問題点

Lightroom Classic CC の最新バージョンへのアップデート時に、エンドユーザーには、ログインしてアプリケーションの使用を促すメッセージが表示されます。エンタープライズ版エンドユーザーは、アプリケーションが体験版モードで実行されていることを確認できるとともに、エンタープライズ版のシリアル番号を使用してアプリケーションをデプロイした場合は、体験版の開始か、サブスクリプション版の購入を促すメッセージが表示されます。

解決策

この問題は、Lightroom Classic CC (v7.x 以前)の以前のインストールで、管理者がエンタープライズ版のシリアル番号を使用してライセンス認証とデプロイを行った場合に発生すると考えられます。

Lightroom Classic CC は常にインプレースアップデートを実行します。つまり、以前のインストール内容は、最新機能を有効にするように修正されます。Lightroom Classic CC など、すべての Creative Cloud アプリケーションの最新バージョンはシリアル番号をサポートしません。したがって、最新のアプリケーションは、ログインして引き続きアプリケーションを使用するようユーザーに促します。

エンドユーザー: Lightroom Classic CC の旧バージョンを再インストールする

Lightroom Classic CC の最新バージョンにアップデートした場合、ソフトウェアを引き続き使用するには旧バージョンに戻る必要があります。

警告:

アプリケーションを再インストールする前に、必ずカタログのバックアップを行います。詳細については、カタログのバックアップを参照してください。

  • アプリケーションの以前のバージョンのライセンスパッケージについて、IT 管理者に依頼できます。
  • Lightroom Classic CC v7 macOS 版または Windows 版をダウンロードしてインストールします。起動時に、ログイン、または体験版の開始を求められたら、「このソフトウェアをライセンス登録」をクリックし、エンタープライズ版のシリアル番号を入力します。

IT 管理者: Lightroom Classic CC を再デプロイする

最新のライセンス認証方式を使用して最新の Lightroom Classic CC を導入する

IT 管理者は、所属組織や機関に最適なライセンス認証方式を使用して、Lightroom Classic CC の最新バージョンをデプロイできます。これらの最新のライセンス認証方式を使用して、エンドユーザーは、Lightroom CC など、クラウドファーストアプリケーションのパワーを活用してワークフローを達成することもできます。

たとえば、指定ユーザーライセンスを使用して、管理コンソールでユーザーを作成すると、ユーザーはログインして最新の Creative Cloud アプリケーションをすべて使用できます。詳細については、「エンタープライズ版ライセンス認証方式」を参照してください。

Lightroom Classic CC (v7.x)の再デプロイ

シリアル番号ライセンスパッケージを作成して、Lightroom Classic CC (v7.x 以前)を再デプロイする必要があります。詳細については、シリアル番号パッケージの作成またはライセンスファイルの作成を参照してください。また、これらのパッケージについて、ヘルプ/アップデートオプションを無効にすることもできます。ただし、ヘルプ/アップデートオプションを無効にすると、コンピューター上のすべてのアプリケーションに適用されます。

警告:

アプリケーションを再インストールする前に、必ずカタログのバックアップを行います。詳細については、カタログのバックアップを参照してください。

軽減策の手順

所属組織や機関がシリアル番号を使用して Lightroom Classic CC のライセンス認証を行う場合、代替パッケージの作成と展開を行うまでにエンドユーザーがこのような状況に遭遇しないように実行できるいくつかの手順があります。

  • ヘルプ/アップデートメニューコマンドを使用して、Lightroom Classic CC のアップデートを行わないように注意を喚起する助言をエンドユーザーに送ります。
  • Remote Update Manager (RUM)を使用して、エンドユーザーに Lightroom Classic CC の最新バージョンをプッシュすることはしません。
  • パッケージで Adobe Update Manager オプションを有効にしません。このオプションの設定は、Creative Cloud Packager アプリケーションのパッケージ構成設定で行えます。

詳細については、アドビアカウントエグゼクティブまたはアドビカスタマーケアにお問い合わせください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー