Creative Cloud アプリケーションのエクステンションまたはプラグインのインストール中に問題が発生することがあります。ここでは、インストール中に発生する可能性のある一般的なエラーの解決策について説明します。
Artboard 2 copy 10

メッセージにエラーコードが表示されている場合は、そのエラーコードの解決策を探してください

Creative Cloud デスクトップアプリケーションに「マーケットプレイス」タブが表示されない

ARM プロセッサ搭載のコンピューターで、Creative Cloud デスクトップアプリケーションに「マーケットプレイス」タブが表示されない場合があります。アドビでは現在、この問題の修正に取り組んでいます。

以前に入手したプラグインが Creative Cloud デスクトップアプリケーションに表示されない

以前に取得したプラグインが Adobe Exchange の Web サイトに表示されても、Creative Cloud デスクトップアプリに表示されない場合は、次の手順に従います。まず、オンラインであることを確認します。

  1. Creative Cloud デスクトップアプリケーションを開きます(まだ開いていない場合)。

  2. ヘルプアップデートを確認の順に選択します。

    アップデートを確認する

    Creative Cloud デスクトップアプリケーションの読み込みが完了すると、取得済みのプラグインまたはエクステンションが「マーケットプレイス」タブに表示されます。

アプリの更新後に、以前にインストールしたプラグインが見つからない、または無効と表示される

最近、Creative Cloud デスクトップアプリケーションから Creative Cloud アプリケーションのメジャーバージョンにアップデートし、古いバージョンのアプリケーションを削除した後、インストールしたプラグインが Creative Cloud アプリケーションで見つからないか、Creative Cloud デスクトップアプリケーションで無効と表示されます。

プラグインが見つからない、または無効と表示される

この問題の解決方法

以下の解決策を順番に試します。問題が解決しない場合に、次の解決策を試してください。

  1. Creative Cloud デスクトップアプリケーションで、マーケットプレイスプラグインを管理の順に選択します。

    「プラグインを管理」を選択

    インストールされているプラグインの一覧が表示されます。

  2. プラグイン名の下にある、その他のアクション()アイコンを選択します。

    その他のオプションアイコンをクリックします。
  3. アンインストール」を選択して、プラグインをアンインストールします。

  4. プラグインがアンインストールされたら、プラグイン名の下にある「インストール」を選択します。

  5. インストールが完了したら、Creative Cloud アプリケーションを再起動します。

    プラグインが、アプリと Creative Cloud デスクトップアプリケーションの両方で使用できるようになります。

  1. すべての Creative Cloud アプリケーションを閉じます。

  2. お使いのオペレーティングシステム用の Creative Cloud デスクトップアプリケーションをダウンロードします。

  3. 画面の指示に従ってインストールを完了します。

  4. Creative Cloud デスクトップアプリケーションがインストールされたら、Creative Cloud アプリケーションを再起動します。

    プラグインが、アプリと Creative Cloud デスクトップアプリケーションの両方で使用できるようになります。

エラーコードに対応する解決策

次の表で、エラーコードに対応する解決策を探してください。

Creative Cloud デスクトップアプリケーションのエクステンションまたはプラグインに関するエラー

エラーコード エラーメッセージまたは説明 エラーの修正方法

-1

不明なエラー

Creative Cloud デスクトップアプリケーションとインストール済みのアプリケーションを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを再起動し、エクステンションまたはプラグインを再インストールします。
-2 ファイルシステムエラー

通常、ファイルシステムエラーは、権限またはディスク容量に関連する問題が原因で発生します。ディスクの空き領域を増やします。次に、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを再起動し、エクステンションまたはプラグインを再インストールします。

問題がまだ解決しない場合は、Creative Cloud デスクトップアプリケーションとインストール済みのアプリケーションを終了します。次に、エクステンションまたはプラグインを再度インストールします。

-3

抽出エラー

エラー —3 は、圧縮されたプラグインファイルが破損している、プラグインファイルが見つからない、あるいは、ディスク容量が不足している場合に表示されます。

ディスクの空き領域を増やします。Creative Cloud デスクトップアプリケーションとインストール済みのアプリケーションを終了します。Creative Cloud デスクトップアプリケーションを再起動し、エクステンションまたはプラグインを再インストールします。

-4

マニフェストの解析エラー

Creative Cloud デスクトップアプリケーションとインストール済みのアプリケーションを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを再起動し、エクステンションまたはプラグインを再インストールします。

-5

内部解析エラー

Creative Cloud デスクトップアプリケーションとインストール済みのアプリケーションを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを再起動し、エクステンションまたはプラグインを再インストールします。

-6

互換性のないプラグイン

エラーコード —6 は、ダウンロードしたプラグインが、インストール済みのアプリケーションと互換性がない場合に表示されます。Adobe Exchange にインストールされたエクステンションまたはプラグインがアプリケーションのバージョンと互換性がない場合、このエクステンションは Creative Cloud アプリケーションに追加されません。同様に、アプリケーションをアップデートし、エクステンションまたはプラグインと互換性がなくなった場合も、アプリケーションに表示されません。 

互換性のあるアプリケーションをインストールして、Creative Cloud デスクトップアプリケーションとインストール済みのアプリケーションを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを再起動し、エクステンションまたはプラグインを再インストールします。

-7

ダウンロードエラー

Adobe Exchange と Creative Cloud の両方で同じユーザーアカウントを使用していることを確認します。エクステンションまたはプラグインをインストールする前に、互換性のある Creative Cloud アプリケーションをインストールします。アプリケーションをインストールしたら、エクステンションまたはプラグインをもう一度インストールしてみてください。

-8

インターネットに接続していない

インターネット接続を確認して、Creative Cloud デスクトップアプリケーションとインストール済みのアプリケーションを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを再起動し、エクステンションまたはプラグインを再インストールします。

-9
接続のタイムアウト
インターネット接続を確認して、Creative Cloud デスクトップアプリケーションとインストール済みのアプリケーションを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを再起動し、エクステンションまたはプラグインを再インストールします。

-10

無効なエクステンション

Creative Cloud デスクトップアプリケーションとインストール済みのアプリケーションを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを再起動し、エクステンションまたはプラグインを再インストールします。

-11

データベースのアップデートエラー

Creative Cloud デスクトップアプリケーションとインストール済みのアプリケーションを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを再起動し、エクステンションまたはプラグインを再インストールします。

-12

タスクのキャンセル

Creative Cloud デスクトップアプリケーションとインストール済みのアプリケーションを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを再起動し、エクステンションまたはプラグインを再インストールします。
-13 ユーザーによる操作のキャンセル Creative Cloud デスクトップアプリケーションとインストール済みのアプリケーションを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを再起動し、エクステンションまたはプラグインを再インストールします。
-14

実行中のアプリケーションが応答しない

Creative Cloud デスクトップアプリケーションとインストール済みのアプリケーションを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを再起動し、エクステンションまたはプラグインを再インストールします。
-15 アプリケーションに接続できない Creative Cloud デスクトップアプリケーションとインストール済みのアプリケーションを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを再起動し、エクステンションまたはプラグインを再インストールします。

ExManCmd エラー

エラーコード エラーメッセージまたは説明 エラーの修正方法
-175 アドオンのインストールに失敗しました:エスカレートされた権限が必要です。

これは、コンピューターにアプリケーションをインストールする管理者権限がない場合、または管理者パスワードの入力を求められた際に「いいえ」または「キャンセル」を選択した場合に発生します。このエラーを修正するには、インストール中に要求された管理者パスワードを入力する必要があります。

エクステンションまたはプラグインを再インストールしてください。Creative Cloud マーケットプレイスに移動して、エクステンションを探し、「アンインストール」を選択します。削除が完了するまで 2 分間待ってから、「インストール」をクリックします。表示された通知メッセージを選択します。指示に従って、ご使用の管理者パスワードを入力し、通知ダイアログで「はい」を選択します。

-192 Extension Manager 初期化エラー、ステータス = -192!

お使いの Creative Cloud デスクトップアプリケーションは、ExMan Command Tool と互換性がありません。Creative Cloud アプリケーションをアップデートして、もう一度やり直します。

Creative Cloud デスクトップアプリケーションを最新のバージョンにアップデートし、エクステンションまたはプラグインをインストールします。
-201

アドオン <アドオン名> のインストールに失敗しました。アドオンが有効になっていて、ダウンロード済みであることを確認します。

ZXP ファイルの解凍に失敗しました。

実行中の Creative Cloud アプリケーションを終了します。エクステンションまたはプラグインを再度インストールします。 
-402 署名の検証に失敗しました。 最新の ZXPSignCmd ツールを使用して、ZXP ファイルに再署名します。実行中の Creative Cloud アプリケーションを終了します。エクステンションまたはプラグインを再度インストールします。 
-403、-411 互換性のある Creative Cloud アプリケーションが見つかりません。 エクステンションをインストールする前に、互換性のある Creative Cloud アプリケーションのバージョンをインストールします。アプリケーションをインストールしたら、エクステンションをもう一度インストールします。
-407、-408 このアドオンに必要な別のアドオンがインストールされていないか、有効になっていません。

インストールするエクステンションまたはプラグインの説明を読んで、最初にインストールする必要があるエクステンションまたはプラグインを確認します。必要なエクステンションまたはプラグインを先にインストールして、目的のエクステンションまたはプラグインのインストールをやり直します。
-412 同じ名前のアドオンが既にインストールされています。 インストール済みのエクステンションまたはプラグインが目的のものであることを確認します。同一名の別の製品であり、Creative Cloud マーケットプレイスから使用できるようにするには、現在インストールされている製品をアンインストールしてから、再インストールする必要があります。次に、Creative Cloud マーケットプレイスからエクステンションまたはプラグインを再インストールします。
-418 同じアドオンの新しいバージョンが既にインストールされています。 Creative Cloud マーケットプレイスから特定のバージョンを取得するには、以前にインストールした新しいバージョンを削除する必要があります。次に、Creative Cloud マーケットプレイスから古いバージョンを再インストールします。「Creative Cloud マーケットプレイス」の「プラグイン」に移動して、エクステンションまたはプラグインを探します。既にインストールされている場合は、「アンインストール」を選択します。削除が完了するまで 2 分間待ってから、「インストール」を選択します。
-456

事例 1:アドオンのインストール/アップデートを完了するには、関連する Creative Cloud アプリケーションを閉じる必要があります。

事例 2:アドオンのインストール/アップデートを完了するには、アドオンと互換性のあるアドビアプリケーションを閉じる必要があります。

実行中の Creative Cloud アプリケーションを終了します。次に、エクステンションまたはプラグインを再度インストールまたはアップデートします。
-458 必要なアドビアプリケーションがインストールされていません。

Adobe Exchange にインストールされたエクステンションまたはプラグインがアプリケーションのバージョンと互換性がない場合、このエクステンションまたはプラグインは Creative Cloud アプリケーションに追加されません。同様に、アプリケーションをアップデートし、エクステンションまたはプラグインと互換性がなくなった場合も、アプリケーションに表示されません。

このエクステンション(プラグインまたはアドオン)をサポートする Creative Cloud アプリケーションを 1 つ以上インストールしてから、エクステンションまたはプラグインのインストールを再試行してください。 

-459 インストールされているアドビアプリケーションと互換性がないため、インストールに失敗しました。

Adobe Exchange にインストールされたエクステンションまたはプラグインがアプリケーションのバージョンと互換性がない場合、このエクステンションまたはプラグインは Creative Cloud アプリケーションに追加されません。同様に、アプリケーションをアップデートし、エクステンションまたはプラグインと互換性がなくなった場合も、アプリケーションに表示されません。

このエクステンション(プラグインまたはアドオン)をサポートする Creative Cloud アプリケーションを 1 つ以上インストールしてから、エクステンションまたはプラグインのインストールを再試行してください。

-1xx(-151 ~ -191) このアドオンのインストール中にファイル操作エラーが発生しました。 エクステンションまたはプラグインが壊れています。もう一度インストールしてみてください。 
-2xx(-251 ~ -278) このアドオンのインストール中にファイル操作エラーが発生しました。 エクステンションまたはプラグインが壊れています。もう一度インストールしてみてください。 
-5xx(-500 ~ -513) データベースを更新できませんでした。 エクステンションまたはプラグインが壊れています。もう一度インストールしてみてください。 
-602 ライセンスチェックエラー 管理者権限でエクステンションまたはプラグインのインストールが試行されています。管理者権限を使用せずに、エクステンションまたはプラグインを再インストールしてください。
-6xx(-601、-602、-603、-604、-651、-652、-653) オンラインでライセンスを検証できませんでした。 エクステンションまたはプラグインが壊れています。もう一度インストールしてみてください。 

問題が解決しない場合は

アドビカスタマーケアにインストールのログファイルをお送りください。

  1. 次の場所に ExManCoreLibLog.YES という名前で空のファイルを作成します。拡張子は .txt ではなく .YES にしてください。

    • Windows:C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\UPI\Log\
    • Mac:/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/UPI/Log/
  2. 次の場所に asu.trace という名前で空のファイルを作成します。拡張子は .txt ではなく .trace にしてください。

    • Windows:C:\Users\***\AppData\Local\Temp
    • Mac:/Users/***/Library/Logs
  3. Creative Cloud デスクトップアプリケーションを開きます(Windows のタスクバーまたは macOS のメニューバーにある アイコンを選択します)。

  4. Creative Cloud マーケットプレイスからエクステンションまたはプラグインを再インストールします。

  5. ログ収集ツールを使用して、アドビとログを共有します。