Creative Cloud アプリの拡張機能またはプラグインのインストールに関する一般的な問題の解決

Creative Cloud アプリの拡張機能またはプラグインのインストール中に問題が発生することがあります。インストール中に発生する可能性のある一般的なエラーの解決策について、こちらをご確認ください。

Artboard 2 copy

メッセージにエラーコードが表示されている場合は、表示されたエラーコードの解決策を確認してください

Creative Cloud デスクトップアプリに「Marketplace」タブが表示されない

Creative Cloud デスクトップアプリに「Stock とマーケットプレイス」タブが表示されない場合、ARM 搭載のコンピューターで Windows を使用している可能性があります。アドビでは、ARM プロセッサー搭載の Windows コンピューターでプラグインをサポートするように作業を進めています。それまでの間は、Intel プロセッサー搭載の Windows コンピューターにプラグインをインストールして実行することをおすすめします。

Marketplace から Adobe XD プラグインをインストールできない

Adobe XD プラグインは、Creative Cloud デスクトップアプリの「Stock および Marketplace」タブからのみインストールできます。最新バージョンの Adobe XD がインストールされていない場合に、XD プラグインをインストールしようとすると、次のエラーメッセージが表示されます。

Adobe XD の最新バージョンをインストールしてください

最初の手順

  1. Creative Cloud デスクトップアプリを開きます。(タスクバー(Windows)またはメニューバー(macOS)で アイコンを選択します。)

  2. アプリ」タブに移動し、「アップデート」を選択します。

  3. Adobe XD の横の「アップデート」を選択します。

  4. Adobe XD の最新バージョンを入手したら、プラグインのインストールを再度試みてください。 

    それでもプラグインをインストールできない場合は、次の手順に従ってください。

問題が解決しない場合

  1. Creative Cloud デスクトップアプリの最新版をインストールしていることを確認してください。

  2. コンピューターを再起動します。

  3. Creative Cloud デスクトップアプリと Adobe XD を開きます。

  4. Creative Cloud デスクトップアプリの「Stock および Marketplace」タブからプラグインのインストールをもう一度試みます。

エラーの解決:「問題が発生しました。すべてのプラグインが表示されない場合があります」

取得したプラグインが、Adobe Exchange web サイトには表示されても、Creative Cloud デスクトップアプリには表示されない場合があります。この場合、次のエラーメッセージが表示されます。「問題が発生しました。すべてのプラグインが表示されない場合があります」

この問題は、次の手順で解決できます。

  1. Creative Cloud デスクトップアプリを開きます。

  2. 右側のサイドバーから、アプリに移動します。省略記号アイコンを選択してアップデートを確認を選択します。

    「アップデートを確認」を選択する

Creative Cloud デスクトップアプリの読み込みが完了すると、取得済みのプラグインまたは拡張機能が「Stock および Marketplace」タブに表示されます。

プラグインのインストール後、Intel エミュレーションモードでアプリを開くように求められる

プラグインまたは拡張機能を Apple Silicon を搭載した Mac コンピューターにインストールすると、アプリを Intel エミュレーションモードで開くように求められます。 

Intel エミュレーションモードでアプリを開くには、次の手順を実行します。

  1. Creative Cloud デスクトップアプリのバージョンに応じて、次のいずれかを行います。

    Creative Cloud デスクトップアプリで、「アプリ」タブに移動します。

    アプリが Intel エミュレーションモードで開きます。Creative Cloud デスクトップアプリで、「アプリ」タブに移動します。

    右側のサイドバーから、アプリアップデートを管理を選択します。

    「アップデートを管理」を選択する

  2. インストール済み」セクションで、使用するアプリを見つけ、その他のアクション アイコンを選択します。

    その他のオプションアイコンをクリックします。

  3. 開く(Intel)」を選択します。

    Intel エミュレーションで Creative Cloud アプリを開く

    これにより、アプリが Intel エミュレーションモードで開きます。アプリが開いた後は、プラグインを使用できます。

Business ID でログインしたときにプラグインが表示されない

ビジネスアカウントをアップグレードした後、プラグインが移行されない場合があります。

この問題の解決方法

適切なプロファイルで Creative Cloud デスクトップアプリにログインし、プラグインを再インストールします。複数のプロファイルでプラグインが必要な場合は、各プロファイルに対してこの手順を繰り返します。

エラーコードに対応する解決策

次の表で、エラーコードに対応する解決策を探してください。

Creative Cloud デスクトップアプリでのプラグインのインストール中に発生したエラーの解決方法

エラーコード エラーメッセージまたは説明 エラーの解決方法

-1

不明なエラー

Creative Cloud デスクトップアプリとインストール済みのアプリを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。
-2 ファイルシステムエラー

通常、ファイルシステムエラーは、権限またはディスク容量に関連する問題が原因で発生します。この場合、まずディスクの空き領域を増やします。次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。

問題がまだ解決しない場合は、Creative Cloud デスクトップアプリとインストール済みのアプリを終了します。次に、拡張機能またはプラグインを再度インストールします。

-3

抽出エラー

エラー -3 は、圧縮されたプラグインファイルが破損している、プラグインファイルが見つからない、あるいは、ディスク容量が不足している場合に表示されます。

ディスクの空き領域を増やします。Creative Cloud デスクトップアプリとインストール済みのアプリを終了します。Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。

-4

マニフェストの解析エラー

Creative Cloud デスクトップアプリとインストール済みのアプリを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。

-5

内部解析エラー

Creative Cloud デスクトップアプリとインストール済みのアプリを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。

-6

互換性のないプラグイン

エラーコード —6 は、ダウンロードしたプラグインが、インストール済みのアプリと互換性がない場合に表示されます。Adobe Exchange にインストールされた拡張機能またはプラグインがアプリのバージョンと互換性がない場合、この拡張機能は Creative Cloud アプリに追加されません。同様に、アプリをアップデートしたために、拡張機能またはプラグインと互換性がなくなった場合も、アプリに表示されません。 

互換性のあるアプリをインストールして、Creative Cloud デスクトップアプリとインストール済みのアプリを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。

上記の方法で解決しない場合は、このページの解決策を記載されている順序でお試しください。

-7

ダウンロードエラー

まず、インターネットに接続されていることを確認します。次に、Adobe Exchange web サイトと Creative Cloud デスクトップアプリに同じアカウントでログインしていることを確認します。

-8

インターネットに接続していない

インターネット接続を確認して、Creative Cloud デスクトップアプリとインストール済みのアプリを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。

-9
接続のタイムアウト
インターネット接続を確認して、Creative Cloud デスクトップアプリとインストール済みのアプリを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。

-10

無効な拡張機能

Creative Cloud デスクトップアプリとインストール済みのアプリを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。

-11

データベースのアップデートエラー

Creative Cloud デスクトップアプリとインストール済みのアプリを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。

-12

タスクのキャンセル

Creative Cloud デスクトップアプリとインストール済みのアプリを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。
-13 ユーザーによる操作のキャンセル Creative Cloud デスクトップアプリとインストール済みのアプリを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。
-14

実行中のアプリケーションが応答しない

Creative Cloud デスクトップアプリとインストール済みのアプリを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。
-15 アプリケーションに接続できない Creative Cloud デスクトップアプリとインストール済みのアプリを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。
-16
誤ったパッケージが返されました Creative Cloud デスクトップアプリとインストール済みのアプリを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。
-17
タイムアウトエラー
このエラーは、プロンプトが表示されたときにアカウントの資格情報を入力しなかった場合に発生し、タイムアウトにつながります。この問題を修正するには、操作を再試行し、プロンプトが表示されたら資格情報を入力します。
-18
ユーザーがログインしていません
このエラーは、ユーザーがログインしていないときに発生します。この問題を解決するには、Creative Cloud デスクトップアプリにログインしていることを確認します。
-19
操作に失敗しました
Creative Cloud デスクトップアプリを終了します。 次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、操作を再度行います。それでも問題が発生する場合は、Creative Cloud デスクトップアプリを再インストールしてください。
-20
操作に失敗しました Creative Cloud デスクトップアプリを終了します。 次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、操作を再度行います。それでも問題が発生する場合は、Creative Cloud デスクトップアプリを再インストールしてください。
-21 拡張機能と互換性のあるアドビアプリケーションが現在実行中です。アプリケーションを終了して、再試行してください。
プラグインと互換性のあるアプリを終了してから、拡張機能またはプラグインを再度インストールしてください。
-22
プラグインインストーラーの準備ができていません
Creative Cloud デスクトップアプリを終了します。 次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。
-23 開発者証明書を確認できません

このエラーは、プラグインのコードの一部に有効な開発者証明書による署名を必要とする UXP ハイブリッドプラグインで発生します。

 

パッケージングガイドラインに沿ったプラグインのアップデートを開発元に依頼し、アップデートが用意できた時点で再度プラグインのインストールを試してください。

-24 拡張機能の使用権限がありません
プラグインの使用権限を取得し、プラグインを再度インストールしてみてください。
-152 プラグインをインストールできませんでした

このエラーは、macOS Catalina 以降のバージョンでのみ発生します。 

この問題を修正するには、システム設定プライバシーとセキュリティフルディスクアクセスに移動します。(+)アイコンを選択し、まだ存在しない場合は次のアプリを追加します。

  • Creative Cloud デスクトップアプリ:/Applications/Adobe Creative Cloud
  • Adobe Desktop Service:/Library/Application Support/Adobe/Adobe Desktop Common/ADS

これらのアプリの横にあるトグルを使用して、フルディスクアクセスを許可します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。

1001 使用権限が見つからない
  • Adobe Exchange と Creative Cloud の両方で同じユーザーアカウントを使用していることを確認します。Adobe Exchange web サイトと Creative Cloud デスクトップアプリの両方に同じ資格情報を使用してログインします。
  • Creative Cloud デスクトップアプリを開き、ヘルプ/アップデートを確認を選択して、プラグインの使用権限を更新します。
  • インターネットに接続されていることを確認します。
1002 権限の問題

このエラーは、プロンプトが表示されたときにアカウントの資格情報を入力しなかった場合に発生します。

プラグインまたは拡張機能を再度インストールし、プロンプトが表示されたら資格情報を入力してください。 

1003 プラグイン操作のタイムアウト インターネット接続を確認して、Creative Cloud デスクトップアプリとインストール済みのアプリを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。

ExManCmd ツールや UPIA(Unified Plugin Installer Agent)でのプラグインのインストール中に発生したエラーの解決方法

エラーコード エラーメッセージまたは説明 エラーの解決方法
-152 プラグインをインストールできませんでした

このエラーは、macOS Catalina 以降のバージョンでのみ発生します。 

この問題を修正するには、システム設定プライバシーとセキュリティフルディスクアクセスに移動します。(+)アイコンを選択し、まだ存在しない場合は次のアプリを追加します。

  • Creative Cloud デスクトップアプリ:/Applications/Adobe Creative Cloud
  • Adobe Desktop Service:/Library/Application Support/Adobe/Adobe Desktop Common/ADS

これらのアプリの横にあるトグルを使用して、フルディスクアクセスを許可します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。

-175 管理者アクセス権がないため、インストールに失敗しました

これは、コンピューターにアプリケーションをインストールする管理者権限がない場合、または管理者パスワードの入力を求められた際に「いいえ」または「キャンセル」を選択した場合に発生します。このエラーを解決するには、インストール中に要求された管理者パスワードを入力する必要があります。
 

拡張機能またはプラグインを再インストールしてください。Creative Cloud デスクトップアプリで、「Stock および Marketplace」に移動します。拡張機能を探し、インストールされている場合は「アンインストール」を選択します。削除が完了するまで 2 分間待ってから、「インストール」を選択します。表示される通知メッセージを選択します。指示に従って、ご使用の管理者パスワードを入力し、通知ダイアログで「はい」を選択します。
 

(Windows のみ)問題が解決しない場合は、Task Manager の「詳細」タブにアクセスします。AdobeExtensionsService.exe プロセスを選択し、「タスクの終了」を選択します。バックグラウンドプロセスが終了したら、プラグインのインストールを再試行してください。

-192 Extension Manager 初期化エラー、ステータス = -192!

お使いの Creative Cloud デスクトップアプリは、ExMan Command Tool と互換性がありません。Creative Cloud アプリをアップデートして、再試行します。

Creative Cloud デスクトップアプリを最新のバージョンにアップデートし、拡張機能またはプラグインをインストールします。
-201、204 プラグインをインストールできませんでした
このエラーは、macOS Catalina 以降のバージョンでのみ発生します。このエラーを修正するには、システム設定プライバシーとセキュリティフルディスクアクセスに移動してください。アプリケーションを追加を選択して、Creative Cloud デスクトップアプリがまだ存在しない場合は追加します。Creative Cloud デスクトップアプリの設定をオンにします。次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。
-402 署名の検証に失敗しました このエラーは、プラグインが署名されていないときに発生します。プラグインに署名するよう開発者に依頼します。
-403、-411 互換性のある Creative Cloud アプリが見つかりません。 拡張機能をインストールする前に、互換性のある Creative Cloud アプリケーションのバージョンをインストールします。アプリケーションをインストールしたら、拡張機能をもう一度インストールします。
-407, -408 このアドオンに必要な別のアドオンがインストールされていないか、有効になっていません。

インストールする拡張機能またはプラグインの説明を読んで、最初にインストールする必要がある拡張機能またはプラグインを確認します。必要な拡張機能またはプラグインを先にインストールして、目的の拡張機能またはプラグインのインストールをやり直します。
-412 同じ名前のアドオンが既にインストールされています。 インストール済みの拡張機能またはプラグインが目的のものであることを確認します。同一名の別の製品であり、Creative Cloud Marketplace から使用できるようにするには、現在インストールされている製品をアンインストールしてから、再インストールする必要があります。次に、Creative Cloud Marketplace から拡張機能またはプラグインを再インストールします。
-418 同じアドオンの新しいバージョンが既にインストールされています。 Creative Cloud Marketplace から特定のバージョンを取得するには、以前にインストールした新しいバージョンを削除する必要があります。次に、Creative Cloud Marketplace から古いバージョンを再インストールします。「Creative Cloud Marketplace」の「プラグイン」に移動して、拡張機能またはプラグインを探します。既にインストールされている場合は、「アンインストール」を選択します。削除が完了するまで 2 分間待ってから、「インストール」を選択します。
-433 プラグインがサポートされていません

インストールしようとしている UXP ハイブリッドプラグインは、インストールされている Creative Cloud アプリケーションではサポートされていません。

 

互換性のあるバージョンをインストールして、Creative Cloud デスクトップアプリとインストール済みのアプリを終了します。次に、Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、拡張機能またはプラグインを再インストールします。

-456

事例 1:アドオンのインストールやアップデートを完了するには、関連する Creative Cloud アプリを閉じる必要があります。 

事例 2:アドオンのインストール/アップデートを完了するには、アドオンと互換性のあるアドビアプリケーションを閉じる必要があります。

実行中の Creative Cloud アプリケーションを終了します。次に、エクステンションまたはプラグインを再度インストールまたはアップデートします。
-458 必要なアドビアプリケーションがインストールされていません。

Adobe Exchange にインストールされた拡張機能またはプラグインがアプリのバージョンと互換性がない場合、この拡張機能またはプラグインは Creative Cloud アプリに追加されません。同様に、アプリをアップデートし、拡張機能またはプラグインと互換性がなくなった場合も、アプリに表示されません。

この拡張機能(プラグインまたはアドオン)をサポートする Creative Cloud アプリケーションを 1 つ以上インストールしてから、拡張機能またはプラグインのインストールを再試行してください。 

-459 インストールされているアドビアプリケーションと互換性がないため、インストールに失敗しました。

Adobe Exchange にインストールされた拡張機能またはプラグインがアプリのバージョンと互換性がない場合、この拡張機能またはプラグインは Creative Cloud アプリに追加されません。同様に、アプリをアップデートし、拡張機能またはプラグインと互換性がなくなった場合も、アプリに表示されません。

このエクステンション(プラグインまたはアドオン)をサポートする Creative Cloud アプリケーションを 1 つ以上インストールしてから、エクステンションまたはプラグインのインストールを再試行してください。

-1xx(-151 ~ -191) このアドオンのインストール中にファイル操作エラーが発生しました。 拡張機能またはプラグインが壊れています。もう一度インストールしてみてください。 
-2xx(-251 ~ -278) このアドオンのインストール中にファイル操作エラーが発生しました。 拡張機能またはプラグインが壊れています。もう一度インストールしてみてください。 
-5xx(-500 ~ -513) データベースを更新できませんでした。 拡張機能またはプラグインが壊れています。もう一度インストールしてみてください。 
-506 Creative Cloud デスクトップアプリでプラグインが既にインストールされている場合は、UPIA ツールを使用してプラグインをインストールしようとしています。
Creative Cloud デスクトップアプリからプラグインや拡張機能をアンインストールしてから、UPIA ツールを使ってインストールします。
-602 ライセンスチェックに失敗したか、Creative Cloud デスクトップアプリにログインせずに暗号化されたプラグインを使用しています。

このエラーは、プラグインのインストールが管理者権限に関連付けられているか、または Creative Cloud デスクトップアプリからログアウトしている場合に発生する可能性があります。このエラーの解決方法:

  1. Creative Cloud デスクトップアプリにログインします。 
  2. 次に、管理者権限を使用せずに、拡張機能またはプラグインの再インストールを試みます。
-6xx(-601、-602、-603、-604、-651、-652、-653) ライセンス認証に失敗したか、Creative Cloud デスクトップアプリがインストールされていない環境で、暗号化されたプラグインを使用しています。
このエラーは、プラグインが破損しているか、デバイスに Creative Cloud デスクトップアプリがインストールされていない場合に発生する可能性があります。このエラーの解決方法:
  1. Creative Cloud デスクトップアプリをインストールして、アカウントにログインします。
  2. 次に、管理者権限を使用せずに、拡張機能またはプラグインの再インストールを試みます。
-629 管理者権限が提供されていません
このエラーは、プロンプトが表示されたときに管理者の資格情報を拒否すると発生します。この問題を修正するには、操作を再試行し、プロンプトが表示されたら管理者の資格情報を入力します。
-630 タイムアウトエラー
このエラーは、プロンプトが表示されたときにアカウントの資格情報を入力しなかった場合に発生し、タイムアウトにつながります。この問題を修正するには、操作を再試行し、プロンプトが表示されたら資格情報を入力します。
-631 要求が失敗しました
この問題は、Creative Cloud デスクトップアプリからログアウトした状態で、Universal Plugin Installer Agent(UPIA)を使用して拡張機能またはプラグインをインストールしようとしたときに発生します。この問題を解決するには、Creative Cloud デスクトップアプリにログインします。次に、拡張機能またはプラグインのインストールを試みます。
-641, -642 複数のプラグインをインストールできませんでした
このエラーは、UPIA(Universal Plugin Installer Agent)コマンドラインツールで sudo を指定したコマンドを使用して、拡張機能やプラグインをインストールしようとしたときに発生します。この問題を解決するには、Creative Cloud デスクトップアプリを開きます。次に、拡張機能またはプラグインのインストールを試みます。
-643, -644 内部通信エラー
Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、プラグイン操作を再度行います。
-645
CCD の起動に失敗しました
Creative Cloud デスクトップアプリを再起動し、プラグイン操作を再度行います
-646
プラグインインストーラーの初期化に失敗しました
Creative Cloud デスクトップアプリを再インストールし、プラグイン操作を再度行います。

問題が解決しない場合は

アドビカスタマーケアにインストールのログファイルをお送りください。

  1. 次の場所に ExManCoreLibLog.YES という名前で空のファイルを作成します。拡張子は .txt ではなく .YES にしてください。

    • Windows:C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\UPI\Log\
    • Mac:/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/UPI/Log/
  2. 次の場所に asu.trace という名前で空のファイルを作成します。拡張子は .txt ではなく .trace を使用します。

    • Windows:C:\Users\***\AppData\Local\Temp
    • Mac:/Users/***/Library/Logs
  3. Creative Cloud デスクトップアプリを開きます。(タスクバー(Windows)またはメニューバー(macOS)で アイコンを選択します。)

  4. Creative Cloud Marketplace から拡張機能またはプラグインを再インストールします。

  5. ログ収集ツールを使用して、アドビとログを共有します。

  6. asupport@adobe.com まで、問題点をメールでお知らせください。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合