Creative Cloud ログ収集ツールを使用して、Creative Cloud アプリケーションに関する問題を解決する方法について説明します。

ログ収集ツールの使用方法

  1. 次のいずれかのリンクからログ収集ツールをダウンロードします。

  2. 以下のいずれかの操作を行います。

    • Windows:LogCollectorTool.exe ファイルをダブルクリックします。ファイルを抽出する場所を指定し、「次へ」をクリックします。
    • macOS:LogCollectorTool.dmg ファイルをダブルクリックします。次に、ログ収集ツールアイコンをダブルクリックし、ログ収集ツールを開きます。
  3. ログの収集に同意すると、ログ収集ツールがコンピューターから必要なファイルを収集し、ZXP ファイル形式でデスクトップに保存します。「アップロード」(Windows)」または「続行」(macOS)をクリックし、ログファイルをアドビに送信します。

    注意:

    ファイルのアップロードが完了すると、登録済みのメールアドレスに確認のメールが送信されます。

ZXP ファイルの内容

ログ収集ツールは、署名付きの ZXP ファイルを生成します。このファイルを開くと、収集された情報を確認できます。アドビでは、ZXP ファイルの情報からバグを特定し、Creative Cloud アプリケーションの品質改善を行います。 

ログ収集ツールが作成した ZXP ファイルには、暗号化されたお客様の Adobe ユーザー ID、製品のシリアル番号、デバッグ/インストーラーのログ情報が含まれます。

注意:

ログ収集ツールは Acrobat のインストールログを収集しません。Acrobat/Reader DC がクラッシュまたはフリーズした場合のログの収集方法を説明します

ご利用上の注意

Log Collector Tool をご利用になる際には、以下の点にご留意ください。

  • このツールはご利用のシステムからアプリケーションの動作や不具合の情報を収集し、アドビに自動的に送信する機能を持っています。ログが自動的に送信されることをご希望でないお客様はご注意ください。

  • このツールで収集および送信されるログデータには、お客様のコンピュータの情報やIDの情報が含まれます。ご利用になる際には、予めご了承ください。

  • このツールをご利用いただく際には、事前にサポートにお問い合わせいただくことが必要です。事前にお問い合わせいただいていない場合、弊社サポートからはご連絡できませんので予めご了承ください(その場合、送信されたログは 31日後にアドビ側の受信サーバで削除されます)。

  • Creative Cloud デスクトップアプリへサインインしていないシリアル番号認証でご利用の際には、自動送信機能での送信はされません。