マニュアル キャンセル

教職員:Adobe Express 教育機関向けについて

  1. Adobe Express ユーザーガイド
  2. 概要
    1. Adobe Express の概要
    2. Adobe Express の新機能
    3. Adobe Express の必要システム構成
    4. Adobe Express キーボードショートカット
    5. Adobe Express に関する FAQ
    6. Adobe Express の既知の問題
    7. Adobe Express 無料体験版に関する FAQ
    8. プログレッシブ web アプリ
    9. Adobe Express ブラウザー拡張機能を追加
  3. 新しい Adobe Express モバイルアプリ
    1. 概要
    2. よくある質問
    3. 既知の問題
    4. ファイルを移行
    5. 生成 AI を使用した画像の作成
    6. 生成 AI を使用したテキスト効果の作成
    7. 生成塗りつぶしを使用したオブジェクトの挿入
    8. 生成塗りつぶしを使用したオブジェクトの削除
    9. 生成 AI を使用した編集可能なテンプレートの生成
    10. ビデオの作成と編集
    11. テンプレートを探索
    12. 共同作業とコメント
    13. ソーシャルメディアへの投稿のスケジュールと公開
    14. Adobe Photoshop と Adobe Illustrator のアセットを使った作業
    15. ブランドの作成と管理
  4. グラフィック、写真、ビデオの作成と編集
    1. Adobe Express で PDF をインポートして拡張する
    2. Adobe Express テンプレート入門
    3. 新しいテンプレートをゼロから作成する
    4. テンプレートとアセットをお気に入りに保存
    5. リミックス可能なテンプレートとしてデザインを共有
    6. Adobe Express を使用した web ページの作成
    7. Adobe Express で複数のページを追加する
    8. Adobe Express を使用したビデオの作成
    9. Adobe Stock コンテンツ ID を確認して送信する
    10. Adobe Express を使用したテキストと写真のアニメーション化
    11. Adobe Color からカラーテーマを読み込む
    12. カラーテーマを適用
    13. ファイルとテンプレートの翻訳
    14. レイヤーの操作
    15. ChatGPT を使用して Adobe Express テンプレートを発見
    16. デザインへのグラフの追加
    17. 印刷用のデザイン
  5. プレゼンテーション
    1. PowerPoint ファイルを読み込む
    2. プレゼンテーションテンプレートを探す
    3. ページの管理
    4. デザインのプレゼンテーションを作成する
  6. Adobe Photoshop と Illustrator のクリエイティブアセットを使った作業
    1. Adobe ExpressでのAdobe PhotoshopやIllustratorのファイルに関する概要
    2. Adobe PhotoshopやIllustratorをリンク画像として追加
    3. Adobe PhotoshopやIllustratorのアセットを変換
    4. Adobe PhotoshopとIllustratorのファイルを変換するためのベストプラクティス
    5. リンクされたアセットのトラブルシューティング
  7. 背景
    1. デザインに背景画像を追加する
    2. ビデオの背景を簡単に削除する
    3. 画像からページの背景を置き換える          
  8. 生成 AI
    1. 生成 AI を使用してテキストから画像を生成する
    2. 生成 AI を使用してテキスト効果を生成する
    3. 生成塗りつぶしを使用して画像内のオブジェクトを挿入または置換する
    4. 生成塗りつぶしを使用して画像からオブジェクトを削除する
    5. テキストからテンプレート生成を使用して編集可能なテンプレートを生成
  9. ブランドの作成と管理
    1. ブランドを作成
    2. ブランド内の役割を編集
    3. ブランドカラーとフォントをデザインに適用
    4. ブランドカラーやフォントを適用するためのベストプラクティス
    5. 共有ブランドを管理
    6. カスタムフォント
    7. Creative Cloud ライブラリ
    8. デザイン内の要素のロックとロック解除
    9. テンプレートにブランドスタイルコントロールを設定
    10. 共有テンプレートから作成
    11. ブランドにカラーテーマを追加
  10. プロジェクトの作成と管理
    1. プロジェクトを作成
    2. 新しいファイル、フォルダー、ブランド、ライブラリを作成
    3. ファイル、ブランド、ライブラリをコピー
    4. ファイル、ブランド、ライブラリを移動
    5. プロジェクトを共有
    6. プロジェクト FAQ
    7. プロジェクトのトラブルシューティング
  11. コンテンツスケジューラー
    1. コンテンツスケジューラーの概要
    2. ソーシャルメディアアカウントの接続
    3. ソーシャルメディアへの投稿のスケジュールと公開
    4. AI でソーシャルメディア向けのキャプションを生成(Beta)
    5. ソーシャルメディア投稿のメディア仕様
    6. コンテンツスケジューラーに関する FAQ
  12. クイック操作
    1. クイックアクションを使用した画像のサイズ変更
    2. クイックアクションを使用した画像からの背景の削除
    3. クイックアクションを使用して画像のファイル形式を変換する
    4. クイックアクションを使用した画像の切り抜き
    5. オーディオからキャラクターをアニメーション化する
    6. クイックアクションを使用して動画に字幕を追加 
    7. クイックアクションを使用したビデオのトリミング
    8. クイックアクションを使用したビデオのサイズ変更
    9. クイックアクションを使用してビデオを GIF に変換する
    10. クイックアクションを使用してビデオを MP4 に変換します。
    11. クイックアクションを使用したビデオの切り抜き
    12. クイックアクションを使用したビデオと画像の結合
    13. クイックアクションを使用した PDF への変換と PDF からの変換
    14. クイックアクションを使用した PDF テキストと画像の編集
    15. クイックアクションを使用して 1 つの PDF にファイルを結合
    16. クイックアクションを使用してページを 1 つの PDF に整理
    17. クイックアクションを使用した QR コードの生成
    18. クイックアクションのよくある質問
  13. 公開と共有
    1. Adobe Express での共同作業とコメント
    2. Adobe Express を使用してプロジェクトをホストする
    3. アカウント間でファイルをコピーする
    4. プライバシーと権限
    5. TikTok ビデオを作成し、TikTok Ads Manager に共有する
    6. TikTok Ads Manager にビデオを共有するための技術的要件
    7. WeTransferを使用してサイズの大きなファイルを共有
    8. デザインを一括作成、作成、生成
    9. 一括作成と生成を使用するための技術的要件
  14. Adobe Express モバイル版
    1. Adobe Express iOS 版
    2. Adobe Express Android 版
    3. Adobe Express サブスクリプション iOS 版の管理
    4. Adobe Express サブスクリプション Android 版の管理
    5. Adobe Express サブスクリプション Samsung Galaxy Store 版の管理
  15. Adobe Express 教育機関向け
    1. ブラシで描く
    2. シェイプにスナップ
    3. Adobe Express 教育機関向けの FAQ
    4. Adobe Express 教育機関向けの教職員版 FAQ
    5. Adobe Express 教育機関向けの学生版 FAQ
    6. Adobe Express 教育機関向けのオンボーディング FAQ
    7. Adobe Express モバイルアプリでアイコンが見つからないことに関する FAQ

小中高校の教職員の方は、Adobe Express 教育機関向けを使用することにより、ビジュアルストーリーを簡単に作成して共有できるようになり、強力でクリエイティブな学習体験を簡単に実現できます。

Adobe Express 教育機関向けとは

小中高校の教職員の方は、Adobe Express 教育機関向けによりクリエイティブの可能性をさらに高めることができます。特に教職員と学生のユーザーを念頭に置いて設計されており、あらゆるテーマに最適な新しいクイックアクション、ツール、リソースを備えています。 

Adobe Express 教育機関向けプランの一環として、小中高校の教職員と学生のユーザーは、Adobe Spark でおなじみのすべての機能に加えて、2 つの追加アプリケーションとして Adobe Photoshop Express と Adobe Premiere Rush も利用できます。これにより、クラスの全員が外出先でビデオを作成したり、アプリ内で写真をすばやく編集したりできるようになります。 

Adobe Express 教育機関向けプランには、学校で重要となる次のような機能が追加されています。

  • 教育機関特有のプライバシー管理:学校や教育委員会が学生のプライバシーに関する義務を果たせるような仕方でデプロイできます。

 

  • 簡単なログイン:児童生徒や学生が学校の既存 ID で簡単にログインできるシングルサインオンを設定できます。
  • 児童生徒や学生の安全を守るための管理機能の強化:教育機関が管理者アカウントを持ち、管理権限を行使することができます。さらに、小中高校の学生の年齢に応じた画像やビデオを安全に検索できます。

 

  • プレミアムクリエイティブアセットと学生向けの Adobe Stock 画像が含まれています。追加料金、広告、ポップアップはありません。

  • Adobe Photoshop Express には「発見」タブがないため、学生は自分の作業に集中できます。

 

学校/教育委員会アカウントとは

学校/教育委員会アカウントは、ライセンスを取得した教育機関および非営利教育組織に提供され、教職員および学生ユーザーが学校全体または校区全体の教室にアクセスできるようになります。IT 管理者がそれらのアカウントを作成し、Adobe Admin Console を通じてユーザーとグループの権限を管理します。これにより、教育機関は学校全体でシームレスにユーザーを管理できるようになります。教職員は、IT 管理者を通してそれらのアカウントをセットアップおよび管理する必要があります。

 

教室アカウントとは

教室アカウントは、学校や教育委員会の IT 管理者を通さなくても教職員がセットアップできるアカウントの種類であり、学生が独自の教室アカウントを作成できるようになります。Adobe Express の教室アカウントは、教育機関のユーザーのみが利用でき、特に教員および学生を対象としています。

  • 教職員向け教室アカウント:教室を管理するためのコントロールを持つ教職員用教室アカウント

  • 学生向け教室アカウント:学生用教室アカウント

注意:現時点では、教室は米国内で ID プロバイダーとして Google Workspace for Education を使用する場合のみ使用できます。米国以外のユーザーは、教育委員会アカウントを使用してください。

 

教職員にとっての教室アカウントのメリット

認証済みの小中高校の教職員ユーザーは、教室アカウントを使用することで次の作業を実行できます。

  • すべてのクラスの教室をセットアップする。

  • 各教室(教職員がクラスごとに作成する環境)にクラスコードで学生を招待し、学生自身の教室アカウントを作成する。

    • クラスコードは、特定の教室に参加できるようにするため、教職員が学生に送信するアルファベットと数字の一意の組み合わせです。

    • クラスコードリンクは、クラスコードに関連付けられた一意のリンクであり、学生が教室にすばやくアクセスできるようにするため、教職員が学生に送信します。

  • Classroom Manager(教職員の教室アカウントで利用できる教職員向けダッシュボード)から教室と学生の作業を管理する。Classroom Manager では次の作業を行うことができます。

    • 教室を管理する

    • 学生を教室に招待する

    • クラスコードを管理する

    • 学生の作業を表示する

教室アカウントと学校/教育委員会アカウントの相違点

学校または教育委員会アカウントは、IT 管理者によって作成されます。この管理アカウントは、教職員と学生に学校または校区の組織内で Adobe Express を使用する権限を付与します。 

  • 学校または教育委員会アカウントでは、教職員と学生が Adobe Express にアクセスしてプロジェクトを作成できます。 

  • 学校または教育委員会アカウントでは、教職員は次のものにアクセスできません。

    • Classroom Manager 

    • 教室

    • クラスコード

    • 学生のプロジェクトを表示したり削除したりする

教職員は教育委員会アカウントをセットアップできません。教育委員会アカウントと教室アカウントの両方を同時に持つことができます。これらの 2 つのアカウントは別個のアカウントであり、アカウントによって利用できるプロジェクトが異なります。

主な相違点は、教育委員会アカウントは教職員の代わりに学校の管理者がセットアップし、教室アカウントを教職員が直接作成する(米国を拠点とする場合)という点です。

 

学校/教育委員会の管理者コントロール

学校または教育委員会の管理者は、Adobe Admin Console を使用して、教職員が教室アカウントを作成する機能を有効にする必要があります。管理者は、Adobe Admin Console の「ディレクトリ設定」タブを通じて教職員が教室アカウントを作成する機能を無効にできます。この設定を無効にすると、教職員は新しい教室アカウントを作成できなくなります。 

管理者が Adobe Admin Console を申請する前に教職員が教室アカウントを作成する場合があります。管理者が後からコンソールを申請した場合でも、必要に応じて教室アカウント機能をオフにすることができます。 

管理者が教室を無効にしたために教室アカウントにアクセスできなくなった教職員と学生は、アカウントが無効になったことを知らせるアドビメール通知を受け取ります。アカウントが無効になった場合、教職員は Adobe Express にアクセスするために学校または校区で推奨されている方法について管理者に問い合わせる必要があります。

教室アカウントを作成する

米国を拠点とする教職員は、以下の基準を満たしている場合、Adobe Express で教室アカウントを作成できます。

  • 米国の認証済み教職員である。アドビでは、教職員が米国を拠点としていることも確認します。現時点では、米国以外で教室アカウントを利用することはできません

  • 教職員が、学校または教育委員会から付与された Google Workspace for Education アカウントを入力した。Microsoft アカウント、個人の Google メールアカウント、またはその他の種類のアカウントは、現在のところ利用できません

  • 教職員が、教育用メールアドレスであることが認証済みであるか、教育機関に属するドメインであることが認証済みであるメールアドレスまたはドメインを持っている

    • 教職員の IT 管理者が既にアドビに学校のドメインを申請しており、教育用であることを認証済みの場合、そのドメインを利用する教職員はすべて教室アカウントを作成できます

    • 教職員の IT 管理者がアドビからドメインの認証を受けていない場合、メールアカウントに「.edu」または「k12.state.us」ドメインが付いている教職員はすべて参加できます。例えば、jsmith@adobe.edu は教室アカウントを作成できますが、jsmith@adobe.net はアカウントを作成できません

これらの基準のいずれかが教職員に当てはまり、その管理者が校区の教室アカウントを無効にしていない場合、その教職員は教室アカウントを作成できます。

教職員アカウントの利用資格を得る方法

教室アカウントの利用資格がない場合や、教室アカウントを利用するための認証を受けることができない場合は、いくつかのオプションがあります。

  1. 管理者に連絡し、教職員ご自身と学生のための Adobe Express 学校または教育委員会アカウントのデプロイを依頼します。

  2. 教室アカウントの待機リストに登録し、教室アカウントに関する最新情報を入手します。アドビがログインタイプやドメインを追加した場合、待機リストに登録されている方にお知らせいたします。

  3. 個人用として使用する個人アカウントを作成します。

    個人アカウントは、学生とともに教室で使用することは意図されていませんが、教職員の方は Adobe Express 個人アカウントを教室外で個人として使用することができます。

教職員の認証プロセスとトラブルシューティング

アドビは、サードパーティの認証システムである SheerID を使用して、新規登録したユーザーが現在学校に勤務している教職員であることを検証しています。SheerID ですぐに認証できない場合、手動で認証を受けるためにドキュメントを提出する必要があります。教職員の身分証明書や給与明細など、教職員としての雇用状況を確認できるドキュメントを共有するよう求められます。

認証用のドキュメントを提出すると、確認メールが届きます。SheerID によって認証が完了するとメールで通知が送信されます。その時点で、Adobe Express 教室アカウントの作成を完了することができます。

教職員が SheerID によってすぐに認証されない場合やドキュメントの提出を通じて認証されない場合、現時点では教室アカウントオプションをご利用いただけません。学校名を検索しても見つからない場合は、SheerID のデータベースに学校が登録されていない可能性があります。申し訳ございませんが、現時点では手続きを続行できません。

高等教育機関の教職員のためのリソース

Adobe Express 教育機関向けは、小中高校の教職員および学生ユーザーに無料でご利用いただけます。ただし、お客様が高等教育機関の教職員であり、現在、在籍する教育機関が高等教育向けの Creative Cloud コンプリートプランを利用していない場合は、いくつかのオプションがあります。
  • 在籍する教育機関または大学に、学生および教職員向けの Creative Cloud コンプリートプランの購入をリクエストできます。

  • 教職員ユーザーが個人として、Adobe Express または Creative Cloud コンプリートプラン(Adobe Express が含まれています)を、教職員専用の特別割引料金で購入することもできます。

Adobe Express に関する追加の教職員向けトレーニング

教室アカウントを使い始めたり、IT 管理者が学校または教育委員会アカウントをセットアップする方法について詳しく調べたりするには、こちらをクリックしてください。Adobe Education Exchange にアクセスして、Adobe Express などについて他の教職員ユーザーと情報を交換することもできます。

 

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン