セキュリティ関数

関数 説明
Canonicalize 標準化は、エンコードされた文字列を最も単純な形に簡約化するプロセスです。
Decrypt 暗号化関数を使用して暗号化された文字列を復号します。
DecodeForHTML HTML エンコードされた文字列をデコードします。
DecodeFromURL エンコードされた HTML URL 文字列をデコードします。
EncodeForCSS 入力文字列を CSS 用にエンコードします。
EncodeForDN 入力文字列を LDAP 識別名に使用する安全な出力用にエンコードします。
EncodeForHTML 入力文字列を HTML タグの本体で使用する安全な出力用にエンコードします。
EncodeForHTMLAttribute 入力文字列を HTML タグの属性値で使用する安全な出力用にエンコードします。
EncodeForJavaScript 入力文字列を JavaScript 用にエンコードします。
EncodeForLDAP 入力文字列を LDAP クエリで使用する安全な出力用にエンコードします。
EncodeForURL 入力文字列を URL 用にエンコードします。
EncodeForXML 入力文字列を XML 用にエンコードします。
EncodeForXMLAttribute XML 属性として使用できる文字列をエンコードします。
EncodeForXPath XPath 用にエンコードされた文字列を返します。
DecryptBinary 指定されたキー、値、アルゴリズム、ソルト、および繰り返しを使用して、暗号化されたバイナリデータを復号します。
Encrypt 文字列を暗号化します。
EncryptBinary 特定のアルゴリズムおよびエンコード方法を使用して、バイナリデータを暗号化します。
GeneratePBKDFKey PBKDF(パスワードベースのキー派生機能)キーを生成します。
GenerateSecretKey 暗号化および復号化関数で使用するランダムな暗号キーの値を生成します。
GenerateSCryptHash
入力を固定サイズの出力にハッシュ化するソルトパスワードハッシュメカニズムです。
GenerateBCryptHash 入力を固定サイズの出力にハッシュ化するパスワードハッシュ暗号化関数です。
GetAuthUser 認証ユーザーの名前を取得します。
GetTempDirectory CFML で一時ファイルに使用されるディレクトリのパスを取得します。 
GetTempFile パラメーター prefix で渡される接頭辞の最初の最大 3 文字までを名前の先頭に使用した一時ファイルをディレクトリ内に作成します。
GetUserRoles 現在のユーザーのロールのリストを取得します。
GetSafeHTML Antisamy ポリシーファイルで指定されたルールに基づいて、指定の入力文字列をサニタイズします。 
Hash 文字列を固定長の 16 進文字列に変換します。
Hmac キー付きハッシュメッセージ認証コード(HMAC)を作成します。これを使用して、キーを共有する 2 者がメッセージの信頼性と整合性を確認することができます。
IsUserInAnyRole 認証対象のユーザーがロールリスト内のいずれかのロールに属しているかどうかを調べます。
IsUserInRole 認証対象のユーザーが指定のロールに属しているかどうかを調べます。
IsUserLoggedIn ユーザーがログインしているかどうかを調べます。
isSafeHTML この関数は、Antisamy ポリシーファイルで指定されたルールに従って、許可されている HTML を検証します。
SessionInvalidate セッションスコープをクリアし、現在のセッション識別子を無効にします。
SessionRotate (新しいセッション ID を使用して)新規セッションを作成し、セッションスコープをこの新しいセッションにコピーした後、古いセッションを無効にします。
VerifyClient 有効なクライアントからのリクエストかどうかを確認します。
VerifyBCryptHash この関数は、プレーンテキストとハッシュ値を受け取り、そのテキストとハッシュ値を比較します。
VerifySCryptHash この関数は、プレーンテキストとハッシュ値を受け取り、そのテキストとハッシュ値を比較します。
アドビのロゴ

アカウントにログイン