Photoshop CC 2015 リリースの時点で、ファイル/Web 用に保存オプションは、新しい書き出しオプションとともにファイル/書き出し/Web 用に保存(従来)に移動されました。

新しい書き出しオプションについて詳しくは、アートボード、レイヤーなどの書き出しを参照してください。

ファイルの保存

変更内容を現在のファイルに保存するには「保存」コマンドを使用し、別のファイルに保存するには「別名で保存」コマンドを使用します。

現在のファイルへの変更の保存

  1. ファイル/保存を選択します。

    ファイルは現在の形式のままです。

別の名前、場所または形式でのファイルの保存

  1. ファイル/別名で保存を選択します。

    注意:

    Camera Raw プラグインでは、Camera Raw 画像ファイルを Digital Negative(DNG)などの異なるファイル形式に保存できます。

  2. 「ファイル形式」(Windows)または「フォーマット」(Mac OS)からファイル形式を選択します。

    注意:

    ドキュメントで使用している機能の一部をサポートしないファイル形式を選択した場合は、ダイアログボックスの下部に警告が表示されます。この警告が表示された場合は、ファイルのコピーを Photoshop 形式、またはその画像のデータがすべてサポートされる他の形式で保存することをお勧めします。

  3. ファイル名と保存場所を指定します。
  4. 別名で保存ダイアログボックスで保存オプションを選択します。
  5. 「保存」をクリックします。

    いくつかの画像形式では保存する際にオプション選択用のダイアログボックスが表示されます。

    注意:

    ハードディスクに保存せずに画像をコピーするには、「複製」コマンドを使用します。画像を一時的にメモリに保存するには、ヒストリーパネルを使用してスナップショットを作成します。

ファイルの保存オプション

別名で保存ダイアログボックスでは、ファイルを保存するための様々なオプションを設定できます。オプションが使用できるかどうかは、保存する画像と選択したファイル形式によります。

複製を保存

このオプションを選択すると、デスクトップで現在のファイルを開いたまま、ファイルのコピーを保存します。

アルファチャンネル

このオプションを選択すると、画像と一緒にアルファチャンネル情報が保存されます。このオプションを無効にすると、画像からアルファチャンネルが削除されて保存されます。

レイヤー

このオプションを選択すると、画像のすべてのレイヤーが保持されます。このオプションが無効または使用不可の場合、選択した形式によっては、表示されているすべてのレイヤーが統合されることがあります。

注釈について

画像と共に注釈を保存します。

スポットカラー

このオプションを選択すると、画像と一緒にスポットカラーチャンネル情報が保存されます。このオプションを無効にすると、保存された画像からスポットカラーが削除されます。

校正設定を使用、ICC プロファイル(Windows)、カラープロファイルの埋め込み(Mac OS)

カラーマネジメントされたドキュメントを作成します。

注意:

以降に示す画像プレビューオプションおよびファイル拡張オプションは、ファイル管理の環境設定ダイアログボックスの「プレビュー画像」オプションおよび「ファイル拡張子」オプション用に「保存時に確認」を選択した場合にのみ使用できます。

サムネール(Windows)

このオプションを選択すると、ファイルのサムネールデータが保存されます。

小文字の拡張子の使用(Windows)

このオプションを選択すると、ファイルの拡張子が小文字になります。

プレビューオプション(Mac OS)

このオプションを選択すると、ファイルのサムネールデータが保存されます。サムネールは、開くダイアログボックスに表示されます。

ファイル拡張子(Mac OS)

ファイル拡張子の形式を指定できます。「追加」を選択するとファイル名にこの形式の拡張子が追加され、「小文字を使用」を選択すると拡張子は小文字になります。

ファイルの保存の環境設定

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • (Windows)編集/環境設定/ファイル管理を選択します。

    • (Mac OS)Photoshop/環境設定/ファイル管理を選択します。

  2. 次のオプションを設定します。

    プレビュー画像

    プレビュー画像の保存のオプションを選択します。「保存しない」を選択すると、プレビューを含めずにファイルが保存されます。「必ず保存」を選択すると、プレビューを含めてファイルが保存されます。または、「保存時に確認」を選択すると、プレビューを含めるかどうかをファイルごとに決めることができます。Mac OS では複数の種類のプレビューを選択できます。(Mac OS でのプレビューオプションを参照してください。)

    ファイル拡張子(Windows)

    ファイル形式を示す 3 文字のファイル拡張子に関するオプションを選択します。「大文字を使用」を選択すると、大文字のファイル拡張子が追加されます。「小文字を使用」を選択すると、小文字のファイル拡張子が追加されます。

    ファイル拡張子(Mac OS)

    ファイル拡張子は、Windows システムで使用したり、Windows システムに転送したりするファイルに必要です。ファイル名に拡張子を追加するオプションを次の中から 1 つ選択します。「追加しない」を選択すると、拡張子が追加されずにファイルが保存されます。「必ず追加」を選択すると、ファイル拡張子がファイル名に追加されます。「保存時に確認」を選択すると、拡張子を追加するかどうかをファイルごとに決めることができます。「小文字を使用」を選択すると、小文字のファイル拡張子が追加されます。

    元のフォルダーへ別名で保存

    初期設定では、画像の保存時に元のフォルダーに保存されます。このオプションを解除すると、初期設定ではなく、最後に保存したフォルダーに保存されます。

    バックグラウンドで保存

    バックグラウンドで保存すると、「保存」コマンドを選択した後、中断せずに Photoshop で作業を行えます。Photoshop がファイルの保存を完了するまで待つ必要はありません。

    復元情報を次の間隔で自動保存

    Photoshop では、ユーザーが指定した間隔でクラッシュ時の復元情報が自動的に保存されます。クラッシュが発生した場合、Photoshop を再起動すれば、作業内容が復元されます。

Mac OS でのプレビューオプション

Mac OS では、次の種類からプレビューを 1 つまたは複数選択できます(ファイルを高速で保存したり、ファイルサイズを最小化するには、必要最低限のプレビューを選択します)。

アイコン

プレビューをデスクトップでファイルアイコンとして使用できます。

ブラシ先端

低解像度の Photoshop 画像だけを扱うアプリケーションで使用できる 72 ppi バージョンのファイルが保存されます。EPS 以外のファイルでは、これは PICT プレビューとして表示されます。

Mac OS サムネール

開くダイアログボックスにプレビューが表示されます。

Windows サムネール

Windows システムが表示できるプレビューが保存されます。

大きなドキュメントの保存

Photoshop では幅と高さのいずれかが最大 300,000 ピクセルの画像がサポートされています。幅か高さのいずれかが 30,000 ピクセルを超える画像を保存できるファイル形式は、3 種類用意されています。Photoshop CS 以前のバージョンの Photoshop など、他のほとんどのアプリケーションでは、2 GB よりも大きなファイルや、幅と高さのいずれかが 30,000 ピクセルを超える画像は取り扱えないことに注意してください。

  1. ファイル/別名で保存を選択し、次のいずれかのファイル形式を選択します。

    ビックドキュメント形式(PSB)

    任意のファイルサイズのドキュメントがサポートされます。Photoshop のすべての機能は、PSB ファイルによって維持されます(ただし、ドキュメントの幅または高さが 30,000 ピクセルを超えている場合、一部のプラグインフィルターが使用できません)。現在、PSB ファイルは Photoshop CS 以降でのみサポートされています。

    汎用フォーマット

    すべてのピクセル寸法およびファイルサイズのドキュメントをサポートしますが、レイヤーはサポートしません。汎用フォーマット形式で保存する大きなドキュメントは、統合されます。

    TIFF

    サイズが 4 GB までのファイルをサポートします。4 GB を超えるドキュメントは TIFF 形式では保存できません。

ファイルへのレイヤーの書き出し

PSD、BMP、JPEG、PDF、Targa、TIFF など、様々な形式を使用して、レイヤーを個々のファイルとして書き出し、保存することができます。レイヤーの名前は保存時に自動的に付けられます。生成される名前を指定するオプションを設定することもできます。

  1. ファイル/書き出し/レイヤーをファイルへ書き出しを選択します。

  2. レイヤーをファイルに書き出しダイアログボックスの「保存先」の下で「参照」をクリックして、書き出すファイルの保存場所を選択します。初期設定では、生成されたファイルはソースファイルと同じフォルダーに保存されます。
  3. 「ファイルの先頭文字列」テキストボックスに、ファイル名の共通部分を入力します。
  4. レイヤーパネルで表示可能になっているレイヤーのみを書き出す場合には、「表示されているレイヤーのみ」オプションを選択します。すべてのレイヤーを書き出す必要がない場合には、このオプションを使用してください。書き出したくないレイヤーはあらかじめレイヤーパネルで非表示にしてください。
  5. ファイル形式ポップアップメニューからファイル形式を選択します。必要に応じてオプションを設定します。
  6. 書き出したファイルに作業用スペースプロファイルを埋め込む場合は、「ICC プロファイルを含める」オプションを選択します。これは、カラーマネジメントワークフローにとって重要です。
  7. 「実行」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー