マニュアル キャンセル

Adobe Connect の技術仕様と必要システム構成

  1. Adobe Connect ユーザーガイド
  2. 概要
    1. Adobe Connect の新機能
    2. Adobe Connect 会議室の基礎
    3. HTML クライアントの Adobe Connect 機能
    4. Adobe Connect デスクトップ向けアプリケーション
    5. Adobe Connect の技術仕様と必要システム構成
    6. Adobe Connect のキーボードショートカット
  3. Adobe Connect Meeting
    1. Adobe Connect 会議室の基礎
    2. Adobe Connect 会議とセッションの開始、出席、管理
    3. Adobe Connect デスクトップ向けアプリケーション
    4. Adobe Connect 会議前診断テスト
    5. Adobe Connect Central のホームページ
    6. Adobe Connect 会議でのコンテンツ共有
    7. Adobe Connect 会議の更新と管理
    8. 会議レポートおよび分析データの表示
    9. Adobe Connect 会議のノート、チャット、Q&A および投票
    10. Adobe Connect のアクセシビリティ機能
    11. Adobe Connect のキーボードショートカット
    12. 仮想会議室の作成とレイアウトの配置
    13. Adobe Connect 会議の小会議室
    14. Adobe Connect の会議出席者の管理
  4. Adobe Connect の管理とメンテナンス
    1. Adobe Connect HTML クライアントの有効化
    2. Adobe Connect でのシングルサインオンの有効化
    3. タイムアウト期間の変更
    4. Universal Voice オーディオプロバイダーの設定
    5. Adobe Connect でのユーザーとグループの作成および読み込み
    6. Adobe Connect アカウントセキュリティの拡張
    7. Adobe Connect Central での使用状況レポートの生成
    8. Adobe Connect アカウントの管理
    9. ユーザーとグループの管理
    10. ライブラリファイルおよびフォルダーのアクセス権の設定
    11. Adobe Connect Server のユーザーデータ、データベース、設定のバックアップ
    12. Adobe Connect データベースを使用したカスタムレポートの構築
    13. Adobe Connect Server のディスク容量の管理とキャッシュの消去
    14. Adobe Connect Server ログの管理と監視
    15. Adobe Connect サービスの起動と停止
  5. Adobe Connect Events
    1. Adobe Connect Events について
    2. Adobe Connect Events の管理
    3. Adobe Connect Events への出席
    4. Adobe Connect Events の作成と編集
  6. Adobe Connect のトレーニングとセミナー
    1. Adobe Connect のトレーニング向けコースとカリキュラムについて
    2. Adobe Connect によるトレーニングの実施
    3. セミナーの作成と管理
    4. Adobe Connect でのトレーニングコースの作成
    5. Adobe Connect でのトレーニングカリキュラムの作成と管理
    6. Adobe Connect の仮想教室について
    7. トレーニング機能を監視する Adobe Connect のレポート
    8. Adobe Connect トレーニングセッションおよび会議への参加
    9. Adobe Connect のクローズドキャプション
  7. Adobe Connect のオーディオおよびビデオによるコンファレンス
    1. Adobe Connect 会議でのオーディオ
    2. Adobe Connect 会議の録画と再生
    3. Adobe Connect 会議でのビデオ
  8. Adobe Connect でユーザーコンテンツの管理
    1. アップロードされたコンテンツに関するレポートと使用状況の情報の表示
    2. コンテンツライブラリのコンテンツの使用
    3. Adobe Connect ライブラリのファイルおよびフォルダーの使用

 

ここでは、Adobe Connect セッションに参加するためのハードウェア要件、ネットワーク要件、システム要件と、Adobe Connect Server をインストールするためのハードウェア要件、ネットワーク要件、システム要件について説明します。

Adobe Connect 12.5.1

Adobe Connect 12.5.1 は、ホストサーバー、マネージドサービスのサーバー、プライベートクラウドのサーバー、オンプレミスサーバーなど、あらゆるサーバーデプロイメント環境で利用できます。

各種デバイスで仮想セッションに参加するための要件

オペレーティングシステム

Adobe Connect クライアント

拡張オーディオ / ビデオ

標準ビュー

Windows

デスクトップアプリケーション

  • Intel Core i3 と同等以上の処理速度を持つプロセッサー
  • Windows 11、Windows 10
  • 1 GB の RAM 空き容量(2 GB 以上を推奨)
  • Intel Core i5 と同等以上の処理速度を持つプロセッサー
  • Windows 11、Windows 10(64 ビット、Windows 10「N」エディションのユーザーは、アプリケーションをインストールする前に「Media Feature Pack」をインストールする必要があります)
  • 1 GB の RAM 空き容量(2 GB 以上を推奨)

ブラウザークライアント

  • Intel Core i3 と同等以上の処理速度を持つプロセッサー
  • Windows 11、Windows 10
  • 2 GB の RAM 空き容量(4 GB を推奨)
  • Google Chrome(最新)、Mozilla Firefox(最新)および Edge - Chromium(最新)
  • Intel Core i5 と同等以上の処理速度を持つプロセッサー
  • Windows 11、Windows 10
  • 2 GB の RAM 空き容量(4 GB を推奨)
  • Google Chrome(最新)、Mozilla Firefox(最新)および Edge - Chromium(最新)

MacOS

デスクトップアプリケーション

  • Intel Core i3 と同等以上の処理速度を持つプロセッサー
  • 1 GB の RAM 空き容量(2 GB を推奨)
  • macOS 12.0、13.0、および 14.0
  • Intel Core i5 と同等以上の処理速度を持つプロセッサー
  • 512 MB の RAM 空き容量(1 GB を推奨)
  • macOS 12.0、13.0、および 14.0

ブラウザークライアント

  • Intel Core i3 と同等以上の処理速度を持つプロセッサー
  • macOS 12.0、13.0、および 14.0
  • 2 GB の RAM 空き容量(4 GB を推奨)
  • Apple Safari(最新)、Google Chrome(最新)、Mozilla Firefox(最新)および Microsoft Edge - Chromium(最新)
  • Intel Core i5 と同等以上の処理速度を持つプロセッサー
  • macOS 12.0、13.0、および 14.0
  • 2 GB の RAM 空き容量(4 GB を推奨)
  • Apple Safari(最新)、Google Chrome(最新)、Mozilla Firefox(最新)および Microsoft Edge - Chromium(最新)

Chrome OS

ブラウザークライアント

  • Google Chrome(最新)、Mozilla Firefox(最新)および Microsoft Edge - Chromium(最新)
NA

Linux

ブラウザークライアント

NA

  • Ubuntu 18.04、Red Hat Enterprise Linux 7
  • Google Chrome

仮想環境

 

NA

Citrix XenApp 7.11
Android デバイス モバイルアプリ Adobe Connect New モバイルアプリバージョン 3.3 以降(間もなくリリース予定)
iOS デバイス モバイルアプリ Adobe Connect New モバイルアプリ バージョン 3.3 以降

その他の要件

接続:

  • 学生、ウェビナー参加者、会議出席者が使用する場合、最低 512 Kbps
  • Adobe Connect の会議主催者、プレゼンター、管理者、トレーナー、イベント主催者の場合、最低 1 Mbps(有線接続を推奨)

拡張オーディオ / ビデオエクスペリエンスでフル HD(1080p)解像度を使用

  • フル HD(1080p)解像度で画面共有と連動してカメラを共有する場合、最低 3 Mbps
  • 画面共有と連動して会議室で 50 台のカメラを共有する場合、最低 6 Mbps

オンプレミス展開環境でのサーバー要件

Adobe Connect Server

Windows:

Microsoft Windows Server 2016(64 ビット)、2019(64 ビット)
Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能(x86):10.0.30319.1
Microsoft Visual C++ 2013 再頒布可能(x86):12.0.30501
Microsoft Visual C++ 2015-2019 再頒布可能(x86):14.29.30133
Microsoft Visual C++ 2015-2019 再頒布可能(x64):14.29.30133

仮想環境

VMware ESXi 5.x

データベース

Microsoft SQL Server 2017(64 ビット)、2016(64 ビット)、2019(64 ビット)

Amazon Web Services

T3.2 XLarge

Web サーバー

    Tomcat 9.0.48

ハードウェア要件

  • 2 GHz クアッドコア Intel Xeon と同等以上の処理速度を持つプロセッサー
  • 16 GB 以上の RAM
  • エンタープライズインストール環境用の 4 GB のハードディスク空き容量と、コンテンツストレージ用の 150 GB のハードディスク空き容量(保存するコンテンツの量が多くなると、必要なディスク容量も大きくなります)。
  • NTFS ファイルシステム
  • SSL ハードウェアアクセラレーターを推奨

注意:HDD 容量と RAM の要件は、CQ や FMG などのコンポーネントが Adobe Connect と共にローカルにインストールされているのか、スタンドアロンのサーバー上にインストールされているのかによって異なります。

共有ストレージの要件

  • ハードディスクの仕様:10,000 ~ 15,000 RPM(ファイバーチャネルを推奨)
  • ネットワークリンク:TCP/IP(1GigE I/O スループット以上)
  • コントローラー:アクティブ/アクティブのマルチパス機能が搭載されたデュアルコントローラー
  • プロトコル:CIFS と同等のプロトコル

注意:ネットワーク接続ストレージまたはストレージ領域ネットワークと共に Adobe Connect Server を展開する場合は、上記の仕様をお勧めします。要件は展開環境の規模と用途に応じて異なります。

ネットワークの要件

100 Mbps のイーサネット(1 Gbps を推奨)

ポートの要件

1935(RTMP)、ポート 80 または他の HTTP ポート、SSL が有効になっている場合はポート 443、SMTP を使用する場合はポート 25(オプション)、外部データベースを使用する場合はポート 1433(オプション)

Adobe Connect ACTS Server

Windows

Microsoft Windows Server 2016(64 ビット)、2019(64 ビット)
Microsoft Visual C++ 2013 再頒布可能(x86):12.0.30501
Microsoft Visual C++ 2013 再頒布可能(x64):12.0.30501
Microsoft Visual C++ 2015-2019 再頒布可能(x64):14.29.30133

仮想環境

VMware ESXi 5.x

ハードウェア要件

  • 2 GHz クアッドコア Intel Xeon と同等以上の処理速度を持つプロセッサー
  • 8 GB 以上の RAM
  • エンタープライズインストール環境用およびログストレージ用の 10 GB のハードディスク空き容量
  • NTFS ファイルシステム

ネットワークの要件

100 Mbps のイーサネット(1 Gbps を推奨)

ポートの要件

ACTS はリスニングモードで次の構成可能なポートを開き、ACTS のセキュリティを確保するために該当する制限を適用する必要があります。

  • ACTS ヘルスチェック管理ポート:デフォルト 8080
    •  このポートは内部ヘルスチェックおよび管理アクティビティにのみ使用され、Adobe Connect サービスのドメインの外部に公開されることはありません。
  • ACTS ws ポート:デフォルト 9002
    • このポートは WebSocket リクエストを処理するために使用され、ロードバランサーを使用して外部に公開される必要があります。
    • ロードバランサーはすべての HTTPS(wss)トラフィックと SSL オフロードを処理します。ACTS はオフロードされたデータを受信します。
  • ACTS から CPS サーバーへのライブ会議のデータ転送 - 1935(RTMP)、80 またはその他の HTTP ポート、SSL が有効な場合は 443

拡張オーディオ / ビデオサーバー(新規)

  • OS - Red Hat Enterprise Linux 64 bit バージョン 8.6
  • 仮想環境 - VMware ESXi 5.x
  • ハードウェア要件 - コアあたりの最小 CPU 仕様 - キャッシュ 22 MB、3.4GHz
  • 次のサードパーティーライブラリー(オープンソース)をサーバーにインストールする必要があります。このようなライブラリーはほとんどの場合、インストールスクリプトを使用してインストールします。
    • Virtualenv 20.14.1
    • Python 3.9、Pip 21.3.1
    • Podman 4.0.2
    • Python ライブラリー(pydantic、pyhocon、docker、python-dotenv)
    • DB とキャッシュ - PostgreSQL 13
    • Redis サーバー 6

Adobe Connect Edge Server

AMS システムの要件については、www.adobe.com/go/ams_techspecs を参照してください。

AEM 6.5 Dispatcher

オペレーティングシステム

Red Hat Enterprise Linux 64 bit バージョン 8.6

仮想環境

VMware ESXi 5.x

ハードウェア要件

コアあたりの最小 CPU 仕様 - キャッシュ 22 MB、3.4 GHz

サードパーティのライブラリ

サーバーに次のサードパーティのライブラリ(オープンソース)をインストールする必要があります。このようなライブラリーはほとんどの場合、インストールスクリプトを使用してインストールします。

  • Virtualenv 20.14.1
  • Python 3.9、Pip 21.3.1
  • Podman 4.0.2
  • Python ライブラリー(pydantic、pyhocon、docker、python-dotenv)

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合