Dimension の 2019 年 7 月リリース(バージョン 2.3)の新機能と機能強化について説明します。
整列と分布

整列と分布

整列と分布」オプションを使用すると、モデルをすばやく選択し、配置を調整できます。

Dimension からのモデルの書き出し

Dimension からのモデルの書き出し

Dimension でシーン全体を保存する代わりに、一般的なファイル形式で特定のモデルを書き出します。

Web への 3D コンテンツの埋め込み

Web への 3D コンテンツの埋め込み

3D シーンを公開(ベータ版)」機能を使用すると、3D シーンを Web 上で共有できます。

その他の機能強化

その他の機能強化

このリリースの Dimension のその他の機能強化に関する情報があります。

整列と分布

Dimension 2.3 では、アクションバーに新しいオプション、「整列と分布」が表示されます。このインタラクティブウィジェットを使用すると、モデルをすばやく選択して配置を調整し、オブジェクトを完璧に等間隔に揃えることができます。ハンドルをドラッグすると、複数のオブジェクト間の間隔を調整できます。

Dimension の整列と分布ツール
整列と分布アクションを使用すると、オブジェクトの配置を迅速かつ正確にレイアウトし、調整できます。

このアクションの使い方について詳しくは、整列と分布を参照してください。

Dimension からのモデルの書き出し

Dimension のシーン全体を保存するだけでなく、.dn.obj.gltf.glb などのいくつかの一般的なファイル形式で特定のモデルを書き出せるようになりました。.dn として保存するのは、他の Dimension プロジェクトでモデルを再利用するのに最適で、デカールとオブジェクトのすべての設定が維持されます。その他の形式では、プロジェクトを他のアプリケーションやサービスに取り込むことができます。

今回のアップデートでは、Dimension から Creative Cloud ライブラリにモデルを追加することができるようになり、モデルを整理し、多数のプロジェクトで再利用することが簡単になりました。

Dimension からのモデルの書き出し
ローカルストレージに保存するか、Creative Cloud ライブラリを使用して、Dimension プロジェクト間でモデルを簡単に再利用できます。

書き出し形式について詳しくは、サポートされているファイル形式 | 3D モデルを参照してください。

Web への 3D コンテンツの埋め込み

iFrame 埋め込みを使用して、任意の Web サイトに 3D コンテンツを簡単に送信できるようになりました。Dimension で 3D シーンを作成し、「3D シーンを公開(ベータ版)」機能を使用してウェブに送信するだけです。新しい埋め込み機能では埋め込みコードが生成され、任意のサイトに配置できます。

3D シーンを公開(ベータ版)
埋め込み 3D コンテンツを使用して、ポートフォリオや製品ページを活用できます。

書き出し形式について詳しくは、3D シーンを公開(ベータ版)を参照してください。

その他の機能強化

  • ライセンスのアップグレード:Dimension では、教育および研究施設向けに共有デバイスライセンスがサポートされるようになりました。
  • リアルタイムレンダラーの強化:インタラクティブキャンバスで 3D をプレビューするときに使用するリアルタイムレンダリングが強化され、透明感とパフォーマンスが向上しました。
  • レンダリングのノイズを除去機能の強化:このオプションは、画像ノイズ除去を使用してレンダリング時間を短縮します。この設定は、アプリケーションの環境設定にあり、初期設定でオンになっています。ノイズ除去技術は Dimension 2.3 で更新され、ビジュアルが大幅に改善されています。これは当社の人工知能および機械学習技術である Adobe Sensei によって実現しました。
  • SVG 画像の読み込み:背景またはデカールとしてなど、任意の画像入力に .svg 画像を使用できるようになりました。
  • クラウドレンダリング解像度の向上:クラウドレンダリングのサイズ制限が 2000 x 2000 px から 4000 x 4000 px に向上しました。
  • カメラツールの更新:カメラツール(軌道、パン、遠近移動)が動作を微調整できるようになり、3D ナビゲーション時にスムーズに操作できるようになりました。
  • スティッキーツールオプション:ツール動作の多くのオプションがスティッキーになり、セッション間で保持されるようになりました。範囲選択、自動選択範囲、カメラツールの設定などが該当します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー