トランザクションのキャンセル

様々な理由で、署名用に送信された、または署名待ちの契約書をキャンセルする場合があります。キャンセル方法は簡単です。キャンセルされたトランザクションは、参照用に「管理」ページに引き続き表示されます。

注意:

文書の送信者のみがキャンセルできます。

注意:

トランザクションをキャンセルすると、再送信できなくなります。キャンセルは、永続的な操作です。

クイックステップ

  1. 管理」ページをクリックします。
  2. キャンセルするトランザクションをクリックします。
  3. 右上隅の「キャンセル」ボタンをクリックします。
  4. 受信者に連絡するかどうかを選択します。
  5. オプションでメモ/理由を入力します。
  6. キャンセル」をクリックします。

詳細な手順

  1. 管理」ページに移動して、キャンセルするトランザクションをクリックします。次に、右上隅の「キャンセル」をクリックします。

    注意:

    アクティブなトランザクションのみをキャンセルできます。「署名待ち」および「署名用に送信」にあるアクティブなトランザクションを検索します。他のカテゴリの文書では、「キャンセル」オプションの代わりに「削除」オプションが表示されます。

  2. 他の関係者に電子メールで通知する」オプションをクリックすると、トランザクションの受信者にメッセージが送信されます。この電子メールで、トランザクションがキャンセルされたことが通知されます。オプションでトランザクションのキャンセル理由を入力して、赤色の「キャンセル」ボタンをクリックします。

  3. トランザクションレコードが「取り消し済み/拒否済み」カテゴリーに移動し、「キャンセル」オプションが「削除」に変わり、トランザクションがキャンセルされたことを示すメッセージが表示されます。

テクニカルサポートからのヒント

  • 正しいトランザクションをキャンセルするように注意してください。トランザクションをキャンセルすると、再送信できなくなります。誤ってキャンセルすると、最初からトランザクションをやり直す必要があります。
  • 理由に入力した内容は、受信者へのキャンセルの電子メールに記載されます。契約書がどのような状態になっているかを知らせるとよいでしょう。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー