「受信者を置き換え」は、現在の受信者が使用できなくなった場合や、間違った電子メールアドレスが使用されていた場合に、送信者が契約書をリダイレクトするための機能です。

現在の受信者を置き換える方法

現在の受信者の置き換えは、管理ページからおこないますが、契約書の元の送信者でなければ実行できません。

  1. 管理」タブで、編集する「署名用に送信」の契約書をシングルクリックします。

    • 選択した契約書レコードが青でハイライトされます。
  2. 現在の受信者(右側のレール)にマウスカーソルを合わせます。

    • 左側に情報バブルが表示されます。
  3. 参加者を置き換え」リンクをクリックします。

    署名者の置換への移動
  4. 情報バブルが変化し、新しい受信者の電子メールアドレスの入力が求められます

    • 新しい電子メールアドレスを入力して、「置換」をクリックします。
    新しい電子メール

    ホームページにリダイレクトされ、ページ上部に完了を示すバナーが表示されます。

  5. success_banner


アクティビティリストと監査レポート

 

アクティビティリストに元の受信者から新しい受信者への委任が表示されます。

アクティビティリスト

 

 

監査レポートにも受信者の置き換え結果が反映されます。

replace_recipientauditreport

設定の変更方法

受信者を置き換え機能は、デフォルトで現在の受信者全員を新しい受信者で置き換える設定になっています。

個人版サービスプランのユーザーはこのデフォルト設定を変更できません。

マルチライセンスアカウントにはアカウントレベルやグループレベルでデフォルト操作を変更するオプションがあります。また、契約書の送信者にその時々の状況にあったオプションを選べる権限を付与することもできます。

アカウント/アカウント設定/グローバル設定/受信者を置き換えに移動します。

6_nav_to_setting

管理者が設定できる項目が 2 つあります。

アカウントレベルとグループレベルのデフォルト操作

  • 新しい受信者のみが参加できるようになります - これがデフォルトの置き換え操作です。
    • 主な懸念が、間違った受領者に契約書が送付されたことである場合、これがより適した選択肢となります。
  • 元の受信者と新しい受信者の両方が参加できるようになります - これは含める操作です
    • 受信者が外出していたり、連絡が取りにくい状態になっていたりすることで署名プロセスが滞ることが一番の懸念事項である場合は、このオプションが適しています。

契約者の送信者によるデフォルト設定の変更を許可するかどうか

  • アカウント内のユーザーは、置き換え後に元の受信者を参加可能にするかどうかを選択できます」チェックボックスをオンにすると、現在の署名者を置き換えページに送信者が選択可能なチェックボックスが表示されるようになります。
    • アカウントレベルやグループレベルの値は、ページ読み込み時のチェックボックスの状態に反映されます。 

ご注意

置き換えできるのは現在の受信者のみです。

Mega サイン経由で送信された契約書では受信者を置き換え機能は使用できません。

同じ受信者インデックスを複数回置換できます。

  • 含める」オプションを使用すると、受信者候補の人数が増えます。
  • 置換操作を行うたびに現在の受信者のリスト全体が新しく指定された電子メールアドレスで置換されます。

受信者グループに含まれる受信者を個別に置き換えることはできません。

  • 置き換え操作を使用すると、グループ全体が新しく指定された電子メールアドレスに置き換えられます。
  • 含める操作を使用すると、受信者グループに新しい受信者が加わります。

並行参加順序に含まれる受信者は個別に置き換え可能です。

ハイブリッドルーティング順序で定義されている受信者は個別に置き換え可能です。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー