Adobe Asset Link を使用するための Adobe Experience Manager 6.x Assets の構成

Creative Cloud アプリケーション用の Adobe Asset Link(AAL)拡張機能を使用するための Adobe Experience Manager(AEM)Assets の設定方法について説明します。

Adobe Asset Link は、コンテンツ作成プロセスでのクリエイターとマーケティング担当者の共同作業が合理化を目指します。これにより、Adobe Experience Manager Assets を Creative Cloud デスクトップアプリケーションである Adobe InDesign、Adobe Photoshop、Adobe Illustrator で活用できます。また Adobe Asset Link パネルを使用すれば、クリエイターは使い慣れたクリエイティブアプリケーションを離れることなく、AEM Assets に保存されたコンテンツにアクセスして変更できます。

注意:

Cloud Service としての Adobe Experience Manager Assets を使用する場合は、それを構成する方法についての説明を参照してください。

Experience Manager Assets を Asset Link で使用するように設定するには、次のタスクを実行します。Experience Manager 管理者アカウントを使用して設定します。

  1. 必要に応じてパッケージをインストールします。詳しくは前提条件を参照してください。

  2. Experience Manager を手動またはパッケージを使用して設定します。

  3. ユーザーアクセス制御を管理して、Creative Cloud ライセンスユーザーを Experience Manager ユーザーにマッピングします。

様々な機能の前提条件とサポート

必要に応じて、適切なサービスパックとパッケージをインストールしてください。各 AEM バージョンおよび特定の AEM 機能については、次の要件を参照してください。

アセット機能

AEM バージョンとサポートの要件

アセットリンクはデフォルトで動作します

  • AEM 6.5 および AEM 6.5.2 以降.
  • AEM 6.4.4 および AEM 6.4.6 以降.

Adobe では、AAL を使用する前に、最新の AEM サービスパック(SP)のインストールを推奨しています。

パッケージのインストール後にアセットリンクが動作します

AEM 6.4.0-6.4.3 の場合、adobe-asset-link-support パッケージをインストールします.

Adobe Stock の統合

AEM 6.4.2 以降

ビジュアルまたは類似検索

AEM 6.5.0 以降

設定パッケージを使用した Experience Manager の設定

Adobe は、adobe-asset-link-config 構成パッケージのインストール後に、ほとんどの設定作業を自動化して、残るいくつかの作業のみ手動でおこなうことを推奨していますが、 全てを手動で設定することも可能です。

警告:

AEM インスタンスが Adobe IMS アカウントでのユーザーログイン用に設定されている場合は、構成パッケージを使用しないでください。代わりに、AEM を手動で設定します。

  1. パッケージマネージャーを開くには、AEM Web インターフェイスからツールデプロイパッケージの共有にアクセスします。adobe-asset-link-config パッケージをインストールします。

  2. ツール オペレーションWeb コンソールにアクセスします。Adobe Granite OAuth IMS Provider の構成を見つけて、をクリックして編集します。以下の手順に従ってプロパティを設定し、変更内容を保存します。

    プロパティ名

    グループ マッピング

    必要な場合以外は空白のままにしてください。詳しくは、グループマッピングを参照してください。

    組織

    Adobe Admin Console で使用する組織 ID を入力します。組織 ID の詳細については、ユーザーグループの作成を参照してください。

  3. Adobe Granite Bearer Authentication Handler 構成を見つけて、をクリックして編集します。

    InDesignAem2 クライアント ID を許可された OAuth クライアント ID 構成プロパティに追加します。

AEM の手動設定

構成パッケージを使用することを選択しない場合、または AEM のデプロイが Adobe IMS アカウントでのユーザーログインをサポートするように設定されている場合は、AEM を手動で設定します。手動で設定するには、次の手順に従ってください。

  1. 構成マネージャーにアクセスするには、ツール オペレーションWeb コンソールにアクセスします。メニューのトップから OSGi設定を選択します。

  2. Adobe Granite OAuth IMS Provider の構成を見つけて、をクリックして編集します。次の構成を設定して「保存」をクリックします。

    プロパティ名

    認証エンドポイント

    トークンエンドポイント

    プロファイルエンドポイント

    検証 URL

    組織

    Adobe Admin Console に組織 ID を入力します。

    グループマッピング

    特別な場合を除き、空白のままにしてください。詳しくは、グループマッピングを参照してください。

  3. Adobe Granite Bearer Authentication Handler 構成を見つけて、をクリックして編集します。

    次のクライアント ID を許可された OAuth クライアント ID の構成プロパティに追加します:InDesignAem2cc-europa-desktop_0_1cc-europa-desktop_1_0cc-europa-desktop_2_0cc-europa-desktop_3_0cc-europa-desktop_4_0cc-europa-desktop_5_0cc-europa-desktop_6_0cc-europa-desktop_7_0cc-europa-desktop_8_0cc-europa-desktop_9_0 および cc-europa-desktop_10_0

    各クライアント ID を追加するには「+」をクリックします。すべての ID の追加後「保存」をクリックします。

  4. Adobe Granite OAuth アプリケーションおよびプロバイダー構成で、既存の Adobe Granite OAuth Authentication Hander インスタンスを調べます。構成 ID の値が「ims」のインスタンスが見つかった場合は、それをこの手順の説明に従って使用してください。または、「+」をクリックして構成インスタンスを作成します。次のプロパティの値を設定して「保存」をクリックします。

    プロパティ名

    クライアント ID

    変更しない

    クライアントシークレット

    変更しない

    構成 ID

    ims

    スコープ

    AdobeID、OpenID、read_organizations(他の値も設定に含まれる場合があります)

    プロバイダー ID

    ims

    ユーザーを作成する

    チェックあり(true)

    ユーザー ID プロパティ

    新しく作成された設定の電子メール。それ以外は、変更しないでください。

  5. Apache Jackrabbit Oak Default Sync Handler 構成と Sync Handler Name ims を見つけて、をクリックして編集します。

    手順に従って構成プロパティを設定し「保存」をクリックします。

    プロパティ名

    ユーザー有効期限およびユーザーメンバーシップの有効期限

    スペースなしの「m」が続く、分単位の時間。例えば、15 分間は「15m」となります。詳しくは、グループマッピングを参照してください。

    ユーザーの自動メンバーシップ

    変更しない

    ユーザーの動的メンバーシップ

    選択解除(false)

  6. Adobe Granite OAuth Authentication Handler の構成を見つけて をクリックして編集します。何も変更せずに、「保存」をクリックします

  7. ベアラー認証ハンドラーの相対的な優先順位を調整するには、CRXDE で、/apps/system/config に移動します。com.adobe.granite.auth.oauth.impl.BearerAuthenticationHandler.config を見つけて、構成を開きます。最後に、service.ranking=I"-10" を追加します。変更を保存します。

    注意:

    ベアラートークンで認証された各要求には、Adobe IMS への 3 回の呼び出し、ユーザーの同期、および AEM でのログイントークンの作成というオーバーヘッドが発生します。このオーバーヘッドを克服するために、Adobe Asset Link は、AEM からの応答で返されたログイントークンを取得し、それを後続の要求と共に送信します。このプロセスが機能するためには、ベアラー認証ハンドラーの相対的な優先順位を調整する必要があります。

  8. (オプション)AEM ユーザーのメール ID に、すべて大文字または大文字と小文字が混在するドメイン名がある場合、ロックしているユーザーを小文字に変更するを、Adobe Granite ACP プラットフォームの構成から AEM Web コンソールで選択します。

AEM リポジトリのユーザーアクセス制御を管理する

このセクションでは、ユーザーの管理方法と AEM リポジトリへのアクセスについて説明します。

グループマッピング

グループマッピングは、AEM のグループが Adobe IMS のグループにどのように対応するかを決定します。グループマッピングは、Adobe Asset Link ユーザーに AEM Assets へのアクセス権をどのように付与するかにおいて重要な役割を果たします。

Adobe Asset Link と共に使用する場合、AEM はすべてのユーザー管理機能を Adobe IMS に委任します。AEM は、Adobe IMS のユーザーとグループに対応するユーザーとグループを自動的に作成します。さらに、AEM は AEM 内のユーザー、グループ、およびグループメンバーシップを Adobe IMS にあるものと一致するように同期します。

例えば、Adobe Asset Link ユーザーが Adobe IMS グループのメンバー assetlink-users であるシナリオを考えます。この場合、assetlink-users という名前の同期されたグループは、その Adobe IMS グループのユーザーが初めて Adobe Asset Link に接続するときに、AEM で作られます。Adobe IMS グループの各新規ユーザーは、初めて Adobe Asset Link を介して AEM に接続したときに、AEM の対応するグループに追加されます。

Adobe IMS のグループに対応し、同期している AEM のグループには、直接アクセスすることも、AEM の別のグループのメンバーにすることによってアクセスを許可することもできます。こ次の画像は、アクセス許可を管理する方法の一例です。

グループの例
AEM および Adobe IMS でのグループマッピングの例

以下、AEM のグループマッピングに適用される項目です。

  • グループマッピングのプロパティが Adobe Granite OAuth IMS Provider 構成で空白であること。
  • Adobe Asset Link ユーザーグループのメンバーシップは、ユーザーの認証時および Apache Jackrabbit Oak Default Sync Handler の構成内の User Expiration Time プロパティで設定された期間が経過した後に評価されること。現在は、ユーザーは AEM 内のグループからの追加および削除で、Adobe IMS にあるものと同期できます。
  • グループ名の競合を避けること。Adobe IMS (ユーザー管理用)で作成されたグループに使用される名前は、すべての AEM システムグループ名と異なることを確認してください。
    例えば、dam-users グループ、および AEM 管理者によって作成されたグループと名前が異なることを確認します。
    名前が AEM システムグループまたは手動で作成されたグループの名前と競合する Adobe IMS グループは、ユーザー権限の制御には使用できません。
  • Adobe IMS ユーザーが AEM インスタンスに接続し、そのユーザーの名前が以前に作成された AEM ユーザーと競合する場合は、一意の名前にするために番号が追加された別の名前が Adobe IMS ユーザーに付けられること。

初回アクセス制御の設定

Adobe Asset Link を介して接続するユーザーは、必要な権限を付与された後にのみ、アセットを表示して操作することができます。グループマッピングセクション AEM で、Adobe IMS 内の組織内のユーザーグループに対応して同期するユーザーグループを作成する方法について説明しました。AEM 管理者がこれらのグループを使用して Adobe Asset Link ユーザーのアクセス制御を管理することをお勧めします。

(ユーザーアクセス制御の管理に使用される)Adobe IMS グループと同期する各 AEM グループについて、以下をご確認ください。

  1. グループに、Adobe Asset Link からの最初の接続に使用できるメンバーがあることを確認してください。

  2. そのユーザーを使用して Adobe Asset Link にログインし、AEM に接続します。この接続は失敗すると予想されます。

  3. AEM で、Adobe IMS のグループに対応するグループを見つけて、それに必要なアクセス制御を付与します。例えば、新しいグループを dam-users グループのメンバーにすることができます。

  4. Adobe Asset Link を閉じて Creative Cloud アプリケーションを再起動します。

  5. ユーザーに想定されるアクセス権があることを確認するには、Adobe Asset Link を再度開きます。

これらの手順を実行すると、同じグループ内の他のユーザーは、最初の試行で Adobe Asset Link を使用して AEM に接続できるようになります。それらは自動的にグループ内の他のユーザーと同じ権限を持ちます。

AEM ユーザーを管理して Adobe Asset Link と連携する

Adobe Asset Link ユーザーは、自分の Creative Cloud アプリケーションにログインしているときに AEM に接続できます。この認証では Adobe IMS テクノロジーが使用され、AEM にユーザー情報が存在しない場合は作成されます。AEM 企業のお客様は、AEM と統合された外部 ID プロバイダーを使用してユーザーを管理するのが一般的です。ID プロバイダーには、Adobe IMS、および SAML プロトコルと LDAP プロトコルを使用するその他の製品があります。あるいは、ユーザーを AEM でローカルに作成および管理することもできます。

次の場合、Adobe Asset Link から AEM に接続するユーザーは、以前の直接ログインで AEM に保存されている既存のユーザー情報と競合しません。

  • AEM への直接ログインに使用されるユーザー名はすべて、Adobe IMS for Creative Cloud ログインに使用されるユーザー名とは異なっている
  • Adobe IMS は、直接 AEM ログインの ID プロバイダーとして使用されている
  • ユーザーは、同じアカウントで直接 AEM ログインする前に、Adobe Asset Link から AEM に接続する

一方、次の場合では、AEM の直接ログインの結果として作成されたユーザー情報を Adobe Asset Link で機能するように更新する必要があります。

  • ユーザーの電子メールアドレスなど、同じユーザー名が、Adobe IMS を使用する Creative Cloud のアカウントと、Adobe IMS 以外の外部 ID プロバイダーのアカウントの両方に使用される
  • 同じユーザー名が Creative Cloud のアカウントとローカルの AEM アカウントの両方に使用されている
  • Adobe IMS の Creative Cloud アカウントは Federated ID であり、直接ログイン用に AEM と統合されているものと同じ外部 ID プロバイダーによって提供される

これらの条件で作成された AEM ユーザーは、Adobe IMS と同期しているユーザーに必要なプロパティを持っていません。AEM でこのようなユーザーを更新して Adobe Asset Link と連携するには、

  1. AEM Web コンソールで「Apache Jackrabbit Oak External PrincipalConfiguration」構成を探し、をクリックして編集します。「External Identity Protection」チェックボックスの選択を解除し、「保存」をクリックします。

  2. AEM のユーザー管理インターフェイスにアクセスするには、ツールセキュリティユーザーに移動します。更新するユーザーを選択してから、ブラウザーに表示されるそのユーザーの URL パスの末尾をメモします(始まりは/home/users)。また、AEM CRXDE でユーザー名を検索することもできます。ユーザーパスは「/home/users/x/xTac082TDh-guJzzG7WM」のようになります。

  3. AEM CRXDE を使用してユーザーパスに移動し、ユーザーノードを選択して、中央下の「プロパティ」タブを選択してノードのプロパティを表示します。このノードには、rep:User 値の jcr:primaryType プロパティがあります。

  4. プロパティタブの最下部に、rep:externalId の名前、String の書式、<rep:authorizableId>;ims の値<rep:authorizableId> は、ノードの rep:authorizableId プロパティの値)の各値を入力します(セミコロンは rep:authorizableId の値を ims と区別するためにスペースなしで使われます)。

  5. 新しいエントリーの右にある「追加」ボタンをクリックしてから、画面左上隅にある「すべて保存」をクリックするか、Command+S または Ctrl+S を押します。

  6. アップグレードする他のユーザーに対して、手順 2 〜 5 を繰り返して Adobe Asset Link を使用します。

  7. AEM Web コンソールで「Apache Jackrabbit Oak External PrincipalConfiguration」構成を探し、をクリックして編集します。「External Identity Protection」チェックボックスの選択を解除し、「保存」をクリックします。

    注意:

    サービスが数分以内に再開されない場合は、AEM を再起動して認証を完了させてください。

この変更の後、更新された AEM ユーザーは Adobe Asset Link に接続できるようになり、更新前に使用されていた AEM へのダイレクトログインの方法を引き続き使用できるようになります。Adobe IMS との認証が成功すると、AEM ユーザープロファイル情報は Adobe IMS のユーザープロファイルと同期されます。

複数の AEM ユーザーを一括で移行して Adobe Asset Link と連携できるオプションもあります。有効にする方法については、Adobe Care にお問い合わせください。

この手順の代わりとして、特定の状況で Adobe Asset Link ユーザーは AEM に素早くアクセスできます。これらは、Adobe Asset Link に接続する前に、既存のユーザー情報が AEM User Management または AEM CRXDE で検出され削除された場合です。接続後、AEM に新しいユーザー情報が作成されます。この方法は、ユーザーノードの子として追加された重要なデータがないことが確実な場合にのみ使用してください。このような追加のデータは、tokenspreferencesprofileprofilesprofiles/public および rep:policy/* nodes 以外のユーザーノードの子であるノードです。

アセットを条件付きで処理する自動開始ワークフロー

Experience Manager 6.4 および Experience Manager 6.5 では、管理者は定義済みの条件に基づいてアセットを自動的に実行および処理するワークフローを設定できます。

この設定は、基幹業務のユーザーやマーケティング担当者が、特定のフォルダーにカスタムワークフローを作成する場合などに便利です。例えば、代理店の写真からのすべてのアセットに透かしを埋め込んだり、フリーランサーがアップロードしたすべてのアセットを処理して特定のレンディションを作成したりすることができます。

Experience Manager の設定について詳しくは、アセットの自動実行ワークフローを参照してください。

Adobe InDesign の配置専用レンディション用に生成

AEM から Adobe InDesign ドキュメントに大きなサイズのアセットを配置する場合、クリエイターは、アセットを配置した後、相当な時間を待つ必要があります。その間、ユーザーは InDesign の使用をブロックされます。これでは作業の流れが止まってしまい、ユーザーエクスペリエンスに悪影響を及ぼします。Adobe では、最初から InDesign のドキュメントに小さなレンディションを一時的に配置できるようにし、印刷やパブリッシングワークフローなどの最終的な出力が必要な場合、オリジナルのフル解像度のアセットが一時的なレンディションとバックグラウンドで置き換わります。バックグラウンドでのこの非同期更新により、デザインプロセスが高速化され、生産性が向上するため、クリエイティブプロセスが妨げられることはありません。

AEM は、配置のみ(FPO)で使用されるレンディションを提供します。これらの FPO レンディションのファイルサイズは小さくなりますが、アスペクト比は同じです。FPO レンディションがアセットで利用できない場合、Adobe InDesign は代わりに元のアセットを使用します。このフォールバックメカニズムにより、クリエイティブワークフローが途切れることなく続行されます。

FPO レンディションを生成する方法

AEM には、FPO レンディションの生成に使用できる画像の処理方法がたくさんあります。最も一般的な 2 つの方法は、組み込みの AEM ワークフローを使用することと、ImageMagick を使用することです。これら 2 つの方法を使用して、新しくアップロードされたアセットと AEM に存在するアセットのレンディション生成を構成します。

ImageMagick を使用して、FPO レンディションの生成を含む画像処理ができます。このようなレンディションはダウンサンプリングされます。つまり、元の画像の PPI が 72 を超える場合、レンディションのピクセル寸法は比例して縮小されます。ImageMagick をインストールおよび構成して、AEM Assets で動作させるにはこちらを参照してください。

 

AEM の組み込みワークフローの使用

ImageMagick ワークフローの使用

備考

新しいアセット用

FPO レンディションを有効にします(ヘルプはこちら

AEM ワークフローで ImageMagick コマンドラインを追加(ヘルプはこちら

AEM は、アップロードごとに DAM アップデートアセットワークフローを実行します。

既存のアセット用

新しい専用 AEM ワークフローで FPO レンディションを有効にします(ヘルプはこちら)。

専用の AEM ワークフローで ImageMagick のコマンドラインを追加(ヘルプはこちら

既存のアセットの FPO レンディションは、オンデマンドまたは一括で作成できます。

警告:

デフォルトのワークフローのコピーを変更して、レンディションを生成するワークフローを作成します。これにより、新しいサービスパックのインストール時などに、AEM が更新されて変更が上書きされるのを防止できます。

AEM ワークフローを使用して、新しいアセットのレンディションを生成

次の手順で、DAM アップデートアセットワークフローモデルを構成して、レンディションの生成を有効にします。

  1. ツールワークフローモデルをクリックします。DAM アップデートアセットモデルを選択して「編集」をクリックします。

  2. サムネイルを処理の手順を選択して「構成」をクリックします。

  3. FPO レンディション」タブをクリックします。「FPO レンディションの作成を有効にする」を選択します。

    サムネイル処理のワークフローで FPO レンディションの作成を有効にする
    サムネイル処理のワークフローで FPO レンディションの作成を有効にする

  4. 品質の調整をして、形式リストの値を必要に応じて追加したり変更したりします。デフォルトでは、FPO レンディションを生成する MIME タイプのリストは、pjpegjpegjpggifpngx-pngtiff です。「終了」をクリックします。

    注意:

    レンディション生成は、ファイルタイプである JPEG、GIF、PNG、TIFF、PSD、および BMP をサポートしています。

  5. 変更を有効にするには「同期」をクリックします。

注意:

片側が 1280 ピクセルより大きい画像は、FPO レンディションのピクセル寸法を保持できません。

ImageMagick を使用して、新しいアセットのレンディションを生成

AEM では、新しいアセットをアップロードすると、DAM アップデートアセットワークフローが実行されます。ImageMagick を使用して、新しくアップロードされたアセットのレンディションを処理するには、新しいコマンドをワークフローモデルに追加します。

  1. ツールワークフローモデルをクリックします。DAM アップデートアセットモデルを選択して「編集」をクリックします。

  2. 左上隅にある「サイドパネルの表示切り替え」をクリックします。コマンドラインの手順を検索します。

  3. ドラッグコマンドラインの手順を、サムネイルの処理の手順の前にドラッグして追加します。

  4. コマンドラインの手順を選択して「構成」をクリックします。

  5. 目的の情報をタイトルおよび説明のカスタムとして追加します。例えば、ImageMagick で使われる FPO レンディションです。

  6. 引数」タブの中で、関連する MIME タイプを追加して、コマンドに適用するファイル形式のリストを提供します。

    ImageMagick コマンドに適用する MIME タイプを設定
    ImageMagick コマンドに適用する MIME タイプを設定

  7. 引数」タブの中の「コマンド」セクションで、関連する ImageMagick コマンドを追加して FPO レンディションを生成します。

    以下は、JPEG 形式で FPO レンディションを生成後、10% の品質設定で 72 PPI にダウンサンプリングして、出力を平坦化することで複数レイヤーの Adobe Photoshop ファイルを処理するコマンドの例です。

    convert -quality 10% -units PixelsPerInch ${filename} -resample 72 -flatten cq5dam.fpo.jpeg
  8. 変更を有効にするには「同期」をクリックします。

ImageMagick コマンドライン機能について詳しくは、https://imagemagick.org を参照してください。

AEM ワークフローを使用して、既存のアセットのレンディションを生成

AEM ワークフローを使用して既存のアセットの FPO レンディションを生成するには、組み込みの FPO レンディションオプションを使用する専用のワークフローモデルを作成します。

  1. AEM で、ツールワークフローモデルをクリックします。モデルを作成するには、作成モデルを作成をクリックします。後からでも判別のつきやすいタイトルおよび名前を追加します。

  2. モデルを選択し「編集」をクリックします。ページ情報プロパティを開くをクリックします。一時的なワークフローを選択します。これにより、スケーラビリティとパフォーマンスが向上します。「保存」および「閉じる」をクリックします。

  3. 左上隅にある「サイドパネルの表示切り替え」をクリックします。サムネイルの処理の手順を検索します。サムネイルの処理手順をドラッグします。

  4. サムネイルを処理を選択して「構成」をクリックします。AEM ワークフローを使用して新しいアセットのレンディションを生成するための構成を実行します。変更を有効にするには「同期」をクリックします。

ImageMagick を使用して、既存のアセットのレンディションを生成

ImageMagick の処理機能を使用して、既存のアセットの FPO レンディションを生成するには、ImageMagick コマンドラインで専用のワークフローモデルを作成します。

FPO レンディションの表示

ワークフローの完了後に、生成された FPO レンディションを確認できます。AEM アセットのユーザーインターフェイスで、アセットをクリックして大きなプレビューを開きます。左のレールを開いて、レンディションを選択します。または、プレビューが開いているときに Alt+3 のキーボードショートカットを使用します。

FPO レンディションをクリックして、プレビューを読み込みます。レンディションを任意で右クリックして、ファイルシステムに保存できます。

左レールで利用可能なレンディションを確認します。
左レールで利用可能なレンディションを確認します。

ヒントと制限

  • ImageMagick ベースの構成を使用するには、AEM と同じマシンに ImageMagick をインストールします。
  • 多くのアセットまたはリポジトリ全体の FPO レンディションを生成するには、トラフィックの少ない期間にワークフローを計画して、実行します。多数のアセットの FPO レンディションの生成は、リソースを大量に消費するアクティビティであり、AEM サーバーには十分な処理能力と使用可能なメモリが必要です。
  • パフォーマンスとスケーラビリティについては、ImageMagick の微調整を参照してください。
  • アセットの一般的なコマンドライン処理については、アセットを処理するコマンドラインハンドラーを参照してください。

AEM 6.4.x バージョンでカスタムインデックスを作成

AEM には、クエリに使用されるインデックスが含まれています。指定したバージョンに連なるカスタムインデックスを作成します。AEM 6.5.0 には、デフォルトでこのインデックスが含まれています。Adobe Asset Link では、ユーザーがどのアセットをチェックアウトしたかを判断するためにこれが必要です。

  1. CRXDE で、/oak:index ノードを見つけます。cqDrivelock という名前の新しいノードを作成します。そのタイプ oak:QueryIndexDefinition に設定します。

  2. 次のプロパティを新しいノードに追加して、変更を保存します。

    • 名前:type、型:string、値:property
    • 名前:propertyNames、型:Name[](Multi ボタンをクリック)、値:cq:drivelock

Adobe Stock と統合する

組織は、Adobe Stock のアカウントを AEM Assets と統合します。これでマーケティング担当者は、ライセンスを受けた高品質でロイヤリティフリーの写真、ベクター、イラスト、ビデオ、テンプレート、および 3D アセットをクリエイティブプロジェクトやマーケティングプロジェクトで利用できるようになります。クリエイティブプロフェッショナルは、アセットリンクパネルでこれらのアセットを使用できます。

Adobe Stock と統合するには、AEM Assets 内の Adobe Stock アセットを参照してください。Adobe Stock との統合には、AEM 6.4.2 以降のバージョンが必要です。

ビジュアルまたは類似検索の構成

ビジュアル検索機能により、Adobe Asset Link パネルを使用して、AEM アセットリポジトリで視覚的に類似したアセットを検索できます。この機能は 6.5.0 以降のバージョンで使用でき、インデックス付きのアセットのみが検索されます。詳しくは、ビジュアル検索を構成する方法を参照してください。

AEM に関する問題のトラブルシューティング

アセットリンクの設定または使用時に問題が発生した場合は、次をお試しください。

  • デプロイが前提条件を満たしていることを確認します。特に、適切な機能パックまたはパッケージがインストールされていることを確認してください。
  • 組織のパートナーまたはシステムインテグレーターに連絡してください。
  • Creative Cloud ユーザーがチェックアウトされたアセットをチェックインできない場合は、メール ID のドメイン名の大文字と小文字が原因の問題か確認してください。修正するには、AEM の手動構成を参照してください。
  • 詳しくは、Asset Link のトラブルシューティングを参照してください。
アドビのロゴ

アカウントにログイン