Creative Cloud のログファイルの作成と送信

アドビログ収集ツールを使用して、Creative Cloud アプリに関する問題を解決する方法について説明します。

ログ収集ツールについて

アドビログ収集ツールは、ユーザーのマシンからログを収集し、アドビサーバーにアップロードするための汎用ユーティリティツールです。収集されたログデータは、ユーザーエクスペリエンスの向上、重大な問題の修正、およびお客様の問題への対処のためにアドビによって使用されます。

ログ収集ツールのダウンロードと使用方法

  1. 次のいずれかのリンクからログ収集ツールをダウンロードします。

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • Windows:LogCollectorTool.exe ファイルをダブルクリックします。ファイルを抽出する場所を指定し、「次へ」をクリックします。
    • macOS:LogCollectorTool.dmg ファイルをダブルクリックします。次に、ログ収集ツールアイコンをダブルクリックし、ログ収集ツールを開きます。
  3. ログの収集に同意すると、ログ収集ツールがコンピューターから必要なファイルを収集し、ZXP ファイル形式でデスクトップに保存します。「アップロード」(Windows)」または「続行」(macOS)をクリックし、ログファイルをアドビに送信します。

    注意:

    ファイルのアップロードが完了すると、登録済みのメールアドレスに確認のメールが送信されます。

ZXP ファイルの内容

ログ収集ツールは、署名付きの ZXP ファイルを生成します。このファイルを開くと、収集された情報を確認できます。アドビでは、ZXP ファイルの情報からバグを特定し、Creative Cloud アプリケーションの品質改善を行います。 

ログ収集ツールが作成した ZXP ファイルには、暗号化されたお客様の Adobe ユーザー ID、製品のシリアル番号、デバッグ/インストーラーのログ情報が含まれます。

よくある質問

このツールは、Creative Cloud を通じてインストールされるすべての主要なアドビ製品とサービスをサポートします。

注意:ログ収集ツールは、Acrobat のインストールログは収集しません。Acrobat/Reader DC がクラッシュまたはフリーズした場合のログの収集方法を説明します

ログは、業界標準の TLS(Transport Layer Security)1.2 プロトコルを用いた HTTPS で転送され、SHA-256 暗号化で暗号化されます。

アドビの内部ネットワーク内に届いたログは、アドビのファイアウォールの背後にあるネットワークファイルシステムに保存され、以下のアドビのベストプラクティスに従って処理されます。

  • 安全なデータ削除標準
  • ネットワークセキュリティ標準
  • データ分類および取り扱い標準

ログの保存とアクセスに関わるすべてのサーバーは、アドビデータセンター内部でホストされ、外部のクラウドに保存されたりアクセスされたりすることはありません。

現在、ログの保存期間は、アップロードされた日から 30 日間です。30 日経過後は、GDPR やその他の規制ガイドラインに従い、すべてのシステムから削除されます。

これらのログにアクセスできるのは、アドビカスタマーサポートチームおよびログ収集ツール開発チームの限定的な一部のスタッフのみです。セキュリティ強化のため、アクセス権を持つアドビスタッフは、多要素認証を使用して内部 web ポータルからログインします。

収集されるログには、デバイス ID、Adobe ID、IP アドレスなど、ユーザーの限られた個人情報が含まれています。

さらに、これらのログはアップロードした日から 30 日間のみ保存され、アドビカスタマーサポートチームおよびログ収集ツール開発チームの限られたスタッフにアクセスが限定されます。これらのログは、製品の問題をお客様の要求に応じて調査するためにのみ使用されます。

収集したログのコピーは、お客様のデスクトップに保存されます。ログは、1 つのアーカイブファイルに、暗号化されていないプレーンテキストで保存されます。ログは、お使いのデバイスで簡単にアクセスして表示できます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン