻(ヒント:now().getTime() は日付時刻の数値を返します)
   endTime:数値、オプション、デバッグイベントのために適切な場合は終了時刻(ヒント:now().getTime() は日付時刻の数値を返します)
   total:数値、オプション、デバッグイベントのために適切な場合は、ミリ秒数

deleteIP

public void deleteIP ( required string debugip ) 

デバッグリストから IP アドレスを削除します。

出力:非表示
パラメーター:
   debugip:文字列、必須、削除する IP アドレス

disableLogging

void disableLogging ( required string logFileName )

特定のログ記録を有効にします。

出力:非表示
パラメーター:
   logFileName:文字列、必須、ログファイル名

disableRemoteInspection

void disableRemoteInspection ( )

リモート検査フラグを無効にします。

出力:非表示

disableWeinreAdvanceSettings

void disableWeinreAdvanceSettings ( ) 

リモート検査が実行中の場合に返します。

出力:非表示

enableLogging

void enableLogging ( required string logFileName )

特定のログ記録を有効にします。

出力:非表示
パラメーター:
   logFileName:文字列、必須、ログファイル名

enableWeinreAdvanceSettings

void enableWeinreAdvanceSettings ( )

リモート検査が実行中の場合に返します。

出力:非表示

getCurrentIP

public getCurrentIP ( )

クライアントの IP アドレスを返します。

出力:非表示

getDebugProperty

public any getDebugProperty ( required propertyName )

指定されたデバッグプロパティを返します。このメソッドを使用するには、必要なプロパティを propertyName 属性で渡します。

出力:非表示
パラメーター:
   propertyName: 任意、必須、デバッグプロパティを取得。有効なプロパティは次のとおり

  • MAX_DEBUG_SESSIONS
  • REMOTE_INSPECTION_ENABLED
  • enableDebug
  • enableRobustExceptions
  • enableAJAXDebugging
  • enablePerfMon
  • enableCFStat
  • debugTemplate
  • templateExecutionTime
  • templateHighlightMinimum
  • templateModel
  • showExecutionTime
  • showGeneralInfo
  • showDatabaseInfo
  • showExceptionInfo
  • showTrace
  • showTimer
  • showVariables
  • showApplicationVariables
  • showCGIVariables
  • showClientVariables
  • showCookieVariables
  • showFlashFormCompileErrors
  • showFormVariables
  • showRequestVariables
  • showSessionVariables
  • showServerVariables
  • showURLVariables

getDebugRecordset

public query getDebugRecordset ( )

デバッガーレコードセットを返します。

出力:非表示

getIPList

public getIPList ( adminPassword="", adminPassword2="" )

デバッグが有効になっている IP アドレスのリストを返します。

出力:非表示
パラメーター:
   adminPassword:任意、オプション、管理者パスワード
   adminPassword2:任意、オプション、管理者パスワード 2

getLineDebuggerPort

numeric getLineDebuggerPort ( )

JVM デバッグポートを返します。

出力:非表示

getLocalInspectionURL

string getLocalInspectionURL ( )

weinre サーバーの検査 URL を返します。

出力:非表示

getLocalIpAddressesList

getLocalIpAddressesList ( )

このマシンのすべての IP アドレスを返します。

出力:非表示

getLocalWeinreIPAddress

string getLocalWeinreIPAddress ( )

weinre サーバーが実行されている IP アドレスを返します。

出力:非表示

getLocalWeinreServerDeathTimeOut

string getLocalWeinreServerDeathTimeOut ( ) 

Local Weinre Server Death Timeout を返します

出力:非表示

getLocalWeinreServerPort

string getLocalWeinreServerPort ( )

weinre サーバーが実行されているポートを返します。

出力:非表示

getLocalWeinreServerReadTimeOut

string getLocalWeinreServerReadTimeOut ( )

Local Weinre Server Read Timeout を返します。

出力:非表示

getLogProperty

public any getLogProperty ( required propertyName )

指定されたロギングプロパティを返します。このメソッドを使用するには、必要なプロパティを propertyName 属性で渡します。

出力:非表示
パラメーター:
   propertyName: 任意、必須、ロギングプロパティを取得。有効なプロパティは次のとおり

  • pattern
  • LogDirectory
  • MaxFileSize
  • MaxArchives
  • LogScheduledTask
  • LogCorbaCalls
  • LogRequestTimeLimit
  • logMailSeverity
  • logMailSentMessages

setIP

public void setIP ( required string debugip )

デバッグが有効になっている 1 つ以上の IP アドレスのリストを設定します。

出力:非表示
パラメーター:
   debugip文字列、必須、IPアドレスのリスト。 

setLineDebuggerEnabled

void setLineDebuggerEnabled ( boolean enabled="true" )

ラインデバッガーの有効/無効を切り替えます。

出力:非表示
パラメーター:
   enabled:ブール型、オプション、有効

setLineDebuggerPort

void setLineDebuggerPort ( required numeric portNumber )

JVM デバッグポートを設定します。

出力:非表示
パラメーター:
   portNumber:数値、必須、ポート番号

setLocalWeinreIpAddress

void setLocalWeinreIpAddress ( required string ipAddress )

ローカルのweinre IPアドレスを設定します。

出力:非表示

パラメーター:ipAddress文字列、必須、IP アドレス 

setLocalWeinreServerDeathTimeOut

void setLocalWeinreServerDeathTimeOut ( required string deathTimeout )

ローカルのweinredeath timeout を設定します。

出力:非表示
パラメーター:
   deathTimeout: 文字列、必須、death timeout

setLocalWeinreServerPort

void setLocalWeinreServerPort ( required string port )

ローカルの weinre ポートアドレスを設定します。

出力:非表示
パラメーター:
   port: 文字列、必須、ポート

setLocalWeinreServerReadTimeOut

void setLocalWeinreServerReadTimeOut ( required string readTimeOut )

ローカルの weinre 読み取りタイムアウトを設定します。 

出力:非表示
パラメーター:
   readTimeOut:文字列、必須、読み取りタイムアウト

setLogProperty

public void setLogProperty ( required propertyName, required propertyValue )

指定されたロギングプロパティを設定します。このメソッドを使用するには、プロパティを propertyName 属性で渡し、関連する値を propertyValue 属性で渡します。

出力:非表示
パラメーター:
   propertyName:任意、必須、設定するプロパティ。有効なプロパティは次のとおり

  • pattern
  • LogDirectory
  • MaxFileSize
  • MaxArchives
  • LogScheduledTask
  • LogCorbaCalls
  • LogRequestTimeLimit
  • logMailSeverity
  • logMailSentMessages


   propertyValue:任意、必須、プロパティ名の値。

setMaxDebuggingSessions

void setMaxDebuggingSessions ( required numeric maxSessions )

最大同時でバッグセッションを設定します。

出力:非表示
パラメーター:
   maxSessions:数値、必須、最大セッション数

setRemoteInspectionEnabled

void setRemoteInspectionEnabled ( )

リモート検査フラグを有効にします。

出力:非表示

setWeinreServerlocation

void setWeinreServerlocation ( required string weinreUrl )

weinreサーバーのURL を設定します。リモート検査の場合に使用します。

出力:非表示
パラメーター:
   weinreUrl文字列、必須、weinre のURL 

setWeinreServerType

void setWeinreServerType ( required string inspectionType )

検査タイプをローカルまたはリモートに設定します。

出力:非表示
パラメーター:
   inspectionType:文字列、必須、検査タイプ

startLineDebugger

void startLineDebugger ( )

CF ラインデバッガーを起動します。

出力:非表示

startLocalWeinreServer

void startLocalWeinreServer ( )

ColdFusion によりインストールされている場合は、ローカルの weinre サーバーを起動します。

出力:非表示

startLocalWeinreServerOnFreePort

void startLocalWeinreServerOnFreePort ( )

ColdFusion によりインストールされている場合は、ローカルの weinre サーバーを起動します。

出力:非表示

stopLineDebugger

void stopLineDebugger ( )

CF ラインデバッガーを停止します。

出力:非表示

stopLocalWeinreServer

void stopLocalWeinreServer ( )

ローカルの weinre サーバーが実行中の場合は、それを停止します。

出力:非表示

store

void store ( )

出力:非表示

storeRemoteInspectionUI

void storeRemoteInspectionUI ( )

出力:非表示

validateIP*

private boolean validateIP ( required debugip )

文字列に有効な IP アドレスを含める必要があります。

出力:非表示
パラメーター:
   debugip任意、必須、テストする文字列 

ドキュメント CFC

CFDocument 設定を管理します。

階層: WEB-INF.cftags.component
      CFIDE.adminapi.base
            CFIDE.adminapi.document
パス: C:\ColdFusion2016\cfusion\wwwroot\CFIDE\adminapi\document.cfc
シリアル化可能: はい
プロパティ:  
継承されたメソッド: dumpgetEditiongetInstallTypeisAdminUserlogaudit

イベントゲートウェイを追加、変更、削除および管理します。

階層: WEB-INF.cftags.component
      CFIDE.adminapi.base
            CFIDE.adminapi.eventgateway
パス: C:\ColdFusion2016\cfusion\wwwroot\CFIDE\adminapi\eventgateway.cfc
シリアル化可能: はい
プロパティ:  
継承されたメソッド: dumpgetEditiongetInstallTypeisAdminUserlogaudit

addServiceManager

public void addServiceManager ( required name, required hostname, required numeric port, required numeric weight, required boolean ishttps )

Service Manager を追加および登録します。

出力:非表示
パラメーター:
   name:任意、必須、Service Manager の名前
   hostname:任意、必須、Service Manager のホスト名
   port:数値、必須、Service Manager のホスト名
   weight:数値、必須、Service Manager のホスト名
   ishttpsブール型、必須、Service Manager のホスト名

disableServiceManager

public void disableServiceManager ( required name )


与えられた名前の Service Manager を無効にし登録解除します。

出力:非表示
パラメーター:
   name:任意、必須、Service Manager の名前

editServiceManager

public void editServiceManager ( required name, required hostname, required numeric port, required numeric weight, required boolean ishttps )

Service Manager を編集および登録変更します。

出力:非表示
パラメーター:
   name:任意、必須、Service Manager の名前
   hostname:任意、必須、Service Manager のホスト名
   port:数値、必須、Service Manager のホスト名
   weight:数値、必須、Service Manager のホスト名
   ishttpsブール型、必須、Service Manager のホスト名

enableServiceManager

public void enableServiceManager ( required name )

与えられた名前の Service Manager を有効にし登録します。

出力:非表示
パラメーター:
   name:任意、必須、Service Manager の名前

getAllServiceManager

public any getAllServiceManager ( )

与えられた名前の Service Manager を返します。

出力:非表示

getServiceManager

public any getServiceManager ( required name )

与えられた名前の Service Manager を返します。

出力:非表示
パラメーター:
   name:任意、必須、Service Manager の名前

removeServiceManager

public void removeServiceManager ( required name )

与えられた名前の Service Manager を削除し設定解除します。

出力:非表示
パラメーター:
   name: 任意、必須、Service Manager の名前

verifyServiceManager

public any verifyServiceManager ( required name ) 

与えられた名前の Service Manager を検証します。

出力:非表示
パラメーター:
   name:任意、必須、Service Manager の名前

deleteGatewayInstance

public void deleteGatewayInstance ( required gatewayid )

ゲートウェイのインスタンスを削除します。

出力:非表示
パラメーター:
   gatewayid:任意、必須、ゲートウェイインスタンスの ID

deleteGatewayType

public void deleteGatewayType ( required type )

イベントゲートウェイタイプを削除します。

出力:非表示
パラメーター:
   type:任意、必須、ゲートウェイタイプ

getGatewayEvents

public any getGatewayEvents ( required gatewayID, required propertyName )

指定されたゲートウェイイベントカウンターの値を返し、サーバー起動時にリセットされます。

出力:非表示
パラメーター:
   gatewayID任意、必須、ゲートウェイの名前 
   propertyName: 任意、必須、有効なプロパティは以下のとおり

  • EventsIn

EventsOut

getGatewayInstances

public any getGatewayInstances ( gatewayid )

指定されたゲートウェイインスタンスの全ゲートウェイのインスタンスを返します。

出力:非表示
パラメーター:
   gatewayid:任意、オプション、ゲートウェイインスタンスの ID を指定

getGatewayInstanceStatus

public boolean getGatewayInstanceStatus ( required gatewayid )

ゲートウェイインスタンスのステータス(実行中/停止)を返します。

出力:非表示
パラメーター:
   gatewayid任意、必須、ゲートウェイインスタンスの名前

getGatewayProperty

public any getGatewayProperty ( required propertyName ) 

指定されたゲートウェイプロパティの値を返します。

出力:非表示
パラメーター:
   propertyName:任意、必須、有効なプロパティは以下のとおり

  • ThreadPoolSize

MaxQueueSize

getGatewayServiceStatus

public any getGatewayServiceStatus ( )

ゲートウェイサービスステータスを返します。

出力:非表示

getGatewayTypes

public any getGatewayTypes ( type )

既知のイベントゲートウェイのタイプを返します。

出力:非表示
パラメーター:
   type:任意、オプション、ゲートウェイタイプを指定

getSMSTestServerStatus

public boolean getSMSTestServerStatus ( )

SMS Test Server のステータス(実行中/停止)を返します。

出力:非表示

ResetGatewayEvents

public any ResetGatewayEvents ( required gatewayID, required propertyName ) 

特定のゲートウェイのために内部イベントカウンターをリセットします。

出力:非表示
パラメーター:
   gatewayID:任意、必須、ゲートウェイの 名前 
   propertyName: 任意、必須、有効なプロパティは以下のとおり

  • EventsIn

EventsOut

restartGatewayInstance

public void restartGatewayInstance ( required gatewayid )

イベントゲートウェイのインスタンスを再起動します。

出力:非表示
パラメーター:
   gatewayid:任意、必須、ゲートウェイインスタンスの 名前

setGatewayInstance

public void setGatewayInstance ( required gatewayid, required type, required array cfcPaths, required configurationpath, required mode )

ゲートウェイインスタンスを追加します。

出力:非表示
パラメーター:
   gatewayid:任意、必須、ゲートウェイインスタンスの 名前 
   type:任意、必須、SMS、SocketGateway などのゲートウェイタイプ 
   cfcPaths:配列、必須、着信メッセージ用のリスナー CFC への絶対パス 
   configurationpath:任意、必須、ゲートウェイインスタンス用の構成ファイル 
   mode:任意、必須、ゲートウェイ起動ステータス

  • auto
  • manual
  • disabled

setGatewayProperty

public void setGatewayProperty ( required propertyName, required propertyValue )

指定されたゲートウェイプロパティの値を設定します。

出力:非表示
パラメーター:
   propertyName:任意、必須、有効なプロパティは以下のとおり

  • ThreadPoolSize
  • MaxQueueSize


   propertyValue:任意、必須、指定されたプロパティの値

setGatewayServiceStatus

public void setGatewayServiceStatus ( required enableGatewayService )

ColdFusion Event Gateway Services の有効/無効を切り替えます

出力:非表示
パラメーター:
   enableGatewayService:任意、必須、ColdFusion Event Gateway Services を有効にするかどうかを指定

setGatewayType

public void setGatewayType ( required type, required description, required class, timeout="30", killOnTimeout="true" )

イベントゲートウェイタイプを追加します。

出力:非表示
パラメーター:
   type:任意、必須、ゲートウェイのタイプ
   description:任意、必須、ゲートウェイのタイプの説明
   class:任意、必須、ゲートウェイのタイプのための Java クラスの名前
   timeout:任意、必須、タイムアウト値
   killOnTimeout:任意、必須、Yes または No

startGatewayInstance

public void startGatewayInstance ( required gatewayid )

イベントゲートウェイのインスタンスを開始します。

出力:非表示
パラメーター:
   gatewayid任意、必須、ゲートウェイインスタンスの名前 

startGatewayService

public void startGatewayService ( )

イベントゲートウェイサービスを有効にします。

出力:非表示

startSMSTestServer

public void startSMSTestServer ( ) 

SMS Test Server を起動します。

出力:非表示

stopGatewayInstance

public void stopGatewayInstance ( required gatewayid )

イベントゲートウェイのインスタンスを停止します。

出力:非表示
パラメーター:
   gatewayid任意、必須、ゲートウェイインスタンスの名前

stopGatewayService

public void stopGatewayService ( )

イベントゲートウェイサービスを停止します。

出力:非表示

stopSMSTestServer

public void stopSMSTestServer ( )

SMS Test Server を停止します。

出力:非表示

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー