サーバーの自動ロックダウンを使用すると、管理者は ColdFusion サーバーのインストールを保護できます。サーバーの自動ロックダウンを使用すると、脆弱性に対するサーバーのセキュリティが高まります。

現時点では、ColdFusion サーバーをロックダウンする手順は手動です。このドキュメントでは、サーバーのロックダウン(サーバーのロックダウンを自動化する機能)をインストールする手順を説明します。

サーバーを手動でロックダウンする手順は次のとおりです。

  • IIS をインストール
  • IIS を設定
  • ユーザーアカウントを作成
  • webroot フォルダー構造を設定
  • webroot の権限を設定
  • ColdFusion インストーラーを実行
  • ColdFusion のアップデートをインストール
  • Web サーバー設定ツール(wsconfig.exe)を実行
  • ファイルシステムの権限を設定
  • cf_scripts エイリアスを設定(Linux)
  • レジストリの権限を変更(Windows)
  • ColdFusion サービスのログインユーザーを指定
  • uniworkermap.properties を設定(Windows)
  • /jakarta 仮想ディレクトリをロックダウン(Windows)
  • ColdFusion Administrator の設定を変更

手動ではなく、サーバーの自動ロックダウンのインストーラーを使用する場合は、手順やメリットは次のようになります。

  • すべての手順を自動的に実行
  • 設定要約を表示
  • インストーラーでエラーが発生した場合は元の設定にロールバックする
  • サイレントインストール
  • どのプラットフォームで(Windows および Linux)も使用可能
  • 手動の場合と比べ、大幅に短い時間で設定可能

サーバーをロックダウンする前に、特に次の条件を満たす必要があります。

  • ColdFusion を本番プロファイルまたは本番プロファイル(セキュア)にインストールして実行する
  • Webサーバーを インストールして実行する
  • インストール後に ColdFusion Administrator にアクセスしている

次の前提条件も満たしておくことをお勧めします。

  • ファイアウォールが有効になっている
  • ColdFusion、Web サーバーおよび webroot が別々のディレクトリにある
  • ColdFusion の最新のアップデートがインストールされている
  • ファイルシステムが NTFS である

Windows - IIS

次の手順に沿ってサーバーのロックダウンをインストールします。

  1. インストーラーを起動するために、セットアップファイルをダブルクリックします。続行するには、「次へ」をクリックし、使用許諾契約に同意します。

    概要
    概要
  2. インストールの前提条件を確認します。

    前提条件
    前提条件
  3. インストーラーを実行すると、ColdFusion のインストールディレクトリを指定するよう求められます。場所を指定し、「次へ」をクリックします。

    ColdFusion のインストールディレクトリ
    ColdFusion のインストールディレクトリ
  4. 画面に表示されるオプションから、ColdFusion を最新バージョンにアップデートするかどうかを選択します。このオプションは、インターネットに接続されており、最新のアップデートをダウンロードできる場合のみ選択します。インターネットに接続されていない場合は、アップデート jar ファイルの場所を指定します。

    ColdFusion に最新のアップデートを適用してから、サーバーの自動ロックダウンプロセスを開始することをお勧めします。

    ColdFusion のアップデート
    ColdFusion のアップデート
  5. ドロップダウンリストから、ロックダウンする ColdFusion インスタンスを選択します。インスタンスごとに、サーバーのロックダウンのインストーラーを別々に実行します。 

    既にロックダウンされているインスタンスは、「利用可能なインスタンス」ドロップダウンリストに表示されます。

    ColdFusion インスタンス
    ColdFusion インスタンス
  6. Web サーバーを選択し、「次へ」をクリックします。

    Web サーバーの設定 - IIS
    Web サーバーの設定 - IIS
  7. IIS の場合は、指定したインスタンスとのコネクターとして実行する必要がある各 Web サイトを選択します。この Web サイトは、選択した ColdFusion インスタンスとともにロックダウンされます。

    複数の Web サイトを選択するには、Shift + Alt + Ctrl キーを押しながら各 Web サイトをクリックします。

    手順 5 で選択したインスタンスとのコネクターとして既に設定されている Web サイトは、事前に選択されています。 

    IIS の Web サイト
    IIS の Web サイト
  8. 選択した Web サイトのアプリケーションプールの詳細が正しいことを確認します。

    アプリケーションプールのユーザーは、IIS webroot および [CF_Home]\config\wsconfig\[コネクター番号] のコネクターフォルダーに適切な権限を付与するために使用されます。名前が正しいことを確認します。名前が間違っていると、ColdFusion アプリケーションにアクセスできません。アプリケーションプールにマッピングするパスを選択します。

    続行するには、「次へ」をクリックします。

    アプリケーションプールの詳細
    アプリケーションプールの詳細
  9. 選択した Web サイトの Web サーバーの webroot が正しいことを確認します。

    このフォルダーに webroot ファイルが含まれている必要があります。これらのファイルはコネクターのポートを使用して配信されます。

    webroot の詳細
    webroot の詳細
  10. 以下に入力した値は、インストーラーによって、ロックダウンガイドで推奨されている ColdFusion Administrator の設定に変更を加える際に使用されます。

    このポートは ColdFusion の内部ポートです。コネクターのポートではありません。例えば、ポート 8500 などです。

    パスワードは変更および保存されません。このパスワードがそのまま使用されます。ポートが開いていることと、ロックする ColdFusion インスタンスがこのポートを使用して配信されていることを確認します。

    ColdFusion Administrator の資格情報
    ColdFusion Administrator の資格情報
  11. OS の管理者ユーザーアカウントの詳細を指定します。この情報は、インストーラーがファイルシステムに変更を加える際に必要になります。このユーザーアカウントは、インストーラーを実行するシステムの管理者アカウントである必要があります。例えば Windows では、Administrator などになります。

    このケースでは、ドメインは、管理者アカウントがあるドメインか、ローカルアカウントの場合はマシン名になります。

    パスワードは変更および保存されません。このパスワードは、インストール時にエラーが発生した場合に、レジストリおよびサービスに対する変更をロールバックする際に必要になります。

    OS の管理者アカウントの詳細
    OS の管理者アカウントの詳細
  12. ColdFusion サービスを実行するユーザーが既にいる場合は、「はい」を選択し、ユーザーの情報を入力します。まだユーザーがいない場合は、「いいえ」を選択し、ユーザーの情報を入力します(ドメイン名はマシン名にします)。これらの情報を使用して、ColdFusion サービスの実行に使用されるローカルシステムにユーザーが作成されます。

    パスワードを指定する際は、組織のパスワードポリシーに準拠してください。

    ColdFusion ランタイムユーザー
    ColdFusion ランタイムユーザー
  13. シャットダウンポートを入力します。続行するには、「次へ」をクリックします。

    注意:

    このポートは、ロックダウンする ColdFusion サーバーがイントラネット上にある場合にのみ変更します。ネットワーク内の他のユーザーがこのシャットダウンポートを使用する可能性があります。マシンが独立している場合は、シャットダウンポートを変更する必要はありません。

    ColdFusion のシャットダウンポート
    ColdFusion のシャットダウンポート
  14. プリインストールの要約を確認してから、「インストール」をクリックしてサーバーの自動ロックダウンを開始します。

    プリインストールの要約
    プリインストールの要約

注意:

ロックダウンが終わったら、<CF_HOME>/lockdown/<INSTANCE_TO_LOCKDOWN>/logs/ フォルダーのインストールログを確認します。このログファイルには、アクションと各アクションのステータスが一覧表示されます。

Windows - Apache

次のインストール画面は Apache の場合のものです。最初のいくつかの画面は、IIS と Apache の両方で共通です。

  1. インストーラーがチェックする Web サーバーの設定を指定する際に、「Apache」を選択します。「インストール」をクリックします。

    「Apache」を選択
    「Apache」を選択
  2. 以下に入力した値は、インストーラーによって、ロックダウンガイドで推奨されている ColdFusion Administrator の設定に変更を加える際に使用されます。

    このポートは ColdFusion の内部ポートです。 コネクターのポートではありません。例えば、ポート 8500 などです。

    パスワードは変更および保存されません。このパスワードがそのまま使用されます。ポートが開いていることと、ロックする ColdFusion インスタンスがこのポートを使用して配信されていることを確認します。

    ColdFusion Administrator の資格情報
    ColdFusion Administrator の資格情報
  3. OS の管理者ユーザーアカウントの詳細を指定します。この情報は、インストーラーがファイルシステムに変更を加える際に必要になります。このユーザーアカウントは、インストーラーを実行するシステムの管理者アカウントである必要があります。例えば Windows では、Administrator などになります。

    このケースでは、ドメインは、管理者アカウントがあるドメインか、ローカルアカウントの場合はマシン名になります。

    パスワードは変更および保存されません。このパスワードは、インストール時にエラーが発生した場合に、レジストリおよびサービスに対する変更をロールバックする際に必要になります。

    OS の管理者アカウントの詳細
    OS の管理者アカウントの詳細
  4. ColdFusion サービスを実行するユーザーが既にいる場合は、「はい」を選択し、ユーザーの情報を入力します。まだユーザーがいない場合は、「いいえ」を選択し、ユーザーの情報を入力します(ドメイン名はマシン名にします)。これらの情報を使用して、ColdFusion サービスの実行に使用されるローカルシステムにユーザーが作成されます。

    パスワードを指定する際は、組織のパスワードポリシーに準拠してください。

    ColdFusion ランタイムユーザー
    ColdFusion ランタイムユーザー
  5. Web サーバーを実行するユーザーが既にいる場合は、はい」を選択し、ユーザーの情報を入力します。まだユーザーがいない場合は、「いいえ」を選択し、ユーザーの情報を入力します(ドメイン名はマシン名にします)。これらの情報を使用して、Apache サービスの実行に使用されるローカルシステムにユーザーが作成されます。

    ColdFusion サービスと Apache サービスを実行するユーザーは、同一にしないことをお勧めします。

    Web サーバーのランタイムユーザー
    Web サーバーのランタイムユーザー
  6. Apache の conf ディレクトリへのパスを指定します。

    Web サーバーの conf フォルダー
    Web サーバーの conf フォルダー
  7. Apache のバイナリファイルのパスを指定します。

    Web サーバーのバイナリファイルのパス
    Web サーバーのバイナリファイルのパス
  8. Apache の webroot へのパスを指定します。

    webroot のパス
    webroot のパス
  9. Web サイトにファイルをアップロードする場合は、「はい」を選択し、これらのファイルをアップロードするフォルダーを指定します。

    ファイルのアップロード
    ファイルのアップロード
  10. /cf_scripts/scripts のエイリアスを入力し、/cf_scripts/scripts へのすべての呼び出しをブロックします。

    cf_scripts のエイリアス
    cf_scripts のエイリアス
  11. シャットダウンポートを入力します。続行するには、「次へ」をクリックします。

    シャットダウンポート
    シャットダウンポート

Linux

  1. サーバーの自動ロックダウンのインストーラーを起動するために、セットアップファイルをダブルクリックします。

    概要
    概要
  2. インストールの前提条件を確認します。

    前提条件
    前提条件
  3. インストーラーを実行すると、ColdFusion のインストールディレクトリを指定するよう求められます。場所を指定し、「次へ」をクリックします。

    ColdFusion のインストールディレクトリ
    ColdFusion のインストールディレクトリ
  4. 画面に表示されるオプションから、ColdFusion を最新バージョンにアップデートするかどうかを選択します。このオプションは、インターネットに接続されており、最新のアップデートをダウンロードできる場合のみ選択します。インターネットに接続されていない場合は、アップデート jar ファイルの場所を指定します。

    ColdFusion に最新のアップデートを適用してから、サーバーの自動ロックダウンプロセスを開始することをお勧めします。

    ColdFusion のアップデート
    ColdFusion のアップデート
  5. ドロップダウンリストから、ロックダウンする ColdFusion インスタンスを選択します。インスタンスごとに、サーバーのロックダウンのインストーラーを別々に実行します。 

    既にロックダウンされているインスタンスは、「利用可能なインスタンス」ドロップダウンリストに表示されます。

    ColdFusion の設定
    ColdFusion の設定
  6. Web サーバー(この例では「Apache」)を選択します。

    Web サーバーの設定
    Web サーバーの設定
  7. 以下に入力した値は、インストーラーによって、ロックダウンガイドで推奨されている ColdFusion Administrator の設定に変更を加える際に使用されます。

    このポートは ColdFusion の内部ポートです。 コネクターのポートではありません。例えば、ポート 8500 などです。

    パスワードは変更および保存されません。このパスワードがそのまま使用されます。ポートが開いていることと、ロックする ColdFusion インスタンスがこのポートを使用して配信されていることを確認します。

    ColdFusion Administrator の資格情報
    ColdFusion Administrator の資格情報
  8. OS の管理者ユーザーアカウントの詳細を指定します。この情報は、インストーラーがファイルシステムに変更を加える際に必要になります。このユーザーアカウントは、インストーラーを実行するシステムの管理者アカウントである必要があります。例えば Windows では、Administrator などになります。

    このケースでは、ドメインは、管理者アカウントがあるドメインか、ローカルアカウントの場合はマシン名になります。

    パスワードは変更および保存されません。このパスワードは、インストール時にエラーが発生した場合に、レジストリおよびサービスに対する変更をロールバックする際に必要になります。

    Linux では、パスワードはオプションです。

    OS の管理者アカウントの詳細
    OS の管理者アカウントの詳細
  9. ColdFusion サービスを実行するユーザーが既にいる場合は、「はい」を選択し、ユーザーの情報を入力します。まだユーザーがいない場合は、「いいえ」を選択し、ユーザーの情報を入力します(ドメイン名は マシン名にします)。これらの情報を使用して、ColdFusion サービスの実行に使用されるローカルシステムにユーザーが作成されます。

    パスワードを指定する際は、組織のパスワードポリシーに準拠してください。

    Linux では、パスワードはオプションです。

    ColdFusion ランタイムユーザー
    ColdFusion ランタイムユーザー
  10. Web サーバーを実行するユーザーが既にいる場合は、はい」を選択し、ユーザーの情報を入力します。まだユーザーがいない場合は、「いいえ」を選択し、ユーザーの情報を入力します(ドメイン名は マシン名にします)。これらの情報を使用して、ColdFusion サービスの実行に使用されるローカルシステムにユーザーが作成されます。

    パスワードを指定する際は、組織のパスワードポリシーに準拠してください。

    Linux では、パスワードはオプションです。

    Web サーバーのランタイムユーザー
    Web サーバーのランタイムユーザー
  11. Apache の conf ディレクトリへのパスを指定します。

    Web サーバーの conf ディレクトリ
    Web サーバーの conf ディレクトリ
  12. Apache のバイナリファイルのパスを指定します。

    Web サーバーのバイナリファイルのパス
    Web サーバーのバイナリファイルのパス
  13. Apache webroot へのパスを指定します。

    Web サーバーの webroot のパス
    Web サーバーの webroot のパス
  14. Web サイトにファイルをアップロードする場合は、「はい」を選択し、これらのファイルをアップロードするフォルダーを指定します。

    ファイルのアップロード
    ファイルのアップロード
  15. /cf_scripts/scripts への呼び出しを制限するために、その場所のエイリアスを入力します。

    cf_scripts のエイリアス
    cf_scripts のエイリアス
  16. シャットダウンポートを入力します。続行するには、「次へ」をクリックします。

    シャットダウンポート
    シャットダウンポート

サーバーの自動ロックダウンのサイレントインストール

Linux - Apache

# Silent Properties file for Adobe ColdFusion Server Auto-Lockdown Installer
# Web Server : Apache
# Platform : Linux

INSTALLER_UI=SILENT

#Enter the directory where ColdFusion is installed. Ex: /opt/coldfusion2018.
SILENT_CF_SERVER_LOCATION=

#The Web Server Apache is selected for configuring the connector in ColdFusion.
#Apache will also be locked down along with ColdFusion.
SERVER_APACHE=1
SERVER_IIS=0

#ColdFusion Server instance intended for Lockdown Ex:cfusion
APP_SERVER_INSTANCE=

#Update ColdFusion to the latest update. Allowed : 1, if you want to update ColdFusion, 0 if not.
UPDATE_CF_TRUE=1

#Allowed : 1 for Automatic Update, 0 for Manually updating ColdFusion
AUTO_UPDATE_CF_TRUE=1

#If auto-update is false, provide the path where hotfix.jar is present. Give full path.
HF_UPDATE_JAR_PATH=

#Apache Windows

#ColdFusion Configuration
#Enter the ColdFusion Administrator credentials and the built-in Web Server port.
CF_ADMIN_USERNAME=
CF_ADMIN_PASSWORD=
CF_ADMIN_PORT=

#OS Administrator Account Details.
#Enter the user account details of the OS administrator. 
SYSTEM_ADMIN_USER=
SYSTEM_ADMIN_PWD=
SYSTEM_ADMIN_DOMAIN=

# Allowed :1 if you have a user already created for running CF Services, 0 otherwise.
USER_CF_SERVICE_TRUE=

# Details for User for configuring ColdFusion services and file system permissions. If not existing, a user will be created
CF_USER_UNAME=
CF_USER_PWD=
CF_USER_GRP=

# Enter the user account to run Web Server with, post lockdown.
#The user account will be granted file system permissions to the ColdFusion connector directories and the Web Server webroot(s)/document root.
# 1 if you have a user created for running Apache Services, 0 otherwise.
APACHE_DEFAULT_USER_TRUE=
APACHE_DEFAULT_USERNAME=apache
APACHE_DEFAULT_GROUP=
APACHE_DEFAULT_PASSWORD=

#Enter the conf directory path of the Web Server.
#This folder must contain the httpd.conf or apache2.conf file.Ex: /etc/apache2.
WEBSERVER_CONF_DIR=


#Enter the binary file path of the Web Server. Ex: /usr/sbin/apache2
APACHE_BIN_FILE_PATH=

#Enter the webroot path of the Web Server. 
#The required file system permissions will be granted to this folder.Ex; /var/www/html
WEBROOT_PATH=

#If you want to upload files to your website, specify the path of the folder where these files are to be placed. 
#This folder will also be granted write permissions.
#Allowed: 1 if you want files to be uploaded through your website, 0 otherwise
USER_FILE_UPLOAD_TRUE=
USER_FILE_UPLOAD_PATH=

#Enter an alias for /cf_scripts/scripts to block all calls to /cf_scripts/scripts.
CF_SCRIPTS_ALIAS=

#Allowed: 1 if you want to change the shutdown port, 0 otherwise
CHANGE_SHUTDOWN_PORT_TRUE=1

# New shutdown port number
SHUTDOWN_PORT_NEW=

Windows - Apache

# Silent Properties file for Adobe ColdFusion Server Auto-Lockdown Installer
# Web Server : Apache
# Platform : Windows(All)

INSTALLER_UI=SILENT

#Enter the directory where ColdFusion is installed. Ex: C:\\ColdFusion2018.
SILENT_CF_SERVER_LOCATION=C:\\ColdFusion2018

#The Web Server Apache is selected for configuring the connector in ColdFusion.
#Apache will also be locked down along with ColdFusion.
SERVER_APACHE=1
SERVER_IIS=0

#ColdFusion Server instance intended for Lockdown Ex:cfusion
APP_SERVER_INSTANCE=

#Update ColdFusion to the latest update. Allowed : 1, if you want to update ColdFusion, 0 if not.
UPDATE_CF_TRUE=1

#Allowed : 1 for Automatic Update, 0 for Manually updating ColdFusion
AUTO_UPDATE_CF_TRUE=1

#If auto-update is false, provide the path where hotfix.jar is present. Give full path.
HF_UPDATE_JAR_PATH=

#Apache Windows

#ColdFusion Configuration
#Enter the ColdFusion Administrator credentials and the built-in Web Server port.
CF_ADMIN_USERNAME=
CF_ADMIN_PASSWORD=
CF_ADMIN_PORT=

#OS Administrator Account Details.
#Enter the user account details of the OS administrator. 
SYSTEM_ADMIN_USER=
SYSTEM_ADMIN_PWD=
SYSTEM_ADMIN_DOMAIN=

# Allowed :1 if you have a user already created for running CF Services, 0 otherwise.
USER_CF_SERVICE_TRUE=

# Details for User for configuring ColdFusion services and file system permissions. If not existing, a user will be created
CF_USER_UNAME=
CF_USER_PWD=
CF_USER_GRP=

# Enter the user account to run Web Server with, post lockdown.
#The user account will be granted file system permissions to the ColdFusion connector directories and the Web Server webroot(s)/document root.
# 1 if you have a user created for running Apache Services, 0 otherwise.
APACHE_DEFAULT_USER_TRUE=
APACHE_DEFAULT_USERNAME=apache
APACHE_DEFAULT_GROUP=
APACHE_DEFAULT_PASSWORD=

#Enter the conf directory path of the Web Server.
#This folder must contain the httpd.conf or apache2.conf file.Ex: C:\Apache24\conf.
WEBSERVER_CONF_DIR=


#Enter the binary file path of the Web Server. Ex: C:\Apache24\bin\httpd.exe
APACHE_BIN_FILE_PATH=

#Enter the webroot path of the Web Server. 
#The required file system permissions will be granted to this folder.Ex C:\Apache24\htdocs
WEBROOT_PATH=

#If you want to upload files to your website, specify the path of the folder where these files are to be placed. 
#This folder will also be granted write permissions.
#Allowed: 1 if you want files to be uploaded through your website, 0 otherwise
USER_FILE_UPLOAD_TRUE=
USER_FILE_UPLOAD_PATH=

#Enter an alias for /cf_scripts/scripts to block all calls to /cf_scripts/scripts.
CF_SCRIPTS_ALIAS=

#Allowed: 1 if you want to change the shutdown port, 0 otherwise
CHANGE_SHUTDOWN_PORT_TRUE=1

# New shutdown port number
SHUTDOWN_PORT_NEW=

Windows - IIS

# Silent Properties file for Adobe ColdFusion Server Auto-Lockdown Installer
# Web Server : IIS
# Platform : Windows(All)

INSTALLER_UI=SILENT

#Enter the directory where ColdFusion is installed. Ex: C:\\ColdFusion2018.
SILENT_CF_SERVER_LOCATION=

#The Web Server IIS is selected for configuring the connector in ColdFusion.
#The IIS website(s) will also be locked down along with ColdFusion.
SERVER_IIS=1
SERVER_APACHE=0

#ColdFusion Server instance intended for Lockdown Ex:cfusion
APP_SERVER_INSTANCE=

#Enter the IIS Website(s) you are planning to Lockdown(comma separated). Ex: site1,site2
SILENT_WEBSITES_TO_LOCKDOWN=

#Application Pool(s) for chosen website(s) (comma separated). Ex: site1AppPool,site2AppPool
SILENT_APP_POOL_IIS_WEBSITES=

#Webroot(s) folder for chosen website in IIS (comma separated) Ex: C:\inetpub\site1,C:\inetpub\site2
SILENT_WEBROOT_IIS_WEBSITES=

#Update ColdFusion to the latest update. Allowed : 1, if you want to update ColdFusion, 0 if not.
UPDATE_CF_TRUE=1

#Allowed : 1 for Automatic Update, 0 for Manually updating ColdFusion
AUTO_UPDATE_CF_TRUE=1

#If auto-update is false, provide the path where hotfix.jar is present. Give full path.
HF_UPDATE_JAR_PATH=

#ColdFusion Configuration
#Enter the ColdFusion Administrator credentials and the built-in Web Server port.
CF_ADMIN_USERNAME=
CF_ADMIN_PASSWORD=
CF_ADMIN_PORT=

#OS Administrator Account Details.
#Enter the user account details of the OS administrator. 
SYSTEM_ADMIN_USER=
SYSTEM_ADMIN_PWD=
SYSTEM_ADMIN_DOMAIN=

# Allowed :1 if you have a user already created for running CF Services, 0 otherwise.
USER_CF_SERVICE_TRUE=1

#Enter the user account to run ColdFusion with, post lockdown. 
#The user account will be granted file system permissions to ColdFusion and the Web Server webroot(s)/document root.
CF_USER_UNAME=
CF_USER_DOMAIN=
CF_USER_PWD=

# Allowed :1 if you want to change the shutdown port, 0 otherwise
CHANGE_SHUTDOWN_PORT_TRUE=1

# New shutdown port number
SHUTDOWN_PORT_NEW=

Windows - IIS - アンインストールプロパティ

# Silent Properties file for Adobe ColdFusion Server Auto-Lockdown Installer
# Web Server : IIS
# Platform : Windows(All)

INSTALLER_UI=SILENT

# Enter the details for the user account that was used to configure ColdFusion during lockdown. 
# In case the user was created during the server lockdown, the user account will be deleted.
CF_USER_UNAME_OLD=
CF_USER_PWD_OLD=
CF_USER_DOMAIN_OLD=

# Enter the user account to run ColdFusion with post uninstallation of lockdown. 
# The given user must already exist in the system.
CF_USER_UNAME=
CF_USER_PWD=
CF_USER_DOMAIN=

# Enter the username, password and internal webserver port for the ColdFusion Administrator. 
# Any changes made to ColdFusion during lockdown will be reverted using these credentials.
CF_ADMIN_USERNAME=
CF_ADMIN_PASSWORD=
CF_ADMIN_PORT=

Apache - アンインストールプロパティ

# Silent Properties file for Adobe ColdFusion Server Auto-Lockdown Installer
# Web Server : Apache
# Platform : Windows, Solaris, Linux

INSTALLER_UI=SILENT

# Enter the details for the user account that was used to configure ColdFusion during auto-lockdown. 
# In case the user was created during the server auto-lockdown, the user account will be deleted.
CF_USER_UNAME_OLD=
CF_USER_PWD_OLD=
CF_USER_DOMAIN_OLD=

# Enter the OS user account to run ColdFusion with post uninstallation of auto-lockdown. 
# The given user must already exist in the system.
CF_USER_UNAME=
CF_USER_PWD=
CF_USER_DOMAIN=

# Enter the username, password, and internal webserver port for the ColdFusion Administrator. 
# Any changes made to ColdFusion during lockdown will be reverted using these credentials.
CF_ADMIN_USERNAME=
CF_ADMIN_PASSWORD=
CF_ADMIN_PORT=

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー