アカウントのユーザーのアクティベート解除

アカウント管理者は、アカウントのユーザー ID をアクティベート解除できます。アクティベート解除されたユーザー ID は、ログイン、文書の送信または文書への署名ができなくなり、アカウントに属さなくなります。 

ユーザーが組織に所属しなくなった場合は、Adobe Sign のアドミンコンソールでそのユーザーの ID をアクティベート解除し、そのログイン情報を使用した不正アクセスが行われないようにします。

ユーザー ID をアクティベート解除すると、ログインができなくなりますが、進行中の契約がキャンセルされたり、契約に何らかの影響を与えることはありません。そのユーザー ID に対するすべてのトランザクションは正常に完了します。アクティベート解除は、純粋にログインやアクセスを禁止するためのセキュリティ手段です。

アクティベート解除されたユーザーは、いつでも再アクティベートし、ユーザー ID は元どおり使用できます。ただし、ユーザーは、ログインページで「パスワードを忘れた場合」のリンクを使用してパスワードをリセットする必要があります。

アカウント管理者は、いつでもユーザーをアクティベート解除できます。グループ管理者がユーザーの追加機能へのアクセス権を持っている場合は、ユーザーをアクティベート解除できます。

Inactive user on User list

クイックステップ

  1. アカウント/ユーザーに移動します。
  2. オプションメニューをクリックして、「すべてのユーザーを表示」を選択します。
  3. ユーザーの電子メールアドレスをクリックします。
  4. ユーザーをアクティベート解除」をクリックします。
  5. ユーザーのアカウントを自身のアカウントに共有するオプションのチェックをオンにします。
  6. はい」をクリックしてアクティベート解除を完了します。

詳細な手順

  1. ユーザーをアクティベート解除するには、アカウント(またはグループ)管理者としてログインし、アカウント/ユーザーに移動します。

    オプション」メニューの「すべてのユーザーを表示」をクリックします。

    Nav to Users
  2. すべてのユーザーが表示されます。

    アクティベート解除するユーザーを探してシングルクリックします。

    ユーザーが選択状態になり、リスト最上部にユーザーをアクティベート解除リンクが表示されます。ユーザーをアクティベート解除リンクをクリックします。

    DEactivate User Link
  3. ユーザーをアクティベート解除」をクリックした後、確認ページが表示されます。このユーザーが、ログイン、契約書の送信または契約書への署名ができなくなることを確認するテキストが表示されます。

    また、アクティベート解除されたアカウントのすべての契約書を表示するかどうかを尋ねられます。このオプションは、アカウント共有が有効になっている場合にのみ表示されます。

    このボックスを選択すると、アクティベート解除されたユーザーのすべての契約書が「管理」タブに入力される、一方向の共有が確立されます。この共有は、いつでもキャンセルできます。

    準備が整ったら、「はい、アクティベート解除します」をクリックします。

    Deactivate Challenge

    注意:

    後でこの共有を確立する場合は、ここでユーザーを再アクティベートし、その後再度アクティベート解除します。

  4. ユーザーページに戻ります。

    ページ上部に「成功」のバナーが表示されます。

    ユーザーのリスト内のステータスが非アクティブに更新されます。

    Success Message

サポートからのヒント

  • アクティベート解除されたユーザーは、文書に署名したり、ログインしたりできません。ユーザーが文書に署名する必要がある場合は、サポートに対して、アカウントからユーザーを削除して再アクティベートするように依頼するチケットをオープンします。

注意:

アカウント管理者がケースをオープンします。セキュリティを確保するために、アカウント管理者からの要求のみに対応します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー