ライブラリパネルを読み込めない、または「Creative Cloud ライブラリの初期化中に問題が発生しました」エラーが発生した場合の解決方法について説明します。

注意:

トラブルシューティングの一環として、Creative Cloud デスクトップアプリケーションをアンインストールしてから再インストールした場合、Creative Cloud デスクトップアプリケーション内のライブラリパネルが動作しなくなる場合があります。問題を解決するには、ライブラリパネルが動作しなくなったを参照してください。

「Creative Cloud ライブラリの初期化中に問題が発生しました」エラー

サポート対象のデスクトップアプリケーションで Creative Cloud ライブラリを使用しようとすると、パネルが読み込まれず、以下のエラーメッセージが表示されます。

Creative Cloud ライブラリの初期化中に問題が発生しました。

ライブラリパネルを読み込めません
「Creative Cloud ライブラリの初期化中に問題が発生しました」エラー
Creative Cloud デスクトップアプリケーションのアップデートが必要です

このエラーの回避方法

Adobe の技術部門が現在この問題に対処しています。解決方法が提供されるまでは、以下の回避策を実行することで、この機能を使用することができます。

  1. ライブラリを使用する以下のアプリケーションをすべて終了します。

    • Photoshop
    • Illustrator
    • InDesign
    • Premiere Pro
    • Adobe After Effects
  2. タスクバーのアイコンから、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを表示します。

  3. 次のキーボードショートカットを使用します。

    • MacOS: Command+Option+R
    • Windows: Ctrl+Alt+R

    Creative Cloud とそのすべてのサポートプロセス(Creative Cloud ライブラリを含む)を再起動します。

  4. ライブラリエラーが発生していたアプリケーションを再起動します。

  1. すべての Creative Cloud アプリケーションを閉じます。

  2. Creative Cloud デスクトップアプリケーションからログアウトします。

    Adobe Creative Cloud アプリケーションのライセンス認証とライセンス認証の解除」の、「デスクトップからアプリケーションのライセンス認証を解除する」を参照してください。

  3. 以下のフォルダーに移動します。

    • macOS: Users/library/Application Support/Adobe/
    • Windows: C:\Users\[自身のユーザー名]\AppData\Roaming\Adobe

    注意:

  4. Creative Cloud ライブラリフォルダーを削除します。

  5. Creative Cloud デスクトップアプリケーションでアカウントにログインし、ライブラリエラーが表示された Adobe 製品を再起動します。

    Adobe Creative Cloud アプリケーションのライセンス認証とライセンス認証の解除」の「アプリケーションをライセンス認証する」を参照してください。

  1. 以下のフォルダーを表示します。

    • MacOS:/etc
    • Windows: C:\Windows\System32\drivers\etc

    注意:

    MacOS: このフォルダーは通常非表示です。Finder で、「移動/フォルダーへ移動」を選択します。次に "/etc" と入力し(引用符は除く)、「移動」ボタンをクリックします。

  2. hosts」ファイルを開きます(メモ帳や TextEdit などのシンプルテキストエディタを使用)。

  3. Adobe Web サイトの URL が含まれていないかを確認します。含まれている場合は、それらのサイトを削除するか、または行の先頭に # を追加してそれらのサイトをコメントアウトします。

    例えば、 

    127.0.0.1 activate.adobe.com

    #127.0.0.1 activate.adobe.com

  4. 以下の行がファイルに含まれており、コメントアウトされていない(つまり、行の先頭に # が付いていない)ことを確認してください。

    127.0.0.1 localhost

  5. (オプション)Creative Cloud Cleaner Tool を使用して、hostsファイルを修復します。手順については、「Creative Cloud Cleaner Tool を使用してインストール問題を解決する」を参照してください。

MacOS X

自動プロキシ検出」または「自動プロキシ設定」を使用してネットワークを管理する場合は、「ネットワーク管理者によるプロキシの設定」を参照してください。

  1. Apple メニューから「システム環境設定」を選択します。

  2. ネットワーク」を選択します。

    ライブラリと連携するように Mac 上でプロキシを設定する - 手順 2
  3. 詳細設定」をクリックします。

    ライブラリと連携するように Mac 上でプロキシを設定する - 手順 3
  4. プロキシ」タブを選択します。

  5. シンプルなホスト名を除外」オプションが選択されていることを確認します。

    ライブラリと連携するように Mac 上でプロキシを設定する - 手順 5

Windows 10

「設定を自動的に検出する」または「セットアップスクリプトを使用」でネットワークを管理する場合は、「ネットワーク管理者によるプロキシの設定」を参照してください。

  1. 検索ボックスに Change proxy settings と入力し、対応する検索結果を開きます。

    ライブラリと連携するように Windows 10 上でプロキシを設定する - 手順 1
  2. プロキシ設定ダイアログボックスの一番下までスクロールし、「ローカル(イントラネット)アドレスにプロキシサーバーを使用しない 」オプションが選択されていることを確認します。

    ライブラリと連携するように Windows 10 上でプロキシを設定する - 手順 2

Windows 7

「設定を自動的に検出する」または「自動構成スクリプトを使用する」でネットワークを管理する場合は、「ネットワーク管理者によるプロキシの設定」を参照してください。

  1. スタート/すべてのプログラム/Internet Explorerを選択します。

  2. ツールアイコン(IE 9 以上では歯車型アイコン)をクリックし、メニューから「インターネットオプション」を選択します。

    ライブラリと連携するように Windows 7 上でプロキシを設定する - 手順 1
  3. 接続」タブに移動して、「LAN の設定」をクリックします。

    ライブラリと連携するように Windows 7 上でプロキシを設定する - 手順 3
  4. ローカルアドレスにはプロキシサーバーを使用しない」オプションが選択されていることを確認します。

    ライブラリと連携するように Windows 7 上でプロキシを設定する - 手順 4

ネットワーク管理者によるプロキシの設定

ネットワークを管理するため、ネットワーク管理者が MacOS で「自動プロキシ検出」または「自動プロキシ設定」オプションを使用したり、Windows で「設定を自動的に検出する」または「自動構成スクリプトを使用する」を使用する場合は、このセクションで Creative Cloud ライブラリを有効にする方法を参照してください。

所属組織のネットワーク管理者に、以下の手順の実行を依頼してください。

  1. PAC/WPAD プロキシ設定ファイルを開きます。

  2. 以下の設定が存在することを確認します。

    FindProxyForURL(url, host)
    if (isInNet(host, "127.0.0.1", "255.255.255.255")) {
         return "DIRECT";
    }

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー