Adobe Dimension CC の最新リリースの新機能について説明します。
dn_cc_appicon_128noshadow1

Dimension CC の 2018 年 10 月(バージョン 2.0)リリースには、グラフィックデザイナーが待ち望んでいた新しい機能が搭載されています。これらの機能の簡単な説明と、詳細情報を提供するリソースのリンクが記載されています。


注意:

Creative Cloud アプリは、新しいバージョンがリリースされると直ちに自動的に更新されます。Creative Cloud デスクトップアプリを使用して、更新の環境設定を管理できます。詳細.

Photoshop および Illustrator との統合の強化

Dimension では、.ai ファイル形式の直接読み込みをサポートするようになったため、ファイルを使用して効率良く作業できます。Photoshop の .psd ファイルや Illustrator の.ai ファイルから Dimension に読み込むときに、アートボードを選択することができます。ラスターグラフィックとベクターグラフィックの両方を、クリップボードから Dimension に直接コピーして貼り付けられるようになりました。

Dimension CC の新しいファイル形式で効率良く作業
新しいファイル形式、コピー/貼り付けのサポート、アートボードの選択オプションを使用することで効率良く作業できます。

画像ピッカーポップアップから、アートボードを選択します。詳しくは、画像ファイル形式を参照してください。

複数のグラフィックの配置

Dimension CC では、固有のマテリアルプロパティと設定を持つ複数の画像を別のレイヤーとしてモデルに追加できるようになりました。

複数のグラフィックの配置Dimension CC の
モデルに複数のグラフィックを追加してから、各レイヤーについて位置決め、順序付けおよびマテリアルプロパティの変更を行います。

グラフィックをモデルにドラッグして適用します。詳しくは、モデルの外観のカスタマイズを参照してください。

複数のレンダリングの設定

レンダリングモードで、カメラのブックマークを保存できるようになりました。レンダリングする複数の保存済みビューを簡単に選択して、これらのすべてのビューを同時に設定できます。

Dimension CC でカメラのブックマークを使用して複数のビューを保存してから、複数のレンダリングを設定します
カメラのブックマークを使用して複数のビューを保存してから、複数のレンダリングを設定します。

レンダリングモードでレンダリングの設定にアクセスします。詳しくは、Dimension CC でのレンダリングを参照してください。

カンバスとレンダリングサイズの印刷コントロール

Dimension カンバスが更新され、2D ズーム、パン、およびサイズ調整コントロールが使いやすくなりました。印刷コントロールを使用すると、物理的単位と印刷解像度の設定に基づいて、カンバスのサイズを簡単に設定できます。

ズームツール、パンツールおよびショートカットを使用することで、カンバスでの作業が容易になりました。
ズームツール、パンツールおよびショートカットを使用することで、カンバスでの作業が容易になりました。

デザインモードのカンバスサイズの印刷コントロールには、ドキュメント設定からアクセスします。詳しくは、カンバスサイズの設定を参照してください。

機能の強化

  • サンプラーツールのカラーモード:

サンプラーツールを使用して、ライティングと効果の適用前に、マテリアルおよび画像の画面カラーとベースカラーをサンプリングできるようになりました。

  • テクスチャの変換:

マテリアルの変換に加えて、それぞれのテクスチャを個別に拡大・縮小、回転、オフセットできるようになりました。

  • シーングリッドの更新:

グリッドの可視性とカラーを調整できるようになりました。グリッドの視覚的強化により、大規模なシーンを扱いやすくなりました。

  • カメラ取り消し/redo:

ドキュメントの他の編集履歴とは独立して、カメラの移動履歴を表示できるようになりました。

  • フォーカスカンバスの視覚化:

フォーカス(被写界深度)効果を、カンバス内でプレビューできるようになりました。カンバスプレビューはインタラクティブなため、実際の効果を確認できます。ただし最終的な効果は、レンダリングプレビューで視覚化する必要があります。

  • 新しい言語:

Dimension CC が、韓国語でも使用できるようになりました。対応言語に関するヘルプドキュメントについては、言語バージョンを参照してください。

  • アセットパネルでの Stock 検索:

アセットパネルに用語を入力して検索できるようになりました。検索結果の下に、Adobe Stock を検索するためのリンクが表示されます。

  • 新しいファイル形式:
    • .fbx、.stl、および .skip の 3D モデルの読み込み
    • .ai と .svg 画像の読み込み

サポートされている読み込み/書き出しファイル形式に関するヘルプドキュメントについては、以下のドキュメントを参照してください。
サポートされているファイル形式 | 3D モデル
サポートされているファイル形式 | 画像

  • ユーザーインターフェイスの強化:

パネルのタイトルおよびラベルを 1 回クリックしただけで、セクションが折りたたまれたり展開されたりすることがなくなりました。シーンパネルのマテリアルの表示が右から左に移動されました。シーンパネル内のアイコンが更新されました。

変更点

  • コンテンツパネル:コンテンツパネルに新しいアイコンが追加されました。また、ツールバー内の位置が変更されました。
  • ツールオプション:ツールオプションが、カンバスの上にある表示コントロールバーから、ツールバーのポップアウトウィンドウに移動されました。
  • カメラ設定:カメラのプロパティが、環境から新しいカメラオブジェクトに分割されました。
  • キーボードショートカット:新しい 2D カンバスコントロールをサポートするため、一部のツールのショートカットが更新されました。
    • 軌道カメラツール:3D カメラを回転します。初期設定のショートカットは 1 です。
    • パンツール:以前のハンドツールで、3D カメラをパンします。初期設定のショートカットは 2 です。代替ショートカットの H が削除されました。
    • 遠近ツール:3D カメラをズームイン/アウトします。初期設定のショートカットは 3 です。代替ショートカットの Z が削除されました。
    • ハンドツール:2D カンバスをパンします。初期設定のショートカットは H です。
    • ズームツール:2D カンバスをズームイン/アウトします。初期設定のショートカットは Z です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー