Adobe Remote Update Manager では、コマンドラインのインターフェイスを使用して Adobe Update Manager をリモートで起動し、管理者権限でアップデートをインストールできます。したがって、各クライアントコンピューターにログインしてアップデートをインストールする必要がありません。

注意:

Remote Update Manager は、管理者モードで起動する必要があります。

最新バージョンの Remote Update Manager は、パッケージの作成処理中にダウンロードされ、パッケージに組み込まれます。

Creative Cloud Packager でパッケージを作成するときに、設定画面に Remote Update Manager の使用を有効にするためのオプションが表示されます。このオプションを選択すると(初期設定では選択されています)、Remote Update Manager がパッケージに含まれます。パッケージをデプロイすると、Remote Update Manager がクライアントコンピューターの次の場所にコピーされます。

Windows:
C:¥Program Files (x86)¥Common Files¥Adobe¥OOBE_Enterprise¥RemoteUpdateManager

Mac OS:
/usr/local/bin

その後、Remote Update Manager をクライアントコンピューターから実行できます。

概要

アドビアプリケーションをクライアントコンピューターにデプロイしたら、通常は、そのパッケージの後続のアップデートもクライアントコンピューターで利用できるようにします。アップデートパッケージを作成して、クライアントコンピューターに手動でデプロイできます。
アップデートを手動でデプロイする代わりに、Remote Update Manager を使用することができます。Remote Update Manager では、Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)を使用して設定された Adobe Update Server(ローカルの Adobe Update Server)をポーリングし、実行対象の各クライアントコンピューターにアップデートサーバーで提供されている最新のアップデートをデプロイします。そのため、手動でクライアントコンピューターにアップデートをデプロイする必要はありません。
Creative Cloud Packager でインストールパッケージを作成する場合のデフォルトの設定では、アドビのアップデートを無効にします。これは、大半の企業環境で、エンドユーザーに対して管理者権限が提供されないためです。アップデートを無効にすると、エンドユーザーはアップデートを利用できるかどうかを確認できず、またアップデートをダウンロードした場合に適用することもできません。Remote Update Manager を使用すると、アップデートが Creative Cloud Packager の設定オプションで無効になっている場合でも、アップデートをリモートで適用できます。
各クライアントコンピューターに Remote Update Manager をインストールしたら、コマンドラインまたはリモート管理ツールからリモートで起動できます。

注意:

Remote Update Manager は、アドビデスクトップ製品のサブセクションのみを対象としています。Adobe Edge Code、Edge Reflow、Gaming SDK などの一部のネイティブのインストーラーアプリケーションに対しては使用できません。Flash Player などのブラウザープラグインや、Adobe AIR アプリケーションのアップデートにも対応していません。

注意:

エンタープライズ設定にローカルアップデートサーバー(AUSST)を設定するには、「Adobe Update Server Setup Tool」を参照してください。

AUSST を使用しない Remote Update Manager の実行

企業環境に AUSST サーバーを設定していない場合は、Remote Update Manager の起動時に、各クライアントコンピューターが Adobe Update Server を直接ポーリングしてアップデートを取得します。

Remote Update Manager

AUSST を使用した Remote Update Manager の実行

AUSST サーバーを設定している場合は、アップデートが Adobe Update Server からローカルアップデートサーバーにダウンロードされます。Remote Update Manager を起動すると、各クライアントコンピューターがローカルアップデートサーバーをポーリングしてアップデートを取得します。

AUSST を使用した Remote Update Manager

Remote Update Manager を使用して自動的にアップデートを最新の状態にする

このセクションの内容:

Remote Update Manager の使用前の環境設定

クライアントコンピューター上の製品またはコンポーネントで、管理者の介入なく直接アップデートがダウンロードされないようにする場合は、パッケージの作成中に手動アップデートを無効化します。これをおこなう方法について詳しくは、「デプロイメントパッケージの作成」記事のパッケージを設定画面の説明を参照してください。

注意:

Remote Update Manager は、クライアントコンピューターで手動アップデートを無効化しているかどうかにかかわらず機能します。

すべてのアップデートをサーバー上にローカルに保存し、Remote Update Manager の起動時にクライアントコンピューターからサーバーにアクセスできるようにする場合は、Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)を使用します。詳しくは、AUSST を使用した Remote Update Manager の実行を参照してください。AUSST の設定方法について詳しくは、Adobe Update Server Setup Tool の使用を参照してください。

注意:

アップデートのインストール対象となるアドビアプリケーションは、Remote Update Manager の起動時には実行しないようにする必要があります。

別々のインスタンスでのアップデートのダウンロードとインストール

Remote Update Manager を使用して、クライアントコンピューターでアップデートをリモートでダウンロードしてインストールすることもできます。リモートアップデートのコマンドを渡す際に、アップデートのダウンロードとインストールを RUM の同じ起動/実行でおこなうか、複数の起動/実行でおこなうかを選択できます。これによって、適用可能なアップデートをダウンロードしてから、後でインストールすることができるようになります。アップデートのダウンロードとインストールについて詳しくは、Remote Update Manager の構文と説明--action コマンドラインオプションを参照してください。

注意:

--action コマンドラインオプションは現在 Acrobat および Reader のダウンロードをサポートしていません。

Acrobat および Reader のアップデートの適用

Remote Update Manager は、Acrobat および Reader をサポートしています。ただし、Remote Update Manager を実行する前に、クライアントコンピューターの次の項目を確認することをお勧めします。

MAC OS では、Acrobat Updater のバージョンが 1.0.14 以降である必要があります。

  1. Acrobat Updater のバージョンを確認するには、ターミナルで次のコマンドを実行します。

    defaults read "/Library/Application Support/Adobe/ARMDC/Application/Acrobat Update Helper.app/Contents/Info" CFBundleVersion

  2. Acrobat Updater のバージョンが 1.0.14 より古い場合は、最新の Acrobat Updater を以下からダウンロードします。
    https://armmf.adobe.com/arm-updates/mac/ARMDC/ARM_update/ARMDC Agent Installer.pkg

  3. 次のコマンドを使用して、ダウンロードした Acrobat Updater パッケージをインストールします。

    sudo installer -pkg <path to the downloaded .pkg file> -target /

Windows では、アプリケーションのバージョンは次のとおりである必要があります。

  • クラシックトラック:15.006.30279 以降
  • 継続トラック:15.023.20053 以降

Acrobat および Reader の最新のアップデートについては、https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/release-note/release-notes-acrobat-reader.htmlを参照してください。

Remote Update Manager の構文と説明

各クライアントコンピューターでアップデートのデプロイメントをリモートで呼び出すには、各クライアントコンピューターで Remote Update Manager を実行します。これをおこなうために、SCCM、ARD、JAMF Casper Suite などのエンタープライズデプロイメントツールを使用するか、または各クライアントコンピューターで Remote Update Manager を起動するバッチファイルを使用することができます。
Remote Update Manager の構文は次のとおりです。

RemoteUpdateManager --proxyUserName= --proxyPassword= --channelIds= --productVersions= --action= --help 

パラメーター
説明
--proxyUserName
プロキシサーバーのユーザー名(該当する場合)
--proxyPassword
プロキシサーバーのパスワード(該当する場合)
--channelIds

このページに記載されている製品に対しては、
--channelIds パラメーターの代わりに --productVersion パラメーターを使用します。

アップデートをリモートでデプロイする製品の ID を指定します。チャンネル ID をコンマで区切って指定することで、1 つ以上の製品を指定することができます(コンマとそれに続くチャンネル ID の間にはスペースを入れないようにしてください)。製品の一覧と対応するチャネル ID については、Adobe Remote Update Manager で使用するチャネル ID を参照してください。
既定:このパラメーターを指定しない場合、利用可能なすべてのアップデートがデプロイされます。

--productVersions

このパラメーターはオプションであり、このページに記載されているアプリケーションに適用できます。

製品の SAP コードと、アップデートをデプロイする製品の基本バージョンの組み合わせを指定します。 

例えば、--productVersions=SPRK#0.5.0 は、Adobe Experience Design(プレビュー)0.5.0 のアップデートをデプロイします。 

バージョンを指定しない(製品 ID のみを指定する)場合、クライアントコンピューターにインストールされているその製品のすべてのバージョンのアップデートがデプロイされます。このオプションを指定しない場合、クライアントコンピューターにインストールされているすべての製品のアップデートがデプロイされます。

--productVersions アップデート/デプロイのコンマで区切られたエントリ:

  • --productVersions=SPRK#0.5.0:Adobe Experience Designer(プレビュー)0.5.0 のアップデートをデプロイします。
  • --productVersions=PHSP:Photoshop のすべての(フルインストーラーアプリケーションの)バージョンのアップデートをデプロイします(製品のバージョンが指定されていないため)。
  • --productVersions=ACR#12.0.0:Adobe Camera Raw 12.0 のアップデートをデプロイします。
  • --productVersions=APRO#15.0:Win32、Win64、OSX10-64 に Adobe Acrobat DC のアップデートをデプロイします。
  • --productVersions=RDR#15.0:Win32、Win64、OSX10-64 に Adobe Acrobat Reader DC のアップデートをデプロイします。

ただし、製品は、ターゲットシステムにインストールされている場合にのみ RUM によって更新されます。 

指定されたアプリケーションのすべての依存/必須コンポーネントも更新されます。

このパラメーターは省略可能です。渡されない場合、すべてのアップデートが、--action パラメーターで指定したように一覧表示、ダウンロードまたはインストールされます。 

--action

実行するアクション(list、download、install)を指定します。

  • --action=list:コンピューターにインストールされている製品に適用可能なアップデートのリストを表示します。
  • --action=download:適用可能なアップデートをダウンロードします。
  • --action=install:アップデートが既にダウンロードされている場合は、アップデートをインストールします。アップデートがダウンロードされていない場合は、最初にアップデートをダウンロードしてから、インストールします。
  • --action を指定しない場合は、既定のアクションが実行され、適用可能なアップデートのダウンロードとインストールのみがおこなわれます。

注意: --action コマンドラインオプションは現在、Acrobat および Reader のアップデートのダウンロードをサポートしていません。

--help
ツールの使用方法を一覧表示します。

サンプル

  • 次のコマンドは、プロキシサーバーがないシナリオの場合に、クライアントコンピューター上で Remote Update Manager を起動します。

RemoteUpdateManager

  • 次のコマンドは、プロキシサーバーのユーザー名 TestUser およびプロキシサーバーのパスワード _27Dtpras?! を必要とするクライアントコンピューターで Remote Update Manager を起動します。

RemoteUpdateManager --proxyUserName=TestUser --proxyPassword=_27Dtpras?!

  • 次のコマンドは、チャンネル ID AdobePhotoshopCS6-13.0 とチャンネル ID AdobeInDesignCS6-8.0 に対応する製品のアップデートのみをデプロイします。コンマ(,)と「AdobeInDesignCS6-8.0」の間にはスペースがないことに注意してください。

RemoteUpdateManager --channelIds=AdobePhotoshopCS6-13.0,AdobeInDesignCS6-8.0

  • 次のコマンドは、Illustrator 19.0 のみの最新のアップデートをデプロイします。

            RemoteUpdateManager –productVersions=ILST#19.0

  • 次のコマンドは、Illustrator の全バージョンの最新アップデートをデプロイします。

            RemoteUpdateManager –productVersions=ILST

  • 次のコマンドは、Illustrator の全バージョンの最新アップデートと、Photoshop CS6-13.0 に適用可能なアップデートをデプロイします。

                RemoteUpdateManager –productVersions=ILST --                   channelIds=AdobePhotoshopCS6-13.0

 

戻り値

実行後、Remote Update Manager は次のいずれかの値を返します。

0
アップデートが正常にデプロイされたか、コンピューターが既に最新の状態です。
1
内部エラーのような一般エラー。例えば、Adobe Application Manager のインストールが破損しているか、またはネットワークが存在しない場合がこれに該当します。この場合、通常はアップデートのダウンロードまたはインストールの処理をまったく開始することができません。
2 1 つ以上のアップデートをインストールできませんでした。例えば、3 つのアップデートのうちの 2 つのみが正常にインストールされた可能性があります。
Photoshop、Illustrator および Dreamweaver に対してアップデートをインストールする場合を考えてみます。ただし、Photoshop がクライアントコンピューターで実行されているため、アップデートは Illustrator および Dreamweaver にのみインストールされました。このシナリオでは、エラー 2 が返されます。

詳細情報は、次のセクションで説明する Remote Update Manager ログファイルに記載されています。

アップデートのダウンロードおよびインストールステータス

アプリケーションのアップデートのダウンロードおよびインストールステータスは、コンソールに表示されます。 

アプリケーションのリモートアップデートのダウンロードおよびインストールステータス
アプリケーションのリモートアップデートのダウンロードおよびインストールステータス

Remote Update Manager ログファイル

Remote Update Manager ログファイルには、Remote Update Manager での例外ペイロードのデプロイ時に発生するイベントに関する詳細情報が記載されます。
ログファイルの名前は RemoteUpdateManager.log で、次の場所に保存されます。

  • Windows では、ログファイルは %temp% の場所にあります。
  • Mac OS では、ログファイルは ~/Library/Logs/ フォルダー内にあります。

エラーのチェック

Remote Update Manager で生じたエラーには、ログファイル内で [error] タグが付いています。

ログファイルのデータ形式

Remote Update Manager は、Creative Cloud 製品のワークフローを実行する前に、Acrobat の完全なワークフロー(リストおよびインストール)を実行します。Acrobat のログは、Creative Cloud 製品のワークフローの前に表示されます。

また、すべての Creative Cloud 製品のログが次の形式で表示されます。

BaseVersion/UpdateVersion。例:AdobeLightroom-6.0/6.7

ただし、Windows では Acrobat および Reader のログ情報は次のように表示されます。

ProductName-BaseVersion。例:AdobeAcrobatDC-15.0

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー