ここでは、Adobe Asset Link の使用中に発生した問題を解決するためのトラブルシューティングについて説明します。

Adobe Asset Link パネルの概要

Adobe Asset Link は、Photoshop、Illustrator、InDesign などの Adobe Creative Cloud アプリケーションに、エクステンションとしてインストールされます。Adobe Asset Link の構成およびデプロイは、IT 管理者の責任です。インストールと構成が完了した後は、Creative Cloud アプリのエクステンションメニューから Adobe Asset Link パネルを開くことができます。

  • これには、ウィンドウエクステンションAdobe Asset Link を選択します。

Adobe Asset Link を使用して、AEM Assets に保存されているデジタルアセットにアクセスし、使用、編集します。AEM Assets に新しいアセットをアップロードできます。詳しくは、「Adobe Asset Link を使用したアセットの管理」を参照してください。

注意:

  • ブラウジング中にアセットのサムネイルは表示されないが、アセットのプレビューが表示できる場合は、AEM 管理者に連絡して、AEM を最新のサービスパックを使って更新してください。
  • Adobe Asset Link パネルにアクセスできない場合は、管理者にトラブルシューティング手順を問い合わせてください。

注意:

Adobe は先ごろ XD 用 Adobe Asset Link の提供を開始しました。これは、Adobe XD のデザイナーとマーケティング担当者の間の共同作業を促進する製品です。 詳細情報.

トラブルシューティングに着手する前に

Adobe Asset Link パネルを使用できない場合は、特定のエラーのトラブルシューティングを開始する前に、以下の手順を実行してください。

  1. Creative Cloud アプリのキャッシュを更新するには、Adobe Asset Link をインストール/再インストールする前にアプリを閉じてください。

  2. Adobe Asset Link が、次の場所にある com.adobe.assetlink フォルダーにインストールされていることを確認します。

    • macOS の場合:/Library/Application Support/Adobe/CEP/extensions.
    • Windows の場合:C:\Program Files (x86)\Common Files\Adobe\CEP\extensions.

    問題が発生した場合は、既存のバージョンの Adobe Asset Link を削除してから、新しいバージョンの再インストールまたはインストールを試みてください。既存のバージョンを削除するには、com.adobe.assetlink フォルダーを削除します。次に Adobe Asset Link の最新バージョンをインストールします。

  3. 次の場所に assetlink-settings.json ファイルが存在することを確認します。

    • macOS の場合: /Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/CEP/extensions
    • Windows の場合:C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\CEP\extensions
  4. Enterprise ID または Federated ID を使用して Creative Cloud デスクトップアプリケーションにログインしていることを確認します。

  5. Creative Cloud デスクトップアプリケーションで、ファイル同期が有効であることを確認します。

  6. アクティビティモニター(macOS の場合)またはタスクマネージャー(Windows の場合)を使用して、CoreSync という名前のプロセスが実行されていることを確認します。

  7. 管理者の場合は、次のことを確認します。

    • すべての IMS 設定が適切に指定されている。
    • Adobe Admin Console で、ユーザーの Enterprise ID または Federated ID が、AEM サーバーで構成されているユーザーグループに追加されている。
    • AEM サーバで構成されている IMS ユーザグループが、AEM の dam-users グループの一部である。
  8. S3 をデータストアとしてデプロイした AEM 6.5.5 以降で Adobe Asset Link を使用している場合は、プラットフォーム API が正しく機能しているかどうかを確認してください。

    https://<サーバー>:<ポート>/platform/content/dam にアクセスして、接続に問題がないことを確認します。Platform API が正しく機能している場合、トップレベルの DAM オブジェクトの JSON 表現が応答として返されます。Platform API が適切に動作していない場合は、応答コード 500 のエラーが生成され、Adobe Asset Link は AEM に接続できません。エラーを解決するには、S3 データストアコネクタをバージョン 1.10.1 2 以降にアップグレードします。

エラーシナリオ

Adobe Asset Link パネルの使用中に起こりうるエラーシナリオと、それらを解決する手順を次に示します。

macOS では、Adobe Extension Manager コマンドラインツール(ExManCmd)を使用してエクステンションをインストールすると、Adobe Asset Link のインストールが失敗し、Abort trap: 6 エラーが表示されることがあります。

Windows では、エラーが発生することなくインストールに失敗します。この問題が発生した場合は、次の手順を実行してください。

  1. Creative Cloud デスクトップ版を終了します。

  2. 次の場所から ExMan.db を削除します。

    macOS の場合:/Library/Application Support/Adobe/Extension Manager CC/Configuration/DB

    Windows の場合:C:\ProgramData\Adobe\Extension Manager CC\Configuration\DB

  3. Creative Cloud デスクトップ版を再起動し、手順 1 で使用したのと同じ資格情報を使ってでログインします。

  4. Adobe Asset Link エクステンションを含むパッケージを再インストールします。Adobe Asset Link パネルがインストールされます。

このエラーは、Adobe Creative Cloud からログアウトした場合、または Adobe Asset Link パネルで ID にアクセスできない場合に表示されます。

このサービスにアクセスするには、Enterprise ID または Federated ID を使用して Creative Cloud アカウントにログインしてください。Creative Cloud エンタープライズ版アカウントをお持ちでない場合は、IT 管理者に問い合わせてください。

このエラーを解決するには、次の手順を実行します。

  1. Creative Cloud アプリケーションにログインしていることを確認します。

  2. 使用している Creative Cloud アプリケーションを終了して再起動します。

  3. アドビの web サイトを開くことができるかどうかを確認します。

  • このエラーは、Adobe ID を使用してログインした状態で、Adobe Asset Link にアクセスしようとすると表示されます。

    Adobe ID はサポートされていません。このサービスにアクセスするには、Enterprise ID または Federated ID を使用して Creative Cloud アカウントにログインしてください。Creative Cloud エンタープライズ版サブスクリプションをお持ちでない場合は、IT 管理者に問い合わせてください。

    Adobe Asset Link は、Enterprise ユーザーまたは Federated ユーザーのみをサポートします。Adobe ID でログインしている場合は、ログアウトして、Enterprise ID または Federated ID で再度ログインしてください。アドビがサポートする ID タイプについて詳しくは、「ID タイプの管理」を参照してください。

    Creative Cloud エンタープライズ版アカウントをお持ちでない場合は、IT 管理者にお問い合わせください。

  • このエラーは、AEM サーバーにアクセスするための必要な権限がない場合に表示されます。

    このサービスに対するアクセス権限をお持ちでない場合は、IT 管理者に連絡してアクセス権を入手してください。

    このエラーを修正するには、IT 管理者に AEM サーバーが稼働していることを確認してください。

このエラーは、AEM サーバーへの接続中にネットワーク接続が切断された場合、または AEM サーバーが使用できない場合に表示されます。

アクセスしようとしている AEM サーバーにアクセスできません。詳しくは、AEM 管理者にお問い合わせください。

エラーを修正するには、インターネットに接続していることを確認し、次の手順を実行します。

  1. AEM サーバーが稼働しているかどうかを確認します。

  2. 使用している Creative Cloud アプリケーションを終了して再起動します。

  3. Asset Link パネルを起動します。

このエラーは、Creative Cloud エンタープライズ版アカウントが、AEM Assets サーバーにアクセスする権限を持っていない場合に表示されます。また、ローカルの assetlink-settings.json ファイル内の 1 つ以上の設定が誤っている場合にも発生する可能性があります(詳しくは、こちらのドキュメントを参照してください)。サポートが必要な場合は、AEM 管理者に連絡してください。具体的には、このエラーは以下の状況で発生します。

  • ユーザーが AEM サーバーへのアクセスを許可されていない。
  • ユーザーアカウントが、AEM で構成された IMS グループに追加されていない。
  • ユーザーアカウントに追加された IMS グループが AEM の IMS グループと一致しない。
  • assetlink-settings.json ファイルに誤った aemPort が含まれている。
  • aemServer の値が、assetlink-settings.json ファイルに指定されていない。

注意:

プロキシ環境を使用しているお客様は、Adobe Asset Link の使用がブロックされています。プロキシ環境は、Adobe Asset Link ではまだサポートされていません。

ユーザーが AEM へのアクセスを許可されていない場合、またはユーザーのアカウントが AEM の IMS グループに追加されていないか、一致していない場合は、次の手順を実行します。

  1. 管理者として Admin Console にログインします.

  2. ユーザーページに移動し、ユーザーアカウントを検索します。

    1. ユーザーのリストから、関連のユーザーの名前をクリックします。

    2. 「ユーザーグループ」で、関連付けられている IMS グループが AEM と一致していることを確認します。

      AEM グループマッピングは、aem-instance/system/console/configMgr/Adobe Granite OAuth IMS Provider/グループマッピングで確認できます。

      注意:

      AEM 6.4 以降では、グループマッピングが明示的に定義されていない場合、IMS ユーザーグループが AEM の dam-users グループの一部であることを確認してください

    3. ユーザーが AEM の IMS グループに関連付けられていない場合は、ユーザーグループを編集して、AEM が構成されているユーザーグループを割り当てます。

      詳しくは、「ユーザーグループの作成」を参照してください。

assetlink-settings.json ファイル内の aemPortaemServer の値を確認する方法については、「assetlink-settings.json ファイルの構成およびすべてのデバイスの追加」を参照してください。それでもエラーが表示される場合は、IT 管理者に連絡して次のことを確認してください。

  • AEM サーバーにアクセスするための適切な権限がある。
  • AEM で構成された IMS グループに追加されている。

新規ユーザーが Creative Cloud アプリから Adobe Asset Link を起動するたびに、(ホームビューではなく)新しい環境の追加ビューが表示される場合は、次のいずれかを実行してください。

  • Adobe Asset Link をビルド 2.0.33 に更新する。
  • オペレーティングシステムに応じて、コンピューターの以下の場所に、CEPextensions フォルダーが存在することを確認します。フォルダがまだ存在しない場合は作成します。
    • Windows の場合:C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\CEP\extensions
    • macOS の場合:/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/CEP/extensions

このエラーは、AEM サーバーに接続できない場合に表示されます。

接続しようとしている AEM サーバーが応答しません。詳しくは、AEM 管理者にお問い合わせください。

このエラーを修正するには、IT 管理者に連絡して AEM サーバーが稼働していることを確認してください。

このエラーは、インターネットに接続されていない場合に表示されます。

インターネットに接続されていません。

このエラーを修正するには、コンピューターがインターネットに接続されていることを確認してください。

InDesign 2020 以降の Adobe Asset Link コンテキストメニューから「リンクを配置」オプションを使用すると、次のエラーが発生することがあります。InDesign Client ID である InDesignAem2 が、AEM サーバー内の承認済みリストに直接追加されていることを確認してください。

エラーメッセージ

承認済みリストに Client ID を追加する方法については、「設定パッケージを使用した Experience Manager の設定
」を参照してください。

クライアント側のログを有効にする

Photoshop、InDesign、Illustrator などの Creative Cloud アプリケーションでは、クライアント側で Adobe Asset Link エクステンション(パネル)のロギングを DEBUG または TRACE レベルで有効にします。手順は簡単です。1 行のテキストファイルを assetlink-override.json という名前で作成します。

このファイルに次の行を記述します(DEBUG レベルのロギングの場合):

     {  "LOG_LEVEL":"debug" }.

TRACE レベルのロギングの場合、次のように値を trace に変更します。

     {  "LOG_LEVEL":"trace" }.

このファイルを assetlink-settings.json ファイルと同じ場所に置きます。 

  • MacOS:/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/CEP/extensions
  • Windows:C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\CEP\extensions

<ユーザー名> は、マシンにログインしているユーザーのログイン ID です。

Creative Cloud アプリケーション(Photoshop、InDesign、Illustrator)を再起動します。Adobe Asset Link を再度開くと、指定したロギングレベルのログファイルが一時ディレクトリに作成されます。

一時ディレクリの場所は、オペレーティングシステムによって異なります。

  • MacOS:/tmp
  • Windows:%TEMP%(通常は、C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Temp に解凍されます)

ログファイルの名前は adobe-assetlink-APPN-99.9.9.logです

APPN は PHXS、IDSN または ILST のいずれかで、99 は CC アプリケーションのバージョン番号を表す数字です。Photoshop の場合、ファイル名は次のようになります。

     adobe-assetlink-PHXS-19.1.2.log

ログファイルのサイズは数 KB です。

接続エラーの診断にはクライアントログとサーバーログの両方が必要です。クライアントログは接続問題のデバッグに役立ちます。