概要

シリアル番号ライセンスまたはデバイスライセンスを購入します。次に、ライセンスパッケージの作成ワークフローを使用して、デプロイ済みのユーザー指定ライセンスまたは体験版パッケージをシリアル番号ライセンスまたはデバイスライセンスに移行します。

ライセンスパッケージの作成ワークフローは、次のシナリオで使用できます。

  • ユーザー指定ライセンスからシリアル番号ライセンスへの移行
  • 古いシリアル番号の有効期限が切れたときの新しいシリアル番号の適用     
  • ユーザー指定ライセンスからデバイスライセンスへの移行
  • クライアントライセンスの問題の解決
  • ボリュームシリアル番号の削除およびユーザー指定ライセンスの使用

ライセンスパッケージの作成

  1. Creative Cloud Packager を起動して、アカウントのタイプを選択します。

    アカウントの選択
  2. ID とパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。

    ログイン
  3. メインメニュー画面で、「ライセンスパッケージの作成」をクリックします。

    choose-package-option
  4. パッケージを保存するには、名前と場所を入力し、「ビルド」をクリックします。

    詳細を入力し、「作成」をクリックします

    教育機関のお客様のみ

    • 組織を選択します。このオプションは、アカウントが複数の組織に関連付けられている場合にのみ表示されます。
    • ライセンスの種類として「デバイスライセンス」を選択します。
    • 対象製品を選択します。
    対象製品を選択
  5. エンタープライズ版のお客様のみ:エンタープライズライセンスキーを入力し、「ビルド」をクリックします。

    エンタープライズライセンスキーの入力と「ビルド」のクリック
  6. パッケージが正常に作成されると、概要画面が表示されます。パッケージ名をクリックすると、フォルダーが開きます。

    概要画面

    ビルドログをクリックし、パッケージのビルド時に作成されたログファイルを開きます。エラーが発生した場合、AdobeSerialization.log ログファイルを使用して問題をトラブルシューティングします。

    次の場所で AdobeSerialization.log を見つけます。

    • Mac:~/Library/Logs/
    • Win:C:¥Users¥Username¥AppData¥Local¥Temp

パッケージのデプロイと実行

指定した場所にパッケージが作成されます。このパッケージには次の 4 つのファイルが含まれます。

  • AdobeSerialization
  • helper.bin
  • prov.xml
  • RemoveVolumeSerial

ソフトウェアをライセンス認証するには、コマンドライン(Windows)またはターミナル(Mac)で管理者権限を使用して AdobeSerialization 実行可能ファイルを実行します。実行可能ファイルの実行時にすべてのファイルがあることを確認します。

ボリュームシリアル番号の削除(エンタープライズ版および EEA のユーザーのみ)

エンタープライズ版および EEA のユーザーは、新しいライセンスを適用する前に、RemoveVolumeSerial 実行可能ファイルを使用してエンタープライズ版の既にライセンス認証済みのアプリケーションのライセンスを削除します。

ライセンスを削除する方法について詳しくは、シリアル番号ライセンス認証からユーザー指定ライセンス認証への移行を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー