契約書を管理し、トランザクションに関連する情報を取得する

送信済みの契約書に対して、トランザクションの設定を一部変更したり、トランザクションに関連する情報を取得したりすることができます。

実行可能なアクションおよびオプションにアクセスするには、管理ページでトランザクションをクリックします。

現在の署名者の置き換え

この手順は、最初に指定した電子メールアドレスが間違っていた場合、または署名者の変更が必要になった場合に実行します。

注意:

このアクションで変更されるのは、現在の署名者のみです。後のプロセスの署名者を変更する場合は、その署名者が署名する順番になってから、この手順を実行してください。

  1. 契約書の送信者として、管理ページにアクセスします。
  2. 契約書をクリックします。
  3. ページの右側にある「履歴」タブをクリックします。
  4. 署名者を置き換え」をクリックします。
  5. 新しい署名者の電子メールアドレスを入力します。
  6. 新しい署名者に送信するメッセージを入力します。
  7. 署名者を置き換え」をクリックします。

注意:

注意:さらに詳しい説明が必要な場合は、こちらから詳細な手順をご覧ください

トランザクションの取り消し

契約書を取り消すと、トランザクションは現在の状態で停止します。取り消されたトランザクションを完了することはできません。取り消されたトランザクションは、管理ページの「取り消し済み/拒否済み」のカテゴリに移動します。

注意:

この操作は元に戻すことのできない恒久的なアクションです。取り消された契約書を送信するには、最初から送信の手順を実行し直す必要があります。

  1. 管理ページをクリックします。
  2. 取り消すトランザクションをクリックします。
  3. 右上隅にある「キャンセル」をクリックします。
  4. 電子メールで他のユーザーに通知したいかどうかを選択します。
  5. メッセージまたは理由を入力します。
  6. キャンセル」をクリックします。

注意:

注意:さらに詳しい説明が必要な場合は、こちらから詳細な手順をご覧ください

リマインダー:電子メールによる自動リマインダーの設定または削除

リマインダーとは、まだ署名を行っていない関係者に電子メールを送信し、契約書への署名を促す機能です。リマインダーは、現在進行中の任意のトランザクションに対して設定することができ、指定する関係者に送信されます。

リマインダーの設定

  1. 契約書の送信者として、管理ページにアクセスします。
  2. 契約書をクリックします。
  3. ページの右側にある「通知」タブをクリックします。
  4. リマインダーを送信する関係者を選択します。
  5. リマインダーを送信する頻度または日付を指定します。
  6. リマインダーの電子メールに記載するメッセージを入力します。
  7. リマインダーを設定」をクリックします。

リマインダーのキャンセル

  1. 契約書の送信者として、管理ページにアクセスします。
  2. 契約書をクリックします。
  3. ページの右側にある「通知」タブをクリックします。
  4. リマインダーの横にある、ごみ箱のアイコンをクリックします。

注意:

注意:さらに詳しい説明が必要な場合は、こちらから詳細な手順をご覧ください

有効期限:有効期限の設定または延長

契約書の有効期限を設定すると、指定した日数が経過した時点で自動的にトランザクションが取り消されます。この日付を編集すると、署名の期限を延長することができます。

注意:

契約書の有効期限を過ぎると、トランザクションは取り消されます。この操作は元に戻すことのできない恒久的なアクションです。取り消された契約書を送信するには、最初から送信の手順を実行し直す必要があります。

有効期限の設定

  1. 送信ページで、「オプション」または「送信オプション」の「完成の期限」または「この文書の有効期限の設定」を選択します。
  2. 有効期限までの日数を入力します。
  3. 表示された予定日が正しいかどうかを確認します。
  4. 通常の手順で送信プロセスを続行します。

有効期限の変更またはキャンセル

  1. 契約書の送信者として、管理ページにアクセスします。
  2. 契約書をクリックします。
  3. 右上のウィンドウで、有効期限の横にある「編集」リンクをクリックします。
  4. 現在の有効期限を変更するか、削除するかを選択します。
    • 変更する場合は、新しい有効期限を設定します。
  5. 現在の受信者に通知するかどうかを選択します。
  6. 保存」をクリックします。

注意:

注意:さらに詳しい説明が必要な場合は、こちらから詳細な手順をご覧ください

履歴と監査レポート

トランザクションに関連するイベントは、「履歴」タブで確認できます。「履歴」タブには、現時点までに契約書に対して実施されたすべての操作が記録されています。監査レポートとは、このイベント情報を PDF 形式で保存できるレポートです。

  1. 契約書の送信者として、管理ページにアクセスします。
  2. 契約書をクリックします。
  3. ページの右側にある「履歴」タブをクリックします。
  4. 契約書のイベントを確認します。
  5. 監査レポート」リンクをクリックすると、イベントの情報が記載された PDF ファイルが開きます。

注意:

注意:さらに詳しい説明が必要な場合は、こちらから詳細な手順をご覧ください

トランザクションへのアクセスの共有

契約書の送信者は、他のユーザーと契約書を共有することができます。契約書を共有できるのは、電子メールアドレスを持つユーザーです。この機能は、マネージャーなど、送信されたトランザクションを確認する必要のある場合に役立ちます。

  1. 契約書の送信者として、管理ページにアクセスします。
  2. 契約書をクリックします。
  3. ページの右側にある「共有」タブをクリックします。
  4. 契約書を共有するユーザーの電子メールアドレスを入力します。
  5. メッセージを入力します。
  6. 契約書を共有」ボタンをクリックします。

          注意:

          注意:さらに詳しい説明が必要な場合は、こちらから詳細な手順をご覧ください

          本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

          法律上の注意   |   プライバシーポリシー