ファイル形式

  1. Photoshop ユーザーガイド
  2. Photoshop の概要
    1. 夢をカタチに
    2. Photoshop の新機能
    3. 初めての写真編集
    4. ドキュメントの作成
    5. Photoshop | よくある質問
    6. Photoshop の必要システム構成
    7. プリセット、アクションおよび設定の移行
    8. Photoshop とは
  3. Photoshop と Adobe のサービス
    1. Photoshop と Adobe Stock
    2. Creative Cloud ライブラリ
    3. Photoshop の Creative Cloud ライブラリ
    4. グリッドとガイド
    5. アクションの作成
    6. 取り消しおよびヒストリー
    7. 初期設定のショートカットキー
    8. タッチ機能とカスタマイズ可能なワークスペース
    9. Photoshop での Touch Bar の使用
    10. Photoshop の Capture アプリ内拡張機能の使用
  4. Photoshop iPad 版
    1. Photoshop iPad 版 | よくある質問
    2. ワークスペースについて
    3. システム要件 | Photoshop iPad 版
    4. クラウドドキュメントの作成、表示、書き出し
    5. 写真の追加
    6. レイヤーの操作
    7. ブラシを使った描画とペイント
    8. 範囲の選択とマスクの追加
    9. コンポジットを修正する
    10. 調整レイヤーを使用する
    11. トーンカーブでコンポジットの色調を調整する
    12. 変形操作を適用する
    13. 合成画像の切り抜きと回転
    14. カンバスの回転、パン、ズーム、リセット
    15. テキストレイヤーを使用する
    16. Photoshop と Lightroom の連携
    17. Photoshop iPad 版で環境にないフォントを取得する
    18. Photoshop iPad 版での日本語テキスト
    19. アプリの設定を管理する
    20. タッチショートカットとジェスチャー
    21. キーボードショートカット
    22. システム要件 1.x | Photoshop iPad 版
    23. システム要件 2.x | Photoshop iPad 版
    24. 画像サイズを編集する
    25. Photoshop iPad 版での制作過程をライブストリームで配信
    26. 修復ブラシで不具合を修正する
    27. Capture でブラシを作成して Photoshop で使用する
  5. Photoshop Web 版
    1. Photoshop Web 版| よくある質問
    2. ワークスペースの概要
    3. 必要システム構成 | Photoshop Web 版
    4. キーボードショートカット | Photoshop Web 版
    5. サポートされるファイルの種類 | Photoshop Web 版
    6. クラウドドキュメントを開いて操作する
    7. 関係者との共同作業
    8. クラウドドキュメントに対する制限付き編集の適用
  6. クラウドドキュメント
    1. Photoshop クラウドドキュメント | よくある質問
    2. Photoshop クラウドドキュメント | ワークフローに関する質問
    3. Photoshop でのクラウドドキュメントの管理と操作
    4. Photoshop 用クラウドストレージのアップグレード
    5. クラウドドキュメントを作成または保存できない
    6. Photoshop クラウドドキュメントのエラーを解決する
    7. クラウドドキュメントの同期ログの収集
    8. アクセスを共有してクラウドドキュメントを編集
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. ドキュメントの作成
    3. Photoshop での Touch Bar の使用
    4. Photoshop での Microsoft Dial のサポート
    5. ツールギャラリー
    6. パフォーマンス環境設定
    7. ツールの使用
    8. タッチジェスチャー
    9. タッチ機能とカスタマイズ可能なワークスペース
    10. テクノロジープレビュー
    11. メタデータと注釈
    12. 作品の手軽な配信
    13. ほかのアプリケーションへの Photoshop 画像の配置
    14. 環境設定
    15. 初期設定のショートカットキー
    16. 定規
    17. プリントしないエクストラの表示または非表示
    18. 画像のコラムの指定
    19. 取り消しおよびヒストリー
    20. パネルとメニュー
    21. ファイルの配置
    22. スナップを使用した要素の配置
    23. ものさしツールを使用した配置
    24. プリセット
    25. キーボードショートカットのカスタマイズ
    26. グリッドとガイド
  8. Web、画面、アプリデザイン
    1. デザインに最適な Photoshop
    2. アートボード
    3. Photoshop でのファイルの書き出し
    4. デバイスプレビュー
    5. レイヤーから CSS をコピー
    6. Web ページのスライス
    7. スライスの HTML オプション
    8. スライスのレイアウトの変更
    9. Web グラフィックの使用
    10. Web フォトギャラリーの作成
  9. 画像とカラーの基本
    1. 画像のサイズを変更する方法
    2. ラスター画像とベクトル画像の操作
    3. 画像サイズと解像度
    4. カメラやスキャナーからの画像の取り込み
    5. 画像を作成、開く、読み込む
    6. 画像の表示
    7. 無効な JPEG マーカーエラー | 画像を開く
    8. 複数の画像の表示
    9. カラーピッカーとスウォッチのカスタマイズ
    10. ハイダイナミックレンジ(HDR)画像
    11. 画像のカラーの適用
    12. カラーモードの変換
    13. カラーモード
    14. 画像の一部の消去
    15. 描画モード
    16. カラーの選択
    17. インデックスカラーのカラーテーブルのカスタマイズ
    18. 画像情報
    19. ゆがみフィルターが使用できない
    20. カラーについて
    21. チャンネルを使用したカラーおよびモノクロの補正
    22. カラーパネルとスウォッチパネルでのカラーの選択
    23. サンプル
    24. カラーモードまたは画像モード
    25. 色かぶり
    26. アクションへの条件付きモード変更の追加
    27. HTML CSS と SVG からスウォッチを追加
    28. ビット数と環境設定
  10. レイヤー
    1. レイヤーの基本
    2. 非破壊編集
    3. レイヤーとグループの作成および管理
    4. レイヤーの選択、グループ化、リンク
    5. 画像をフレームに配置する
    6. レイヤーの不透明度と描画
    7. レイヤーのマスク
    8. スマートフィルターの適用
    9. レイヤーカンプ
    10. レイヤーの移動、重なり順の変更およびロック
    11. ベクトルマスクによるレイヤーのマスク
    12. レイヤーとグループの管理
    13. レイヤー効果とレイヤースタイル
    14. レイヤーマスクの編集
    15. アセットを抽出
    16. クリッピングマスクを使用したレイヤーの表示
    17. レイヤーからの画像アセットの生成
    18. スマートオブジェクトの操作
    19. 描画モード
    20. 複数の画像のグループ写真への合成
    21. レイヤーを自動合成を使用して画像を結合
    22. レイヤーの整列と分布
    23. レイヤーから CSS をコピー
    24. レイヤーまたはレイヤーマスクの境界線からの選択範囲の読み込み
    25. ノックアウトして他のレイヤーからコンテンツを表示
    26. レイヤー
    27. レイヤーの統合
    28. 合成
    29. 背景色
  11. 選択範囲
    1. 選択とマスクワークスペース
    2. クイック選択の実行
    3. 選択の基本を学ぶ
    4. 選択ツールによる選択
    5. なげなわツールによる選択
    6. 画像内のカラーの範囲の選択
    7. ピクセル選択範囲の補正
    8. パスと選択範囲の境界線の変換
    9. チャンネルの基本
    10. 選択したピクセルの移動、コピー、削除
    11. 一時的なクイックマスクの作成
    12. 選択範囲とアルファチャンネルマスクの保存
    13. 画像の焦点領域の選択
    14. チャンネルの複製、分割、および統合
    15. チャンネルの演算
    16. 選択範囲
    17. バウンディングボックス
  12. 画像調整
    1. 遠近法ワープ
    2. カメラの振動によるぶれの軽減
    3. 修復ブラシの使用例
    4. カラールックアップテーブルの書き出し
    5. 画像のシャープとぼかしの調整
    6. カラー調整について
    7. 「明るさ・コントラスト」補正の適用
    8. シャドウとハイライトのディテールの調整
    9. レベル補正
    10. 色相と彩度の調整
    11. 自然な彩度の調整
    12. 画像領域内のカラーの彩度の調整
    13. 色調のクイック補正
    14. 画像への特殊なカラー効果の適用
    15. カラーバランスの補正による画像の演出
    16. ハイダイナミックレンジ(HDR)画像
    17. ヒストグラムとピクセル値の表示
    18. 画像のカラーの適用
    19. 写真を切り抜きおよび角度補正する方法
    20. カラー画像の白黒画像への変換
    21. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    22. トーンカーブの補正
    23. 描画モード
    24. 出力用画像のターゲット指定
    25. レベル補正およびトーンカーブスポイトツールを使用したカラーと色調の補正
    26. HDR の露光量とトーンの調整
    27. フィルター
    28. ぼかし
    29. 画像領域の覆い焼きまたは焼き込み
    30. 特定色域の色調の補正
    31. オブジェクトカラーの置き換え
  13. Adobe Camera Raw
    1. Camera Raw の必要システム構成
    2. Adobe Camera Raw の新機能
    3. Camera Raw の紹介
    4. パノラマの作成
    5. サポート対象レンズ
    6. Camera Raw の周辺光量補正、粒状、かすみの除去の効果
    7. 初期設定のショートカットキー
    8. Camera Raw の自動的な遠近法の補正
    9. Camera Raw で非破壊的な編集を行う方法
    10. Camera Raw の円形フィルター
    11. Camera Raw 設定の管理
    12. Camera Raw での画像のオープン、処理、および保存
    13. Camera Raw の強化されたスポット除去ツールで画像を修復
    14. 画像の回転、切り抜きおよび調整
    15. Camera Raw でのカラーレンダリングの調整
    16. 機能の概要 | Adobe Camera Raw | 2018 年リリース
    17. 新機能の概要
    18. Camera Raw のプロセスバージョン
    19. Camera Raw での部分補正
  14. 画像の修復および復元
    1. コンテンツに応じた塗りつぶしを使用して写真からオブジェクトを削除
    2. コンテンツに応じたパッチと移動
    3. 写真のレタッチと修復
    4. 画像のゆがみとノイズの修正
    5. 多くの問題を解決するための基本的なトラブルシューティング手順
  15. 画像変換
    1. オブジェクトの変形
    2. 切り抜き、回転およびカンバスサイズを調整
    3. 写真を切り抜きおよび角度補正する方法
    4. パノラマ画像の作成と編集
    5. 画像、シェイプ、パスのワープ
    6. Vanishing Point
    7. ゆがみフィルターの使用
    8. コンテンツに応じた拡大・縮小
    9. 画像、シェイプ、パスの変形
    10. ワープ
    11. 変形
    12. パノラマ
  16. 描画とペイント
    1. 対称パターンのペイント
    2. 長方形の描画とストロークオプションの変更
    3. 描画の概要
    4. シェイプの描画と編集
    5. ペイントツール
    6. ブラシの作成と修正
    7. 描画モード
    8. パスへのカラーの追加
    9. パスの編集
    10. 混合ブラシによるペイント
    11. ブラシプリセット
    12. グラデーション
    13. 選択範囲、レイヤーおよびパスの塗りつぶしおよび境界線の描画
    14. ペンツールによる描画
    15. パターンの作成
    16. パターンメーカーを使用したパターンの生成
    17. パスの管理
    18. パターンライブラリとプリセットの管理
    19. グラフィックタブレットによる描画またはペイント
    20. テクスチャブラシの作成
    21. ブラシへの動的な要素の追加
    22. グラデーション
    23. アートヒストリーブラシによる、スタイル化されたストロークのペイント
    24. パターンによるペイント
    25. 複数のデバイスでのプリセットの同期
  17. テキスト
    1. OpenType SVG フォントの操作
    2. 文字の書式設定
    3. 段落の書式設定
    4. テキスト効果の作成方法
    5. テキストの編集
    6. 行と文字の間隔
    7. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
    8. フォント
    9. フォントのトラブルシューティング
    10. 日本語、中国語、韓国語のテキスト
    11. テキストの入力
    12. Photoshop で文字ツールを使用したときのテキストエンジンエラー | Windows 8
    13. アジア言語スクリプト用多言語対応コンポーザー
    14. Photoshop でテキストを追加および編集する方法
  18. ビデオとアニメーション
    1. Photoshop でのビデオの編集
    2. ビデオおよびアニメーションレイヤーの編集
    3. ビデオとアニメーションの概要
    4. ビデオとアニメーションのプレビュー
    5. ビデオレイヤーのフレームのペイント
    6. ビデオファイルと画像シーケンスの読み込み
    7. フレームアニメーションの作成
    8. Creative Cloud 3D アニメーション(プレビュー)
    9. タイムラインアニメーションの作成
    10. ビデオ用の画像の作成
  19. フィルターと効果
    1. ゆがみフィルターの使用
    2. ぼかしギャラリーの使用
    3. フィルターの基本
    4. フィルター効果リファレンス
    5. 照明効果の追加
    6. 広角補正フィルターの使用
    7. 油彩フィルターの使用
    8. レイヤー効果とレイヤースタイル
    9. 特定フィルターの適用
    10. 画像領域をこする
  20. 保存と書き出し
    1. グラフィック形式でのファイルの保存
    2. Photoshop でのファイルの保存
    3. ファイル形式
    4. ビデオとアニメーションの保存と書き出し
    5. PDF ファイルを保存
    6. Digimarc 著作権保護
  21. プリント
    1. 3D オブジェクトのプリント
    2. Photoshop を使用したプリント
    3. カラーマネジメントを使用したプリント
    4. コンタクトシートと PDF プレゼンテーション
    5. ピクチャパッケージレイアウトでの写真のプリント
    6. スポットカラーのプリント
    7. ダブルトーン
    8. 業務用プリンターでの画像のプリント
    9. Photoshop からのカラー印刷の改善
    10. 印刷問題のトラブルシューティング | Photoshop
  22. 自動化
    1. アクションの作成
    2. データ駆動型グラフィックの作成
    3. スクリプト
    4. ファイルのバッチ処理
    5. アクションの再生と管理
    6. 条件付きアクションの追加
    7. アクションおよびアクションパネルについて
    8. アクションへのツールの記録
    9. アクションへの条件付きモード変更の追加
    10. プラグインとスクリプト用の Photoshop UI ツールキット
  23. 3D と技術的な画像の処理
    1. Creative Cloud 3D アニメーション(プレビュー)
    2. 3D オブジェクトのプリント
    3. 3D ペイント
    4. 3D パネルの拡張機能 | Photoshop
    5. 3D の基本概念とツール
    6. 3D レンダリングと保存
    7. 3D オブジェクトおよび 3D アニメーションの作成
    8. 画像のスタック
    9. 3D ワークフロー
    10. 計測
    11. DICOM ファイル
    12. Photoshop と MATLAB
    13. 画像内のオブジェクトのカウント
    14. 3D オブジェクトの結合と変換
    15. 3D テクスチャ編集
    16. HDR の露光量とトーンの調整
    17. 3D パネルの設定
  24. カラーマネジメント
    1. カラーマネジメントの設定
    2. 一貫した色の保持
    3. カラー設定
    4. カラープロファイルの操作
    5. オンライン表示用ドキュメントのカラーマネジメント
    6. 印刷時におけるドキュメントのカラーマネジメント
    7. 読み込んだ画像のカラーマネジメント
    8. 色の校正
重要

重要:

Photoshop の 3D 機能は、今後の更新で削除されます。3D を使用されるユーザーは、Adobe の次世代 3D ツールを代表する Adobe の新しい Substance 3D コレクションのご検討をお勧めします。

Photoshop の 3D 機能の廃止に関する詳細は、Photoshop の 3D 機能 | 廃止された 3D 機能に関するよくある質問を参照してください。

 

ファイル形式の選択

画像の各ファイル形式によって画像データの表示方法(ピクセルまたはベクトル)は異なり、サポートする圧縮方法と Photoshop の機能も様々です。すべての Photoshop 機能(レイヤー、効果、マスクなど)を保持するには、Photoshop 形式(PSD)で画像を保存します。

ほとんどのファイル形式と同様、PSD では 2 GB までのファイルをサポートします。2 GB を超えるファイルについては、ビックドキュメント形式(PSB)、汎用フォーマット(統合画像のみ)、TIFF(最大 4 GB)または DICOM 形式で保存します。

画像の標準ビット数は 8 bit/チャンネルです。16 または 32-bit 画像でダイナミックレンジを強化するには、次の形式を使用します。

16 ビット画像の形式(「コピーを保存」コマンドを使用)

Photoshop、ビックドキュメント形式(PSB)、Cineon、DIcom、IFF 形式、JPEG、JPEG 2000、Photoshop PDF、汎用フォーマット、PNG、Portable Bit Map および TIFF。

注意:

Web およびデバイス用に保存」コマンドは、16 ビットの画像を自動的に 8 ビットに変換します。

32 ビット画像の形式(「別名で保存」コマンドを使用)

Photoshop、ビックドキュメント形式(PSB)、OpenEXR、Portable Bitmap、Radiance および TIFF。

Photoshop でサポートされているファイル形式

ファイル形式タイプ

サポートされているファイル形式

オーディオ読み込み形式

  • AAC
  • AIFF
  • M2A
  • M4A
  • MP2
  • MP3

ビデオ読み込み形式

  • .264
  • 3GP
  • 3GPP
  • AVC
  • AVI(以下の注を参照してください
  • F4V
  • FLV
  • MOV(QuickTime
  • MPE
  • MPEG1
  • MPEG-4
  • MPEG-2(デコーダーがインストール済みの場合(アドビのビデオアプリなど))
  • MTS
  • MXF
  • R3D
  • TS
  • VOB

ビデオ書き出し形式

  • DPX
  • MOV(QuickTime)
  • MP4
  • JPEG2000(QuickTime)(以下の注を参照してください

グラフィックファイル形式

  • BMP
  • Cineon
  • CompuServe GIF
  • DICOM
  • HEIF/HEIC
  • IFF 形式
  • JPEG
  • JPEG2000
  • ビックドキュメント形式 PSB
  • OpenEXR
  • PCX
  • Photoshop 2.0(Mac のみ
  • Photoshop DCS 1.0
  • Photoshop DCS 2.0
  • Photoshop EPS
  • Photoshop PDF
  • Photoshop 形式 PSD
  • 汎用フォーマット
  • PICT(読み取りのみ
  • PICT リソース(Mac のみ、開く操作のみ
  • Pixar
  • PNG
  • Portable Bit Map
  • Radiance
  • Scitex CT
  • Targa
  • TIFF
  • ワイヤレスビットマップ

3D 関連形式

  • 3D Studio(読み込みのみ
  • DAE(Collada)
  • Flash 3D(書き出しのみ
  • JPS(JPEG ステレオ)
  • KMZ(Google Earth 4)
  • MPO(マルチ画像形式)
  • U3D
  • Wavefront OBJ

ファイル圧縮について

多くのファイル形式は、圧縮することによりビットマップ画像のファイルサイズを小さくします。可逆方式では、画像の詳細やカラー情報を削除せずにファイルを圧縮します。非可逆方式では画像の詳細を削除します。一般的な圧縮方式は次のとおりです。

RLE(Run Length Encoding)

可逆圧縮方式。一般的な Windows ファイル形式の一部でサポートされています。

LZW 圧縮

可逆圧縮方式。TIFF、PDF、GIF およびポストスクリプト言語の各ファイル形式でサポートされています。広い単一色の領域がある画像では最も効果的な方式です。

JPEG(Joint Photographic Experts Group)

非可逆圧縮方式。JPEG、TIFF、PDF およびポストスクリプト言語の各ファイル形式でサポートされています。写真などの連続階調画像には、この方式をお勧めします。JPEG では非可逆圧縮方式を使用します。画質を指定するには、画質メニューからオプションを選択するか、画質スライダーをドラッグするか、「画質」テキストボックスに 0 ~ 12 の値を入力します。プリントで最良の結果を得るためには、最高画質の圧縮を選択します。JPEG ファイルは、PostScript Level 2 以上のポストスクリプトプリンターだけでプリント可能です。また、色分解で正常にプリントされない場合があります。

CCITT

モノクロ画像用の可逆圧縮技術で、いくつかの種類があります。PDF およびポストスクリプト言語の各ファイル形式でサポートされています。CCITT は、国際電信電話諮問委員会のフランス語名での略語です。

ZIP

可逆圧縮方式。PDF および TIFF の各ファイル形式でサポートされています。LZW と同様に、ZIP 圧縮は、単一色の範囲が大きい画像に最も効果的です。

PSD および PSB ファイルの互換性を優先

PSD および PSB ファイルを Photoshop の以前のバージョンやレイヤーをサポートしないアプリケーションで操作する場合は、画像の統合バージョンを保存ファイルに追加できます。

注意:

Photoshop の以前のバージョンで画像を保存する場合は、そのバージョンがサポートしていない機能は破棄されます。

  1. 編集/環境設定/ファイル管理(Windows)または Photoshop/環境設定/ファイル管理(Mac OS)を選択します。
  2. PSD および PSB ファイルの互換性を優先メニューから、次のいずれかを選択します。

    常にオン

    ドキュメントのレイヤーと共に、合成(統合)画像も保存されます。

    保存時に確認

    互換性を最大にするかどうかを保存時に確認します。

    常にオフ

    レイヤー画像のみを保存します。

    注意:

    ファイルサイズを大幅に小さくする場合は、「保存時に確認」または「常にオフ」を選択します。

Photoshop(PSD)形式

Photoshop 形式(PSD)は初期設定のファイル形式で、ビッグドキュメント形式(PSB)以外では、すべての Photoshop 機能をサポートする唯一の形式です。PSD ファイルはアドビ製品と密接に統合されているので、Adobe Illustrator、Adobe InDesign、Adobe Premiere、Adobe After Effects、Adobe GoLive などの他のアドビアプリケーションでもこのファイルを直接読み込み、多くの Photoshop 機能を維持することができます。詳しくは、各 Adobe アプリケーションのヘルプを参照してください。

PSD ファイルを保存する場合は、ファイルの互換性を最大化するように環境設定で指定しておくことができます。これにより、レイヤーを含む画像の合成バージョンがファイルに保存されるので、他のアプリケーション(Photoshop の以前のバージョンを含む)から読み込むことができます。Photoshop の将来のバージョンで一部の機能の動作が変更される場合に備えて、ドキュメントの外観も維持されます。合成画像を含めると、Photoshop 以外のアプリケーションでの画像の読み込みと使用も非常に速くなります。他のアプリケーションで画像を読み込めるようにするために、合成画像を含めることが必要な場合もあります。

16 bit/チャンネルの画像およびハイダイナミックレンジ(HDR) 32 bit/チャンネルの画像は PSD ファイルとして保存できます。

Photoshop 2.0 形式

(Mac OS)Photoshop 2.0 で画像を開く場合や、Photoshop 2.0 のファイルだけをサポートするアプリケーション向けに画像を書き出す場合に、この形式を使用します。ファイルを Photoshop 2.0 形式で保存すると、画像が統合され、レイヤー情報は破棄されます。

Photoshop DCS 1.0 および 2.0 形式

DCS(Desktop Color Separations)形式は、標準 EPS 形式のバージョンの 1 つで、CMYK 画像の色分解を保存できます。DCS 2.0 形式を使用すると、スポットカラーチャンネルを含む画像を書き出すことができます。DCS ファイルをプリントするには、ポストスクリプトプリンターを使用する必要があります。

Photoshop EPS 形式

EPS(Encapsulated PostScript)言語のファイル形式は、ベクトル画像およびビットマップ画像の両方を含めることができ、ほぼすべてのグラフィック、イラストおよび DTP のプログラムでサポートされています。EPS 形式は、アプリケーション間でポストスクリプトアートワークを転送するために使用されます。ベクトル画像が含まれている EPS ファイルを Photoshop で開くと、画像がラスタライズされ、ベクトル画像がピクセルに変換されます。

EPS 形式では、Lab、CMYK、RGB、ダブルトーン、グレースケールおよびモノクロ 2 階調のカラーモードはサポートされますが、アルファチャンネルはサポートされません。EPS 形式ではクリッピングパスがサポートされます。DCS(Desktop Color Separations)形式は、標準 EPS 形式のバージョンの 1 つで、CMYK 画像の色分解を保存できます。DCS 2.0 形式を使用して、スポットカラーチャンネルを含む画像を書き出します。EPS ファイルをプリントするには、ポストスクリプトプリンターを使用する必要があります。

Photoshop では、サポートされていないファイル形式でも画像を開くことができるように、プレビューを作成するファイル形式(QuarkXPress など)で保存されたファイルを EPS TIFF 形式と EPS PICT 形式で開くことができます。開いたプレビュー画像は、他の低解像度のファイルと同様に編集や使用ができます。EPS PICT プレビューは、Mac OS だけで使用できます。

注意:

EPS TIFF 形式および EPS PICT 形式は、旧バージョンの Photoshop で一般的なものです。Photoshop の最新バージョンには、ベクトルデータが含まれるファイルを開くためのラスタライズ機能が組み込まれています。

汎用フォーマット形式

汎用フォーマットは、異なるアプリケーション間やプラットフォーム間でファイルの読み込みと書き出しを行うための柔軟なファイル形式です。このファイル形式では、アルファチャンネルを含む CMYK、RGB、グレースケールの各カラーモードや、アルファチャンネルを含まないマルチチャンネル、Lab、インデックスカラー、ダブルトーンのカラーモードがサポートされます。汎用フォーマット形式で保存するドキュメントには、ピクセル数やファイルサイズの制限はありませんが、レイヤーを含めることはできません。

汎用フォーマットは、画像内のカラー情報を記述するバイト列から構成されています。各ピクセルがバイナリ形式で示され、0 はブラック、255 はホワイトに相当します(16 ビットチャンネルの画像では、ホワイトは 65,535 に相当します)。Photoshop では、画像の表示に必要なチャンネル数と画像内の追加チャンネル数は自動的に指定されます。ファイル拡張子(Windows)、ファイルタイプ(Mac OS)、ファイルクリエーター(Mac OS)およびヘッダー情報を指定できます。

Mac OS では、ファイルタイプは通常 4 文字の ID で識別されます。例えば、TEXT はファイルが ASCII テキストファイルであることを表します。ファイルクリエーターも通常 4 文字です。Mac OS のほとんどのアプリケーションには、Computer Developer Service グループに登録されている固有のファイルクリエーター ID が格納されています。

ヘッダーパラメーターは、ファイルの先頭(実際の画像データの前)にある情報のバイト数です。この値によって、ファイルの最初にプレースホルダーとして挿入されるゼロの数が決定されます。初期設定では、ヘッダーはありません(ヘッダーサイズは 0 です)。ファイルを汎用フォーマットで開くときに、ヘッダーを入力できます。また、ヘッダーを付けずにファイルを保存した後、HEdit(Windows)または Norton Utilities(Mac OS)などのファイル編集プログラムを使用して、ヘッダーパラメーターのゼロをヘッダー情報で置き換えることもできます。

画像をインターリーブ形式または非インターリーブ形式で保存できます。インターリーブ形式を選択すると、カラー値(例えば、レッド、グリーンおよびブルー)が順番に保存されます。どちらを選択するかは、ファイルを開くアプリケーションの要件によって決まります。

注意:

汎用フォーマット画像形式は、デジタルカメラで生成される Camera Raw 画像ファイルとは異なるファイル形式です。Camera Raw 画像ファイルは、フィルター、ホワイトバランス調整またはその他のカメラ内処理をまったく行わない「デジタルネガ」であり、各デジタルカメラ固有の形式です。

Digital Negative 形式(DNG)

Digital Negative(DNG)は、デジタルカメラの Raw 画像データとデータの意味を定義するメタデータを含むファイル形式です。DNG は、現在の様々な Camera Raw ファイル形式に互換性を提供して統一を進めるために、Adobe が提供し、一般に公開している Camera Raw ファイル用の長期保管可能な形式です。Camera Raw プラグインは、Camera Raw 画像データを DNG 形式に保存できます。Digital Negative(DNG)ファイル形式について詳しくは、www.adobe.com/jp/ にアクセスし、「Digital Negative」を検索してください。統括的な情報とユーザーフォーラムへのリンクが示されます。

BMP 形式

BMP は、Windows と互換性のあるコンピューターにおける Windows の標準画像形式です。BMP 形式では、RGB、インデックスカラー、グレースケール、モノクロ 2 階調の各カラーモードがサポートされます。Windows または OS/2 形式、および 8 bit/チャンネルのビット数を指定できます。Windows 形式を使用した 4 ビットと 8 ビットの画像には、RLE 圧縮も指定できます。

BMP 画像は、通常下から上の順に書き出されますが、「行の順序の反転」オプションを選択して、上から下の順に書き出すこともできます。また、「詳細モード」をクリックして、代替エンコード方式を選択することもできます。「行の順序の反転」と「詳細モード」が有効となるのは、主にゲーム制作などで DirectX を利用する場合です。

Cineon 形式

Cineon は Kodak によって開発された 10 ビットデジタル形式(各チャンネルごと)で、デジタル合成や編集、加工に適しています。Cineon 形式を使用すると、画質を損なうことなく、画像を出力してフィルムに戻すことができます。この形式は Cineon Digital Film System で使用されています。このシステムでは、フィルム上の画像を Cineon 形式に変換したり、Cineon 形式の画像をフィルムに戻したりすることができます。

DICOM 形式

DICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine)形式は、一般的に、超音波診断やスキャンなどの医療用画像の転送および保存に使用されます。DICOM ファイルには画像データとヘッダーの両方が含まれており、ヘッダーには患者と医療用画像に関する情報が格納されます。

GIF

Graphics Interchange Format(GIF)は、HTML ドキュメントでインデックスカラーグラフィックおよび画像を表示する際によく使用されるファイル形式です。GIF は、LZW 圧縮形式の 1 つであり、ファイルサイズを最小化して電子的に転送する時間を短縮することを目的としています。GIF では、インデックスカラー画像の透明部分は保持されますが、アルファチャンネルはサポートされません。

HEIF/HEIC

最新のモバイルデバイスには、HEIF/.heic の写真を撮影する機能が搭載されています。 

注意:Canon HIF / HEIC ファイルはサポートされていません。最良の結果を得るには、キヤノン製カメラの Raw ファイルを使用します。

IFF

IFF(Interchange File Format)は、複数の種類のデータを関連付けて保存できる汎用のデータ記憶形式です。IFF はポータブルで、静止画、サウンド、ミュージック、ビデオおよびテキストデータをサポートする拡張機能があります。IFF 形式には Maya IFF および IFF(以前の Amiga IFF)が含まれます。

JPEG 形式

Joint Photographic Experts Group(JPEG)形式は、HTML ドキュメントで写真およびその他の連続階調画像を表示する際によく使用される形式です。JPEG 形式では、CMYK、RGB およびグレースケールのカラーモードはサポートされますが、透明度はサポートされません。GIF とは異なり、JPEG では RGB 画像のカラー情報がすべて保持されますが、データの一部が破棄されてファイルサイズが圧縮されます。

JPEG 画像は、開くと自動的に圧縮が解除されます。圧縮レベルが高いと画質が低下し、圧縮レベルが低いと画質の低下が少なくなります。ほとんどの場合、「最高」オプションを使用すると、圧縮前と比べて区別がつかないほどの結果が得られます。

ビッグドキュメント形式(PSB)

ビッグドキュメント形式(PSB)はどちらの方向にも 300,000 ピクセルまでのドキュメントをサポートしています。レイヤー、効果、フィルターなど、Photoshop のすべての機能がサポートされています(幅または高さが 30,000 ピクセルを超える大きさのドキュメントの場合、一部のプラグインフィルターが使用できません)。

HDR、32 bit/チャンネルの画像は PSB ファイルとして保存できます。

注意:

他の大部分のアプリケーションと以前のバージョンの Photoshop では、2 GB を超えるファイルサイズのドキュメントはサポートされていません。

OpenEXR 形式

OpenEXR(EXR)は、HDR 画像用に視覚効果制作を行う映像業界で使用されているファイル形式です。フィルム形式が持つ高度なカラー再現性とダイナミックレンジを備えているので、映画制作での使用に適しています。Industrial Light & Magic(ILM)社が開発した OpenEXR は、複数の可逆または非可逆圧縮方法をサポートしています。OpenEXR ファイルは透明度をサポートし、32 bit/チャンネルの画像でのみ機能します。このファイル形式では、値が 16 bit/チャンネルの浮動小数点数として保存されます。

PDF

PDF(Portable Document Format)は、プラットフォームや、アプリケーションの違いを超えて使用できる柔軟性に富んだファイル形式です。PDF ファイルでは、ポストスクリプト画像モデルに基づいて、フォント、ページレイアウト、ベクトル画像およびビットマップ画像が正確に表示され、保持されます。また、PDF ファイルには、電子リンクなど電子的なドキュメント検索とナビゲーションの機能を組み込むことができます。PDF は 16 bit/チャンネル画像をサポートしています。Adobe Acrobat にも、PDF 内で画像にちょっとした編集を加えるための Touch Up オブジェクトツールが用意されています。PDF での画像の操作について詳しくは、Acrobat のヘルプを参照してください。

注意:

Touch Up オブジェクトツールは主に画像やオブジェクトに最後の変更を加えるためのものです。画像の編集は、PDF 形式で保存する前に Photoshop で行うのが最善です。

Photoshop では、2 種類の PDF ファイルが認識されます。

Photoshop PDF ファイル

Adobe PDF を保存ダイアログボックスで、「Photoshop 編集機能を保持」が選択されているときに作成されます。Photoshop PDF ファイルには、画像を 1 つだけ保存できます。

Photoshop PDF は、標準の Photoshop 形式でサポートされるすべてのカラーモード(マルチチャンネルを除く)および機能をサポートします。また、Photoshop PDF は、CCITT グループ 4 圧縮が使用されるモノクロ 2 階調モードの画像を除いて、JPEG 圧縮および ZIP 圧縮をサポートします。

標準の PDF ファイル

Adobe PDF を保存ダイアログボックスで「Photoshop 編集機能を保持」が選択解除されているとき、または Adobe Acrobat や Illustrator など別のアプリケーション を使用する場合に作成されます。標準の PDF ファイルには、複数のページや画像が含まれます。

標準の PDF ファイルを開くと、ベクトルとテキストコンテンツがラスタライズされます。ピクセルコンテンツは維持されます。

PICT ファイル

PICT 形式は、アプリケーション間で画像を転送するための中間ファイル形式として、Mac OS のグラフィックおよび DTP アプリケーションで広く使用されています。PICT 形式では、1 つのアルファチャンネルを含む RGB 画像、またアルファチャンネルを含まないインデックスカラー、グレースケールおよびモノクロ 2 階調モードの画像がサポートされます。

注意:

Photoshop では、ラスターされた PICT ファイルを開くことはできますが、QuickDraw PICT を開いたり、PICT 形式で保存したりすることはできません。

PICT リソース

(Mac OS)PICT リソースは PICT ファイルですが、名前とリソース ID 番号を受け取ります。PICT リソース形式では、1 つのアルファチャンネルを含む RGB 画像、またアルファチャンネルを含まないインデックスカラー、グレースケールおよびモノクロ 2 階調モードの画像がサポートされます。

「読み込み」コマンドまたは「開く」コマンドを使用して PICT リソースを開くことができます。ただし、Photoshop はこの形式で保存できません。

Pixar 形式

Pixar 形式は、3 次元画像やアニメーションのレンダリングを行うようなハイエンドのグラフィックスアプリケーション向けに設計されたものです。Pixar 形式では、1 つのアルファチャンネルを含む RGB およびグレースケールの画像がサポートされます。

PNG 形式

PNG(Portable Network Graphics)形式は、GIF に代わるものとして開発された、パテントフリーの圧縮形式です。可逆圧縮および Web での画像の表示に使用されます。GIF とは異なり、PNG は 24 ビット画像をサポートしており、ギザギザしたエッジのない透明な背景を生成します。ただし、一部の Web ブラウザーでは PNG 画像はサポートされません。PNG 形式では、アルファチャンネルを含まない RGB、インデックスカラー、グレースケールおよびモノクロ 2 階調モードの画像がサポートされます。PNG では、グレースケール画像および RGB 画像の透明部分は保持されます。

Portable Bit Map 形式

Portable Bit Map(PBM)ファイル形式は、Portable Bitmap Library または Portable Binary Map としても知られており、モノクロビットマップ(1 ピクセル当たり 1 ビット)をサポートしています。多くのアプリケーションがこの形式をサポートするので可逆的なデータ転送に使用できます。これらのファイルは、簡単なテキストエディターで編集したり、作成したりすることもできます。

Portable Bit Map 形式は、Portable FloatMap(PFM)、Portable Graymap(PGM)、Portable Pixmap(PPM)、Portable Anymap(PNM)などの様々なビットマップ変換フィルターの共通言語として機能します。PBM ファイル形式はモノクロビットマップを保存しますが、PGM はさらにグレースケールビットマップを保存し、また、PPM はカラービットマップも保存します。PNM はそれ自体が個別のファイル形式ではありませんが、PNM ファイルは PBM、PGM または PPM ファイルを保持できます。PFM は 32 bit/チャンネル HDR ファイルに使用できる浮動小数点画像形式です。

Radiance 形式

Radiance(HDR)は、HDR 画像に使用される 32 bit/チャンネルファイル形式です。この形式は、当初、仮想環境での照明の視覚化を行うためのプロ用ツールである Radiance システムのために開発されたものです。このファイル形式は、画面上に表示されるカラーだけではなく、ピクセルごとの光の量を保存します。Radiance 形式で対応している輝度のレベルは、8 bit/チャンネル画像ファイル形式の 256 レベルよりもはるかに高度なものです。Radiance(HDR)ファイルは 3D モデリングでよく使用されています。

Scitex CT

Scitex Continuous Tone(CT)形式は、Scitex コンピューターで処理するハイエンド画像で使用されます。Scitex CT 形式で保存されたファイルを Scitex システムに転送するためのユーティリティについては、Creo にお問い合わせください。Scitex CT 形式では、CMYK、RGB およびグレースケールの画像はサポートされますが、アルファチャンネルはサポートされません。

Scitex CT 形式で保存された CMYK 画像のファイルサイズが、著しく大きくなることがあります。このファイル形式は、Scitex スキャナーを使用して取り込んだファイルで使います。Scitex CT 形式で保存したファイルは、Scitex 社が特許を持つ Scitex ハーフトーンシステムで色分解を生成する Scitex ラスタライズユニットを使用してフィルムに印刷されます。この形式ではモアレパターンがほとんど生成されないので、雑誌広告など、プロによるカラー処理でよく利用されます。

TIFF

Tagged-Image File Format(TIFF、TIF)は、アプリケーション間およびコンピュータープラットフォーム間でのファイル交換に使用されます。TIFF は、事実上すべてのペイントアプリケーション、画像編集アプリケーションおよび DTP アプリケーションでサポートされているビットマップ画像形式です。また、大半のデスクトップスキャナーで、TIFF 画像を生成できます。TIFF ドキュメントの最大ファイルサイズは 4 GB です。

TIFF 形式では、アルファチャンネルを含む CMYK、RGB、Lab、インデックスカラー、グレースケールの画像、およびアルファチャンネルのないモノクロ 2 階調画像がサポートされています。Photoshop ではレイヤーを TIFF ファイルに保存することができます。ただし、そのファイルを他のアプリケーションで開いた場合は、統合された画像しか表示されません。Photoshop では注釈、透明部分、複数解像度のピラミッドデータも TIFF 形式に保存できます。

Photoshop では、TIFF 画像ファイルのビット数は、8、16 または 32 bit/チャンネルです。HDR 画像は、32 bit/チャンネルの TIFF ファイルとして保存できます。

WBMP 形式

WBMP 形式は、携帯電話などのモバイル機器向けの画像を最適化するための標準ファイル形式です。WBMP は 1 ビットカラーをサポートしています。つまり、WBMP 画像には白黒のピクセルだけが含まれます。

WebP 形式

8 bit RGB Photoshop ドキュメントは、WebP ファイル形式で簡単に保存できます。WebP 形式では、Web 上の画像を操作する際に、可逆圧縮方式と非可逆圧縮方式の両方を使用します。 

Photoshop から直接 WebP 画像を開いて保存するには、WebPShop プラグインをダウンロードしてインストールします。詳しくは、Photoshop での WebP ファイルの操作を参照してください。

注意:

サポートされるファイル形式がダイアログボックスまたはサブメニューに表示されない場合は、そのファイル形式のプラグインモジュールをインストールする必要があります。

アドビのロゴ

アカウントにログイン