CC 2018 以前のアプリケーションの問題

Apple OS 10.15 Catalina は 64 ビットのアプリケーションのみをサポートします。CC 2018 以前のアプリケーションには 32 ビットのコンポーネントが含まれています。このアプリケーションは、macOS 10.15 Catalina を実行しているマシンで起動しません。

詳細については、「macOS 10.15 Catalina でアドビアプリケーションが動かない」を参照してください。

例:CC 2018CC 2019 のアプリケーションを含むパッケージを作成する場合、パッケージの展開に成功します。CC 2019 アプリケーションは正常に起動しますが、エンドユーザーが CC 2018 アプリケーションを起動すると、起動に失敗し、次のようなエラーメッセージが表示されます。

CC 2018 以前のアプリケーションの Catalina エラー

ダウンロードされたパッケージの隔離ビットの問題

Admin Console でパッケージを作成すると、パッケージの zip アーカイブがコンピューターにダウンロードされます。Admin Console で、zip ファイルがすぐに作成され、ダウンロードされます。このファイルは動的に作成されるため、macOS マシンにダウンロードされた zip ファイルには com.apple.quarantine ビットが設定されます。

どの macOS マシンにダウンロードされる zip ファイルにもこの処理が行われます。ただし、macOS 10.15 が実行されているマシンの場合、com.apple.quarantine ビットが設定された関連パッケージを抽出し、展開できません。

解決策

zip ファイルがダウンロードされた後、隔離ビットを削除してからコンテンツを抽出し、パッケージを展開する必要があります。

隔離ビットの削除方法は次のとおりです。

  1. ターミナルを開き、ダウンロードされた zip ファイルを含むフォルダーに移動します。

  2. 次のコマンドを実行して、ダウンロードされたファイルに隔離ビットが設定されているかどうか確認します。

    xattr <ダウンロードされたパッケージの名前>

    上のコマンドの出力に次のものが含まれている場合、ファイルに隔離ビットが設定されています。

    com.apple.quarantine

  3. 次のコマンドを実行して、ファイルから隔離ビットを削除します。

    xattr -d com.apple.quarantine <パッケージ名>

  4. 次のコマンドを再度実行して、ダウンロードされたファイルに隔離ビットが設定されているかどうか確認します。

    xattr <ダウンロードされたパッケージの名前>

    上のコマンドの出力には、次のものが含まれなくなります。

    com.apple.quarantine

    これは、隔離ビットが削除されていることを意味します。

  5. zip ファイルのコンテンツを抽出し、パッケージを取得します。

  6. エンドユーザーのマシンでパッケージを展開します。

パッケージ展開時の問題

macOS 10.15 Catalina で行われた変更のため、2019 年 9 月 16 日より前に Admin Console で作成したインストーラーパッケージの zip ファイルは、macOS 10.15 を実行しているマシンで正常に展開されません。

解決策

10.15 クライアントマシンでパッケージをインストールする場合は、以下のいずれかの手順で問題を解決してください。

  • Adobe Admin コンソールで、既存のパッケージを利用してアップデートパッケージを作成する。
  • 新しいパッケージを作成する。
  • 10.15 より前の macOS が実行されているマシンで既存のパッケージを展開し、10.15 のマシンにデプロイする。

注意:

JAMF Casper または MUNKI を使用している場合、リポジトリにアップロードしたパッケージはすでに展開されているため、バージョン 10.15 以前の macOS に正常にインストールできます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー