ライセンスの概要

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版: 管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Canvas LMS との連携
      3. Blackboard Learn との連携
      4. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      5. Kivuto のよくある質問
      6. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID の設定
      1. ID タイプ | 概要
      2. Enterprise ID を使用した組織の設定
      3. Federated ID を使用した組織の設定
        1. SSO の概要
        2. Azure コネクタと Sync の設定
          1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
          2. Azure Sync のディレクトリへの追加
          3. Azure コネクタの FAQ
        3. Google Federation と Sync の設定
          1. Google Federation を使用した SSO の設定
          2. ディレクトリへの Google Sync の追加
          3. Google Federation の FAQ
        4. 汎用 SAML
          1. 他の SAML プロバイダーとの SSO の設定
          2. Microsoft ADFS を使用した SSO の設定
          3. SSO のよくある質問
          4. SSO のトラブルシューティング
        5. 教育機関の SSO
          1. 教育委員会ポータルと LMS 用の SSO の構成
          2. よくある質問
          3. 接合
      4. ドメインの所有権の確認
      5. ドメインの追加と管理
      6. ドメインをディレクトリにリンクする
      7. ディレクトリの信頼を使用した事前クレームされたドメインの追加
      8. 新しい認証プロバイダーへの移行
    2. アセットの設定
    3. 認証の設定
    4. プライバシーとセキュリティの担当者
    5. Console の設定
    6. 暗号化の管理
  4. 製品および使用権限の管理  
    1. ユーザーの管理
      1. 概要
      2. 管理ロール
      3. ユーザー管理テクニック
        1. ユーザーの個別管理   
        2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
        3. ユーザー同期ツール(UST)
        4. User Management API(UMAPI)
        5. Microsoft Azure Sync
        6. Google Federation Sync
      4. ユーザーの ID タイプの変更
      5. ユーザーグループの管理
      6. ディレクトリユーザーの管理
      7. 開発者の管理
      8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
      9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
    2. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. セルフサービスポリシーの管理
      4. アプリ統合を管理
      5. Admin Console での製品権限の管理  
      6. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      7. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      8. オプションのサービス
    3. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. デバイスライセンスからの移行
      6. プロファイルの管理
      7. Licensing Toolkit
      8. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  5. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. アドビストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  6. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager 6.x アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Sign
      1. Adobe Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Sign - グループ版の機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版無償メンバーシップ
      1. 概要
      2. はじめに
  7. アプリケーションおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリケーションとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリケーションのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリケーションのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. SCCM による Adobe パッケージのデプロイ
      3. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      4. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      5. Creative Cloud 製品のアンインストール
      6. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      7. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. Adobe Remote Update Manager で使用するチャネル ID
      3. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリケーションのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリケーション)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  8. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書の管理
      4. 契約所有者の変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. 更新
      1. グループ版メンバーシップ(Adobe.com):更新
      2. VIP メンバーシップ:更新とコンプライアンス
    5. 購入リクエストコンプライアンス
    6. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    7. VIP Select のヘルプ
  9. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  10. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション

アドビ製品を有効にして認証するライセンスをデプロイするための、アドビのライセンス方式の概要を説明します。

注意:

組織のライセンスタイプが変更された場合、エンドユーザーが作業を続けるにはアドビ製品またはサービスからログアウトし、同じ資格情報で再度ログインする必要があります。

Photoshop、Acrobat、Illustrator などのデスクトップ製品については、ヘルプメニューの「ログアウト」オプションと「ログイン」オプションを使用してください。Adobe.com で、右上隅のアイコンを使用してログアウトしてから、もう一度ログインします。

アドビ製品購入時のライセンスは、アドビのソフトウェアおよびサービスを使用する権利を表します。ライセンスは、エンドユーザーのコンピューターに対して製品を認証およびアクティベートするために使用されます。

ユーザー指定ライセンス

ユーザー指定ライセンスは、Adobe Creative Cloud および Document Cloud 製品をデプロイして使用するためのデフォルトのライセンス方式で、最もよく使用されています。アプリケーションを使用する個々のユーザーのニーズに基づいてアプリケーションライセンスを管理する、ネットワークに接続されたシナリオ向けです。ユーザー指定ライセンスを使用すると、ソフトウェアとサービスのすべての機能をエンドユーザーに提供できます。エンドユーザーは、組織に付与された使用権限に基づいて、利用可能なすべてのアプリケーションとサービスにアクセスできます。

ユーザー指定ライセンスでは、アドビのアプリケーションおよびサービスの使用権限が個々のユーザーに関連付けられます。これは、製品およびサービスの要件がユーザーまたはロールと密接に関連付けられている場合に適しています。ユーザー指定ライセンスでは、製品に対するユーザー指定ライセンスの追加および削除を IT 管理者が随時完全に制御できます。IT 管理者が各コンピューターを追跡する必要はなく、ライセンスを一元管理できるため、コンプライアンス追跡も容易になります。

ユーザー指定ライセンスでは、インターネットに定期的に接続する必要があります。コンピューターは、最初の認証でアドビサーバーへ接続する必要があります。少なくとも 99 日以内に認証を行ってください。企業がユーザー指定ライセンスをデプロイしない限り、エンドユーザーはモバイルアプリケーションを使用できません。

エンドユーザーは、自分の資格情報でログインして、アプリケーションとサービスにアクセスできます。他のエンタープライズアプリケーション間とのシームレスなアクセスとエクスペリエンスを実現するために、SSO を構成することもできます。

ユーザー指定ライセンスでは、以下が提供されます。

エンドユーザーの場合:

  • トップクラスの創造性および生産性アプリケーションへのアクセス Adobe XDLightroom CC Adobe Dimension など、最新のクラウドファーストのアプリケーションが含まれます。これらのアプリケーションは、他のライセンス方法では利用できません。
  • アドビクラウドサービスへのアクセスCreative Cloud ライブラリチームプロジェクトを使用したクラウド共同作業、および Adobe Fonts のフォントコレクションのアセットに、場所を問わずあらゆるデバイスからアクセスして、プロジェクトを円滑に開始できます。 Adobe Sign で署名主導のワークフローを自動化し、署名したドキュメントを迅速に返します。

管理者の場合:

ユーザー指定ライセンスを使用したアプリケーションのデプロイ

ユーザー指定ライセンスでは、コンピューターを事前構成する必要はありません。Creative Cloud アプリケーションをエンドユーザーのコンピューターにインストールまたはデプロイする必要があるだけです。ライセンス認証する各コンピューターは、インターネットへのアクセスが必要です。しかし、インターネットへのアクセスは、すべてのネットワークトラフィックをインターセプトして展開するファイアウォールデバイスにより制御することができます。これは、コンテンツを検証し、以下を実現するために行われます。

  • 承認されていないデータが内部ネットワークの外に送信されないこと
  • すべての送信データが、ファイアウォールデバイスとアドビサーバー間の暗号化トンネルの中に封じ込められていること
  • すべての送信のエンドポイントが、パブリックで署名された取り消されていない SSL 証明書および既知のネットワークアドレスを持つ、認証されたアドビサーバーであること

エンドユーザーのログインワークフロー

認証とは、ユーザーの ID を確認して、その ID をユーザーの Creative Cloud メンバーシップと関連付ける処理を指します。認可とは、ユーザーのメンバーシップを確認して全体的なステータスを判定するほか、ユーザーのメンバーシップでアクセスできるアプリケーションやサービスを判別し、ユーザーに適用される制限や特別な許可を確認する処理が含まれます。ライセンス認証サービスのほとんどは、アドビのサーバー上で実行されます。ただし、ローカルで実行されるものもあります。例えば、Creative Cloud デスクトップアプリケーションはローカルで実行されるライセンス認証サービスです(アプリケーションはダウンロードしてインストールできるので、デプロイサービスでもあります)。ローカルのライセンス認証サービスのすべての機能は、アドビがホストするライセンス認証サービスによって決まります。ライセンス認証サービスは、ログイン時のほか、利用条件やエンドユーザー使用許諾契約書に同意するときなどに表示されます。

アプリケーションは、様々な方法でクライアントコンピューターにダウンロードしてインストールできます。詳しくは、アプリケーションの配信方法に関するページを参照してください。アプリケーションのライセンス認証を行うには、ユーザーがログインする必要があります。アプリケーションのライセンス認証は、次のいずれかの方法で行います。

Creative Cloud デスクトップアプリケーション

Creative Cloud デスクトップアプリケーションではセルフサービスワークフローにより、ユーザー自身がアプリケーションやアップデートをダウンロードしてインストールします。クラウドサービスのユーザーは、ログインすると Creative Cloud サービスにアクセスして Adobe Fonts のフォントを有効にしたり、個人用ストレージを使用したりできるほか、Behance でフィードバックの共有と収集を行うことができます。

 

デプロイメントパッケージに Creative Cloud デスクトップアプリケーションが含まれている場合、ユーザーは Creative Cloud デスクトップアプリケーションを起動できます。ユーザー自身の資格情報でログインすると、コンピューターにインストールされている対象アプリケーションがすべて有効になります。アプリケーションを有効にするには、利用条件に同意する必要があります。

アプリケーションから直接

アプリケーションを起動すると、ログイン画面が表示されます。エンドユーザー自身の資格情報でログインし、アプリケーションのライセンス認証を行います。アプリケーションの使用権限がない場合は体験版モードで動作し、試用期間が終了すると使用できなくなります。

プロキシとファイアウォールの設定

ユーザーがログインできるようにするには、ファイアウォールとプロキシサーバーを構成して、アドビ web サイトの web サービスエンドポイントへのアクセスを許可する必要があります。

ライセンスおよびその他サービスのエンドポイントの詳細なリストについては、Creative Cloud エンタープライズ版 - ネットワークエンドポイントを参照してください。

共有デバイスライセンス

共有デバイスライセンスは、ソフトウェアがユーザーの代わりにデバイスに対して割り当てられている教育機関向けのライセンス方式です。そのデバイスにログオンできるすべてのユーザーがアドビの製品およびサービスをご利用いただけます。共有デバイスライセンスを初めて使用する場合は、まずデプロイメントガイドをご覧になることをお勧めします。共有デバイスライセンスを使用している場合は、新機能を参照してください。

共有デバイスライセンスは、デスクトップコンピューターを使用する実習室や教室に最適です。例えば、コンピューター実習室に Creative Cloud アプリをインストールすれば、学生・教職員がそれらのコンピューターにアクセスして、アドビとのライセンス契約の一部となるアプリとサービスを使用できるようになります。

共有デバイスライセンスによって、機関は Value Incentive Plan (VIP) に登録し、特定のコンピューターに対してソフトウェアをライセンス認証することができます。

Admin Console を使用すると、IT 管理者はデバイスライセンスから共有デバイスライセンスにシームレスに移行できます。ユーザーが移行されると、それらのユーザーは購入したアドビ製品とサービスにアクセスできるようになります。

デバイスライセンス(従来

デバイスライセンスを使用すると、Value Incentive Plan(VIP)に登録している機関は、特定のコンピューターに対してソフトウェアをライセンス認証できます。また、アプリケーションを使用するためにユーザーがログインしたりシリアル番号を入力したりする必要はありません。

警告:

バージョンが CC 2019 のアプリケーションでは、デバイスライセンスはX。詳しくは、こちらのドキュメントを参照してください。

Creative Cloud 教育機関向けデバイスライセンスでは、特定のユーザーではなく(またシリアル番号を使用せずに)特定のコンピューターに対してソフトウェアをライセンス認証できます。ソフトウェアを使用するためにユーザーがログインしたりシリアル番号を入力したりする必要はありません。ライセンスは、製品の注文時に自動的に作成されるコンピューターのデプロイメントプールに紐付けされます。

教育機関は、アドビ認定教育機関担当販売店経由で、またはアドビビジネスダイレクトを介して Value Incentive Plan (VIP) に参加することで、Creative Cloud 教育機関向けのデバイスライセンスを購入することができます。

機関で既にデバイスライセンスを購入済みの場合は、Admin Consoleデバイスライセンスを管理する方法をご確認ください。Creative Cloud Packager を使用してデバイスライセンスでパッケージを作成する方法もご確認ください。

シリアル番号ライセンス(従来

個別のユーザーではなく特定のコンピューターに関連付けられる、以前から使用されているライセンス方式の 1 つです。このライセンス方式は顧客の数が少ない場合に適しており、ユーザー指定ライセンスと同様、これを使用してリモートでデプロイするライセンス済みパッケージを作成できます。

警告:

CC 2019 以降のアプリケーションバージョンでは、シリアル番号によるライセンスはサポートされません。詳しくは、こちらのドキュメントを参照してください。

ユーザー指定ライセンス認証は、匿名のシリアル番号ライセンス認証と比較していくつかの利点があります。管理者は、ライセンスの使用状況を詳しく追跡して監視できます。また、ユーザーに割り当てるライセンスを一元的に管理し、パッケージを再デプロイすることなく、アプリケーションやサービスへのアクセスを取り消すことができます。セルフサービスワークフローにより、顧客が必要なタイミングで製品やアップデートをダウンロードしてインストールできることも、ユーザー指定ライセンスの利点です。さらに、ユーザー指定ライセンスでは、エンドユーザーがクラウドサービスを利用することも可能です。例えば、Adobe Fonts からフォントを追加したり、ファイルの同期場所を選択したり、Behance でフィードバックを収集して共有したりできます。

CS6、Creative Cloud ELA/ETLA、または VIP が既にデプロイされている場合は、ユーザー指定ライセンスモードへの移行を検討することをお勧めします。

警告:

エンドユーザーの業務に支障が出ないようにするには、ユーザーを組織に招待し、グループに追加してライセンスを割り当てます。こうすると、ユーザーは時間のあるときに招待を承諾し、ID を設定できます。また、アプリケーションの使用にあたってログインが必要になることを、ユーザーに通知することもできます。

ユーザーやグループの追加は、Admin Console を使用して実行できます。詳しくは、グループの管理およびユーザーの管理を参照してください。

シリアル番号ライセンスを削除するには、次の手順に従います。

  1. Creative Cloud アプリケーションを含むパッケージを作成してデプロイします。このパッケージでは、目的の Creative Cloud アプリケーションのみを含めるか、他の Creative Cloud アプリケーションとバンドルすることができます。Creative Cloud アプリケーションの最新バージョンをデプロイすると、ユーザー指定ライセンスを使用するために必要なファイルが更新されます。

    このパッケージを Admin Console から直接ダウンロードするには、パッケージ アドビテンプレートに移動します。Creative Cloud Packager を使用して作成することもできます。

  2. Creative Cloud Packager を使用してライセンスパッケージを作成します。

    指定した場所にパッケージが作成されます。このパッケージには次の 4 つのファイルが含まれます。

    • AdobeSerialization
    • RemoveVolumeSerial
    • helper.bin
    • prov.xml
  3. 以前にライセンス購入したアプリケーションのエンタープライズライセンスを削除するには、管理者権限で RemoveVolumeSerial 実行可能ファイルを実行します。

    注意:

    RemoveVolumeSerial ファイルは、作成時に指定されたシリアル番号とは関係なく、クライアントマシン上で実行されるすべての Creative Cloud エンタープライズ版製品のライセンス認証を解除します。

    例えば、RemoveVolumeSerial ファイルをシリアル番号「1234-1234-1234-1235」で作成し、シリアル番号「1234-1234-1234-1236」を使用するコンピューターにデプロイしたとします。この場合、そのコンピューター上で実行されるすべての Creative Cloud エンタープライズ版製品に対するライセンス認証が解除されます。

  4. 最新バージョンのアプリケーションとアップデートのパッケージを作成し、デプロイします。Admin Console または Creative Cloud Packager を使用して、ユーザー指定ライセンスを使用したパッケージを作成します。詳しくは、アプリケーションとアップデートのデプロイと提供を参照してください。最新バージョンのアプリケーションに更新したくない場合は、この手順をスキップしてください。

    旧バージョンのアプリケーションをアンインストールする場合は、最新バージョンをデプロイする前に行ってください。後でアンインストールすると、ファイルの関連付けが壊れる恐れがあります。

  5. ユーザーがアプリケーションを次回起動する際には、ログイン画面が表示されます。ログインすると、アプリケーションのライセンス認証とライセンス認証が行われます。また、ユーザーは Creative Cloud アプリケーションを使用して起動、ログインすることもできます。

  1. 電子メールアドレスとパスワードで、 Adobe Licensing Website にログインします。

  2. ライセンスシリアル番号を取得を選択します。

  3. 組織の「エンドユーザー ID」か「展開先 ID」を選択します。

  4. 製品名」、「製品バージョン」、「プラットフォーム」を選択します。

  5. 検索」をクリックします。

    製品名とシリアル番号が表示されます。

詳しくは、 Adobe Licensing Website(LWS)の使用方法を参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン