説明

文字列を XML 用にエンコードします。

戻り値

エンコードされた XML 文字列。

カテゴリ

表示および書式制御関数.

関数のシンタックス

encodeforXML(Inputstring , [canonicalize])

関連項目

CanonicalizeEncodeForHTMLAttributeEncodeForJavaScriptEncodeForCSSEncodeForURL

履歴

ColdFusion 10: この関数が追加されました。

パラメータ

パラメータ

説明

inputString

必須。エンコードする文字列です。

canonicalize

オプション。true に設定すると、エンコードの前に正規化が行われます。false に設定すると、指定された入力文字列のエンコードだけが行われます。canonicalize のデフォルト値は false です。このパラメーターを指定しない場合は、正規化が行われません。デフォルトでは、正規化を実行する場合は、混合エンコードと複数のエンコードの両方が許可されます。他の組み合わせを使用するには、canonicalize メソッドを使用して正規化してからエンコードを行う必要があります。

<cfif isDefined("form.submit")>
MyDoc = XmlNew();
MyDoc.xmlRoot = XmlElemNew(MyDoc,"MyRoot");
MyDoc.MyRoot.XmlText = #encodeForXML(form.userName)#;
<b>
Output:<cfoutput >#encodeForXML(form.userName)#</cfoutput>
</b>
<cfelse>
<cfset form.username=""/>
</cfif>
<cfform>
<cfinput name="userName" type="text" value="#form.userName#">
<cfinput name="submit" type="submit" value="Submit">
</cfform>

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー