該当する役割:管理者

このページでは、アドビの企業向けプラットフォームである Adobe Admin Console で Adobe Sign のユーザーとライセンスを管理する Adobe Sign 管理者のための情報を提供します。

注意:

Adobe Sign アカウントによっては、Sign アプリケーション内で直接 Sign ユーザーとライセンスを管理することもできます。この方法でユーザーとライセンスを管理する場合については、こちらで説明しています

Admin Console での Adobe Sign の概要

Admin Console と Adobe Sign アプリケーション

Admin Console で Sign アカウントを管理する場合、Sign 管理者がアクセスできる管理環境には、「Admin Console」と「Sign アプリケーション」の 2 つがあります。Sign 管理者は、組織の選択に応じて、これらの管理環境のいずれかまたは両方にアクセスできます。それぞれの管理環境では提供される機能が異なります。

Admin Console では、アドビのすべての製品とサービスについて、ユーザーおよびライセンスへのユーザーアクセスを管理できます。Admin Console について詳しくは、こちらを参照してください。Sign 管理者向けの Admin Console の機能には、次のようなものがあります。

  • 初期 Sign 管理者の作成
  • 管理者とエンドユーザーに対する Sign へのアクセス権の付与
  • Sign の製品プロファイルの作成/編集および製品プロファイルへのユーザーの追加
  • Admin Console ユーザーグループの作成/編集(Admin Console ユーザーグループは Sign 製品プロファイルに割り当てることができます)
  • エンドユーザーの Sign へのアクセス用シングルサインオン/SAML のセットアップ(該当する場合)
  • その他

Sign アプリケーションでは、Sign 管理者が Adobe Sign の機能や動作を管理できます。Sign アプリケーション内で管理者になるには、まず、ユーザーが Admin Console で Adobe Sign へのアクセス権を取得する必要があります(後述の「Adobe Sign アカウントのセットアップ」の手順 1 を参照してください)。Sign アプリケーションの管理機能について詳しくは、こちらこちらを参照してください。Sign 管理者向けの Sign アプリケーションの機能には、次のようなものがあります。

  • Sign ユーザーグループの作成/編集(ユーザーグループごとに Sign の動作をカスタマイズできます) 詳しくは、後述の「Sign ユーザーグループをセットアップする」を参照してください。
  • 署名の環境設定の構成
  • カスタムロゴのアップロード
  • グローバル設定の構成
  • セキュリティ設定の構成
  • その他

ユーザーライセンスとトランザクションライセンス

Sign プランは、ユーザー単位のプランまたはトランザクション単位のプランとして購入できます。Admin Console で Sign がどのように表示されるかは、プランの種類によって決まります。

ユーザー単位のライセンスプラン
ユーザー単位のライセンスプラン
トランザクション単位のライセンスプラン
トランザクション単位のライセンスプラン

管理者は、Admin Console を使用して、Sign プランに関連付けられているユーザー数またはトランザクション数に関する情報を確認できます。より詳細な Sign の使用状況レポートを取得するには、Sign 管理者が Admin Console で「Adobe Sign を管理」をクリックします。ここから、Sign アプリケーション内のレポートを作成できます。詳しくは、後述の「Sign の使用状況に関するレポートの作成」を参照してください。

Adobe Sign アカウントのセットアップ

ここでは、Admin Console で Adobe Sign アカウントをセットアップする手順の概要を示します。最初の管理者には、Sign 製品が表示される Admin Console へのアクセス権が与えられます。この時点で、管理者は次の手順を実行できます。

  1. Sign 管理者を作成する

    まず、システム管理者が初期 Sign 管理者を作成する必要があります。初期 Sign 管理者は、システム管理者自身でも、組織内の他のユーザーでもかまいません。初期 Sign 管理者の要件として、Admin Console システム管理者であること、および Admin Console で Sign 製品へのアクセス権を持っていることが必要です。この初期 Sign 管理者は、組織内での Sign の使用状況全体を管理する個人であり、エンドユーザーに Sign へのアクセス権を付与したり、Sign アプリケーションを構成したりできます。

    Sign 管理者を作成する手順とオプションについて詳しくは、こちらを参照してください。

  2. Sign アカウントをセットアップする

    Sign アカウントにエンドユーザーを追加する前に、Sign 管理者は、組織がエンドユーザーに求める Sign アプリケーションの使用方法に合わせて Sign アカウントを構成できます。これには、Sign の環境設定や動作の構成、セキュリティ設定の構成、Sign から送信される電子メールのカスタマイズなどが含まれます。

    Sign アカウントのセットアップ方法に関わる Sign 管理者の概要については、こちらを参照してください。

  3. Sign ユーザーグループと Sign グループ管理者をセットアップする

    異なる複数の署名要件がある場合や、異なるレポート構造を監視する必要がある場合は、Sign ユーザーを機能グループに分けると便利です。既に説明したように、Sign ユーザーグループは Admin Console ユーザーグループとは異なります。Admin Console でエンドユーザーまたは管理者に Sign へのアクセス権が付与されると、そのユーザーは、最初に Sign のデフォルトユーザーグループに追加されます。ただし、Sign 管理者はそのユーザーを任意の Sign ユーザーグループに移動できます。また、Sign ユーザーを Sign グループ管理者として指定すると、その特定の Sign ユーザーグループの機能をグループ管理者がカスタマイズできます。

    ユーザーグループの概要については、こちらを参照してください。

    Sign ユーザーグループ
    Sign ユーザーグループ
  4. Sign ユーザーを追加する

    最後に、Sign 管理者は、Admin Console 内で Sign アカウントにエンドユーザーを追加できます。この手順は、アドビの他の製品やサービスにユーザーを追加する場合と同様です。ユーザーを追加する方法については、こちらを参照してください。

    Admin Console での Sign ユーザーの追加
    Admin Console での Sign ユーザーの追加

Adobe Sign アカウントの使用

これで Sign アカウントのセットアップが完了し、エンドユーザーが Sign アプリケーションを使用する準備ができました。Sign アプリケーションの使い方に関するユーザーガイドとチュートリアルについては、こちらのページを参照してください。Sign での送信方法を説明するビデオや、よく参照されるトピックのリストも用意されています。

Admin Console での Adobe Sign に関するその他の考慮事項

Sign アカウントの使用方法によっては、Admin Console での Sign に関して、次のような追加の考慮事項に注意する必要があります。

Adobe Sign パートナー統合のセットアップ

Adobe Sign は Admin Console で管理でき、様々なパートナーアプリケーション内に統合することも可能です。サポートされているすべてのパートナーアプリケーションのリストと、統合を実行するための詳しい手順については、こちらを参照してください。

Admin Console で Sign を管理している場合、パートナーアプリケーション内で Sign を使用できるようにするには、事前にエンドユーザーに Sign アカウントへの明示的なアクセス権を(Admin Console を通じて)与える必要があります。Admin Console で Sign アカウントに Sign ユーザーを追加する手順については、前述の「Adobe Sign アカウントのセットアップ」の手順 4 を参照してください。現時点では、Admin Console で Sign を管理する場合、パートナーアプリケーション内で Sign を使用するユーザーの自動プロビジョニングはサポートされません。

Adobe Sign の使用状況に関するレポートの作成

Adobe Sign のトランザクションの使用状況を確認して、使用状況に関する詳細なレポートを作成するには、次の手順を実行します。Sign のレポートについて詳しくは、こちらを参照してください。

  1. Reports(レポート)」に移動し、「Create a new report(新規レポートを作成)」をクリックします。

    新規レポートを作成
  2. 使用状況の詳細なレポートを取得するには、フィルターの値を調整して、「Run Report(レポートを実行)」をクリックします。

    レポートを実行
  3. フィルターの設定に従って、グラフィックレポートが表示されます。「Export Report Data(レポートデータを書き出し)」をクリックすると、レポートを CSV 形式で書き出すことができます。

    注意:

    一部のグラフは英語以外の言語では使用できません。

    レポート

一般的な問題

ここでは、管理者またはエンドユーザーが Adobe Sign を使用しているときに発生する可能性のある問題を紹介します。

エンドユーザーが Adobe Sign にログインできない

問題:Admin Console 内でエンドユーザーを Sign アカウントに追加しましたが、そのエンドユーザーが Adobe Sign に正しくログインできません。

考えられる原因:エンドユーザーの電子メールアドレスが、別の Sign アカウントに既に関連付けられている可能性があります。この場合、新しい Sign アカウントにアクセスすることができません。

解決策:

  • 解決策 1 - Admin Console 内でエンドユーザーを Sign アカウントに追加するときに、別の電子メールアドレスを使用します。
  • 解決策 2 - Sign へのログイン時に、エンドユーザーにメッセージや指示が表示されないかどうかを確認します。Sign では、以前の Sign アカウントから電子メールアドレスの関連付けを解除するように求めるメッセージが表示されることがあります。解除すると、新しい Sign アカウントへの再関連付けが可能になります。
  • 解決策 3 - Admin Console の「サポート」タブから、アドビカスタマーケアにご連絡ください。サポートへの連絡方法について詳しくは、こちらを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー