注意:

Photoshop Lightroom Classic CC(旧 Lightroom CC)のヘルプが表示されています。
お使いのバージョンではない場合Photoshop Lightroom CC のヘルプを表示してください。

バックアップ戦略の計画

Lightroom Classic CC では、ソフトウェアを終了したときにカタログを定期的にバックアップするようにスケジュールを設定できます。Lightroom Classic CC から実行するバックアップは、カタログファイルのみを含みます。編集した写真や Lightroom Classic CC から書き出したデータは自分でバックアップする必要があります。

カタログを頻繁かつ定期的にバックアップすることは、包括的なバックアップ戦略の一部に過ぎません。バックアップ戦略の策定にあたっては、以下の点に注意してください。

  • カタログや写真をバックアップする頻度が上がれば、クラッシュや障害が発生したときに失われるデータが少なくなります。
  • 可能であれば、写真やカタログのバックアップコピーを作業ファイルとは別のハードディスクに保存してください。
  • バックアッププロセスを自動化し、作業ファイルとバックアップファイルの間の変更を同期化するための専用のバックアップソフトウェアを用意することをお勧めします。
  • 手違いによるバックアップファイルの消去を懸念する場合は、追加のディスク上または DVD などの読み取り専用メディアに冗長バックアップを作成することもできます。
  • さらにセキュリティを強化するには、作業ディスクとは別の場所にバックアップディスクを保管します。できれば、現場から離れた場所または防火金庫の中が理想的です。
  • 写真を読み込むときは、写真のコピーを作成することを検討します。この場合、編集した写真のコピーではなく、元の写真のコピーのみができることに注意してください。詳しくは、読み込み中の写真のバックアップを参照してください。
初期設定では、Lightroom Classic CC は次の場所にカタログのバックアップを保存します。
 
  • Windows:\Users\[ユーザー名]\Pictures\Lightroom\[カタログ名]\Backups\
  • Mac OS:/Users/[ユーザー名]/Pictures/Lightroom/[カタログ名]/Backups\
Backups フォルダーの内部に、バックアップの日時(YYYY-MM-DD HRMN)を含むフォルダーが作成されます。(時刻は 24 時間形式で表記され、時間と分の間のコロンは付きません。)バックアップされたカタログは、作業カタログと同じ名前で、日付スタンプ付きのフォルダー内に保存されます。 
 
Lightroom Classic CC は、バックアップを作成するたびに新しいカタログを書き込みます。ハードディスクの容量を節約するには、古いバックアップファイルを削除または圧縮します。さらに、バックアップの保存を指定した場所に書き込む許可があることを確認してください。

注意:

Lightroom Classic CC の使用中に Mac OS X Time Machine™ のバックアップ操作や復元操作を行うことはお勧めできません。

注意:

Mac の場合、Lightroom Classic CC/Lightroom 6.1 は 4 GB より大きなカタログを圧縮できません。Mac OS の解凍ユーティリティの初期設定では、4GB より大きなアーカイブを扱えないためです。そのような大きなサイズで圧縮されたカタログは、「破損しました」として報告されます。

カタログバックアップのスケジュール

  1. 編集/カタログ設定(Windows)または Lightroom Classic CC/カタログ設定(Mac OS)を選択します。
  2. 一般パネルの「バックアップ」領域で、カタログをバックアップポップアップメニューからオプションを選択します。

    Lightroom Classic CC の次回終了時

    Lightroom Classic CC を次に終了したときにカタログをバックアップし、「カタログをバックアップ」オプションを「常にオフ」に切り替えます。

    Lightroom Classic CC の毎回終了時

    Lightroom Classic CC を終了するたびにカタログをバックアップします。このため、各作業セッションの変更内容が常にバックアップされます。

    1 日 1 回、Lightroom Classic CC の終了時

    1 日 1 回、Lightroom Classic CC を最初に終了するときにカタログをバックアップします。Lightroom Classic CC を 1 日に 2 回以上終了した場合、バックアップ実行後の変更内容は次の日までバックアップされません。

    1 週間に 1 回、Lightroom Classic CC の終了時

    1 週間に 1 回、カタログをバックアップします。Lightroom Classic CC をこれ以上の頻度で終了した場合、バックアップ実行後の変更内容は次の週までバックアップされません。

    1 か月に 1 回、Lightroom Classic CC の終了時

    1 か月に 1 回、カタログを バックアップします。Lightroom Classic CC をこれ以上の頻度で終了した場合、バックアップ実行後の変更内容は来月までバックアップされません。

    常にオフ

    Lightroom Classic CC でバックアップは実行されません。(推奨しません)。

カタログの自動バックアップ

  1. カタログ設定でカタログのバックアップをスケジュールしたら、Lightroom Classic CC を終了します。

  2. カタログのバックアップダイアログボックスで、「バックアップ」をクリックして、初期設定の場所にカタログをバックアップし、Lightroom Classic CC を終了します。

    オプションとして、「バックアップ」をクリックする前に次のいずれかを選択します。

    バックアップフォルダー

    Lightroom Classic CC がバックアップを保存する初期設定の場所が表示されます。別の場所にバックアップするには、「選択」をクリックします。

    バックアップ前に整合性をテスト

    Lightroom Classic CC がバックアップを完了する前にカタログに破損がないかどうかをチェックします。整合性をチェックすると、バックアップするときに時間がかかりますが、データ損失のリスクが軽減されます。

    注意:

    カタログを開くときにも、カタログの整合性をテストできます。環境設定ダイアログボックスの一般パネルで、起動時にこのカタログを使用/Lightroom Classic CC の起動時にダイアログを表示を選択します。次に、Lightroom Classic CC を起動します。カタログを選択ダイアログボックスで、「このカタログの整合性をテスト」を選択し、「開く」をクリックします。

    バックアップ後にカタログを最適化

    データベースファイルをクリーンアップし、再編成すると、データベースファイルをより高速かつ効率的に実行できます。

    翌日まで無視

    カタログを 1 日 1 回バックアップするように選択した場合、このボタンをクリックすると、バックアップ作業が 1 日延期されます。

    翌週まで無視

    カタログを 1 週間に 1 回バックアップするように選択した場合、このボタンをクリックすると、バックアップ作業が 1 週間延期されます。

    翌月まで無視

    カタログを 1 か月に 1 回バックアップするように選択した場合、このボタンをクリックすると、バックアップ作業が 1 か月延期されます。

    今回は無視

    このボタンをクリックすると、次に Lightroom Classic CC を終了するときまでバックアップが延期されます。

    Lightroom Classic CC カタログのバックアップダイアログボックス

カタログの手動バックアップ

  1. 編集/カタログ設定(Windows)または Lightroom/カタログ設定(Mac OS)を選択します。

  2. カタログのバックアップ/Lightroom Classic CC の次回終了時を選択します。

    Lightroom Classic CC の次回終了時にカタログをバックアップ
  3. ウィンドウを閉じてから、Lightroom Classic CC を終了します。

バックアップカタログの復元

  1. ファイル/カタログを開くを選択します。
  2. バックアップされたカタログファイルの場所に移動します。
  3. バックアップされた .lrcat ファイルを選択し、「開く」をクリックします。
  4. (オプション)バックアップされたカタログを元のカタログの場所にコピーして置き換えることができます。

ビデオチュートリアル:カタログのバックアップ

ビデオチュートリアル:カタログのバックアップ
Adobe TV

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー