ファイルの破損原因には、様々なものがあります。

  • ネットワークまたは外付けドライブへのファイル保存時、または急な停電によるクラッシュ
  • ケーブル損傷
  • ネットワーク転送の問題
  • ソフトウェアの不具合
  • ハードディスクまたは RAM モジュールの問題

上記の原因を鑑みても、ファイル破損は非常に稀です。1 つのファイル、またはそれ以上のファイルが破損していると分かった場合は、それ以上の問題を回避するため、ファイルを復元すると同時に原因を調べます。

原因の特定

破損がそのファイルだけに限られているか、複数のファイルにわたっているかを最初に特定し、それ以上の破損を防ぐことができます。 

1 つのファイルだけの場合は、原因は気付いていなかったコンピュータ上の不具合によるものか、接続されていなかったためと考えられます。

複数のファイルにわたる場合は、そのパターンを調べます。

  • 同一の場所(フォルダー、ハードディスク、ネットワーク、またはリムーバブルドライブ)にあるファイルで発生していますか?
  • ほぼ同時刻に作成または変更されていますか?
  • ファイルを最後に編集した時刻の前後にコンピューター上で、またはコンピューターに変更を加えましたか?
  • 画像の破損は、印刷の場合と画面での表示の場合に発生しますか?

破損ファイルが共通するハードウェアで起こっているというパターンが判明した場合、ケーブルをテストし、別のポートを試して、別のハードディスクを使用するか、ネットワークドライブの代わりにハードディスクを使用します。 

ファイルの破損が最近であり、時間的な制限がない場合は、RAM モジュールの異常が考えられます。 

画像が破損した時刻の前後にコンピューターにソフトウェアを追加していた場合は、そのアプリケーションまたは更新の問題が考えられます。ソフトウェアの更新を確認するか、アプリケーションを最近更新したかどうかを調べるか、アプリケーションを無効にします。また、まれにウイルス対策ソフトウェア、バックアップソフトウェア、およびフォント管理ソフトウェアによる保存前のファイルへの書込みが破損の原因となる場合があります。 

画像が画面上でのみ破損しており、印刷されない場合は、ビデオドライバーを更新します。それでも問題が解決しない場合は、ビデオカードのメーカーにお問い合わせください。

Windows では、「Windows の一般的なトラブルシューティング」ガイドで、一時ファイルを削除する方法と、すべての OS スタートアップ項目とサービスをオフにする方法を参照してください。また、Photoshop の開始後、ただちに Shift キーを押し続け、サードパーティ製プラグインを Photoshop でオフにする方法も記載されています。

Mac OS では、「Mac OS の一般的なトラブルシューティング」ガイドで、ディスク権限を修復する方法と OS スタートアップ項目をオフにする情報を参照してください。また、Photoshop の開始後、ただちに Shift キーを押し続け、サードパーティのプラグインを Photoshop でオフにする方法も記載されています。

ファイルの復元

ファイルが破損している場合、ファイルをレイヤーで、またはコンポジットとして元に戻すことができます(コンポジットとはフラットファイルです)。ファイルの外観は保持されますが、レイヤーは失われます。または、修復してもファイルが損傷していることがあります。定期的なバックアップでは、破損する前に保存しておいたファイルのバージョンを復旧することができます。 

注意:Photoshop の環境設定で PSD ファイルおよび PSB ファイルの互換性を優先するオプションがオフになっている場合、そのファイルからコンポジットファイルは復元できません。ファイルが常にコンポジットで保存されるようにするには、次の手順を実行します。

  1. 「Photoshop/環境設定/ファイル管理」(Mac OS)、または「編集/環境設定/ファイル管理」(Windows)を選択します。
  2. 「PSD および PSB ファイルの互換性を優先」の隣のポップアップメニューで「常にオン」を選択します。 
  3. 「OK」をクリックして環境設定を閉じます

ファイルの復元のため、次のオプションのいずれかまたはすべてを試します。

  • 「名前を付けて保存」を使用して、別の場所に新しい名前でファイルを保存します。(例えば、内蔵ハードディスクまたは、リムーバブルまたはネットワークドライブではないドライブ。)
  • 画像のバックアップコピーを開き、破損の前に保存してあるかどうかを特定します。
  • 以下のいずれかのエラーメッセージが表示された場合、ファイル名の拡張子がファイル形式に一致していない可能性があります。
    • 要求された操作を完了できません。有効な Photoshop ドキュメントではありません。
    • 要求された操作を完了できません。不明または無効な JPEG マーカーが見つかりました。
    • 要求された操作を完了できません。ファイル形式モジュールでファイルの解析を実行できません。
    • 有効な PDF ドキュメントではないため、開くことができません。

解決策については、「無効な JPEG マーカーエラー」を参照してください。

  • 破損したレイヤーデータを含む画像とそのコンポジットを開くには、Shift + Opt( Mac OS)または Shift + Alt(Windows)を押しながらファイルを開きます。この解決策は、一部のファイルには無効です。 
  • お客様はこれらの復元ユーティリティを示唆しています。アドビではこのようなユーティリティはサポートしておらず、テストも実行していません。ただし、ファイルの復元に役立つものと見込んでいます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー