FTP(ファイル転送プロトコル)は、インターネットを通してファイルを転送するための最も一般的に使用されている方法です。 組織でも個人でも一般に FTP を使用して、それぞれの Web サーバーとファイルのアップロードやダウンロードを行っています。 Dreamweaver において FTP を介して転送を行うには、サイト定義ダイアログボックスの「リモート情報」カテゴリに FTP サーバーの情報を入力します。 ファイルパネルで、「接続」ボタンおよび「PUT」ボタンをクリックして、選択したファイルまたはフォルダーをアップロードします。

FTP に関する問題のトラブルシューティングには多くの変数が使用されるため、ヒントとテクニックは長いリストになっています。 ぜひ試していただきたい上位 5 つは、以下のとおりです。

  • Dreamweaver の最新の更新プログラムが手元にあることを確認する。
  • パッシブ FTP を有効にしてみる。
  • いろいろな FTP クライアントを使用してサーバーに接続してみる。
  • サイト定義にあるホストディレクトリの設定を変更してみる。
  • サーバーのアクセス権限を確認する。

最初の手順と事実の収集

1. Dreamweaver の最新の更新プログラムをインストールする

Adobe で Dreamweaver のアップデーターをリリースするとき、通常、アップデーターはいくつかの FTP の問題を修正します。 ご使用の Dreamweaver のバージョンに対応する最新のアップデーターをダウンロードしてインストールします。 Dreamweaver MX 2004 の場合、最新のアップデーターは 7.0.1 です。 Dreamweaver MX の場合、最新のアップデーターは 6.1 です。

注意:ご使用の Dreamweaver のバージョンについては、次のようにして確認できます。

  • Windows:「ヘルプ/Dreamweaver について」を選択し、スクロールが開始したらクレジットをクリックします。
  • Mac OS:「Dreamweaver /Dreamweaver について」を選択し、スクロールが開始したらクレジットをクリックします。

2. サイトが定義されていることを確認する

FTP を使用するには、Dreamweaver に FTP 接続情報を伝える必要があります。 そのため、サイト定義を作成したり、サイトレスのファイル編集を設定したりします。 Dreamweaver では、サーバーへの接続方法を知るために、上記の 2 つのいずれかが必要です。 Dreamweaver MX 2004 で開始すると、きちんとしたサイト定義(サイトレスのファイル編集)なしでも FTP サーバーに直接接続できます。 ただし、サイト定義を作成すると、Dreamweaver で一層多くの機能を利用できるようになります。 Dreamweaver ユーザーは一般に、サイト定義による追加機能の活用を好みます。 サイト定義の詳細については、「Dreamweaver のオンラインヘルプ」を参照して、サイトの設定に関する情報を探してください。

3. サーバーに接続する際に使用できる別のオプションについて

FTP に代わる最も一般的な 2 つの方法は、ローカル/ネットワークとセキュア FTP です。 これらの代替方法のいずれを使用しても、FTP より優れたパフォーマンスと安定性を得ることができます。 また、上記の 2 つほどは広く使用されていないリモート接続オプションの一部を Dreamweaver で活用することもできます: WebDAV、Visual SourceSafe、または RDS。 これらのオプションの詳細については、「ヘルプ/ Dreamweave の使用」を参照してください。

  • ローカル/ネットワーク
    「ローカル/ネットワーク」を使用して、ファイルを転送してみてください。 会社や学校のような環境にいる方は、一般に、Windows または Mac OS のファイルシステムブラウザーを使用してサーバーに接続する権限を付与されています。 Windows において、ネットワークパスは、\\myserver\myfolder\ のようになります。
  • セキュア FTP
    セキュア FTP (SFTP)では、すべてのファイル転送を暗号化できるため、データ、ファイル、ユーザー名、パスワードへの不正アクセスを防止できます。 セキュア FTP は FTP とは異なるプロトコルです。  ただし、同様のコマンドや設定を共有します。 ご使用のサーバーが SFTP を実行しているかどうかはっきりしない場合は、サーバー管理者に確認してください。 SFTP は一般に、FTP よりも堅牢なプロトコルであるため、従来の FTP の弱点を解決する可能性もあります。 SFTP サービスは、ほとんどの UNIX サーバーにデフォルトで組み込まれています。 Windows では、SFTP は組み込みのサービスではなく、追加のソフトウェアが必要です。 SFTP は別アプリではありますが、Dreamweaver では、FTP と同様のサイト定義を設定して、「セキュア FTP を使用する」チェックボックスを選択します。 サーバーでは、FTP サービスと SFTP サービスを両方とも同時に実行することも可能です。 ご使用のサーバーが SFTP のみを実行している場合は、「セキュア FTP を使用する」チェックボックスを選択します。 このチェックボックスを選択しない場合、Dreamweaver はエラーを返します。

4. 正確な問題を文書化する

Dreamweaver アップデーターで問題を解決しないこと、また、FTP を使用していることを確認したら、問題のトラブルシューティングを行います。 表示されているエラーメッセージのテキストを正確に書き留めます。

  • サイト定義ダイアログボックスで「テスト」ボタンをクリックするとエラーメッセージが表示されるか?
  • ファイルパネルで「接続」アイコンをクリックするとエラーメッセージが表示されるか?
  • ファイルまたはフォルダーをアップロードしようとするとエラーメッセージが表示されるか?
  • FTP サイトの定義は、これまで Dreamweaver で有効であったか?
  • 問題は毎回発生するのか、それともランダムか?
  • グループ環境で操作している場合、他のコンピューターでも同じ問題を抱えているか?
  • 接続先の FTP サーバーについて具体的に記述すると? サーバーについての具体的な記述例は次のとおりです。 Microsoft IIS サーバー、RedHat FTP サーバー、IBM AIX サーバーおよび Mac OS X サーバー。 一般に、上記のような情報は Dreamweaver の FTP ログから、またはコマンドライン FTP クライアント経由で接続して得られます。

5. FTP サイトの定義はこれまで Dreamweaver で正常に機能していたかどうかを確認する

接続障害の原因としてよく挙がる 2 つは、サーバーのダウンとビジー状態です。 以下の図には、FTP 転送の実行でデータが通過する主要な中継点が示されています。

FTP 転送の実行でデータが通過する主要な中継点
FTP 転送の実行でデータが通過する主要な中継点

1 度でも接続できている場合は、FTP 設定は正しいと考えられます。 同一の設定で一時だけ接続するだけの場合、理由は通常、サーバーがダウンしているか、ビジー状態です。 別の時間帯に接続するか、サイトを管理している会社のシステム管理者にお問い合わせください。 Dreamweaver で接続しようとするときに「内部データエラー」メッセージが表示される場合は、サーバーがダウンしている可能性があります。 サーバーがダウンしているかを確認する良い方法は、別の FTP クライアントで接続できるかどうかを確認することです。 どのクライアントでも接続できない場合は、おそらくサーバーに問題があります。

6. 他の FTP クライアントがサーバーで正常に機能するかどうかを確認する

FTP の問題をトラブルシュートする場合、関連する要因の数は、問題の原因を絞り込むのに重要になります。 有効なテストとしては、別の FTP クライアントで接続して転送してみることです。 複数の FTP クライアントで問題が発生する場合は、最も可能性の高い原因はサーバーの問題であり、Dreamweaver の問題ではありません。 Windows と Mac OS には FTP クライアントが付属しています。また、フリーウェアまたはシェアウェアとして、他の FTP クライアントもあります。 一般的に広く使用されているクライアントの一部を以下に紹介します。

Windows

  • Microsoft の Internet Explorer - ftp サーバーの名前を URL フィールドに入力します。ドメイン名の前に ftp:// を付けます(例:ftp://ftp.irs.gov)。
  • WS_FTP - GUI ベース
  • CuteFTP - GUI ベース
  • FileZilla - GUI ベース
  • Windows コマンドライン(「スタート/ファイル名を指定して実行/オープン」フィールドに cmd と入力) - 「FTP コマンドラインツールの使用」を参照してください。

Mac OS

  • Safari / Mac Finder - URL フィールドに ftp サーバー名を入力します。ドメイン名の前に ftp:// を付けます(例えば、ftp://ftp.irs.gov)。または、Mac Finder で、「移動/サーバーに接続」を選択します。
  • Fetch - GUI ベース

7. Dreamweaver または Contribute の別のバージョンでも問題が発生するかどうかをチェックする

ご使用の FTP サーバーで動作する Dreamweaver または Contribute の以前のバージョンをお持ちの方は、Dreamweaver の製品エラーが発生している可能性があります。 Dreamweaver の 2 つの異なるバージョンで同じ FTP 設定を使用している場合、FTP 接続は同じように動作するはずです。 Dreamweaver MX を使用すると FTP の問題は発生しないが、Dreamweaver MX 2004 を使用すると問題が発生する場合は、サーバーの互換性設定を試してみてください。 FTP エンジンは Dreamweaver MX 2004 で大々的に修正されました。 そのため、以前の Dreamweaver FTP エンジンよりも大幅に安定し信頼性も高くなっています。 ただし、新しいバージョンで機能に問題が発生したという報告が数件届いています。 テクニカルサポートまでお問い合わせいただくか、直接バグレポートを送信してください。

Contribute に接続してみてください。 Contribute をお持ちでない方は、体験版をダウンロードし、ご使用のサーバーで動作するかどうかを確認してください。 Dreamweaver と Contribute は基本的に同じ FTP エンジンを共用していますが、Dreamweaver と Contribute のリリースサイクルは異なるため、Dreamweaver ではまだ行われていないバグ修正が Contribute では行われている可能性があります。 Contribute で接続できる場合は、それ自体がテクニカルサポートスタッフにとって有効な手掛かりです。

8. グループ内の誰かが Dreamweaver FTP でサーバーに接続できていますか?

グループ環境で作業している場合、グループ内の他のコンピューターでも同じ問題を抱えていますか? このことは、問題がご使用のマシンまたは Dreamweaver の設定に固有のものであるかどうか、あるいはファイアウォールの競合をはじめ、グループに共通する何か他の問題であるのかを判断する材料になります。 グループ内のコンピューターに共通して発生する可能性のある他の問題の例として、以下があります。

  • 組織によりインストールされ、カスタマイズされているオペレーティングシステムのゴースト画像
  • チーム全体として、競合する Dreamweaver 拡張機能がインストールされている可能性がある

ノートパソコンをお持ちの場合、会社では接続できなくても、ご自宅では、そのノートパソコンで FTP サーバーに接続できますか? ご自宅で接続できる場合は、会社の環境にファイアウォールまたはネットワークに何らかの問題があることを示唆していると思われます。

9. Dreamweaver からどの FTP サーバーにも接続できるか?

まれに、Dreamweaver のユーザーがどの FTP サーバーにも接続できないことがあります。 このことは、Dreamweaver のインターネット接続に関する一般的な問題を示唆します。 この問題の他の現象として、Dreamweaver の開始ページの機能障害、インターネットを介した Dreamweaver のライセンス認証の問題などがあります。 IRS FTP サイトなど、匿名の FTP サーバーに接続できるかどうかを確認します。 Dreamweaver でこのサイトに接続するには、次のサイトの定義設定を使用します。

FTP ホスト: ftp.irs.gov
ホストディレクトリ:空白のまま
ユーザー名:匿名
パスワード:空白のまま

このサーバーに接続できない場合は、ファイアウォールの機能で Dreamweaver がインターネットにアクセスできないのかどうかを調べ、また、マシンが全般にインターネットに接続できるかどうかを確認します。

 

10. ファイアウォールの裏側に常駐しているか?

グループ環境で作業している場合は、どのような種類のファイアウォールが使用されているのか、Dreamweaver をはじめてするアプリケーションでファイアウォールを通過するには何か特別な調整を行う必要があるのかなどをシステム管理者に問い合わせてください。

ご使用のマシンでパーソナルファイアウォールをインストールしている場合は、インターネットへのアクセス権限を Dreamweaver に付与していることを確認してください。 Windows XP SP2 にはファイアウォールが組み込まれているため、Dreamweaver の FTP 機能はデフォルトでブロックされます。そのため、Dreamweaver を例外リストに追加する必要があります。 パーソナルファイアウォールの他の例としては、Zone Alarm、Norton Personal Firewall などがあります。

Dreamweaver のユーザーインターフェイス設定

FTP の問題は、非常に多くの要因が関連しているため、診断が難しいと言えます。 とは言うものの、FTP に関連してそれほどまでに複雑なユーザーインターフェイスが Dreamweaver にあるわけではありません。 参考までに、Dreamweaver において FTP 設定が置かれている 2 つの場所を以下に紹介します。

  1. サイト固有の設定は、各サイトの定義のリモート情報カテゴリーにあります(サイト/サイトの管理/サイトを選択/「編集」ボタンをクリック/「リモート情報」カテゴリーを選択)。

    サイト固有の設定はリモート情報にあります
    サイト固有の設定はリモート情報にあります

  2. すべての Dreamweaver のサイトの定義に適用される FTP の全般設定は、「編集/環境設定/サイト」にあります。

    FTP の全般設定は「サイト」カテゴリーにあります
    FTP の全般設定は「サイト」カテゴリーにあります

Dreamweaver のユーザーインターフェイス設定

1. パッシブ FTP を使用してみる

FTP の問題に対する最も一般的な解決策の 1 つとして、「パッシブ FTP の使用」チェックボックスを選択します。 パッシブ FTP を使用する必要がある一般的な兆候として、サーバーに接続しようとすると Dreamweaver がハングするような現象が現れます。 ファイアウォールの設定がパッシブ FTP の使用を必要とする場合は、このチェックボックスをオンにします。 パッシブ FTP を使用すると、リモートサーバーを必要とせずに、ローカルソフトウェアで FTP 接続ができます。 詳細については、「パッシブ FTP とは」を参照してください。

注意: Mac OS X ユーザーの場合、リモートサーバーでファイルリストが表示されない場合は、パッシブ FTP を有効にしてください。

2. サイト定義ダイアログボックスの「サーバーの互換性」オプションを試してみる(Dreamweaver MX 2004 v7.0.1 のみ)

Dreamweaver MX 2004 バージョン 7.0.1 で接続の問題が発生する場合は、「サーバーの互換性」設定を調整してみてください。 これらの設定は Dreamweaver MX 2004 バージョン 7.0 以前には存在しないので、ご注意ください。 「ヘルプ/ Dreamweaver について」を選択してから、スクロールクレジットをクリックして、バージョンを確認できます。

サーバーの互換性設定
サーバーの互換性設定

FTP パフォーマンス最適化を使用代替 FTP move メソッドを使用で各種オプションの選択と選択解除をいろいろに組み合わせてみて、いずれかの組み合わせで FTP の問題が解決されるかどうかを確認します。 上記の設定は、Dreamweaver の以前のバージョンでは FTP の問題が発生しなかったのに、Dreamweaver MX 2004 で問題が発生するユーザーにとって特に有用です。

3. FTP ホスト情報を確認する

ご使用の FTP アドレスについて、「ftp.macromedia.com」など、コンピューターシステムの完全なインターネット名にします。 FTP ホストフィールドで、ホスト名の前に /ftp:// プロトコルを決して付けないでください。 また、サーバーへの接続に問題がある場合は、ドメイン名(ftp.macromedia.com)ではなく、IP アドレス(例: 10.112.0.54)を使用してみてください。

4. ホストディレクトリ情報を変更する

ログイン、パスワードなどの Web サーバー情報は、サーバー管理者から入手し、サイト定義ダイアログボックスにそのまま正確に入力できますが、場合によってはホストディレクトリ情報を変更する必要があります。 トラブルシューティング時にホストディレクトリ情報を入力する際に、次のアプローチを試してみてください。 アプローチが有効かどうかは、サーバーの設定によって異なるため、すべてを試してみてください。

  • ホストディレクトリ名の直前にスラッシュ(/)を付加します(スペースなし)(例: /myfolder)。
  • ホストディレクトリ名の前に既にスラッシュが入力されている場合は、そのスラッシュは削除します(例: myfolder)。
  • ホストディレクトリを空白のままにする
  • ホストディレクトリを空白のままにし、ホストディレクトリ名を FTP ホストに付加します(直前にスラッシュ(/)を付加)(例: ftp.domain.com/hostdir)。
  • ホストディレクトリパスにご自分のサブフォルダーのいずれかを付加してみます(例: myfolder/mysubfolder/)。
  • UNIX サーバー上の個人の Web サイトで操作している場合は、ご自分の URL にチルダを入れることができます。 例えば、http://www.mysite.com/johndoe/。 ホストディレクトリ内のチルダで FTP に関する問題が生じる場合は、フルパスを使用してみてください。つまり、次のようになります: /home/username/public_html または /home/username/www。 サーバーで仮想パスが使用されている場合も同様です。 サーバー管理者に尋ねて、仮想パスを使用しているかどうか、および物理パスを付与できるかどうかを確認してください。 ホストディレクトリフィールドで物理パスを使用してみてください。
  • リモートサーバー上のご自分の Web フォルダーがルートより上方にある場合は、ホストディレクトリ名の前に ../ または、場合によっては、../../ を付ける必要があると考えられます(二重ドットを 1 組付けると 1 レベル上に、二重ドットを 2 組付けると 2 レベル上に、というように表示されます)。 このタイプのセットアップは一般的ではありません。

ホストディレクトリの問題をトラブルシュートする良い方法は、ファイルを「ファイル」パネルにドラッグ&ドロップしてみることです(「PUT」ボタンまたは同期は使用しないで)。 詳細については、「ファイルのドラグアンドドロップ」を参照してください。

5. サイト定義で「デザインノートのアップロード」を無効にする

サイト定義で「デザインノートのアップロード」オプションを選択すると、問題が発生する原因になる可能性があります。 このオプションの選択を解除して、問題が解消しているかどうかを確認してみます。 「サイト/サイトの管理」でサイトを選択し、続いて「編集/「詳細設定」タブ/デザインノートカテゴリー」をクリックしてから、「デザインノートのアップロード」(共有)の選択を解除します。

6. 「サイトの環境設定」オプションを変更する

ほとんどの場合、ユーザーはデフォルトの「サイトの環境設定」オプションを変更する必要はありません。 しかしながら、大きなファイルの転送、530 エラーおよび/または 550 エラー、接続の喪失に関する問題をトラブルシュートするとき、他の環境設定を試してみることは有用です。 環境設定ダイアログボックスにアクセスするには、「カテゴリー」列から「編集/環境設定/サイトの選択」を選択します。

サイトの環境設定ダイアログボックスで FTP に関連する設定は次のとおりです。

  • FTP 接続: ___ および ___ 分間のアイドル状態の後に接続解除
    トラブルシューティングを行う際に、このオプションを選択解除のままにします。
  • FTP タイムアウト
    サーバーに FTP コマンドが送信されると、クライアントは確認メッセージの返信を待ちます。確認メッセージの返信がないと、コマンドはキャンセルされます。 FTP タイムアウトでは、Dreamweaver がコマンドをキャンセルせずにサーバーからの応答があるまで待つ時間を設定します。 設定値が高すぎると、Dreamweaver がアイドル状態になり、サーバーが応答しない場合にフリーズ状態になる原因になります。 設定が低すぎると、コマンドが途中で中断される原因になります。 デフォルトの設定値である 60 秒で、ほとんどの状況は適切に処理されます。 接続時に問題が発生する場合は、FTP タイムアウトを 120 秒に上げてみてください。
  • ファイアウォールのホストとポート
    ほとんどのユーザーは、これらのフィールドを変更する必要はありません。つまり、ホストは空白のまま、そしてポートは 21 のまま設定します。 ご自分の組織ではファイアウォールを使用していると思う場合は、その関連情報をシステム管理者から入手する必要があります。

重ねて、ほとんどの場合、サイトの環境設定でデフォルトを変更する必要はありません。

7. 新しいサイト定義を作成し、新しいファイルを転送する

有効なトラブルシューティング手順として、新しい Dreamweaver サイトの定義を作成し、その新しいサイト定義で新しいファイルを処理します。 サイト定義のローカルルートフォルダーがご使用のハードディスクのルート(例: C:\)になるように設定します。 上記のとおりにすると、ローカルルートフォルダーへのパスにスペースも特殊文字も決して含まれません。 また、サイト定義やファイルの破損についてもテストされます。 上記の手順を実行すると、Mac ユーザーの場合も、Dreamweaver の環境設定ファイルをゴミ箱に捨てると、ハードディスクの名前に特殊文字が決して含まれないことを確認できる可能性があります。

8. サイトキャッシュの再作成

新しいファイルが新しいサイトで動作する場合は、以前のサイトで Dreamweaver サイトキャッシュを再作成してみて、目的の問題が解決しているかどうかを確認します。 「サイト/詳細設定/サイトキャッシュの再作成」。 この手順は、サイトがサイトキャッシュを使用するように定義されている場合にのみ使用できます。

9. ファイルを「ファイル」パネルにドラッグアンドドロップする

ファイルを選択し、「ファイル」パネルの「PUT」ボタンをクリックすると、Dreamweaver はそのファイルを FTP サーバー上のフォルダーにアップロードします。

ファイルのドラッグアンドドロップは、次の 2 つの事例でトラブルシュートに使用できます。

  • ファイルが転送されないとき、または、ファイルが間違ったフォルダーにアップロードされるとき、ファイルをファイルパネルのローカル側からリモート側にドラッグすると、目的のフォルダーを選択することができるため、ホストディレクトリ情報が正しく入力されているかどうかをさらに絞り込むことができます。
  • サーバーに接続できない場合は、ホストディレクトリフィールドを空白のままにし、「PUT」ボタンは使用しないで、ファイルをドラグアンドドロップします。

注意:ドラッグアンドドロップは慎重に行ってください。 ファイルを間違ったディレクトリにドロップすると、リンクが動作を停止し、ページ上の画像が表示されなくなる原因になります。

 

10. FTP ログを確認する

接続またはアップロードを実行してみた後で、Dreamweaver の FTP ログをチェックして、お使いのコンピューターとサーバーの間のセッションの記録の有無を確認できます。 3 桁の FTP シリーズコードはいずれも特に関心のあるノートです。 FTP ログの説明および FTP シリーズコードのリストについては、「FTP ログの確認」を参照してください。 また、接続先の特定の FTP サービス名とバージョンもメモしてください。

Dreamweaver の FTP ログを表示するには:「サイト/詳細設定/FTP ログ」を選択します。

完全に空白のログには、それ自体に手掛かりがあることに留意してください。 接続の試行後にログが空白である場合、Dreamweaver の FTP ツールはサーバーに到達できないとともに、サーバーにコマンドを送信することもできません。

サーバーの問題

1. ファイル名およびフォルダー名を確認する

ファイルの命名規則に関する以下の一般的な情報は、特定のファイルまたはフォルダーの転送に関する問題をトラブルシュートするときに有用です。

  • 特殊文字
    フォルダー名またはファイル名にスペースや特殊文字.が含まれていないことを確認します。 特殊文字は含まれていますか? * - & ^ % $ # または英数字以外の文字。 下線文字(_)は、特殊文字とみなされていないため、ファイル名またはフォルダー名において有効です。

    注意: Mac ユーザーもハードドライブ名におけるスペースまたは特殊文字の有無を確認する必要があります。

    オペレーティングシステムによっては、ファイルまたはフォルダーを転送する際に名前の長さが問題になることがあります。 転送に問題が発生した場合は、短い名前のファイルまたはフォルダー(test.htm など)をアップロードしてみてください。

    最後に、サーバー上のピリオドまたはアンダースコアで始まる名前のファイルについては、ファイルパネルには表示されません。 これは意図的な処理です。 これらのファイルを表示する必要がある場合は、「別の FTP クライアント」を使用します。
  • 大文字と小文字
    Windows および Mac のファイル名は大文字と小文字を区別しませんが、UNIX のファイル名は大文字と小文字を区別します。

    Windows システムおよび UNIX システムでは、ファイルの転送は次のように処理されます:
    • ローカルマシン ローカル側でファイルを example.htm から EXAMPLE.HTM に名前を変更しても(つまり、名前が大文字に変更されても)、存在するファイルは 1 ファイルのみです。 この逆の場合も(つまり、名前を大文字から小文字に変更しても)、同様です。
    • UNIX サーバー UNIX サーバーで、example.htm という名前のファイルが既に入っているフォルダーに EXAMPLE.HTM という名前のファイルをアップロードしても、サーバー上のファイルは上書きされません。 つまり、example.htm と EXAMPLE.HTM という 2 つのファイルが存在することになります。 このことは、小文字から大文字の場合も、その逆の場合も同様です。
    • Windows サーバー Windows サーバーで、example.htm という名前のファイルが既に入っているフォルダーに EXAMPLE.HTM という名前のファイルをアップロードすると、サーバー上のファイルは、新しいファイル(EXAMPLE.HTM)で上書きされるため、存在するファイルは 1 ファイル(EXAMPLE.HTM)のみになります。 このことは、小文字から大文字の場合も、その逆の場合も同様です。

      注意:一部の UNIX サーバーでは、アップロードするファイルの名前はすべて小文字に変換されるように設定されています。

2. サーバーのアクセス権限を確認する

サーバーは多くのユーザーが共有するコンピューターです。 ユーザーがそれぞれ、互いのファイルを勝手に変更したりすることがないよう、すべてのユーザーやユーザーグループに対して、ファイルおよびフォルダーごとに個別に読み取り、書き込みおよび実行の権限が与えられています。 また、ユーザーまたはグループは、あるファイルの所有者であると定義することもできます。この場合、アクセス権限も付与されます。 さらに、ファイルまたはフォルダーについて、別々のアクセス権限を設定することもできます。

「アクセス拒否」エラー(550 エラー)の理由としては、アカウントに十分な権限セットがないことが考えられます。 詳細情報については、サイトを管理している会社のシステム管理者にお問い合わせください。 UNIX ベースのサーバーに接続する場合は、コマンドライン FTP クライアントでサーバーに接続してから、「ls -l」コマンドを実行してアクセス権限の設定を表示できます。 Windows の FTP サーバーに接続する場合は、ご自分のアクセス権限をサーバー管理者に確認してもらう必要があります。

一部の FTP サーバーでは、新しいファイルには、デフォルトで、特定のアクセス権限を付与するように設定されています。また、一部の Dreamweaver ユーザーは、デフォルトの設定以外のものが必要になります。 アップロードしているファイルに間違ったサーバーアクセス権限が付与されていることに気付いた場合は、「アクセス権限の設定」拡張機能(Dreamweaver 版)をインストールできます。

3. FTP コマンドラインツールを使用する

コマンドラインインターフェイスに詳しい方は、Windows コマンドプロンプトまたは Mac ターミナルに FTP コマンドを直接入力できます。 コマンドライン FTP クライアントを使用すると、FTP 接続で行われている正確な状況について、一層自由に制御したり表示したりすることができます。 コマンドラインを使用して接続すると、多くの場合、実行されている特定の FTP サーバーの名前が表示されます。 サーバーに受け入れられる標準 FTP コマンドのリストは、FTP コマンドラインに help と入力して表示できます。 標準コマンドの詳細については、「FTP ログの確認」を参照してください。

4. 「リモートサーバー時間を決定できません」エラー

サイト定義を設定する際に、Dreamweaver で次の警告メッセージがスローされることがあります。

Dreamweaver はリモートサーバー時間を決定できません。 「新しい方を選択」および「同期」コマンドは有効ではありません。

Dreamweaver では、サーバーのタイムスタンプを取得するため、XYIZNWSK という名前のフォルダーを作成して削除します。 Dreamweaver にフォルダーの作成または削除を許さない、サーバーのアクセス権限の問題がある可能性があります。

Serv-U FTP サーバーは、すべてのファイルとフォルダーを書き換えるように設定できます(例: XYIZNWSK タイムスタンプフォルダーを小文字に書き換えます。つまり、Dreamweaver ではこの特定のフォルダーは見つけられなくなります)。 Dreamweaver では、このフォルダーを見つけられないため同期を拒否します。 この設定の変更方法の説明については、この記事を参照してください。

5. 別のログインを必要とするプロキシサーバーを使用していますか?

Dreamweaver では、一部の FTPプロキシサーバーをサポートしますが、「サイトの環境設定ダイアログボックス」で示されているように、ユーザー名とパスワードの独自のセットを必要とするプロキシサーバーはサポートしません。 Dreamweaver のユーザーインターフェイスには、FTP サーバーのログイン情報を入力するフィールドしかありません。 Dreamweaver でサポートされないプロキシサーバーの一例は SOCKS です。

6. 特定の FTP サーバーの問題

  • Macromedia 社では、Windows と Mac の両方に対応する Dreamweaver MX 2004 拡張機能を作成しました。IBM AIX および OS/400 サーバーに関連する一部の FTP 競合が解決されています。 IBM AIX または OS/400 サーバーに接続している方は、この拡張機能のみをインストールしてください。 この問題の現象として以下があります。
    • 現在の暦年より以前のファイルまたはフォルダーにアクセスしようとすると、アクセス拒否エラー。
    • 「Dreamweaver はリモートサーバー時間を決定できません」エラー、および同期機能が動作しない。
    • ファイルパネルに間違った情報(余分なスペース、ジャンク文字、特定のフィールドに誤った情報など)。 (参照 169317)。
  • Dreamweaver MX 2004 は、Documentum FTP サービスの以前のバージョンとの接続で競合が発生します。 Documentum FTP サービスバージョン 5.2.5 以降で、この問題は解決済みです。 (参照 183536)
  • Dreamweaver は、Mac OS X Server バージョン 10.2 および 10.1 へのファイル転送で問題が発生しました。 Apple 社では、Mac OS X Server バージョン 10.3 でこの問題を解決済みです。 (参照 16762)。

7. Contribute FTP サーバーチェッカー

Macromedia Contribute FTP サーバーチェッカーは、Dreamweaver MX 2004 ユーザーにとっても、有用な診断ツールです。それは、この 2 つのアプリケーションとも非常によく似た FTP エンジンを共用しているためです。 FTP サーバーチェッカーを使用すると、Contribute で FTP を使用して接続を確立できないときに発生する問題を診断できます。 このアプリケーションは、FTP サーバーと Contribute との互換性をチェックしてから、サーバーと Contribute との間の問題を特定するのに役立つレポートを生成します。 詳しくは、またこのアプリケーションのダウンロードについては、「FTP サーバーチェッカー」(技術ノート tn_19012)を参照してください。 このツールを使用する際に、Contribute をインストールする必要はありません。

8. Contribute Network I/O ロギング

Dreamweaver MX 2004 ユーザーは、Contribute 3 をインストールして、Network I/O ロギング機能を利用できます。このロギング機能で、Contribute はログファイルを生成できます。 これらのログファイルには、Contribute のパフォーマンスに関する詳細情報が記載されています。 これらのログを生成するには、ご使用のマシンに Contribute 3 をインストールする必要があります。 Contribute の無償体験版はダウンロードして使用可能です。

注意: Network I/O ロギングは Dreamweaver MX 以前のユーザーには有用ではありません。 FTP エンジンは Dreamweaver MX 2004 および Contribute 3 で大々的に修正されました。

一般的なトラブルシューティング

ホームルーターが問題の原因になっていないかを確認する

ご自宅や小規模オフィス環境で Dreamweaver をご使用の場合、Dreamweaver とご使用のルーターの間で競合がある可能性があります(ルーターを使用している場合)。 テストとして、ネットワークケーブルを DSL/ケーブルモデムからコンピューターに直接差し込んで、ルーターをバイパスします。そのため、ルーターはこの問題から除去されます。

Windows または Mac の一般的なトラブルシューティング手順を実行する

FTP 問題がご使用のマシンに固有のものであると判断した場合、またはテスト対象のマシンが 1 台しかない場合は、Windows または Mac の一般的なトラブルシューティング手順を実行してみてください。 FTP 以外の他の Dreamweaver の機能に問題が発生する場合、このことは特に有効なアイデアです。 一般的に試していただきたいことは、以下のとおりです。

  • Dreamweaver を別の Windows ユーザーアカウントまたは Mac ユーザーアカウントで実行してみる。
  • Dreamweaver でユーザー設定フォルダーを再作成する。
  • Dreamweaver をアンインストールして、セーフモードで再インストールする。

一般的なトラブルシューティングのヒントについて詳しくは、次の技術ノートを参照してください。

テクニカルサポートに問い合わせて、FTP 接続情報を提供する

発生している問題が Dreamweaver に関する問題であると判断した場合は、そのことについて弊社までお知らせください。弊社の「製品への要望/不具合報告フォーム」を使用してバグレポートを送信できます。 または、Dreamweaver を購入されている方は、テクニカルサポートに問い合わせることも、サポート担当者が目的の問題を再現できるかどうかを確認することもできます。

アドビでは、問題の発生しているサーバーに接続できれば、問題のトラブルシュートを最も適切に行えます。一時的なユーザーアカウントまたはパスワード、あるいはテストサーバーに関する情報をご提供いただけるならば、それが最善です。弊社のエンジニアは、ファイアウォールの背後にあるサーバーはデバッグできません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー